アニメ・フェスティバル・アジア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アニメ・フェスティバル・アジア(AFA)
Anime Festival Asia
2009年、サンテック・シンガポール国際会議展示場。
2009年、サンテック・シンガポール国際会議展示場。
通称・略称 AFA
初回開催 2008年
会場 サンテック・シンガポール国際会議展示場(2008年-2011年、2013年-)
シンガポール・エクスポ・マックス・パビリオン(2012年)
来場者数 約14万5000人(2014年)
公式サイト

アニメ・フェスティバル・アジア(AFA)はメイン会場のシンガポールをはじめとして東南アジア地域複数ヶ所で開催される一連のアニメイベントである。メインとなるシンガポールでは11月の中旬の、週末にあわせて開催される。例年サンテック・シンガポール国際会議展示場がメイン会場となるが、2012年はサンテック・シンガポール国際会議展示場の改装に伴いシンガポール・エクスポ・マックス・パビリオンで開催される運びとなった。また2012年にはサテライト会場としてマレーシアのプトラ・ワールド・トレード・センター(Putra World Trade Centre)、インドネシアのジャカルタ・インターナショナル・エクスポ(Jakarta International Expo)でもイベントが催された。

またAFAはイベントに併せてアニメ漫画産業をテーマとしたビジネス会議を開催しており、2009年のアニメーション・アジア・カンファレンス(Animation Asia Conference)以来の恒例となっている[1]

AFAは日本国外で行われる最大級のアニメイベントと銘打たれており、2014年には14万5000人の来場者数を記録した[2]。AFAはZeppライブエンタテインメント電通の協力のもとでsozoが主催している。

歴史[編集]

日程 開催地 ゲスト
2008年11月22–23日 サンテック・シンガポール国際会議展示場
シンガポール
大河原邦男森本晃司May'n[3]水木一郎
2009年11月21–22日 サンテック・シンガポール国際会議展示場
シンガポール
初音ミク水木一郎May'n中川翔子福山芳樹[4]、KANAME ☆[5]ダニー・チュー
2010年11月12–14日 サンテック・シンガポール国際会議展示場
シンガポール
Aira[訳語疑問点]、Alodia Gosiengfiao、KANAME ☆、花澤香菜angela水木一郎JAM ProjectMay'nSCANDAL
2011年11月11–13日 サンテック・シンガポール国際会議展示場
シンガポール
ダニー・チュー、初音ミク、水木一郎、FLOWLiSASea☆A、May'n、Angela、Kalafinaいとうかなこ斎藤千和、中西豪、KANAME☆、三森すずこ徳井青空佐々木未来橘田いずみ[6]USAGI
2012年6月9–10日 プトラ・ワールド・トレード・センター
マレーシア、クアラルンプール
Kalafina、黒崎真音愛美、FLOW、KOTOKO、Sea☆A、石川光久石井朋彦、ダニー・チュー、Kaname☆、Tasha、Miyuko
2012年9月1–2日 ジャカルタ・インターナショナル・エクスポ
インドネシア、ジャカルタ
7!!bless4、水木一郎、LiSA、Angela、Kotoko、Sea☆A、ステレオポニー、ダニー・チュー、Kaname☆、Akatsuki Tsubasa
2012年11月9–11日 シンガポール・エクスポ・マックス・パビリオン
シンガポール
FLOWfripSide、May'n、Sea☆A、スフィアT.M. Revolution渡辺信一郎、中西豪、KANAME☆、Singi、ダニー・チュー[7]岸尾だいすけ、西原史顕、神山健治、八王子P、Akatsuki Tsukasa、Judy、Hiko、Mikoto、Reika[8]
2013年9月6–8日 ジャカルタ・コンベンション・センター
インドネシア、ジャカルタ
一日目新田恵海平野綾、藍井エイル、May'n、BABYMETAL、fripSide(南條愛乃八木沼悟志)、Kalafina[9]

二日目:T.M. Revolution、ダニー・チュー

ゲストコスプレイヤー:Angie、Clive、Kaname、Reika、Richfield、Ying Tze[10]

2013年11月8–10日 サンテック・シンガポール国際会議展示場
シンガポール
ダニー・チュー、木村良平逢坂良太水樹奈々、May'n、T.M. Revolution、Lisa、藍井エイル、Angela、ELISA虚淵玄山本幸治、柏田真一郎、伊藤智彦石川由依荒木哲郎、浅野恭司、和田丈嗣、中武哲也[11]μ's(新田恵海、三森すずこ、徳井青空の三名)、ミルキィホームズ[12]
2014年8月15–17日 ジャカルタ・コンベンション・センター
インドネシア、ジャカルタ
業界伊藤かな恵、柏田真一郎、いしづかあつこ、田中翔、神崎紫電、黒崎泰隆、小倉充俊[13]

アーティストEGOIST、藍井エイル、GARNiDELiA、八王子P、DJ和、春奈るな、T.M. Revolution[14]
コスプレイヤー:Angie、Aza Miyuko、Hana&Baozi、King、Kisaki Urumi、Mon、pinky Lu Xun、richfield、Ying Tze、Yuegene[13]

2014年12月5–7日 サンテック・シンガポール国際会議展示場
シンガポール
MC:ダニー・チュー、吉田尚記、Reiko、Ferlyn Yoshimi

業界今井麻美岩上敦宏、いしづかあつこ、大橋彩香、川澄綾子、田所あずさ赤尾でこ柿澤勇人金元寿子、イトヲカシ、橘田いずみ、花田十輝、タムラコータロー、津田健次郎沼倉愛美、天野直樹、Revo新井里美、柏田真一郎、田中翔、徳井青空、三森すずこ、河西智美、松岡禎丞、原由実

アーティスト
1日目:angela、喜多村英梨、DJ和、堀江由衣
2日目:fripSide(南條愛乃、八木沼悟志)、THE IDOLM@STER(沼倉愛美、今井麻美、原由実、大橋彩香、田所あずさ)、LiSA、やなぎなぎ
3日目:藍井エイル、FLOW、GARNiDELiA、May’n、ROOT FIVE

コスプレイヤー:Angie、Clive、Hana & Baozi、Hyko、Kazumi Noomi、Mon、Yingtze、他[15]


2015年4月30–5月3日 バンコク国際貿易展示場
タイ、バンコク
MC:ダニー・チュー

業界あおきえい、他
アーティスト:angela、藍井エイル、FLOW、fripSide、Kalafina、DJ和、May’n[16]


2015年9月25–27日 ジャカルタ・コンベンション・センター
インドネシア、ジャカルタ
FLOW、fripSide、GARNiDELiA、DJ和、LiSA、motsu×DJ KAYA、nano、やなぎなぎ[17]


2015年11月27–29日 サンテック・シンガポール国際会議展示場
シンガポール
アーティストStand-Up!Hearts

I Love Anisong
1日目:AimerBACK-ONbless4HoneyWorks/CHiCO with HoneyWorksZAQ
2日目(P'sLIVE!):竹達彩奈内田真礼三森すずこMICHI三上枝織花守ゆみり遠藤ゆりか
3日目:GARNiDELiALiaMay'n小林未郁featuring島口哲朗剱伎衆かむゐ)、nano

コスプレイヤー:Baozi&Hana、Ely、Liui、Sansin、Tomia、YingTze、Siutao、御伽ねこむ、KANAE☆、JUN&NERU、angie[18]


2016年8月19 – 21日 ROYAL PARAGON HALL,5th FLOOR,
SIAM PARAGON SHOPPING CENTER
タイ、バンコク
[19]


2016年9月16 –18日 ジャカルタ・インターナショナルEXPO
インドネシア、ジャカルタ
[20]


2016年11月25–27日 サンテック・シンガポール国際会議展示場
シンガポール
イケてるハーツ

[21]


2008[編集]

シンガポールのサンテック・コンベンション・ホールにて初開催。STUDIO 4℃のアニメ監督の森本晃司、ガンダムシリーズのメカニックデザインを担当した大河原邦男を招いてトークイベントを開催。水木一郎に、さらには海外では初のパフォーマンスとなるMay'nも参加し会場を沸かせた。

2009[編集]

ダニー・チューとKANAME☆を招請。「もえもえきゅんメイド・カフェ」(Moe Moe Kyun Maid Cafe)がオープン。

一日目に中川翔子と水木一郎が、二日目は福山芳樹とMay'nがデュエットを行った。初音ミクが自身初となる海外ソロライブを敢行[22]

初めてリージョナル・コスプレ大会(Regional Cosplay Championship)が開催される。シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン出身の参加者たちが二人一組になってチャンピオンの座を競った[23]

けいおん!の4人の声優が招かれ、アニメで放映されたいくつかのシーンにあわせて生アフレコが行われた。

2010[編集]

Aira[訳語疑問点]アローディア・ゴシエングフィアオ英語版[訳語疑問点]、KANAME☆がコスプレ審査員として招かれる。

声優の花澤香菜ミルキィホームズがイベントに招かれる。

執事カフェ「アトリエ・ロイヤル」(Atelier Royale)が注目を集める。

AKB48、Angela、水木一郎, JAM Project, May'n, SCANDALが招かれる。

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-涼宮ハルヒの消失がDVD、Blu-rayの発売に先行して上映される。

2011[編集]

二日目に歌手の水木一郎、FLOW、LiSA、Sea☆Aが出演[24]。May'n、Angela、Kalafina、いとうかなこ、ミルキィホームズが三日目に出演した[25]

初日には日本国外では初めてとなる初音ミクのライブパーティー[訳語疑問点]が行われた[26]

斎藤千和、中西豪、ダニー・チュー、KANAME☆、USAGIがスペシャルゲストとして招かれる。

機動戦士ガンダムUCの4話が日本での公開日にあわせて上映された[27]

2012[編集]

初めて複数会場での開催となった。6月にマレーシア[28]、9月にインドネシア[29]、そして11月にシンガポールで開催され、全てのイベントでダニー・チョーが司会を務めた。さらには三つのイベントの全てでメイドカフェ及び執事カフェがオープンした。

マレーシアでは6月9–10日にクアラルンプールのプトラ・ワールド・トレード・センターで開催された。

Kalafina、黒崎真音、愛美が初日に、FLOW、KOTOKO、Sea☆Aが二日目にパフォーマンスを行った。

Production I.G石川光久石井朋彦、そしてダニー・チュー、Kaname☆、そしてスペシャルゲストとして韓国からTashaとMiyukoが招かれた。

インドネシアでは9月1–2日、ジャカルタ・インターナショナル・エクスポで開催された。初日には水木一郎、bless47!!、LiSAが、二日目にはAngela、KOTOKO、Sea☆A、ステレオポニーがパフォーマンスを行った。

シンガポールでは11月9–11日にシンガポール・エクスポ・マックス・パビリオンで開催された。西原史顕、中西豪、神山健治渡辺信一郎、八王子Pがスペシャルゲストとして招かれた[8]

声優の岸尾だいすけスフィアが招かれた。

KANAME☆、Akatsuki Tsukasa、Judy、Hiko、Mikoto、Reikaがコスプレイヤーとして招かれた。一方でCliveとRichfieldがコスプレコンテストの審査員として招かれた。日本のチーム・シコン(Team Shikon)、そしてインドネシアからルナ・アスタリスクがスペシャル・コスプレ・パフォーマンスを行った[訳語疑問点]

初日にはT.M. Revolution、二日目にはBABYMETAL、FLOW、fripSide、LiSA、m.o.v.eが、三日目にはMay'n、栗林みな実、Sea☆A、スフィアがパフォーマンスを行った[30]

ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE-劇場版 FAIRY TAIL 鳳凰の巫女劇場版 魔法少女まどか☆マギカが上映された[31]

2013[編集]

ジャカルタ、シンガポールでの開催。テーマソングはヴァレリー(元Sea*a)の歌うOrigami。

2014[編集]

ジャカルタ、シンガポールでの開催。fripSideは2012年以来二度目のシンガポール開催参加となった。展示はサンテック・シンガポール国際会議展示場の4階全域にまたがり過去最大規模のイベントとなった。新マスコットのSeikaが紹介された。

2015[編集]

ジャカルタ、シンガポールに加え、バンコクでも開催された。タイでの初開催となった。

2016[編集]

バンコク、ジャカルタ、シンガポールで開催。

2017[編集]

日本で毎年開催されているキャラクターとホビーの総合展示会「C3TOKYO(旧キャラホビ C3×HOBBY)」と統合し、C3AFAと名称変更する。バンコク、ジャカルタ、シンガポールに加え、東京千葉市幕張メッセ)、香港で開催予定[32]

注釈[編集]

  1. ^ Animation Asia Conference 2009”. Onscreen Asia. 2013年6月4日閲覧。
  2. ^ AFA presentation”. J-LOP+. 2015年6月27日閲覧。
  3. ^ Macross Frontier Singer May'n to Perform in シンガポール”. Anime News Network. 2013年6月3日閲覧。
  4. ^ Anime Festival Asia 2009”. Anime News Network. 2013年6月3日閲覧。
  5. ^ Information on Anime Festival Asia 2009”. AnimeCons.Com. 2013年6月3日閲覧。
  6. ^ シンガポール's Anime Festival Asia Announces Guest Lineup, Theme Song”. Anime News Network. 2013年6月3日閲覧。
  7. ^ シンガポール's Anime Festival Asia to Host T.M. Revolution, fripSide, スフィア”. Anime News Network. 2013年6月3日閲覧。
  8. ^ a b Special Guests, AFA 2012”. Anime Festival Asia. 2013年6月3日閲覧。
  9. ^ イベント・ライブ情報 > ANIME FESTIVAL ASIA INDONESIA 2013 ステージ 1日目”. eventernote.com. 2014年7月29日閲覧。
  10. ^ MAIN STAGE SCHEDULE”. ANIME FESTIVAL ASIA INDONESIA 2013. 2014年7月29日閲覧。
  11. ^ http://animefestival.asia/afa13/experience_zones.html
  12. ^ EVENT GUIDE”. ANIME FESTIVAL ASIA SINGAOIRE 2013. 2014年7月29日閲覧。
  13. ^ a b AFAID 2014 SPECIAL GUESTS”. ANIME FESTIVAL ASIA INDONESIA. 2014年7月29日閲覧。
  14. ^ http://www.animefestival.asia/afaid2014/i-love-anisong/
  15. ^ afa2014”. ANIME FESTIVAL ASIA (AFA).. 2014年12月5日閲覧。
  16. ^ AFATH2015”. ANIME FESTIVAL ASIA (AFA).. 2015年6月27日閲覧。
  17. ^ AFAID2015”. ANIME FESTIVAL ASIA (AFA).. 2015年6月27日閲覧。
  18. ^ AFASG2015”. ANIME FESTIVAL ASIA (AFA).. 2015年11月7日閲覧。
  19. ^ AFATH2016”. ANIME FESTIVAL ASIA (AFA).. 2016年12月1日閲覧。
  20. ^ AFAID2016”. ANIME FESTIVAL ASIA (AFA).. 2016年12月1日閲覧。
  21. ^ AFASG2015”. ANIME FESTIVAL ASIA (AFA).. 2015年11月7日閲覧。
  22. ^ http://afa09.com/i_love_miku.html
  23. ^ http://afa09.com/afa_cosplay_championship_09.html
  24. ^ http://www.animefestival.asia/rock_your_soul.html#saturday-tab
  25. ^ http://www.animefestival.asia/rock_your_soul.html#sunday-tab
  26. ^ http://www.animefestival.asia/rock_your_soul.html#friday-tab
  27. ^ http://www.animefestival.asia/featured_anime.html
  28. ^ Anime Festival Malaysia
  29. ^ Anime Festival Indonesia
  30. ^ I LOVE ANISONG, AFA 2012
  31. ^ Featured Anime, AFA 2012
  32. ^ Biggest Japanese pop culture event organisers join forces to bring C3 AFA to various countries

外部リンク[編集]