君と彼女と彼女の恋。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
君と彼女と彼女の恋。
対応機種 XP/Vista/7/8(32bit/64bit)
発売元 ニトロプラス
プロデューサー でじたろう
キャラクターデザイン 津路参汰
シナリオ 下倉バイオ
音楽 平田博信
オープニングテーマ モノクロ(岩瀬敬吾
エンディングテーマ 輝かしき日常(Swinging Popsicle
星のメリーゴーランド(多田葵
ジャンル オルタナティブADV
発売日 2013年6月28日(初回限定版)
2013年8月30日(通常版)
価格 7,875円(税込)
レイティング 18禁
キャラクター名設定 不可
エンディング数 3
セーブファイル数 60+20(Quick)
メディア USBメモリ(初回限定版)
DVD-ROM(通常版)
ディスクレス起動
アクチベーション ソフト電池
画面サイズ 1024×768ドット
キャラクターボイス 主人公以外フルボイス
CGモード あり
音楽モード あり
回想モード あり
メッセージスキップ あり
オートモード あり
映像外部リンク
『君と彼女と彼女の恋。』OP(ニトロプラス) - YouTube

君と彼女と彼女の恋。』(きみとかのじょとかのじょのこい。)は、2013年6月28日ニトロプラスから発売された18禁恋愛アドベンチャーゲームである。 略称は「ととの[1]

概要[編集]

ニトロプラスとしては、2010年12月発売の『アザナエル』から2年半ぶりのアダルトタイトルとなった。

作品のジャンルは「オルタナティブADV」と謳っている。企画・シナリオ担当の下倉バイオによれば、一般的な美少女アドベンチャーゲームが、“5つほどの選択肢からどれかを選び、CGを100%にしたりトゥルーエンドを見るために、他の4つのルートも全てプレイしなければならない”といった義務的なものになってしまっているため、本作品ではヒロインを2人に絞り“どちらを選ぶか”の二者択一(オルタナティブ)にするストーリー構成とした[2]

プロデューサーのでじたろうによれば、作品のテーマは「純愛」で、他の何に代えてもひたすら愛に突き進むストーリーを描きたかったという[1]。また作中のキーアイテムであるスマートフォンのパッケージのように、小さな箱を開けるワクワク感を実現したかったため、作品の配布メディアをUSBメモリにしてパッケージを小型化した[1][3]

初回限定版(USBメモリ版)がロットアップしたため、通常版(DVD-ROM版)が2013年8月30日に発売された[4]

ストーリー[編集]

(出典:[2][3]

須々木心一は平凡な学園生だったが、ある日学園の屋上で不思議な少女・アオイにいきなりキスを迫られる。その場は幼馴染みの美雪に止められたが、アオイはその後も不思議な言動を度々見せる。友達付き合いがわからないアオイのために、心一は美雪に協力を頼み込み、3人で“友達”関係を始めていく。

登場人物[編集]

(出典:[2][3]

主人公[編集]

須々木 心一(すすき しんいち)
本作品の主人公。学園2年。目立つことを極力避け、周囲に埋もれて平凡な“モブ”として生活している。人付き合いが悪く友達も少ないが、お節介な面もある。美化委員のため学園屋上へ通じる鍵を持ち、一般生徒がほとんど来ない屋上でよく気ままに過ごしている。
アオイとはクラスメイトだが、屋上で突然キスを迫られるまでは全く存在を意識していなかった。風変わりな言動に振り回されつつもアオイが心配になり、美雪と3人で“友達”付き合いを始める。昼休みに屋上で風景を眺めつつ弁当を食べるなど、3人で一緒に過ごす時間が長くなっている。

ヒロイン[編集]

曽根 美雪(そね みゆき)
声:手塚まき
学園2年で心一のクラスメイト。文武両道・容姿端麗な学園のアイドル。演劇部所属で、ソフトボールが題材となる次回公演では主役を務め、よく金属バットを持ち歩いてバッティングセンターにも通う。心一とは幼馴染みで、小学生くらいまではよく2人で遊んでいたが、その後は疎遠になり、今の学園では幼馴染みであることを周囲に隠している。何事も一生懸命だが、心一の前では時折諦めた表情や別の一面を見せる。
向日 アオイ(むこう アオイ)
声:仙道ミツキ
学園2年で心一のクラスメイト。いわゆる“電波系”で、いつも無表情で何を考えているかわかりづらく、不思議な言動が多い。あるスマートフォン用美少女ゲームに登場するヒロインと姿がそっくりで、彼女はこの世界を「ゲーム」、自分を「攻略ヒロイン」だと信じており、「フラグ」「センタクシ」などゲーム用語をよく話す。電波の届かないスマートフォンを持ち歩き、よく学園の屋上で空へかざして「カミサマ」と通信しようとしている。

サブキャラクター[編集]

ハル
声:桐谷華
学園1年。演劇部員で美雪の後輩。舞台の上ではいい芝居をするが、気弱で引っ込み思案で、心一の顔を見ると脱兎の如く逃げてしまう。雄太郎の家のコンビニでバイトしているが、そちらでも失敗が多い。
曙 雄太郎(あけぼの ゆうたろう)
声:ほうでん亭ノドガシラ
学園2年。心一の同級生で親友。イケメンだが熱血で暑苦しい性格で、「男の浪漫倶楽部」部長(ただし部員は幽霊部員の心一のみ)。急に女の子と縁ができた心一を「お前リア充なんだな!」と妬んでいる(恋愛成就した暁には、男の浪漫倶楽部から除名されるらしい)。家業はコンビニで、時々店番をしている。
エル
声:北都南
アオイが拾った捨て猫で、名前もアオイが名付けた。黒い子猫で額に電気のような白い柄があり、アオイは「デンパ猫」とも呼ぶ。
カミサマ
声:北都南
アオイがスマートフォンで通信しようとしている相手。

主題歌[編集]

オープニングテーマ「モノクロ」
歌:岩瀬敬吾 / 作詞:岩瀬敬吾 / 作曲・編曲:平田博信
挿入歌「永遠の終わりに」
歌:いとうかなこ / 作曲・編曲:平田博信
エンディングテーマ1「輝かしき日常」
歌:Swinging Popsicle / 作詞:藤島美音子 / 作曲・編曲:平田博信
エンディングテーマ2「星のメリーゴーランド」
歌:多田葵 / 作詞:いとうかなこ / 作曲・編曲:平田博信

制作スタッフ[編集]

(出典:[3]

関連商品・コンテンツ[編集]

書き下ろし小説「私と彼と彼の恋。」
文:下倉バイオ / イラスト:津路参汰
TECH GIAN』2013年4[5]〜8月号に連載(全5回)。ハルを主人公として、携帯ゲームを発端に心一やヒロイン達と関わっていくストーリー。
君と彼女と彼女の恋。 Song Collection 『君と彼女と彼女の歌。』
2013年8月10日にコミックマーケット84にて先行発売。8月28日に一般発売。発売:GEORIDE。
主題歌4曲のフルバージョン、オープニング/エンディングテーマのインストゥルメンタル、ボーナストラック(「モノクロ」別バージョン)、計8曲を収録。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c コンプティーク(2013年2月号) pp.286-289.
  2. ^ a b c TECH GIAN(2013年4月号) pp.138-143.
  3. ^ a b c d PUSH!!(2013年8月号) pp.58-61.
  4. ^ ニトロプラス (2013年8月30日). “18禁PCゲーム『君と彼女と彼女の恋。』通常版8/30(金)本日発売!!”. ニトロプラス公式サイト. 2013年8月31日閲覧。
  5. ^ TECH GIAN (テックジャイアン) 2013年 4月号”. Amazon.co.jp. 2016年1月4日閲覧。

関連項目[編集]

  • 愛の夢 - 作品中に第3番が使用されている。

外部リンク[編集]