今井ゆうぞう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
今井ゆうぞう
出生名 今井雄三
別名 ゆうぞうお兄さん
生誕 (1977-04-22) 1977年4月22日(40歳)
出身地 日本の旗 日本 徳島県三好市
職業 歌手俳優デザイナー
活動期間 2003年 - 現在

今井 ゆうぞう(いまい ゆうぞう、本名、今井 雄三(読み方同じ)。1977年(昭和52年)4月22日 - )は、日本の歌手俳優徳島県三好市出身。スペースT所属。身長170cm、血液型はO型。特技:阿波踊り。趣味:乗馬殺陣

経歴[編集]

三好市立池田中学校卒業後、徳島県立池田高校在学中はサッカー部に在籍。2001年(平成13年)に獨協大学外国語学部英語学科卒業後、劇団四季の団員として数々の舞台に登場。また、東京ディズニーランドのパレードダンサーも務める。劇団四季を約1年で退団後、東宝芸能のミュージカル部門に所属すると、ミュージカルだけでなく趣味のサッカーの知識を活かし、国際大会のリポーター等でも活躍。

2003年(平成15年)4月から2008年(平成20年)3月28日まで、NHK長寿番組おかあさんといっしょ』の第10代目「うたのおにいさん」として活躍した。共演のうたのおねえさんは第19代目のはいだしょうこ。うたのおにいさんとしての経歴から、「ゆうぞうおにいさん」とも呼ばれている。うたのおにいさん就任当時25歳で、第6代の林アキラ(1981年-1985年在任。就任当時22歳、卒業時は26歳)以来となる「20代のうたのおにいさん」だった。2017年4月現在、5年間の在任期間は歴代うたのおにいさんのなかでは歴代5位(4位は田中星児の5年半、3位は速水けんたろうの6年、2位は坂田おさむの8年で、1位は横山だいすけの9年)。

うたのおにいさんとしては珍しいテノールの領域の歌声が特徴(他のうたのおにいさんはバリトンの領域が多い。特に今井の場合、先代の杉田あきひろが低音領域を得意としたうたのおにいさんだったため、一層テノールの歌声が目立っていた)。

2008年(平成20年)7月フジテレビ系テレビドラマ『太陽と海の教室』で連続ドラマ初出演。

『おかあさんといっしょ』を卒業後、舞台『キサラギ』では前髪が金髪の雑貨屋店員役、『ゼブラ』では南海キャンディーズ山崎静代演じる薫の婚約者役、西川貴教主演『ザ・ミュージックマン』ではひげをたくわえたセールスマン役を演じた。また、2010年(平成22年)にはカバーアルバム「君と歩いた時間」をリリースするなど、「うたのおにいさん」とは全く異なる一面も見せている。

2009年度から2012年度までの毎年度後半には、はいだしょうことともに全国50か所以上を回り、『おかあさんといっしょ』の楽曲を中心にした「ファンタジー・コンサート」を開催した。

2015年4月1日より、長年所属した東宝芸能から独立し、スペースTへと所属となった。

愛称[編集]

  • ゆうぞうお兄さん他、お母さんたちに『朝のヨン様』と呼ばれていた。はいだしょうこからは『ゆう兄』と呼ばれている。

出演[編集]

テレビ[編集]

舞台[編集]

映画[編集]

ラジオ[編集]

CD[編集]

雑誌・写真集[編集]

2003年 - 2008年
  • ベビーブック(小学館
  • NHKおかあさんといっしょ(講談社
  • げんき(講談社)
  • NHKおかあさんといっしょ 今月のうたセレクション(講談社)
  • NHKおかあさんといっしょ うたのえほん(1) - (10)(講談社)
  • おかあさんといっしょFUNBOOK(ステラMOOK、NHKサービスセンター)
2008年
  • NHKおかあさんといっしょ 新・うたのえほん はじめて はじめまして(講談社)
  • 女性自身(光文社、4月1日発売号)
  • 徳島県タウン誌『あわわ』(2008年7月号) - インタビュー出演
  • 今井ゆうぞう all about IMAI YUZO(2008年7月31日) - フォトエッセイ
2009年
  • 今井ゆうぞうダイアリー W.A.L.K With A Lot of Kiss(2009年7月31日) - ブログ本

デザイン[編集]

2009年
  • 100% Design Tokyoに作品を出展
  • アロマオイル「VIRGO(バルゴ)」リリース
2010年
  • アロマオイル「SAGITTA(サジッタ)」リリース
2012年
  • サンリオピューロランド新アトラクションオープン記念チャリティーイベント「KITTYROBOT展」へ作品を出展

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
杉田あきひろ
おかあさんといっしょ
うたのおにいさん
第10代:2003年4月-2008年3月
次代:
横山だいすけ