ジェノサイバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェノサイバー 虚界の魔獣
OVA
監督 大畑晃一
キャラクターデザイン 山形厚史
アニメーション制作 アートミック
製作 バンダイビジュアル
テンプレート - ノート

ジェノサイバー 虚界の魔獣』(ジェノサイバー きょかいのまじゅう/Genocyber)は1993年に発売されたOVAアメリカで過激な残酷描写が話題を呼んだ。[1]登場人物の関係や世界観の設定など説明不足な点が多く見られるが、セル画によるアニメーションのクオリティはかなり高い。

ストーリー[編集]

双子の姉妹エレインとダイアナは、生まれながらにして生体エネルギー“ヴァジュラ”の力を秘めていた。2人の精神が融合する時、超生命体“ジェノサイバー”が誕生した。 いま、ジェノサイバーと人類との半世紀にわたる戦いが始まる。

キャラクター[編集]

スタッフ[編集]

映像商品[編集]

コミックス[編集]

ジェノサイバー 1
著 - トニーたけざき / 発売 - 1993年 / 刊行 - 白夜コミックス / ISBN 4893673246
OVAとは設定や人物の一部が共通しているが、それ以外はトニーたけざきのオリジナル作品。白夜書房の『コミック ノヴァ』に連載された。同誌休刊後、書き下ろしを加えてコミックスとして第1巻が刊行されたが、未完。

脚注[編集]

外部リンク[編集]