でじたろう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
でじたろう
でじたろう
別名義 小坂 崇氣(こさか たかき)
生年月日 1965年
職業 プロデューサー
実業家
ジャンル コンピュータゲーム
テレビアニメ
アニメーション映画
事務所 ニトロプラス
主な作品

テレビアニメ


アニメーション映画


実写ドラマ

でじたろう1965年 - )は、日本ゲームプロデューサー実業家。別名義として小坂 崇氣(こさか たかき)を用いることもある。株式会社コンテライド代表取締役社長株式会社ニトロプラス代表取締役社長。

来歴[編集]

機動戦士ガンダム』、『宇宙戦艦ヤマト』などの影響を受けこの業界へ入る。ガイナックスの広報関連の仕事などに関わった後、小学館にて『コロコロコミック』、『てれびくん』など各学年誌の編集を務める。

スタジオぬえ宮武一貴に弟子入りしたり永野護のアシスタントを務めた経験も有る。メカデザイナーを目指しており、バンダイから発売されたプラモデル超機甲爆走ロボトライで初めてメカデザインを担当するも、この仕事でやり尽くしたと感じてしまい別の道を選ぶ。超機甲爆走ロボトライはアニメ化を前提とした玩具で商品も6万個売れたもののアニメ化には至らなかった[1]

その後角川書店学研などの編集者を経て、2000年ニトロプラスを設立。一般のオタク以外の層の人々にも受け入れられる作品作りを目指し、ニトロプラスの一般化に貢献。プロデューサーとして同ブランド全作品の総指揮を執る。

人物[編集]

プロデューサーとしての活動の際には「でじたろう」名義を用いることが多いが、それ以外の経営者としての活動の際などには「小坂崇氣」名義を用いることも多い。たとえば、テレビアニメアルドノア・ゼロ』においては、企画としては「小坂崇氣」名義、プロデューサーとしては「でじたろう」名義でクレジット表記されている。

両名義が同一人物であることは公にされており、報道などでは「ニトロプラスのプロデューサー『でじたろう』その人にして同社代表取締役社長の小坂崇氣氏」[2]「ゲームメーカー・ニトロプラスの代表取締役社長・でじたろう(小坂崇氣)さん」[3]「ニトロプラス代表の小坂崇氣(でじたろう)氏」[4]などのように、両名義を併記して報じられることも多い。

作品[編集]

でじたろう名義[編集]

コンピュータゲーム[編集]

テレビアニメ[編集]

アニメーション映画[編集]

実写ドラマ[編集]

小坂崇氣名義[編集]

テレビアニメ[編集]

実写ドラマ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 4:12:00 朝から朝まで生ワンホビTV15 夜の部 2014/02/09 22:30開始 ニコニコ生放送
  2. ^ Nobu・大陸新秩序「ニトロプラス、『Exceeding 10!』をテーマにした10周年記念プロジェクトの発表会を開催」『4Gamer.net ― ニトロプラス,「Exceeding 10!」をテーマにした10周年記念プロジェクトの発表会を開催Aetas2008年12月26日
  3. ^ 高橋克則「『シドニアの騎士』最終話に向け48時間限定で無料配信」『「シドニアの騎士」最終話に向け48時間限定で無料配信 | アニメ!アニメ!』イード、2014年6月19日
  4. ^ 南田ゴウ「虚淵玄の新作は人形劇!? 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』夏オンエア」『ASCII.jp:虚淵玄の新作は人形劇!?「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」夏オンエアKADOKAWA2016年2月5日

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ビジネス
先代:
(新設)
ニトロプラス社長
初代:2000年 -
次代:
(現職)