石川光久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
いしかわ みつひさ
石川 光久
石川 光久
生年月日 (1958-10-30) 1958年10月30日(59歳)
出生地 日本の旗 東京都八王子市
職業 プロデューサー
実業家
ジャンル テレビアニメ
アニメーション映画
主な作品

テレビアニメ


アニメーション映画


実写映画


OVA


テレビゲーム

石川 光久(いしかわ みつひさ、1958年10月30日 - )は、日本アニメーションプロデューサー実業家

IGポート代表取締役社長プロダクション・アイジー代表取締役社長、タツノコプロ非常勤取締役東京大学大学院情報学環特任教授

株式会社イング社長などを歴任した。

2003年「アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー・ジャパン(EOY JAPAN 2003)」大賞受賞 日本代表に選出され、翌年モナコの世界大会に出場。2004年 デジタルコンテンツグランプリDCAJ会長賞を受賞。

概要[編集]

東京都出身のアニメーションプロデューサーである。1980年代に、タツノコプロにて制作やプロデューサーを担当する。『赤い光弾ジリオン』のプロデューサーを担当した後、独立してアイジータツノコ(のちのプロダクション・アイジー)を設立した。2005年プロダクション・アイジー株式ジャスダックに上場し、ビジネス誌から取材を受けるなど企業経営者としても注目を浴びる。また、2004年東京大学大学院情報学環特任教授に就任する。

現在は、プロダクション・アイジー代表取締役を務めるとともに、アメリカ合衆国の現地法人の社長を兼任する。さらに、同社やジーベックマッグガーデンなどを傘下に擁する持ち株会社IGポート」の代表取締役も兼任する。また、竜の子プロダクションでは非常勤で取締役を務める。

イノセンス』で共同プロデューサーを一緒にした際、「スタジオジブリの社長をやってくれないか」ともう一人のプロデューサー鈴木敏夫から打診されたが断っている[1]

キックハート』で日本のアニメ初のクラウドファンディングを活用した[2]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

東京都八王子市農家に生まれた。中学校高等学校の野球部では主将を務めた。子供時代からテレビを見ることはあまりなく、アニメには全く興味がなかったという。明星大学在学中に文楽を見て感動し、同じ人形芝居ということで八王子市にある古典芸能の人形劇団「八王子車人形」に属して人形作りや黒衣の修行を積む。人形劇団が国外で公演している間のアルバイトとして、劇団関係の仕事と勘違いしてアニメ制作作会社竜の子プロダクション(通称タツノコプロ)へ。

竜の子プロダクション[編集]

テレビアニメ『黄金戦士ゴールドライタン』で、制作進行として働く。アニメーターなかむらたかしとの出会いを得て、アニメへの関心が湧くが、『黄金戦士ゴールドライタン』終了後は国外を10ヶ月ほど放浪、帰国後に偶然会った真下耕一の誘いで『未来警察ウラシマン』で復帰する。同作で制作進行を経て、制作デスクとなる。

石川がプロデューサーとして活動した1980年代半ば以降の竜の子プロダクションは、どんどん人材が流出していた。石川自身は竜の子プロダクションに「よくしてもらった」と恩義と感謝を口にするが、制作状況の悪化にアニメ自体をやめようとまで思いつめる。その最後の作品にするつもりだったのがテレビアニメ『赤い光弾ジリオン』である。当初は竜の子プロダクション社内でも石川に任せることに反対論があったというが、これを石川は成功させ、『赤い光弾ジリオン』制作のために集まったスタッフのために独立を決意。そうして設立された「アイジータツノコ」は、竜の子プロダクションからも出資をしてもらうとともに作品の下請けをもらい、形の上では円満な暖簾分けであった。

プロダクション・アイジー[編集]

1993年、アイジータツノコの社名を「プロダクション・アイジー」に変更する[3]。その後、版権管理事業を担当するイングと合併させる[4]。2007年にはプロダクション・アイジーを「IGポート」に社名変更したうえで持ち株会社化し、アニメ制作会社であるジーベックや、出版社マッグガーデンなどを傘下に収める[4]。また、同社のアニメ制作事業は、分割新設会社であるプロダクション・アイジーに引き継がせた[4]

家族・親族[編集]

竜の子プロダクション創業者の吉田竜夫三女でアニメのカラーデザインや制作を担当していた吉田みちると『赤い光弾ジリオン』の頃に結婚[5]吉田健二九里一平吉田すずから吉田一族と姻戚になる。みちるはプロダクション・アイジーの取締役を務め、2人の娘をもうけたが[6]、2006年になって離婚した[7]

主な作品[編集]

タツノコプロ時代[編集]

I.Gタツノコ/Production I.G 時代[編集]

出演作[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 梶山 寿子『雑草魂 石川光久 アニメビジネスを変えた男』
  2. ^ プロダクション I.G、日本のアニメ初の本格的クラウドファンディング
  3. ^ 「石川光久略歴」『Production I.G / 会社案内 / 社長メッセージプロダクション・アイジー
  4. ^ a b c 「沿革」『Production I.G / 会社案内 / 沿革プロダクション・アイジー
  5. ^ 梶山寿子『雑草魂 石川光久 アニメビジネスを買えた男』日経BP社、2006年、p.100
  6. ^ 梶山寿子『雑草魂 石川光久 アニメビジネスを買えた男』日経BP社、2006年、p.247
  7. ^ 梶山寿子「現代の肖像 石川光久」『AERA』2009年9月21日号、p.66

関連書籍[編集]

関連人物[編集]

外部リンク[編集]

ビジネス
先代:
(新設)
IGポート社長
初代:2007年 -
次代:
(現職)
先代:
(新設)
プロダクション・アイジー社長
初代:1993年 -
次代:
(現職)
先代:
(新設)
アイジータツノコ社長
初代:1987年 - 1993年
次代:
(廃止)