石井朋彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いしい ともひこ
石井 朋彦
本名 石井 朋彦
生年月日 (1977-04-04) 1977年4月4日(43歳)
出生地 日本の旗 東京都江戸川区
国籍 日本の旗 日本
職業 映画プロデューサー
ジャンル 映画アニメ
主な作品
千と千尋の神隠し』(プロデューサー補)
猫の恩返し』(プロデューサー補)
ハウルの動く城』(プロデューサー補)
スカイ・クロラ The Sky Crawlers』(プロデューサー)
東のエデン』(プロデューサー)
攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』(プロデューサー)
009 RE:CYBORG』(プロデューサー)
テンプレートを表示

石井 朋彦(いしい ともひこ、1977年4月4日 - )は、日本の映画プロデューサー株式会社スタジオジブリの制作出身で現在はProduction I.G所属、株式会社クラフター取締役(旧:STEVE N' STEVEN スティーブンスティーブン)。

人物概要[編集]

スタジオジブリ作品『千と千尋の神隠し』から宣伝に関わり、鈴木敏夫のもとで映画のプロデュースを学ぶ[1]

シネコンが増えて以降、システマチックな傾向になりつつある劇場との関係に対し、新しい形での「古き良き興行」を模索し、3D立体視映画『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』では自主配給を行う[2]

関連イベントの企画から実施までトータルプロデュースに加え、キャンペーンの一環として行われる舞台挨拶やライブストリーミングでの司会進行役も務めている[3] [4]

略歴[編集]

1999年スタジオジブリ入社。高畑勲監督作品『ホーホケキョ となりの山田くん』で制作を経験した後、宮崎駿監督作品『千と千尋の神隠し』よりプロデューサー補、『ゲド戦記』では制作を担当。その他、短編・CMを制作。 2006年より、Production I.Gに所属。押井守監督作品『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』や神山健治監督作品『東のエデン』などをプロデュース[5]2011年、3D立体視映画『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』にて、Production I.G初の自主配給を行う。劇場生オーディオコメンタリー上映に神山健治監督と出演し、会場の様子と本編2D版の無料配信を実施。[6] [7]。 2011年、神山健治CEOを務める株式会社 STEVE N' STEVEN (スティーブンスティーブン)に取締役として出向。 2012年秋公開の映画『009 RE:CYBORG』の製作発表イベントでは劇場での司会進行を務め、他全国4劇場でも衛生中継され、YouTubeUstreamニコニコ生放送にも同時配信された。[8] [9] 2016年、株式会社スティーブンスティーブンから株式会社クラフターへ社名変更。同年、スタジオジブリ初の公開師弟対談を鈴木敏夫と行う[10]。 2017年、クラフタースタジオの常務取締役(兼) クラフター取締役に就任。

作品リスト[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

短編アニメ[編集]

CM[編集]

  • 正社員サイボーグ003(2012年)プロデューサー
  • ドラゴンクエストX 冒険者たちのきせきEPISODE①「名前の想い」(2017年)プロデューサー

著書[編集]

  • 『自分を捨てる仕事術 鈴木敏夫が教えた「真似」と「整理整頓」のメソッド』(WAVE出版、2016年8月)
  • 『思い出の修理工場』(サンマーク出版、2019年12月)

出演[編集]

  • YouTube x GEO Creator Day 2011 (2011年9月24日、YouTube日本の公式パートナーチャンネル)

脚注[編集]

外部リンク[編集]