南野信吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

南野 信吾(みなみの しんご、1970年[1]4月26日 - 2012年6月10日)、デジターボ(ニトロプラス・ゲームソフト部門)所属の音楽プロデューサー、ミュージシャン。大阪府大阪市生野区出身[2]

略歴[ソースを編集]

1990年代にロックバンドBOICE(後の4-STiCKS)のボーカルとして活躍。1996年平成8年)、同バンドでエピックソニーと契約してメジャーデビュー。解散後はソロ活動や複数のバンド活動を経て、2007年(平成19年)にデジターボ入社[1]。同社の音楽部門「GEORIDE」でレーベルマスター兼プロデューサーを勤め、ニトロプラスがリリースするゲームソフトの音楽を担当した。

2006年(平成18年)、女性歌手・乃木マリーの音楽イベントにプロデューサーとして参加。

2012年(平成24年)6月10日、大阪心斎橋通り魔殺人事件に巻き込まれて急逝。享年42[3]。当日は心斎橋のライブハウス「ミューズホール」で同夜に行われたレーベル発足5周年記念ライブを訪れるため、来阪していた[4]

2013年(平成25年)6月10日、上記の事件の風化を防ぐべく、南野と親交の深かったバンド14組が出演しての追悼ライブ「すべては彼のために」が開催された[5]。 この追悼ライブは毎年行われ(2017年よりMINAMINO LOCK FESTIVALに名称を変更)、経費を除く売上は南野の遺族へ支援金として送られている。

主な作品[ソースを編集]

出典[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]