スニーカー大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スニーカー大賞(スニーカーたいしょう)は、KADOKAWAの社内ブランド・角川書店が主催するライトノベルを対象とした日本の公募新人文学賞である。

概要[編集]

2010年度までは年1回開催で、数度選考を経て選考委員による最終選考を経て受賞が決まっていたが、角川学園小説大賞が2011年を持って終了したことに伴い2011年度第17回より年2回の募集(第1次締切り「春」・第2次締切り「秋」)となり、第1次締切りの最終選考到達作品と第2次締切りの最終選考到達作品とで年1回の選考委員の合議による最終選考会の審査を経ることとなった。受賞は選考委員の合議によって決定され大賞受賞者には正賞としてトロフィー、副賞として300万円(2011年現在)と角川書店から単行本出版時の印税が授与される。 結果発表は、角川スニーカー文庫の母体雑誌であるザ・スニーカーの誌上が常であったが、ザ・スニーカーが2011年2月28日発売の2011年4月号を持って休刊したため、インターネット上に発表媒体が移行した。なお、ザ・スニーカーが休刊しても角川スニーカー文庫、スニーカー大賞は継続する。

大賞は「該当作ナシ」の場合が大半で、2012年開催分までに16回中5回しか選ばれていない狭き門である。それだけに、大賞に選ばれた作品や受賞作家は角川スニーカー文庫の主力となることが多い。

選考委員[編集]

第1回(1996年)〜第10回(2005年
藤本ひとみ水野良飯田譲治あかほりさとる
第11回(2006年)〜第13回(2008年
冲方丁安井健太郎杉崎ゆきるでじたろうニトロプラス
第14回(2009年)〜第16回(2011年
安井健太郎岩井恭平THORES柴本竹田青滋毎日放送
第17回(2012年
岩井恭平・THORES柴本・竹田青滋(毎日放送)

賞金[編集]

(2015年現在)

大賞 - 100万円
優秀賞 - 50万円
特別賞 - 20万円

入賞作品一覧[編集]

斜字は未刊行。()内は改題。後にシリーズ化された作品については、受賞作(第1巻)の刊行時サブタイトルは割愛している場合がある。また、最終選考中でデビューした作家については本表より割愛している。

回数 タイトル
(刊行時表題)
著者
(刊行時筆名
第1回
1996年
金賞 鬼神草紙 メガロポリス異聞
(ゴッド・クライシス)
七尾あきら
黒い季節 冲方丁
奨励賞 蒼き人竜 〜偽りの神〜 杉田純一
第2回
1997年
大賞 ジェノサイド・エンジェル 叛逆の神々 吉田直
奨励賞 花の碑 友谷蒼[1]
第3回
1998年
大賞 神々の黄昏 ラグナロク
ラグナロク 黒き獣
安井健太郎
金賞 常闇の彼
(DARKDAYS)
橘恭介
奨励賞 二剣用心棒 九鬼蛍
第4回
1999年
優秀賞 トリスメギトス 光の神遺物 浜崎達也
ダンスインザウィンド
(ダンスインザウィンド 翔竜伝説)
岩佐まもる
奨励賞
読者賞
セレスティアル・フォース 中川圭士
第5回
2000年
優秀賞 撃たれなきゃわからない
(ゼロから始めよ 閃光のガンブレイヴ)
椎葉周
奨励賞 スズ!
(格闘少女スズ)
白石かおる
特別賞 アース・リバース 三雲岳斗
第6回
2001年
金賞 アルカディア
(戦略拠点32098 楽園)
長谷敏司
優秀賞 明日の夜明け 時無ゆたか
奨励賞 首無し騎士は月夜に嘲笑う
(デモン・スイーパー 運命を刻まれしモノ)
関口としわ
関口和敏
第7回
2002年
奨励賞 封魔組血風録 〈DON〉と呼ばれたくない男 須藤隆二
されど咎人は竜と踊る
されど罪人は竜と踊る
浅井ラボ
魔術都市に吹く赤い風
マテリアル・クライシス
仁木健
第8回
2003年
大賞 涼宮ハルヒの憂鬱 谷川流
第9回
2004年
優秀賞 Type Like Talking
(タイピングハイ!)
葉鳴圭
長森浩平
タマラセ 六塚光
奨励賞 彼女の運命譚
憐 Ren
水口敬文
第10回
2005年
優秀賞 Mind Parasite
(レゾナンス)
山原正義
山原ユキ
奨励賞 多重人格者世界ポリフォニア
(多重心世界シンフォニックハーツ)
永森悠哉
君等の記号/私のジケン
マキゾエホリック
東木春
東亮太
イチゴミルクキャンディーな、ひと夏の恋
(イチゴ色禁区)
リン
神崎リン
第11回
2006年
奨励賞 相克のファトゥム 七瀬川夏吉[2]
グランホッパーを倒せ! いとうのぶき[3]
マリオネットラプソディー
繰り世界のエトランジェ
赤鴉黎
赤月黎
時載りリンネの冒険 -イクリージアスティアーズ-
時載りリンネ!
清野勝彦
清野静
第12回
2007年
優秀賞 黒猫の愛読書 藤本柊一
藤本圭
奨励賞 3H2A 論理魔術師は深夜の廊下で議論する
放課後の魔術師
土屋浅就
土屋つかさ
第13回
2008年
優秀賞 無限舞台のエキストラ -「流転骨牌(メタフエシス)」の傾向と対策--
(ガジェット)
九重一木
奨励賞 十三歳の郵便法師 伏見ひろゆき[4]
第14回
2009年
大賞 SUGAR DARK -Digger&Keeper-
シュガーダーク 埋められた闇と少女
新井碩野
新井円侍
優秀賞 ピーチガーデン
(ピーチガーデン 1.キスキス・ローテーション)
ジロ爺ちゃん
青田八葉
奨励賞 A&A アンドロイド・アンド・エイリアン 北川拓磨
EQUATION ―イクヴェイジョン― 竜ノ湖太郎[5]
お隣さんと世界破壊爆弾と 近藤左弦[6]
第15回
2010年
大賞 なるたま~あるいは学園パズル
子ひつじは迷わない
玩具堂
優秀賞 風景男のカンタータ
丘ルトロジック
秋野裕樹
耳目口司
ザ・スニーカー賞 バトルカーニバル・オブ・猿
ヒマツリ ガール・ミーツ・火猿
春日部武
春日部タケル
GEAR BLUE -UNDER WATER WORLD- 神田メトロ
第16回
2011年
優秀賞 思春期サイコパス 井上悠宇[7]
箱部 ~東高引きこもり同好会~ 小川博史
ポリティカル・スクール
恋は選挙と学園覇権!
足尾毛布
秋山大事
ザ・スニーカー賞 アル・グランデ・カーポ 亜能退人
第17回
2012年
優秀賞 彼女たちのメシがマズい100の理由 高野文具
高野小鹿
裏ギリ少女 榎本中
川崎中
特別賞 三次元への招待状
僕の欲望(ヒロイン)は手に負えない
天音マサキ
第18回
(2012年)
特別賞 エピデミックゲージ
インヴィジョン・ワールド
相川黒介
世界の正しい壊し方
終焉世界の天災姫(レベリオン)
三ノ神龍司
優秀賞 ソウルシンクロマシン
魔装学園H×H
十蔵
久慈マサムネ
特別賞 押忍!! かたれ部
俺と彼女の青春論争
喜多見かなた
第19回
(2013年)
優秀賞 大魔王ジャマ子さんと全人類総勇者 岬かつみ
特別賞 君とリンゴの木の下で
異界の軍師の救国奇譚
渡邉雅之
語部マサユキ
星降る夜は社畜を殴れ 高橋祐一
特別賞 リア充×オタク×不良×中二病×痴女 〜犯人は誰だ!?〜
名探偵×不良×リア充×痴女×決闘者 〜犯人は誰だ!?〜
天地優雅
ナインレリック・リベリオン(受賞辞退) 高槻燦人
第20回
(2014年)
特別賞 あれは超高率のモチャ子だよ
あれは超高率のモチャ子だよ!
丹羽春信
Shall we ダンス部?
たま高社交ダンス部へようこそ
三萩せんや
優秀賞 うーちゃんの小箱 和見俊樹
特別賞 じっと見つめる君は駄天使
じっと見つめる君は堕天使
にゃお
第21回
(2015年)
優秀賞 箒が踊る夜
いつかの空、君との魔法
藤宮カズキ
優秀賞 まるで人だな、ルーシー 零真似
特別賞 SADSガ好ムハ籠リ猫
俺色に染めるぼっちエリートのしつけ方
あまさきみりと
悪魔調教師・瑠璃崎蒼音
エス・エクソシスト
霜月セイ
第22回
(2016年)
優秀賞 マイナスイオン・オレンジ 石山雄規
特別賞 クラウは食べることにした 藤井論理
Take the Curry train うさぎやすぽん

脚注[編集]

  1. ^ 受賞作は未刊だが著者本人は後年、小説ASUKA読者大賞よりデビュー。
  2. ^ 受賞作は未刊だが、後に「記憶の森のエリス」でデビュー。
  3. ^ 受賞作は未刊だが、後に「デビルズ・ダイス」でデビュー。
  4. ^ 受賞作は未刊だが、後に「R-15 ようこそ天才学園へ!」でデビュー。
  5. ^ 受賞作は未刊だが、後に「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」でデビュー。
  6. ^ 受賞作は未刊だが、後に「夜明けの死神」で隔月刊ザ・スニーカーにデビュー。
  7. ^ 受賞作は未刊だが、後に「煌帝のバトルスローネ!」でデビュー。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]