水木一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
水木 一郎
みずき いちろう
Ichiro Mizuki 20070706 Japan Expo 03.jpg
2007年のジャパン・エキスポから
基本情報
出生名 早川 俊夫
(はやかわ としお)
別名 松本茂之
山本一郎
早川としお
たつきよういちろう
ミズキング
生誕 (1948-01-07) 1948年1月7日(68歳)
出身地 日本の旗 日本東京都世田谷区
学歴 世田谷学園高等学校卒業
ジャンル アニメソング童謡ゲームソング
職業 シンガーソングライター
作詞家
作曲家
声優
俳優
担当楽器
活動期間 1968年 - (アニソン歌手としては1971年 - )
レーベル 日本コロムビア
ファーストスマイルエンタテイメント
ビクターエンタテインメント
ソニー・ミュージックエンタテインメント
事務所 イエローバード
共同作業者 JAM Project (2000年 - )
公式サイト ICHIROU MIZUKI OFFICIAL SITE

水木 一郎(みずき いちろう、本名:早川 俊夫(はやかわ としお)、1948年1月7日 - )は、日本男性歌手作詞家作曲家[注 1]声優俳優ナレーターである。東京都世田谷区出身。身長170cm。血液型O型。イエローバード所属。

アニメソング界の帝王と呼ばれるほか、アニキANIKI)の愛称でも親しまれているが、「アニキ」とはNHKおかあさんといっしょ2代目うたのおにいさんをしていたことに由来する。

自分の持ち歌を「ANIKING」ヴァージョンとして再録音することもある。また、「松本茂之」「山本一郎」「早川としお」「たつきよういちろう」「ミズキング」名義でも歌唱している[注 2]

世田谷学園高等学校卒業。現在は神奈川県鎌倉市鶴岡八幡宮の近くに在住。

来歴[編集]

歌手になるまで[編集]

実家がレコード店を経営していたため音楽環境には恵まれ、幼少期からジャズなどを聴いていた。特にアメリカの音楽には強い影響を受けていたという。だが本人は当初「どうせ日本人なんだから落語でもやるか」ということで落語家を目指し、学生時代には「落語会」を開いていた[2]

ACB会館(当時新宿区歌舞伎町に存在した総合娯楽遊興施設。1960年代半ばから1970年代初頭の人気絶頂期にはジャズ喫茶のニューACBやゴーゴークラブなどを備えていた)で催されたコンクールでの優勝が本格デビューのきっかけとなる。

その後、作曲家和田香苗の門下生となり、1968年に歌謡歌手として『君にささげる僕の歌』でレコードデビューするものの、売り上げが芳しくなかったことやマネージャーとの不仲も災いして一時歌手を退く。『徹子の部屋』に最初の出演をした際語ったところによると、同じレコード会社(日本コロムビア)の先輩歌手で万城目正門下(『万城目正歌謡音楽院』出身)の九条万里子と結婚することになったため、新人の水木が身を引いたという。その後、生活のためナイトクラブキャバレーで歌い始める。

1971年堀江美都子の担当だった日本コロムビア・木村ディレクターの勧めでアニメ『原始少年リュウ』のオープニングテーマ『原始少年リュウが行く』を歌唱。以降、活動の中心をアニメソングへと移していく[3]。水木は「最初の歌がつまらない歌だったら、以後アニメソングを歌うつもりはなかった」と述懐している。

1970年代[編集]

以降、『超人バロム・1』『変身忍者 嵐』『アストロガンガー』『マジンガーZ[4]1972年)、『バビル2世』『ロボット刑事』(1973年)、『仮面ライダーX』『グレートマジンガー』『がんばれ!!ロボコン』(1974年)、『仮面ライダーストロンガー』『宇宙の騎士テッカマン』『鋼鉄ジーグ』『アクマイザー3』(1975年)、『超電磁ロボ コン・バトラーV』(1976年)など、アニメ・特撮作品の主題歌・挿入歌を数多く歌い、アニメソング歌手としての評価を確立。

1970年代から1980年代にかけて、男性アニメシンガーとしてアニメや実写を問わず、ささきいさお(佐々木功)や子門真人・堀江美都子らと共に、ほとんどの主題歌・挿入歌を歌っていたといっても良いほどに人気が高かった(ただしささき・子門・堀江・水木の内、唯一水木のみミリオンセラーは出していない)。

アニメソング歌手に転向してからの最初の4年間で、約150曲の子供向け番組のテーマ曲を発表し、そのレコード売上は平均約10万枚[5]、累計約600万枚[5][6] に達した。1973年発売の『マジンガーZ』の主題歌レコードは70万枚[7] の大ヒット。1978年発売の『宇宙海賊キャプテンハーロック』主題歌レコードは当時アニメソングとしては驚異的な初回プレス15万枚[8]。同曲では、アニメソングとしては異例の68人のシンフォニー編成をバックに吹き込んだ。これらの逸話から、「アニメソングの女王」こと堀江美都子と並び「アニメソングの帝王」と呼ばれるようになる。

当時、アニメだけでなく、自身の歌手としての原点でもあるアメリカンポップスも披露した。後にそれを知った平尾昌晃からラジオ番組に呼ばれ、オールディーズを歌ったこともある。また、アニメ関係の仕事とは違うものの、1976年4月1979年3月にはNHKの子供番組『おかあさんといっしょ』でうたのおにいさん(2代目)を務めたこともある。

1980年代[編集]

1982年、自らが吹き込んだ主題歌レコードのトータルセールスが700万枚以上という記録を樹立し、『ギネスブック』に掲載された[9]

1983年1月、前年リリースの「ロマンティックアゲイン」(コミック『エロイカより愛をこめて』イメージソング)でコロムビア「ゴールデンディスク賞」「ゴールデンLPテープ賞」を受賞。

1986年4月1987年3月放送の特撮ヒーロー番組『時空戦士スピルバン』の主題歌を歌うとともに、主人公の父親「ベン博士」役で本編に出演。

1990年代[編集]

小堺一機関根勤のラジオ番組『コサキン無理矢理100%』を発端として「雄叫び」系アニメソングが注目を浴び、初のベストアルバム『OTAKEBI参上! 吠える男 水木一郎ベスト』を1989年6月にリリース。「雄叫び」ブームはさらに広まることとなり1990年5月には『水木一郎OTAKEBI2』をリリース、このアルバムでは懐かしのアニメ・特撮主題歌だけでなく、新曲であるアニソン17曲メドレー「懐かしくってヒーロー〜I'll Never Forget You!〜」を収録、同年11月にはシングルカットもされている。

1990年9月1日から1992年8月21日にかけて『水木一郎大全集』Vol.1〜5を発売するなど、数々の作品集を発表。以降、1992年に24曲メドレー「懐かしくってヒーローPartII〜We'll Be Together Forever!〜」、1994年に青春ドラマ主題歌メドレー「SEISHUN FOR YOU〜青春の詩〜」をリリース。

アニメタルなどによって、1960年代後半から1980年代を中心とした往年のアニメソング(アニソン)が再注目され始めたことも追い風となり、1990年代に入ってから(正確な表現ではないものの)「21世紀にかつてのアニソンを歌い継ぐ」といったスローガンのもと、中核となって、堀江美都子、影山ヒロノブ、ささきいさおなどと共に、コンサートを開催し続け、かつてのロボットアニメやSFアニメの主題歌を中心に歌っている。

さらなる飛躍のために1997年3月末日をもって日本コロムビアとの専属契約を解き、フリーとなる。まだ、フリー宣言後初のアルバム『スーパーロボット大戦ボーカルコレクション』(ファーストスマイルエンタテインメント)がオリコン23位を記録[10]。同年8月には、アニメソングを21世紀に残すべく、水木を筆頭に日本のアニメソング界を担ってきたシンガーたちが赤坂BLITZに集結。一大ムーブメントを巻き起こした「スーパーロボット魂」ライブの幕開けとなった。以後、進化し続ける同ライブを牽引、アニメジェネレーションにおけるカリスマ的存在感を示す。

1998年4月文化放送のラジオ番組『ラジオ・スーパーロボット魂』放送開始。パーソナリティを務める。翌年、歌手生活30周年記念のベスト盤CD『兄尊』をリリース。タイトルは、「アニメソング」の略称「アニソン」と水木の愛称「アニキ(兄貴)」をかけたもの。

同年3月18日放送のアニソン番組『快進撃TVうたえモン』では『人造人間キカイダー』が紹介された際にキカイダーの主題歌ではなく『ハカイダー』のテーマが流れ、紹介と同時に水木本人がハカイダーのテーマを熱唱した。

同年8月30日から31日にかけて、『うたえモン』の企画として山梨県河口湖ステラシアターにおいて「24時間1000曲ライブ」を敢行。終盤の生放送での変わらぬ声の響きに「本当に24時間歌い続けたのか」という電話が番組あてに殺到するという逸話を生んだ。 しかし、その3日後の9月3日9月4日に出演するはずだったイベント『松本零士〜幻想軌道1999〜』で「キャプテンハーロック」を歌う予定だったが、ライブで声が枯れてしまったということで生出演出来ずに映像のみ出演という形になったことからこの24時間ライブがとても過酷だった事が窺える。

2000年代[編集]

2000年7月17日に影山ヒロノブ・遠藤正明さかもとえいぞう松本梨香と共に、アニソンユニット・JAM Projectを結成。2002年8月からは、自身の多忙なスケジュールにより参加が難しくなったことから「非常勤」を宣言している。

2001年2月2日には「香港キャラクターショーケース2001」にてライブを実施。香港のファンからも絶大な「アニキコール」を受け、会場が一体となって日本語で大合唱する光景を目の当たりにする。ファッション誌、芸能誌などジャンルを問わず多くの媒体で記事が組まれ、現地での関心の深さを知ることとなる。

同年10月にはテレビ朝日の番組『トゥナイト2』に出演。「我らがアニキ 水木一郎の魂!!」と題した大特集で、通常の2倍の視聴率をマークする。同月開始のNHKの少年ドラマ『料理少年Kタロー』では主題歌「熱くるしいぜ」を担当し、ゲスト出演時には劇中でも歌唱。同曲は、アニソンデビュー30周年記念アルバム『アニキ自身』と同時発売された。

2002年3月にはテレビ朝日の番組『徹子の部屋』に2度目の出演。同月に水木バージョンで新録した中日ドラゴンズの応援歌「燃えよドラゴンズ!」が開幕よりナゴヤドームで流れる。同年6月にはナゴヤドームにて始球式を行い、スタンドの観客とともに「燃えドラ!」を大合唱。選手の名前を歌詞に織り込んだ「燃えよドラゴンズ!2002」は雄叫び入りでリリース。

2003年3月には世界的カリスマDJ・ディミトリ・フロム・パリスのオファーを受け、「ぼくらのマジンガーZ(Black Version)」を新録。この曲を収録したビクターエンタテインメントからのアルバム『Cruising Attitude』が日本先行発売となる。

2006年12月27日放送『笑っていいとも!年忘れ特大号』のものまね歌合戦で「デビルマンのうた」の替え歌を水木が番組用に新録し、さまぁ〜ずによる安倍晋三首相(三村マサカズ)とライス国務長官(大竹一樹)の真似で使用された。また、12月31日に放映された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の罰ゲームスペシャル「笑ってはいけない警察24時」では、ガソリンスタンド店員の役で登場。事あるごとに「ゼーット!!」と絶叫し、出演者の爆笑を誘っていた。これを受けて2007年、2008年の同企画にも同様のキャラクターの役柄で出演した。また同番組の「芸能人を間近で観察できるナイトサファリパーク」という設定の企画で、ひたすら「ゼーット!!」と叫び続ける芸能人「アニキ」として出演したこともある。

2007年には、初めて『みんなのうた』の楽曲とスーパー戦隊シリーズ(『獣拳戦隊ゲキレンジャー』)のED曲を歌った。また前年オリジナル特撮ビデオ超忍者隊イナズマ!』の主題歌を担当(オリジナルサウンドトラックは7月18日発売)し、続編『超忍者隊イナズマ!!SPARK』でも「水木昇龍斎」役で出演して「超忍者隊イナズマ! お江戸MIX」を歌唱した。

2010年代[編集]

2010年、プロデューサー・塚田英明からのオファーを受けて『仮面ライダーW』23・24話へ顔出し出演し、久々に仮面ライダーシリーズに関わることとなった。また6月には中国にて行われている上海万博のジャパンウィークにて、中国でもよく知られているアニメソングを歌唱した。

2011年7月6日全国納豆協同組合連合会 の公認ソング「ヒーローは Never ねば Give Up!」を発売[11]。同日発売のももいろクローバーZのシングル「Z伝説 〜終わりなき革命〜」にも特別参加し、同9月2日開催の東映まんがまつりDVD発売記念イベントで共演した[12]

7月10日イオン石巻ショッピングセンターで開催された、東日本大震災復興支援イベント「がんばれ東北! Never ねば Give Up!!」で超神ネイガーと共演し、「ヒーローは Never ねば Give Up!」を歌った[13]

8月24日、セルフカヴァー曲を中心に構成したアルバム「THE HERO 〜Mr.アニソン〜」を発売。タイトルは、福島第一原子力発電所事故などの後処理・修理・復興で働いている現実世界の「ヒーロー」たちにインスパイアされたという[14]

8月27日Animelo Summer Live 2011 -rainbow-にサプライズゲストとして参加。

9月21日、『おかあさんといっしょ』などで歌った童謡を集めたアルバム「水木一郎 キッズ ソング・ベスト!」を発売。

現在は歌手活動を続ける一方、「水木一郎ヴォーカルスクール」を主宰し、後進の育成に力を注いでいる。卒業生として貴日ワタリをはじめとする「ザ☆カインズ」メンバー、平山佳代子をはじめとする「アップルパイ」メンバー、『海賊戦隊ゴーカイジャー』主題歌の松原剛志[15]菊池志穂小西寛子などがいる。教え子の松原剛志が「海賊戦隊ゴーカイジャー」の主題歌を歌うのが決まった際、水木は「やったな!」と喜んだという[16](水木自身も挿入歌の歌唱で参加している。)。

エピソード[編集]

  • 東映の3大特撮シリーズにおいては、仮面ライダーシリーズで歴代最多となる『仮面ライダーX』、『仮面ライダーストロンガー』、『スカイライダー』の3作品で主題歌に起用された他、2011年時点でエンディング曲や挿入歌のみを含めると計7作品に関わっている。メタルヒーローシリーズでも、1986年の『時空戦士スピルバン』で主題歌に起用(エンディング曲は『超人機メタルダー』も含めた2作品)されている。スーパー戦隊シリーズだけは挿入歌のみに留まり、長年主題歌・エンディング曲共に縁が無かったが、2007年に『獣拳戦隊ゲキレンジャー』で初めてエンディング曲を担当した(オープニング主題歌の担当はいまだない)。
  • 侍ジャイアンツの主題歌を松本茂之の名義で収録している。
  • 過去にはザ・ドリフターズの付き人も経験していた。
  • 日本のアニメは海外でも人気が高く、日本語でそのまま歌われるアニメソングも多いため、海外でのコンサートも行っている。また、野茂英雄福岡ダイエーホークス中日ドラゴンズの応援歌は楽曲を作った山本正之直々にお願いされ2002年以降歌っている。水木自身は中日ファンであることを明かしており、中日応援歌の『燃えよドラゴンズ!』は計6回リリースされている[17]2014年8月12日に行われた中日対DeNAの試合(岐阜長良川球場)では、初めての国家君が代斉唱と『燃えよドラゴンズ!球場合唱編』を生披露した[18]。また、中日の優勝年になるとよく名古屋市内で行われる優勝パレードのイベントに参加したり、中日戦があるナゴヤドームでの試合にサプライズ登場することある。
  • ゲームソフト『スーパーロボット大戦シリーズ』の熱心なファン・ヘビープレイヤー[19] で、新作ソフトの発売後はゲーム雑誌にコラムを執筆することも[注 3]。プレイの際に主に使用するのは、自分が主題歌を歌った作品のロボットで[20]、自動的にスーパーロボットが多くなっている[21]。シリーズのプロデューサーである寺田貴信とも親交が深く、『第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ』から採用されたBGM選択などいくつかのシステムの考案者でもある[22](ちなみにこの『第3次α』では全てのロボットのBGMを「Zのテーマ」と「マジンカイザー」に設定してプレイしていたという[22])。また、この『第3次スーパーロボット大戦α』では、最終ボスである「ケイサル・エフェス」の声を自らが担当している[23]。CMにおいても『スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd』には出演[24] とCMソング[25]、『スーパーロボット大戦Z』ではタイトルコール[26]、『第3次スーパーロボット大戦α』[27]・『第2次スーパーロボット大戦Z[28] ではCMナレーションを担当している。
  • 歌手になっていなければ落語家の道を目指していただろうと本人が語っており、そのためバラエティ番組で「ゼーット!!」と絶叫するキャラクターとして出演していることに対しては、嫌悪感などはまったく抱いていないという。
  • 音楽ゲームポップンミュージック』にオリジナル楽曲『はばたけ、ザ・グレートギャンブラー』を提供している。アーケード版ポップン2~4、9~16、家庭用2、6、9でプレイ可能。
  • 千原兄弟のDVD『15弱』の中の作品、『有限会社ダイトー』の中で使われるオリジナルソングを歌っている。
  • 個人の調査による2009年1月でのウィキペディアに項目の立てられた日本人の中で言語間リンクの数が最も多かった(91言語)人物である(その時の2位は黒澤明、3位は昭和天皇。2013年4月時点では黒澤明、昭和天皇の方が多い)[29]
  • 夫人の九条万里子は、「ライブに身内が来るとあがってしまうから来て欲しくない」という水木に対し「CDじゃなく生で聴きたい」と語っていた。
  • また、水木は恐妻家としても有名であり、それについてのエピソードを『踊る!さんま御殿!!』『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)等に出演した際に度々披露している。
  • 仮面ライダー関係の曲の印税とライダーショーの出演料などで鎌倉市に土地を買い、マジンガーZの印税で家を建てた。この家は通称「マジンガー御殿」[30] と呼ばれている。
  • 秋田県ローカルヒーロー超神ネイガー」のテーマソングを歌唱している縁で、秋田県内で行われるショーにも数回駆けつけている。このとき「秋田弁で歌って欲しい」との依頼を受けて試しに歌ってみたところ、大変上手いと絶賛された。
  • 2011年10月5日放送のライオンのごきげんようで、座右の銘はいかりや長介から16歳の時に言われた「頑張りなさい。」であると語った。
  • 初期の自身および教え子達のサイトは『風雲!水木城』と言い、ここでは城主の身分を持っていた。このサイトは構造が城郭構造をとり、天守閣がサイトの中心を成していた。詰まり、サイト管理者の水木に会うためには天守閣を登り切らねばならなかった。各階は教え子達が夫々の持ち場を持っていた。
  • 十田敬三と声の質が近くほぼ同じキーだった為、デビルマン関係の曲の歌唱が水木ではないかと疑われた事がある[要出典](結果として別人だった事が判明)[注 4]。なお、これに関して水木は「十田は師匠(それ故に歌い方が似ている)」と言及していた[要出典]

交友関係[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • 君にささげる僕の歌(1968年7月、水木一郎デビュー曲。作詞:西沢爽、作曲:和田香苗、編曲:大西修)
    • B面:素敵な夜(作詞:西沢爽、作・編曲:和田香苗)
  • 誰もいない海(1970年4月、作詞:難波克昌、作曲:和田香苗、編曲:小谷充
    • B面:星に祈りをこめて(作詞・作曲:和田香苗、編曲:小谷充)
  • 懐かしくってヒーロー〜I'll Never Forget You!〜(1990年11月21日、企画もの『懐かしくってヒーロー』より)
  • 懐かしくってヒーロー・PartII〜We'll Be Together Forever!〜(1992年6月1日、企画もの『懐かしくってヒーロー』より)
  • SEISHUN FOR YOU〜青春の詩〜(1994年1月21日、オリジナルアルバム『水木一郎●SEISHUN FOR YOU 〜青春の詩〜』)
  • 221B戦記 シングルバージョン(1997年9月3日、オリジナルアルバム『筋肉少女帯と水木一郎/221B戦記』)
  • Golden Rule〜君はまだ負けてない!〜/見上げてごらん夜の星を(1999年9月1日、オリジナルアルバム『Golden Rule〜君はまだ負けてない!〜/水木一郎』)
  • GO! GO! オートバックス(2005年8月3日)(オートバックスCMソング)
  • トーキョー・ファンキー・ソウル・バス(2005年9月7日)(東京バス案内2キャンペーンソング)
  • デビルマンのうた(21st century ver. Instrumental)(2005年9月7日)(東京バス案内2キャンペーンソング)
  • マジンガーZ(21st century ver.) (2006年6月28日
  • IT IS NOT THIS! コレジャナイロボ!(2006年7月26日)(太郎商店の玩具「コレジャナイロボ」のテーマ)
  • なんのこれしき ふろしきマン(2008年1月23日)(NHKみんなのうた
  • バイオニック コマンドー(2009年6月10日
  • 燃えよドラゴンズ! 2010(2010年10月20日)(中日ドラゴンズ2010年度応援歌)
  • かってに改造してもいいぜ(2011年4月23日、キングレコード)(OVA『かってに改蔵』主題歌、「水木一郎と特撮」名義)
  • ヒーローは Never ねば Give Up!(2011年7月6日、T.Y.Entertainment)
  • 燃えよドラゴンズ! 2011 連覇記念盤(2011年11月2日、オフィスきちじろう)
  • ピザ パスタ ピザ のうた(2014年6月18日、日本コロムビア
  • 燃えよドラゴンズ!2014 覇権奪還(2014年7月9日、日本コロムビア)

アルバム[編集]

  • 水木一郎 テレビ主題歌をうたう(1976年9月、日本コロムビア
  • 水木一郎 アニメーションのすべて(1978年8月、日本コロムビア)
  • 水木一郎 ニューヒット・ベスト16(1979年12月、日本コロムビア)
  • 水木一郎 熱唱! 男の詩 アニメ特撮 ベスト71(1984年1月、日本コロムビア)※4枚組LP
  • OTAKEBI参上! 吠える男 水木一郎ベスト(1989年6月21日、日本コロムビア)
  • 水木一郎 OTAKEBI2(1990年5月1日、日本コロムビア)
  • 水木一郎 大全集Vol.1(1990年9月1日、日本コロムビア)
  • 水木一郎 大全集Vol.2(1991年2月21日、日本コロムビア)
  • 水木一郎バラード・コレクション〜SASAYAKI〜Vol.1(1991年4月21日、日本コロムビア)
  • 水木一郎 大全集Vol.3(1991年8月21日、日本コロムビア)
  • 水木一郎 大全集Vol.4(1992年2月21日、日本コロムビア)
  • 水木一郎 大全集Vol.5(1992年8月21日、日本コロムビア)
  • Dear Friend1993年4月21日、日本コロムビア)
  • 水木一郎のたのしいあそびうた(1994年1月21日、日本コロムビア)
  • 水木一郎 ベスト&ベスト(1995年8月19日、日本コロムビア)
  • ROBONATION 水木一郎スーパーロボットコンプリート(1997年7月19日、日本コロムビア)
  • 熱風伝説(1998年3月21日、日本コロムビア)
  • 熱風外伝 −Romantic Master Pieces−(1999年1月30日、日本コロムビア)
  • アニキ自身〜30th Anniversary BEST〜(2001年11月21日、日本コロムビア)
  • 水木一郎 ベスト・オブ・アニキング −赤の魂−(2004年8月4日ソニー・ミュージックエンタテインメント
  • 水木一郎 ベスト・オブ・アニキング −青の魂−(2004年10月6日、ソニーミュージックエンタテインメント)
  • 水木一郎・堀江美都子/Dear Friend 2007 〜ふたりのアニソン〜(2007年12月26日、日本コロムビア)
  • ゲーマーANIKI完全攻略 〜水木一郎ゲームソングコレクション〜(2010年4月28日、日本コロムビア)
  • THE HERO 〜Mr.アニソン〜(2011年8月24日、ベルウッドレコード)
  • 水木一郎 キッズ ソング・ベスト!(2011年9月21日、日本コロムビア)
  • 水木一郎 キッズ ソング・ベスト2!(2012年3月7日、日本コロムビア)
  • 水木一郎 キッズ ソング・ベスト3!(2012年7月25日、日本コロムビア)
  • ALL OF MAZINGER SONGS(2012年11月28日、日本コロムビア)
  • ベスト・オブ・ベスト 水木一郎(2015年4月1日、日本コロムビア)
  • 水木一郎 グレイテスト★ウルトラマンソングス(2016年7月20日、日本コロムビア)
  • 水木一郎 レア・グルーヴ・トラックス(2016年10月5日、日本コロムビア)

主な楽曲作品[編集]

ここでは1000曲を越える持ち歌の中から、特に代表的な楽曲、また比較的近年発表された楽曲を紹介する。

アニメテーマソング[編集]

特撮テーマソング[編集]

  • 『ぼくらのバロム1』(よみうりテレビ系列『超人バロム・1』オープニングテーマ)
  • 『友情のバロム・クロス』(よみうりテレビ系列『超人バロム・1』エンディングテーマ)
  • 『仮面ライダークリスマス』(毎日放送系列『仮面ライダー』挿入歌)
  • 嵐よ叫べ』(毎日放送系列『変身忍者 嵐』オープニングテーマ)
  • われらは忍者』(毎日放送系列『変身忍者 嵐』エンディングテーマ)
  • 『三郎のテーマ』(NET系列『人造人間キカイダー』挿入歌)
  • 『ハカイダーの歌』(NET系列『人造人間キカイダー』挿入歌)
  • 『行け!ゴッドマン』(日本テレビ系列『行け!ゴッドマン』オープニングテーマ)「山本一郎」名義
  • 少年仮面ライダー隊の歌』(毎日放送系列『仮面ライダーV3』初代エンディングテーマ)
  • 『不死身の男』(毎日放送系列『仮面ライダーV3』挿入歌)
  • 『V3のマーチ』(毎日放送系列『仮面ライダーV3』挿入歌)
  • 『V3の一人歌』(毎日放送系列『仮面ライダーV3』挿入歌)
  • 『ロボット刑事』(フジテレビ系列『ロボット刑事』オープニングテーマ)
  • 『進めロボット刑事』(フジテレビ系列『ロボット刑事』エンディングテーマ)
  • 『白獅子仮面の歌』(日本テレビ系列『白獅子仮面』オープニングテーマ)
  • 『チェスト!チェスト!イナズマン』(NET系列『イナズマン』エンディングテーマ)
  • セタップ! 仮面ライダーX』(毎日放送系列『仮面ライダーX』オープニングテーマ)
  • おれはXカイゾーグ』(毎日放送系列『仮面ライダーX』エンディングテーマ)
  • 『イナズマン・アクション』(NET系列『イナズマンF』エンディングテーマ)
  • 『がんばれロボコン』(NET系列『がんばれ!! ロボコン』初代オープニングテーマ)
  • 『おいらロボコンロボットだい!』(NET系列『がんばれ!! ロボコン』2代目オープニングテーマ)
  • 『おいらロボコン世界一』(NET系列『がんばれ!! ロボコン』初代エンディングテーマ)
  • 『ロボコン音頭』(NET系列『がんばれ!! ロボコン』2代目エンディングテーマ)
  • 『走れ!!ロボコン運動会』(NET系列『がんばれ!! ロボコン』3代目エンディングテーマ)
  • 『ロボコン ガッツラコン』(NET系列『がんばれ!! ロボコン』4代目エンディングテーマ)
  • 『冒険ロックバット』(フジテレビ系列『冒険ロックバット』オープニングテーマ)
  • 『鉄のプリンス・ブレイザー』(フジテレビ系列『冒険ロックバット』エンディングテーマ)
  • 仮面ライダーストロンガーのうた』(毎日放送系列『仮面ライダーストロンガー』オープニングテーマ)
  • きょうもたたかうストロンガー』(毎日放送系列『仮面ライダーストロンガー』2代目エンディングテーマ)
  • 『ストロンガーアクション』(毎日放送系列『仮面ライダーストロンガー』3代目エンディングテーマ)
  • 『行くぞ!BD7』(日本テレビ系列『少年探偵団』オープニングテーマ)
  • 『少年探偵団のうた』(日本テレビ系列『少年探偵団』エンディングテーマ)
  • 『勝利だ!アクマイザー3』(NET系列『アクマイザー3』オープニングテーマ)
  • 『すすめザイダベック』(NET系列『アクマイザー3』エンディングテーマ)
  • 『輝く太陽カゲスター』(NET系列『ザ・カゲスター』オープニングテーマ)
  • 『スター!スター!カゲスター』(NET系列『ザ・カゲスター』エンディングテーマ)
  • 『斗え!忍者キャプター』(東京12チャンネル系列『忍者キャプター』オープニングテーマ)
  • 『大空のキャプター』(東京12チャンネル系列『忍者キャプター』エンディングテーマ)
  • 地獄のズバット』(東京12チャンネル系列『快傑ズバット』オープニングテーマ)
  • 男はひとり道をゆく』(東京12チャンネル系列『快傑ズバット』エンディングテーマ)
  • オー!!大鉄人ワンセブン』(毎日放送系列『大鉄人17』オープニングテーマ)
  • ワンセブン讃歌』(毎日放送系列『大鉄人17』エンディングテーマ)
  • 恐竜戦隊コセイドン』(東京12チャンネル、円谷プロダクション作品『恐竜戦隊コセイドン』オープニングテーマ)
  • コセイドンマーチ』(東京12チャンネル、円谷プロダクション作品『恐竜戦隊コセイドン』エンディングテーマ)
  • 『バトルフィーバー讃歌』(テレビ朝日系列『バトルフィーバーJ』挿入歌)
  • 『バトルフィーバー大出撃』(テレビ朝日系列『バトルフィーバーJ』挿入歌)
  • 『行け!行け!メガロマン』(フジテレビ系列『炎の超人メガロマン』オープニングテーマ)
  • 『我が心のロゼッタ星』(フジテレビ系列『炎の超人メガロマン』エンディングテーマ)
  • 燃えろ!仮面ライダー』(毎日放送系列『仮面ライダー(スカイライダー)』初代オープニングテーマ)
  • 男の名は仮面ライダー』(毎日放送系列『仮面ライダー(スカイライダー)』2代目オープニングテーマ)
  • はるかなる愛にかけて』(毎日放送系列『仮面ライダー(スカイライダー)』初代エンディングテーマ)
  • 輝け!8人ライダー』(毎日放送系列『仮面ライダー(スカイライダー)』2代目エンディングテーマ)
  • ジュニアライダー隊の歌』(毎日放送系列『仮面ライダースーパー1』2代目エンディングテーマ)
  • 『夢の流れ星』(毎日放送系列『仮面ライダースーパー1』挿入歌)
  • 『世界にひとり』(毎日放送系列『仮面ライダースーパー1』挿入歌)
  • 『九人ライダー永遠に』(毎日放送系列『仮面ライダースーパー1』挿入歌)
  • 『あしたがあるさ』(テレビ朝日系列『太陽戦隊サンバルカン』挿入歌)
  • 『海が呼んでいる』(テレビ朝日系列『太陽戦隊サンバルカン』挿入歌)
  • 『輝け!サンバルカン』(テレビ朝日系列『太陽戦隊サンバルカン』挿入歌)
  • 『君はパンサー』(テレビ朝日系列『太陽戦隊サンバルカン』挿入歌)
  • 『太陽マーチ』(テレビ朝日系列『太陽戦隊サンバルカン』挿入歌)
  • 『アンドロメロス』(TBS、円谷プロダクション作品『アンドロメロス』オープニングテーマ)
  • 『帰ってこいよアンドロメロス』(TBS、円谷プロダクション作品『アンドロメロス』のエンディングテーマ)
  • 『時空戦士スピルバン』(テレビ朝日系列『時空戦士スピルバン』オープニングテーマ)
  • 『君の仲間だスピルバン』(テレビ朝日系列『時空戦士スピルバン』初代エンディングテーマ)
  • 『結晶だ!スピルバン』(テレビ朝日系列『時空戦士スピルバン』2代目エンディングテーマ)
  • 『タイムリミット』(テレビ朝日系列『超人機メタルダー』エンディングテーマ)
  • 『永遠のために君のために』(毎日放送系列『仮面ライダーBLACK RX』挿入歌)
  • 『11ライダー大讃歌』(毎日放送系列『仮面ライダーBLACK RX』挿入歌)
  • 『ジャスト・ギガストリーマー』(テレビ朝日系列『特警ウインスペクター』挿入歌)
  • 『勇者ウインスペクター』(テレビ朝日系列『特警ウインスペクター』挿入歌)
  • 『夢もひとつの仲間たち』(テレビ朝日系列『特警ウインスペクター』挿入歌)
  • 『ほえろ!ボイスラッガー』(テレビ東京系列『ボイスラッガー』オープニングテーマ)
  • 『サンバ de ガオレン』(テレビ朝日系列『百獣戦隊ガオレンジャー』挿入歌)
  • 『百獣合体!ガオキング』(テレビ朝日系列『百獣戦隊ガオレンジャー』挿入歌、ガオキングのテーマ)
  • 『燃えろ!!スーパー戦隊魂』(Vシネマ『百獣戦隊ガオレンジャーVSスーパー戦隊』エンディングテーマ、堀江美都子とのデュエット曲)
  • 『熱くるしいぜ』(NHKドラマ愛の詩料理少年Kタロー』オープニング主題歌)
  • 『ゼブラーマンの歌』(映画『ゼブラーマン』作中歌)
  • 『超忍者隊イナズマ!』(オリジナル特撮ビデオ『超忍者隊イナズマ!』のテーマ)
  • 『豪石! 超神ネイガー 〜見だが おめだぢ〜』(秋田県のローカルヒーロー超神ネイガー』のテーマ)
  • 『超神ネイガー 〜正義ノ稲穂〜』(『王牙ネイガー』 テーマソング)
  • 『NEVER ENDING VOYAGE』(轟轟戦隊ボウケンジャー
  • 道(タオ)』(テレビ朝日系列『獣拳戦隊ゲキレンジャー』エンディングテーマ)
  • 『ソラノワダチ』(映画『ねこタクシー』主題歌)
  • 『ドラスティック・グランディオン』(テレビ朝日系列『天装戦隊ゴセイジャー』挿入歌)
  • 『KANZEN TREASURE』(テレビ朝日系列『海賊戦隊ゴーカイジャー』挿入歌)
  • 『ライオー!見参!チャンピオン!』(テレビ朝日系列『特命戦隊ゴーバスターズ』挿入歌)
  • 『たたかえ!!シージェッター海斗』(『シージェッター海斗 特別編』主題歌)
  • 『オーブの祈り』(円谷プロダクション作品「ウルトラマンオーブ」オープニングテーマ)

中日ドラゴンズ応援歌[編集]

  • 燃えよドラゴンズ!2002』/『燃えよドラゴンズ!ナゴヤドーム合唱編』
  • 『燃えよドラゴンズ!2004』
  • 『燃えよドラゴンズ!2005』
  • 『燃えよドラゴンズ!2010』
  • 『燃えよドラゴンズ!2011』
  • 『燃えよドラゴンズ!2014』/『燃えよドラゴンズ!ナゴヤドーム合唱編』

コマーシャルソング[編集]

その他[編集]

主な出演[編集]

テレビアニメ[編集]

アニメ映画[編集]

OVA[編集]

ゲーム[編集]

実写(特撮含む)[編集]

音楽番組[編集]

ほか多数

バラエティ[編集]

ほか、特番へのゲスト出演など多数

ナレーション[編集]

ラジオ[編集]

ほか、TBSラジオ・文化放送・ニッポン放送など各局番組に出演

アプリケーション[編集]

  • Z叫魂(iPhoneアプリ、T.Y. Entertainment)

CM[編集]

CMソングに関しては前述の項目を参照。

新聞・雑誌[編集]

書籍[編集]

その他の活動[編集]

その他、以下に挙げるような多彩な活動を展開している。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 水木は「日本一、作曲しない作曲家」を自認する日本作曲家協会メンバーである[1]。『マジンガーZ』『バビル2世』のイメージソングを作曲した。
  2. ^ 特に日本コロムビア専属だった頃は、他社から発売された『侍ジャイアンツ』(「松本茂之」名義)『行け!ゴッドマン』(「山本一郎」名義)の楽曲では別名を使わざるを得なかった。
  3. ^ 『ファミ通PS2』の「スパロボProject」というコーナーにコラムを連載している。
  4. ^ 当時十田が外国に住んでいた関係上、国内で確認のしようがなかった為。また、同時期に水木が別名義で『侍ジャイアンツ』関係の歌唱曲を歌っていた事もその原因である。なお同様の近似声質を持つものとして、ヒデ夕樹(中音〜高音域)と町田義人及び串田アキラ(共に高音域)のキーの関係等がある。
  5. ^ アメリカ出身のイタリア混血少女MAYAとのコンビ名。尚CDには、各々のソロ版およびNikkosによるイタリア語版も収録。

出典[編集]

  1. ^ 「水木一郎 ベスト・オブ・アニキング -赤の魂-」の自筆ライナーノーツより
  2. ^ 『東映ヒーローMAX』のインタビューより[要文献特定詳細情報]
  3. ^ a b OFM仮面ライダー5 2004, p. 30, 早川優「仮面ライダー音楽考 第9回 ライダーソングの歌い手たち」
  4. ^ 水木自身によれば、『マジンガーZ』のオープニングテーマ曲は「名刺代わり」である(「水木一郎 ベスト・オブ・アニキング -赤の魂-」のライナーノーツより)。
  5. ^ a b 「なんと四年間にテレビのテーマソングを六百万枚も売った 水木一郎 28才」『女性自身』1976年2月12日号(『アニキ魂〜アニメソングの帝王・水木一郎の書〜』337頁)。
  6. ^ 「なんと売ったレコード600万枚 水木一郎って『大歌手』知ってる?」『週刊読売』1976年1月31日号(『アニキ魂〜アニメソングの帝王・水木一郎の書〜』336頁)。
  7. ^ 大下英治『日本(ジャパニーズ)ヒーローは世界を制す』角川書店、1995年、153頁。ISBN 4048834169
  8. ^ 「ヒットとばすか水木一郎の新曲」『週刊読売』1978年4月9日号(『アニキ魂〜アニメソングの帝王・水木一郎の書〜』338頁)。
  9. ^ 「ミュージカルを夢みる水木一郎のアニメ人生」『週刊読売』1984年2月19日号(『アニキ魂〜アニメソングの帝王・水木一郎の書〜』338頁)。
  10. ^ 『アニキ魂〜アニメソングの帝王・水木一郎の書〜』 アスペクト、2000年5月12日、156頁。ISBN 4-7572-0719-0
  11. ^ 頑張れ!!納父さん 公式サイト
  12. ^ 「東映まんがまつり」一夜限りの復活、水木一郎&ももクロZがコラボ熱唱(2011年9月2日付)
  13. ^ 頑張れ!!納父さん 公式サイト - 2011年7月10日 水木一郎 宮城県石巻市復興支援イベント
  14. ^ ナタリー Power Push 水木一郎 アニソン一筋40年! 「Z」のアニキが語る音楽論
  15. ^ 海賊戦隊ゴーカイジャー|松原剛志オフィシャルブログ「THIS ONE'S FOR YOU」Powered by Ameba”. 2011年10月21日閲覧。
  16. ^ 2011年2月21日放送の超!A&G+『五條・谷本のANIMEX RADIO!!』より。
  17. ^ NHK-FMセパ対抗! 今日は一日“プロ野球ソング”三昧IN福岡」2012年1月9日放送。
  18. ^ 「アニソン界の帝王」水木一郎 中日戦で初の君が代斉唱 2014年8月12日
  19. ^ GameSpot Japan - ゼーット!【スーパーロボット大戦Z】テレビCMタイトルコール収録レポート』、2008年7月14日2011年8月15日閲覧。
  20. ^ 『スーパーロボット大戦F完結編を一生楽しむ本』 勁文社、127頁。ISBN 4766929926
  21. ^ 『スーパーロボット大戦αシリーズファンブック』 アートプレスト、2005年7月30日、99頁。ISBN 433490128X
  22. ^ a b BGMの設定変更|スーパーロボット大戦公式BLOG「熱血!必中!スパログ!」』、2005年8月21日2011年8月15日閲覧。
  23. ^ あらためて、ありがトォーーーッ!|スーパーロボット大戦公式BLOG「熱血!必中!スパログ!」』、2005年9月22日2011年8月15日閲覧。
  24. ^ 水木一郎アニキが『スーパーロボット大戦 スクランブルコマンダー the 2nd』のCMに出演! - ファミ通.com』、2007年9月13日2011年8月15日閲覧。
  25. ^ CMソングだゼーット!|スーパーロボット大戦公式BLOG「熱血!必中!スパログ!」』、2007年10月13日2011年8月15日閲覧。
  26. ^ 「スパロボZ」テレビCMタイトルコールでアニキがほえる - ITmedia +D Games』、2008年7月10日2011年8月15日閲覧。
  27. ^ 超豪華なナレーション! 『第3次スーパーロボット大戦α 〜終焉の銀河へ』のCM収録! - ファミ通.com』、2005年6月19日2011年8月15日閲覧。
  28. ^ 『第2次スパロボZ』街頭上映&テレビCM放送決定だゼーット! - ファミ通.com』、2011年2月2日2011年8月15日閲覧。
  29. ^ 日本人知名度ランキング@wikipedia
  30. ^ 世間の裏側のぞき見バラエティ ウラマヨ!』より。
  31. ^ 宇宙空母ブルーノア”. メディア芸術データベース. 2016年11月27日閲覧。
  32. ^ Mission34「敵はビートバスター!?」”. 特命戦隊ゴーバスターズ 東映公式サイト. 2012年10月20日閲覧。
  33. ^ Mission38「実況!エースデスマッチ」”. 特命戦隊ゴーバスターズ 東映公式サイト. 2012年11月8日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー Vol.5 仮面ライダーX』 講談社2004年11月10日ISBN 4-06-367094-5

外部リンク[編集]