渡辺信一郎 (アニメ監督)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
わたなべしんいちろう
渡辺 信一郎
渡辺 信一郎
2009年、フランス・パリのJapan Expoにて
生年月日 1965年5月24日(50歳)
出生地 日本の旗 日本 京都府
職業 演出家監督
活動期間 1987年 -

渡辺 信一郎(わたなべ しんいちろう、1965年5月24日 - )は、京都府出身のアニメ演出家監督

経歴[編集]

高校卒業後、アニメ制作会社日本サンライズ(現サンライズ)に入社する(同期は赤根和樹)。制作進行をへて、1987年の『ダーティペア』にて演出家デビュー。

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』(演出・絵コンテ)などを経て、1994年の『マクロスプラス』にて監督デビュー(総監督は河森正治)。この作品に参加したスタッフが再び集った1998年の『カウボーイビバップ』では、スタイリッシュな映像・音楽センスを発揮し、国内外で熱心なファンを生む人気作となった。

2004年の『サムライ・チャンプルー』以降、実写やアニメのオリジナル企画に携わりながら実現しない期間が続く[1]2012年に初の漫画原作ものとなる『坂道のアポロン』で久々に監督復帰し、2014年は『スペース☆ダンディ』『残響のテロル』というオリジナル2作品を監督した。

人物[編集]

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

CM[編集]

  • Nike CM 恐怖の部屋:自分の恐怖(2004年監督

脚注[編集]

  1. ^ "INTERVIEW 01:監督 渡辺信一郎". TVアニメ『残響のテロル』公式サイト. 2015年12月22日閲覧。
  2. ^ a b c 小黒祐一郎 「この人に話を聞きたい 第102回 渡辺信一郎」『アニメージュ』2007年10月号
  3. ^ a b 「Sound of Emotion 渡辺信一郎インタビュー」『アニメーションRE』VOl.2、インデックスMOOK、2005年、16頁。
  4. ^ 『アニマトリックス』はハリウッド側で選曲した。

関連項目[編集]

  • ワタナベシンイチ - 同じアニメ監督で、「ナベシン」というあだ名が共通する。
  • 南雅彦 - ボンズ社長。『カウボーイビバップ』や『スペース☆ダンディ』のプロデューサー。
  • 菅野よう子 - 『マクロスプラス』『カウボーイビバップ』『坂道のアポロン』などでコンビを組んだ作曲家。
  • 中沢一登 - 『サムライ・チャンプルー』『残響のテロル』のキャラクターデザイン・総作画監督。

外部リンク[編集]