さいとうちほ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さいとうちほ
生誕 6月29日[1]
日本の旗 日本 東京都[1]
国籍 日本
職業 漫画家
活動期間 1982年 - 現在
ジャンル 少女漫画
代表作 円舞曲は白いドレスで』・『花音
花冠のマドンナ』・『ブロンズの天使
受賞 第42回小学館漫画賞(「花音」にて)
テンプレートを表示

さいとう ちほ(本名:斉藤 千穂(さいとう ちほ)、6月29日 [1]- )は、日本漫画家イラストレーター東京都出身[1]。女性。かに座血液型はB型。

来歴・人物[編集]

1982年、『コロネット』春の号(小学館)掲載の「剣とマドモアゼル」でデビュー[1]。その後は『少女コミック』、『プチコミック』などで作品を発表。「円舞曲は白いドレスで」「もう一人のマリオネット」「花冠のマドンナ」などで人気を得る。宝塚歌劇団の舞台を思わせるような歴史大河ロマンから、ラブコメ、レディース、児童向け、とその作品世界は幅広い。

もともと入団を志望するほどの宝塚ファンで、その後も宝塚歌劇団とは1996年月組公演『チェーザレ・ボルジア』のポスターを描いたり、1998年から1999年にかけて機関誌『宝塚GRAPH』で漫画(「天使の微笑・悪魔の涙」、「バレンシアの熱い花」、「銀の狼」など)を連載するなど深い関係がある。

1997年幾原邦彦監督と共にテレビアニメ「少女革命ウテナ」に携わり、1999年には、同映画版にも参加、両作ともコミックスも手掛けている。1997年には「花音」にて、第42回(平成8年度)小学館漫画賞を受賞する。

作品リスト[編集]

※明記がなければ小学館 フラワーコミックス

連載コミックス[編集]

読切り・短編集[編集]

  1. 目を閉じて愛
  2. 小羊印のるんぱっぱ
  3. エトワール・ガール
  4. ある日、ナイトに会ったなら(ナイトシリーズ)
  5. オペラ座でまってて
  6. さらってわたしのナイト(ナイトシリーズ)
  7. 紫丁香夜想曲(円舞曲シリーズ番外編)

ハーレクイン[編集]

  • バルターニャの王妃(原作:バーバラ・カートランド宙出版エメラルドコミックス ハーモニィコミックス)
  • 誘惑のシーク(原作:コニー・メイスン、宙出版エメラルドコミックス ハーモニィコミックス)
  • 青い悪魔のセレナーデ(原作:イルサ・マイヤー、宙出版エメラルドコミックス ハーモニィコミックス)

小説[編集]

※イラストも本人

イラスト[編集]

  1. めぐり逢いのデュオ
  2. 番外編・薔薇のソナタ
  3. さよならのラブソング
  4. 君のためのプレリュード
  5. 恋人たちのパシォン
  6. 星色のフィナーレ
  7. 一度だけセレナーデ
  • 藤本ひとみRevival Selection(作:藤本ひとみ、コバルト文庫)
    • アルテミスは知っている
    • キューピットの迷宮
    • ローエングリンの誘惑
    • 妖精ステップ(作:藤本瞳)
    • トレドの花冠 上・下(作:藤本瞳)
  • はるかなる君によせて(作:藤本ひとみ、コバルト文庫)

原画集ほか[編集]

  • さいとうちほのまんがアカデミア
  • 少女革命ウテナ さいとうちほ複製原画集(小学館)
  • 少女革命ウテナ さいとうちほ原画集 CD-ROM
  • 少女革命ウテナ「薔薇の告白」 (小学館ジス・イズ・アニメーション)
  • 劇場版 少女革命ウテナ「アドゥレセンス黙士録」(角川書店Newtype ILLUSTRATED COLLECTION)
  • さいとうちほイラスト集「ロマンス交響曲(シンフォニー)」(小学館)
    • 「花冠のマドンナ」「もう一人のマリオネット」「円舞曲は白いドレスで」「ナイトシリーズ」「恋物語」「新花織シリーズ」などのイラスト等、及び、藤本ひとみとの対談を収録。
  • 少女まんが家さんちの猫 10人のねこばかによる猫写真館(共著)(小学館Flower do it!)

アシスタント出身者[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

外部リンク[編集]