デジタルコンテンツグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

デジタルコンテンツグランプリは、財団法人デジタルコンテンツ協会 (DCAj) が毎年主催、経済産業省が共催している賞。デジタルコンテンツ産業において、多大な功績を収めた作品や産業、人、サイトなどが表彰対象となっている。

賞体系の変遷[編集]

1980年代[編集]

  • AVA'86 映像ソフト大賞(第1回)
  • AVA'87 映像ソフト大賞(第2回)
  • 1988年AVAグランプリ(第3回)
  • 1989 AVAグランプリ(第4回)

1990年代[編集]

  • 1990 AVAグランプリ(第5回)
  • 1991 AVAマルチメディアグランプリ(第6回)
  • 1992 マルチメディアグランプリ(第7回)
  • 1993 マルチメディアグランプリ(第8回)
  • マルチメディアグランプリ '94(第9回)
  • マルチメディアグランプリ '95(第10回)
  • マルチメディアグランプリ '96(第11回)
  • マルチメディアグランプリ '97(第12回)
  • 第13回マルチメディアグランプリ1998
  • 第14回マルチメディアグランプリ1999

2000年代[編集]

  • マルチメディアグランプリ2000(第15回)
  • デジタルコンテンツグランプリ2001(第16回)
  • デジタルコンテンツグランプリ2002(第17回)
  • 第18回デジタルコンテンツグランプリ
  • 第19回デジタルコンテンツグランプリ
  • 第20回デジタルコンテンツグランプリ
  • 第21回デジタルコンテンツグランプリ
  • 第22回デジタルコンテンツグランプリ
  • 第23回デジタルコンテンツグランプリ
  • 第24回デジタルコンテンツグランプリ

受賞作品[編集]

マルチメディアグランプリ '95
  • インタラクティブ部門
  • ノンインタラクティブ部門
    • MMA会長作品賞 - The Visible Human Project
    • MMA会長賞 - 高城剛
  • ネットワーク部門
    • 最優秀賞 - キッズスペース
    • アート賞 - 連画 Renga
    • エンターテイメント賞 - SEA TV HOME PAGE
    • ビジネス賞 - オートアクセルトゥデイ
    • パブリック賞 - 神戸インターネットサービス
    • 特別賞 - 朝日新聞 asahi.com、BIG TOP
第16回デジタルコンテンツグランプリ 2001
  • ビジネス部門
    • 最優秀賞 - FootCall- フットコール(株)
  • カルチャー部門
    • 最優秀賞 - MID-TOKYO MAPS make it better- 森ビル(株)、IMG SRC、ASYL design、LW、トランスフォーム(株)
  • エンターテイメント部門
    • 最優秀賞 - インタラクティブ・ライブ・ショウ2000「賢者のプロペラ」(経済産業大臣賞受賞作品)-平沢 進、(有)ケイオスユニオン
  • アート部門
    • 最優秀賞 -突き出す、流れる- 児玉幸子+竹野美奈子
  • 「新しい才能」の部
    • 金の翼賞 -SUPER SEXY ANDROIDS- 亘理明生(watt)
  • 人物表彰の部
    • DCAj会長賞 -鈴木敏夫- スタジオジブリ プロデューサ
第20回デジタルコンテンツグランプリ
  • 海外部門
    • 優秀賞 - Abandoned Dog(韓国)
    • 韓国文化コンテンツ振興院長賞 - The Chamber(韓国)
    • 台湾デジタルコンテンツプロモーションオフィス院長賞 - The Dream Festival(台湾)
第22回デジタルコンテンツグランプリ

外部リンク[編集]