神山健治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かみやま けんじ
神山 健治
神山 健治
本名 神山 健治
生年月日 1966年3月20日(48歳)
出生地 日本の旗 埼玉県[1]秩父市
国籍 日本の旗 日本
血液型 B
職業 監督脚本家演出家
ジャンル 映画アニメ
主な作品
攻殻機動隊 S.A.C.』(脚本・監督)
東のエデン』(原作・脚本・監督)

神山 健治(かみやま けんじ、1966年3月20日[1] - )は、日本アニメーション監督脚本家演出家。株式会社STEVE N' STEVEN(スティーブンスティーブン)代表取締役共同CEO

人物概要[編集]

埼玉県秩父市出身。代表作に『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズ、『東のエデン』など。主な制作拠点はProduction I.Gである。

押井塾時代の神山を押井守は「級長のような存在」と評している。また、「こんなに売れるとは思わなかった。もっと早い時期につぶしておけばよかった。」と冗談交じりに語っている。対して、神山は「押井さんの影武者になれればいいと思っていた」と語っている。

表面で流れている事象とは別に裏側にも流れている構造を持った演出や、政治的なテーマをアニメに持ち込む手法は、押井守から受け継いだが、実際に演出などを習った経験は無く、押井守監督作品のチームに入った事もないため、「心の師」と呼んでいる。作品を通して推測した考え方や方法論について質問に答えてもらい、答え合わせをするのが直接レクチャーを受けた唯一の瞬間だったと語っている。

スタッフと徹底討論して脚本製作するのが信条。本物志向の影響を受けた人物としてスティーヴン・キング田中角栄をあげ、影響を受けた小説家はJ・D・サリンジャーとしている。また、アニメ監督を目指したきっかけとして14歳の時に観た『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』を挙げ、その後『機動戦士ガンダム』に出会い、アニメなら同スケールの作品を描けるのではないかと思ったと自らのルーツを語っている。

略歴[編集]

1984年、地元高校の文化祭を渡り歩きアニメ自主制作の部活動がある高校として選んだ埼玉県立秩父農工高校食品科学科を卒業。建前ではシェフの道を志すが、学生時代から学業より熱心だったアニメーションの自主制作を続ける。

1985年、スタジオ風雅に入社。当初は背景及び美術監督として活動。

2000年沖浦啓之の誘いで『人狼 JIN-ROH』の演出を務める。

2002年押井守主宰の押井塾に参加、『ミニパト』で初監督を務める。TVアニメでは『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』初監督作品となり、同作とそのシリーズ作品はいずれも高い評価を得ている。

2009年、原作・監督作品として『東のエデン』TVシリーズと劇場版2作を発表。羽海野チカとのコラボで話題となる。

2011年、既存の3D映画とは異なる手法で、日本のセルアニメ作風を保ちつつ奥行き表現も重視した3D立体視映画『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』を発表。石井朋彦プロデューサーによるProduction I.G初の自主配給に参加[2]ぴあ初日満足度ランキングでは満足度89.5で第1位と、同規模で2008年に公開された押井守監督『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊2.0』の満足度83.8点を超え[3]、最終興収を10日間で突破。20日間で興行収入1億円を突破したため、スクリーン数を3倍に拡大公開する異例の展開となった[4]。観客動員10万人と興行収入2億円突破を記念した劇場生オーディオコメンタリー上映にて、Ustreamでは全世界約21万チャンネルで首位、ニコニコ生放送の視聴者数は13万人を突破している[5][6]

2011年、株式会社 STEVE N' STEVEN(スティーブンスティーブン)を設立。代表取締役共同CEOに就任。

2011年、2012年秋公開の映画『009 RE:CYBORG』の製作発表イベントを行い、制作工程を刷新したジャパニメーションプロモーションビデオを劇場公開。他全国4劇場でも衛生中継され、YouTubeUstreamニコニコ生放送でも会場の模様は同時配信。全世界でのべ23万人以上の視聴を獲得している[7]

作品[編集]

監督作品[編集]

TVアニメシリーズ作品[編集]

映画作品[編集]

Webアニメ作品[編集]

  • もうひとつの未来を。(2013年公開)監督・脚本

参加作品[編集]

その他の作品[編集]

書籍[編集]

出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 渋谷アニメランド”. 日本放送協会. 2011年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月4日閲覧。
  2. ^ 特殊映像ラボラトリー第30回「攻殻機動隊S.A.C. SSS 3D」自主配給に乗り出すIG”. アニメ!アニメ!ビズ. イード. 2011年11月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月24日閲覧。
  3. ^ 「未知の3D映像だった」『攻殻機動隊…』新作が満足度ランク首位”. チケットぴあ. ぴあ (2011年3月28日). 2011年3月28日閲覧。
  4. ^ 映画『攻殻機動隊』大ヒットを受け公開規模を3倍に拡大!”. ぴあ映画生活. ぴあ. 2011年4月19日閲覧。
  5. ^ 映画『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』生コメンタリー上映会、約13万人が視聴!”. CINEMA TOPICS ONLINE. フォーラムオフィス (2011年6月15日). 2011年6月15日閲覧。
  6. ^ 被災地での上映も開始! 『攻殻機動隊』3D版が動員10万人を突破”. ぴあ映画生活. ぴあ. 2011年6月14日閲覧。
  7. ^ 壬生智裕 (2011年10月5日). “「サイボーグ009」が3Dでアニメ映画化!舞台は現代で2012年秋公開!「攻殻機動隊S.A.C.」神山健治が監督”. シネマトゥデイ. 2011年10月5日閲覧。

外部リンク[編集]