九重一木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

九重一木(ここのえ いちき)は、日本ライトノベル作家。

小説新人大賞に応募後、第13回スニーカー大賞において、『無限舞台のエキストラ -「流転骨牌(メタフエシス)」の傾向と対策-』で優秀賞を受賞。同作を改題した『ガジェット』でスニーカー文庫にデビュー。

作品リスト[編集]

  1. 無限舞台 BLACK&WHITE
  2. 終末時間 PLATINUM GIRL
  3. 闇色輪廻 WORLD IS RED
  4. 人形幻想 COLORLESS MARIONETTES
  5. 生命新約 THE COLORFUL FUTURE
  1. 「あなたの世界を守りたい」と彼女は言った
  2. 「この世界の未来が見たい」と彼女は笑った
  3. 「あなたとずっと一緒にいたい」と女神は祈った

外部リンク[編集]