一肇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一 肇(にのまえ はじめ)は日本の小説家、ライトノベル作家。ニトロプラス所属。

概要[編集]

ザ・スニーカー2006年10月号(角川書店)より連載を開始した『桜ish―推定魔法少女―』にてデビュー。その後小学館に活動舞台を移す。『桜ish』刊行時はデジターボ所属であった[1]が、『フェノメノ』[2]連載時にはニトロプラス所属となっている。

『フェノメノ』は過去小学館で刊行された『幽式』と世界観・時系列・一部登場人物が共通している。

主な作品[編集]

小説[編集]

単行本[編集]

桜ish―推定魔法少女―[編集]
フェノメノ[編集]
  • フェノメノ 美鶴木夜石は怖がらない(2012年6月 星海社FICTIONS / 2015年11月 星海社文庫
  • フェノメノ 弐 融解ファフロツキーズ(2013年2月 星海社FICTIONS)
  • フェノメノ 参 収縮ファフロツキーズ(2013年4月 星海社FICTIONS)
    • 【改題・合本】フェノメノ 弐 融解/収縮ファフロツキーズ(2016年1月 星海社文庫)
  • フェノメノ 肆 四回廊事件(2013年11月 星海社FICTIONS)
    • 【改題】フェノメノ 参 四回廊事件(2016年3月 星海社文庫)
  • フェノメノ 伍 ナニモナイ人間(2014年6月 星海社FICTIONS)
    • 【改題】フェノメノ 肆 ナニモナイ人間(2016年5月 星海社文庫)
  • フェノメノ 陸 美鶴木夜石は微笑まない(2015年6月 星海社FICTIONS)
    • 【改題】フェノメノ 伍 美鶴木夜石は微笑まない(2016年7月 星海社文庫)
その他の小説[編集]

アンソロジー掲載[編集]

  • 銀とクスノキ 〜青髭館殺人事件〜 - 『謎の館へようこそ 白 新本格30周年記念アンソロジー』(2017年9月 講談社タイガ

ゲーム[編集]

エッセイ等[編集]

  • 「特別対談 in 京都 Dialogue 綾辻行人 × 一肇」(『ジャーロ』No.54 2015 SUMMER〈2015年6月 光文社〉 掲載 / 『シークレット 綾辻行人ミステリ対談集 in 京都』〈2020年9月 光文社〉 収録)
  • 「a day in my life」case.180(『小説すばる』2018年2月号〈2018年1月 集英社〉 掲載)

出典[編集]

  1. ^ 桜ish―推定魔法少女―の単行本1巻より
  2. ^ 最前線FICTIONS フェノメノ(2012年5月29日閲覧)

外部リンク[編集]