老人Z

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
老人Z
ジャンル SF
映画
監督 北久保弘之
制作 A.P.P.P.
封切日 1991年9月14日
上映時間 80分
テンプレート - ノート

老人Z』(ろうじんゼット)は、日本のアニメ映画高齢化社会などの老人問題をテーマに作成したSFアニメーション。1991年公開。

大友克洋江口寿史がコンビを組み、メカニックデザインとキャラクターデザインを担当した。予告編では、全編「文字」・音声は「太鼓の音のみ」・内容は「いいわけ」というものだった。

細部の修正は公開には間に合わず、ビデオ化、DVD化、リマスター版発売に際し修正されている。

あらすじ[編集]

看護学校に通うハルコはボランティアで高沢老人の介護を行っていたが、高沢が最新型介護ロボット「Z-001号機」のモニターに選ばれ、お役御免となってしまう。見舞いに行った先でチューブだらけになった高沢の姿を見てショックをうけたハルコは高沢を助け出そうとするが失敗。実習先で知り合った老人ハッカーらに助けを求める。

登場人物[編集]

高沢喜十郎
声 - 松村彦次郎
古いアパートに住む寝たきり老人。87歳。高性能の看護ベッド「Z-001号機」のモニターに選ばれてしまう。
三橋晴子
声 - 横山智佐
芙蓉看護学院2回生。19歳。高沢喜十郎をボランティアで看護している。芯が強く行動力がある。モニターにされてしまった喜十郎を常に気遣うなど、心優しい性格。最初に行ったボランティアの時に喜十郎の世話をしたこともあり非常に気にかけ、「Z-001号機」の介護のやり方に寺田に異議を唱える。
寺田卓
声 - 小川真司
厚生省(現厚生労働省)の役人。41歳。高齢者問題に取り組み、強い理想を持っているがそれが今回の事件に繋がることとなってしまう。直情径行型の人物と見られてしまいそうだが根は善良。「厚生省を舐めるなよ」が口癖。
長谷川良彦
声 - 近石真介
西橋商事の社員。36歳。厚生省に第6世代コンピューターである、看護ベッド「Z-001号機」を提供する。しかし実態は寺田にも表向き高性能看護用ロボットと偽り、軍事機能をテストするためだった。
大江信子
声 - 佐藤智恵
芙蓉看護学院2回生。21歳。晴子の親友でしっかり者。
佐藤知枝
声 - 松本梨香
芙蓉看護学院2回生。19歳。晴子の親友。グラマラスな体格。
前田満
声 - 辻谷耕史
芙蓉看護学院2回生。20歳。常に晴子を気にかけており、アタックはしているものの相手にされていない。基本的に頼りない性格だが、晴子のためなら積極的な行動を取る。
老人A
声 - 槐柳二
看護病棟内で晴子が出会ったハッカー老人。自称「箱根以東では、いちばんのハッカー」。不正を働く会社のコンピューターをハッキングし、悪事を暴いている。やや下品だが非常に頼りになる存在。作中ではアメリカの会社のパソコンに入り込み脱税のしっぽを掴んでいる。パソコンのキーワードを崩すのが快感を得ると語っている。背が低い。
老人B
声 - 松村彦次郎
看護病棟内で晴子が出会ったハッカー老人。丸サングラスをかけている。
老人C
声 - 青野武
看護病棟内で晴子が出会ったハッカー老人。いつも体温計をくわえている。
高沢ハル
声 - 斉藤昌
高沢老人の妻で故人。享年72。
Zのコンピューター
声 - 斉藤昌
当初は老人Aたちによって声を作り出し、晴子がパソコンに接続したマイクを通してハルになったつもりで話していた。しかしその後、Zの機械と結合した高沢老人の想いをコンピューターが読み取り、コンピューター内部で高沢ハルの人格を作り出した。
皆川部長
声 - 大宮悌二
立花教授
声 - 大木民夫
機動隊長
声 - 緒方賢一
職員A
声 - 島田敏
職員B
声 - 喜多川拓郎
記者A
声 - 長島雄一
記者B
声 - 森川智之
記者C
声 - 高木渉
記者D
声 - 山崎たくみ
キャスター
声 - 滝沢久美子
看護婦
声 - 浅野典子
小春
高沢老人のアパートに入り浸る巨大猫。8歳3ヵ月。

Z-001号機[編集]

作中に出てくる「Z-001号機」は、最新型介護ロボットである。高齢化社会により介護される老人が増え、介護する側の人手不足や施設も足りていないということから厚生省が考えた新しい介護のあり方として考えだされたと語られている。

体がすっぽりと収まる窪んだベッド型の全自動で介護が受けられる。具体的には、介護者が寝たまま入浴、食事、排泄の処理および健康診断等ができる。また娯楽も兼ね備えており、テレビや電話、パソコンが付属されており、ウォーキングなどの軽い運動、同じベッドを使えば4人同時に友人たちと会話もできて暇を持て余すことがないとされる。また、このコンピューターは、第6世代コンピューターを採用しており、動力は超小型の原子力を使っている。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「走れ自転車」
歌・作詞 - 小川美潮 / 作曲 - 板倉文

受賞[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]