藤本ひとみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

藤本 ひとみ(ふじもと ひとみ、1951年11月2日 - )は、日本作家。本名同じ[1]。一部、藤本 瞳(読みは同じ)名義の著書もある。その他のペンネームに王領寺 静(おうりょうじ しずか)など。

略歴・人物[編集]

長野県飯田市出身。国家公務員として厚生省に勤務、その後地方公務員生活をしながら少年・少女漫画の原作を手がけ、1984年集英社第4回コバルト・ノベル大賞を受賞。1992年から、西洋史を扱った歴史小説や犯罪心理小説へ活動の場を移した。『侯爵サド』『ジャンヌダルク暗殺』で第19回および第23回吉川英治文学新人賞の最終候補となる。2010年からは日本を舞台にした歴史小説も発表している。

フランス政府観光局親善大使をつとめ、現在名誉委員、アカデミー・ドゥ・カスレ名誉会員、パリに本部を置くフランス・ナポレオン史研究学会の日本人初会員、ブルゴーニュワイン騎士団騎士。

作風[編集]

西洋史の歴史小説・犯罪心理学小説を主として書く。ヒット作となった『ブルボンの封印』をはじめ、大デュマの『三銃士』の翻案や同時代の作品を手がけている。

王領寺 静名義では、ファンタジー系少年小説を書いていた。この名義での著作には、中世西洋の騎士を描いた『黄金拍車』を始めとした「異次元騎士カズマ」シリーズ(角川スニーカー文庫)がある。

主な著書[編集]

一般小説[編集]

  • 「鑑定医シャルル」シリーズ
  1. 見知らぬ遊戯(集英社 1993年7月 / 集英社文庫 1996年5月)
  2. 歓びの娘(集英社 1994年6月 / 集英社文庫 1997年9月)
  3. 快楽の伏流(集英社 1997年7月 / 集英社文庫 2000年9月)
  4. モンスター・シークレット(文藝春秋 2012年7月 / 集英社 2020年)
  • 綺羅星(角川書店 1995年9月 / 1998年11月 角川文庫
  • 貴腐(文藝春秋 2000年11月)
    • 【改題】貴腐 みだらな迷宮(文春文庫 2003年10月)
  • 離婚まで(集英社 2001年4月 / 集英社文庫 2004年4月)
  • 変態(文藝春秋 2002年9月)
    • 【改題】鎌倉の秘めごと(文春文庫 2006年6月)
  • 「オデパン」シリーズ
    • オデパン(文藝春秋 2004年10月)
      • 【改題】華麗なるオデパン(文春文庫 2007年10月)
    • 恋愛王国オデパン(文藝春秋 2006年11月 / 文春文庫 2009年8月)
    • 快楽革命オデパン(文春文庫 2010年8月)
  • いい女(中央公論新社 2005年3月 / 中公文庫 2006年10月)
    TBS系列『愛の劇場』枠の連続テレビドラマ『いい女』の原作。
  • シャネル(講談社 2005年10月 / 講談社文庫 2008年12月)
  • 隣りの若草さん(白泉社 2006年7月)
  • 離婚美人(文藝春秋 2007年4月 / 中公文庫 2010年4月)
  • 恋する力(文藝春秋 2008年4月 / 中公文庫 2011年9月)
  • マリリン・モンローという女(角川書店 2009年4月 / 角川文庫 2012年2月)
  • KZ’Deep File(講談社 2015年 - 2017年)
  1. KZ’Deep File 青い真珠は知っている
  2. KZ’Deep File 桜坂は罪をかかえる
  3. KZ’Deep File いつの日か伝説になる
  4. KZ’Deep File 断層の森で見る夢は
  1. 失楽園のイヴ
  2. 密室を開ける手
  3. 数学者の夏
  4. 死にふさわしい罪

歴史小説[編集]

フランス

  • ブルボンの封印新潮社 1992年12月 / 新潮文庫 1995年12月)
  • ウイーンの密使―フランス革命秘話(講談社 1996年3月 / 講談社文庫 1999年5月)
  • 大修院長ジュスティーヌ(文藝春秋 1996年9月 / 文春文庫 1999年9月)
  • 聖戦ヴァンデ〔上・下〕(角川書店 1997年2月 / 角川文庫 2000年4月)
    ジュリアン、ニコラアンリの3人を軸に、ヴァンデの反乱を描く歴史小説
  • 侯爵サド(文藝春秋 1997年9月 / 文春文庫 2000年12月)
  • 侯爵サド夫人(文藝春秋 1998年3月 / 文春文庫 2001年9月)
  • コキュ伯爵夫人の艶事(新潮社 1995年2月 / 新潮文庫 1998年1月)
  • 聖人の祝日シリーズ(仮称)
    • 聖アントニウスの夜(講談社 1998年5月)
      • 【改題】聖アントニウスの殺人(講談社文庫 2001年7月)
    • 聖ヨゼフ脱獄の夜(講談社 1999年7月)
      • 【改題】聖ヨゼフの惨劇(講談社文庫 2003年12月)
  • 暗殺者ロレンザッチョ(新潮社 1998年10月 / 新潮文庫 2001年10月)
  • 預言者ノストラダムス〔上・下〕(集英社 1998年12月)
    • 【改題】ノストラダムスと王妃(集英社文庫 2002年2月)
  • バスティーユの陰謀(文藝春秋 1999年4月 / 文春文庫 2002年9月)
    バスティーユ襲撃の舞台裏を描く。
  • ジャンヌ・ダルク暗殺(講談社 2001年11月)
    • 【改題】聖女ジャンヌと娼婦ジャンヌ(新潮文庫 2006年1月)
  • マダムの幻影(朝日新聞社 1999年10月)
    • 【改題】マリー・アントワネットの遺言(朝日文庫 2002年10月)
  • 恋情(講談社 2001年5月)
    • 【改題】エルメス伯爵夫人の恋(新潮文庫 2004年11月)
  • 皇帝ナポレオン〔上・下〕(角川書店 2003年9月 / 角川文庫 2006年12月)
  • 令嬢テレジアと華麗なる愛人たち(集英社 2004年5月 / 集英社文庫 2007年5月)
  • 殺人の四重奏 クラシックミステリー(集英社 2006年9月)
    • 【改題】令嬢たちの世にも恐ろしい物語 (集英社文庫 2009年9月)
  • 「王妃マリー・アントワネット」シリーズ
    • 王妃マリー・アントワネット 青春の光と影(角川書店 2006年11月 / 角川文庫 2011年2月)
    • 王妃マリー・アントワネット 華やかな悲劇のすべて(角川書店 2008年6月)
      • 【改題】王妃マリー・アントワネット 華やかな悲劇(角川文庫 2011年2月)
  • ナポレオン千一夜物語(潮出版社 2007年9月)
  • ナポレオンの宝剣 愛と戦い(潮出版社 2009年9月)
  • 新・三銃士―ダルタニャンとミラディ 少年編・青年編(講談社文庫 2008年5月)
    デュマ・ペール原作「ダルタニャン物語」リライト小説
  • アンジェリク 緋色の旗(講談社 2009年10月)

日本

  1. 幕末銃姫伝 -京の風 会津の花(2010年5月)
  2. 維新銃姫伝 -会津の桜 京都の紅葉(2012年11月22日)
  • 幕末京都守護職始末(中央公論新社)
  1. 天狗の剣(2011年3月)
  2. 壬生烈風(2012年3月)
  3. 士道残照(2013年10月)
  • 火桜が根 幕末女志士多勢子(中央公論新社 2014年9月)

その他

対談・エッセイ[編集]

  • 愛するとき愛されるとき(講談社 1991年3月 / 講談社+α文庫 1993年10月)
  • 恋より大切な物(講談社 1992年5月 / 講談社+α文庫 1995年5月)
  • BIG SEVEN(集英社 1993年12月)
  • 藤本ひとみ対談集(集英社コバルト文庫 1995年9月)
  • 安らぐ恋癒される愛(講談社 1997年2月)
    • 【改題】時にはロマンティク(講談社文庫)

歴史エッセイ等

  • 藤本ひとみのミーハー英雄伝(学習研究社 全4巻 1990年4月-1993年4月)
    1. 藤本ひとみのミーハー英雄伝(角川スニーカー文庫 1993年2月)
    2. 藤本ひとみのカジュアル英雄伝(スニーカー文庫 1993年6月)
    3. 藤本ひとみのラディカル英雄伝(スニーカー文庫 1993年9月)
    スニーカー文庫版全3巻は学習研究社版全4巻を再編集したもの
  • マリー・アントワネットの生涯(中央公論新社 1998年7月 / 中公文庫 2001年6月)
  • ジャンヌ・ダルクの生涯(講談社 2001年1月 / 中公文庫 2005年9月)
  • 悪女が生まれる時――シャルロット・コルデー/テレジア・タリアン(中央公論新社 2001年9月)
    • 【改題】天使と呼ばれた悪女(中公文庫 2005年4月)
    シャルロット・コルデーテレーズ・カバリュス、2人の悪女に関するエッセイ。
  • パンドラの娘(講談社 2002年3月)
  • 悪女の物語 マリー・アントワネットの娘/マルゴ王妃(中央公論新社 2002年5月)
    • 【改題】マリー・アントワネットの娘 (中公文庫 2005年1月)
    マリー・テレーズマルグリット・ド・ヴァロアに関する評論と自らの家族に関するエッセイ。
  • ナポレオンの恋人たち―愛される女の条件(角川書店 2004年9月)
    • 【改題】皇帝を惑わせた女たち (角川文庫 2007年9月)
  • ナポレオンに学ぶ 成功のための20の仕事力(日経BP社 2007年10月)
  • 皇后ジョゼフィーヌのおいしい人生(集英社 2008年5月)
    • 【改題】皇后ジョゼフィーヌの恋(集英社文庫 2011年7月)
  • 華麗なる古都と古城を訪ねて (中公文庫 2009年2月)
  • 人はなぜ裏切るのか ナポレオン帝国の組織心理学(朝日新書 2009年5月)

ライトノベル[編集]

全3作。最初の2作『恋愛イリュージョン』『恋愛エチュード』はテレビドラマ『嵐の中の愛のように』の原作。
  • 妖精ステップ(角川スニーカー文庫 1991年、イラスト:元木義子 / 集英社コバルト文庫 1997年、イラスト:さいとうちほ) - コバルト文庫版は藤本瞳名義。
  • テーヌ・フォレーヌ シリーズ - 未完(新潮文庫 1991年 - 1993年)
  • KZ少年少女ゼミナール シリーズ - 未完(集英社コバルト文庫 1992年 - 1993年)
  • リバイバル・セレクション シリーズ(集英社コバルト文庫 1993年 - 1998年)
  • リング・どりいむ(集英社コバルト文庫 1985年11月)
  • ほほえみがいっぱい(集英社コバルト文庫 1989年8月、イラスト:佐藤まり子
  • 花ざかりのロワイアル(集英社コバルト文庫 1989年11月)
  • 緋色のルージュではじまった(新潮文庫 1990年6月)
  • はるかなる君によせて(集英社コバルト文庫 1990年7月)

王領寺静名義[編集]

  • 異次元騎士カズマシリーズ
    • 黄金拍車 - 全5巻(角川文庫・角川スニーカー文庫 1988年3月 - 1989年9月 イラスト:安彦良和・第1巻挿絵のみ小島康治
    • 骸骨旗(ジョリー・ロジャー)トラベル - 全3巻(角川スニーカー文庫 1990年4月 - 1991年3月 イラスト:安彦良和)
    • 剣奴王ウォーズ - 既刊2巻、未完(角川スニーカー文庫 1991年9月 - 1992年3月 イラスト:安彦良和)

児童向け作品[編集]

  • 三銃士(講談社「痛快 世界の冒険文学」シリーズ第21巻 1999年6月 / 講談社青い鳥文庫(新装版) 2009年11月)児童向けリライト作品
  • 歴史発見!ドラマシリーズ(青い鳥文庫)
    • マリー・アントワネット物語 上中下巻(2010年)
    • 美少女戦士 ジャンヌ・ダルク物語(2011年)
    • 新島八重物語-幕末・維新の銃姫(2012年)
  • 探偵チームKZ事件ノート(2011年3月 - 、青い鳥文庫) - 執筆者は住滝良。
  • ときめき生徒会ミステリー研究部シリーズ - 執筆者は伏見奏
    • 貴公子カフェのチョコドーナツ(2015年6月、角川つばさ文庫
    • ガラスの貴公子の秘密(2015年8月、角川つばさ文庫)
  • 眠れる森の美女 クラシックバレエおひめさま物語(2014年12月、講談社)
  • それは正義が許さない!(2022年4月 - 、青い鳥文庫)

漫画原作・原案協力[編集]

舞台化作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『花織高校 シリーズ』(コバルト文庫)「著者経歴」より