トップシークレット (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トップシークレット
ジャンル 横スクロールアクション 
対応機種 アーケード
開発元 カプコン第1企画室
発売元 カプコン
プロデューサー 藤原得郎
デザイナー 藤原得郎
プログラマー やまうちとしひろ
小松多恵
音楽 藤田晴美
人数 1 - 2人(交互プレイ)
メディア 業務用基板
(896.25キロバイト
稼働時期 日本 1987031987年3月
アメリカ合衆国 1987年
デバイス 8方向レバー
2ボタン
CPU MC68000 (@ 10 MHz)
サウンド Z80 (@ 4 MHz)
YM2151 (@ 3.580 MHz)
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
256×224ピクセル
60.00Hz
パレット1024色
テンプレートを表示

トップシークレット』は、カプコンが制作した1987年3月稼働のアーケードゲーム。キャッチコピーは「ワイヤー・テクニックで侵入せよーー」。

本項では、本作を基に作られた家庭用ゲーム機作品についても併せて記述する。

概要[編集]

制限時間内にスタート地点から上方向(もしくは右方向)にあるゴールへ到達することが目的のシューティングアクションゲームである。ワイヤーを利用した数々のユニークなアクションが特徴で、本作を基に様々な派生作品も作られている。

本作自体の移植としては2006年3月2日発売のPlayStation 2版『カプコン クラシックス コレクション』(作品名は日本版だが、ゲーム内容は海外版のもの)や、日本国外では多数の8ビットPCに移植された他、PlayStation Portable用ソフト『Capcom Classics Collection: Remixed』にも収録されている。

日本国外版の題名は『Bionic Commando』(バイオニック・コマンドー)であり、主人公は、『戦場の狼』(1985年)に登場した主人公「スーパージョー」となっており、ワイヤーも一種のバイオニックアームという設定となっている。派生作品もこの題名で統一されており、国内でも1992年以降の作品はそれに倣っている。

基板は新旧2つのバージョンがあり、新バージョンではバグや難易度、その他細かな仕様が修正・変更されている。また、日本版と海外版とでは主人公のデザインに違いがあり、日本版は頭身が低く目も大きい、デフォルメされたデザインだが、海外版は目が小さく、頭身も高めのデザインへ変更された(同時に画面左下の残機表示のデザインも変更されている)。

制作者は『戦場の狼』の制作者でもある藤原得郎。本作のワイヤーアクションは藤原得郎が本作を発売する4年前のコナミ在籍時代に製作したアクションゲーム『ロックンロープ』(1983年)のワイヤーアクションで、ハード的に制約が多かったのでできなかったことを入れた発展形であると述べている[1]

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

操作はレバー+2ボタン。1つ目のボタンで銃を発射して攻撃する。銃は水平方向にしか撃てないが、立ち状態としゃがみ状態とで異なる高さに撃ち分けることができる。2つ目のボタンは左手のワイヤーガンからワイヤーを発射する。通常は水平に発射され、レバーを入れながらボタンを押すことにより、真上・斜め上にも発射することができる。ワイヤーの先端が地形に接触するとそこに引っ掛かり、その状態からもう一度2つ目のボタンを押すことでワイヤーを巻き取り、その方向に移動する(途中で引っ掛けたワイヤーを離すことも可能)。

主人公はジャンプをすることができないが、上方向にある足場(木の枝など)にワイヤーを引っ掛けて巻き取ることで、上方向に移動することができる。また斜め上方向に引っ掛けると、振り子の様に振幅し、振幅中にタイミング良くワイヤーを離すことで、横方向へ飛び、穴や敵の頭上を越えられる。また、その振幅する勢いで一部の敵を体当たりで弾き飛ばすこともできる。

移動以外にも、ワイヤーで遠くのアイテムを引き寄せたり、一部の敵を転ばせたりできる。

仕様[編集]

アイテム
アイテムはステージ各所で上空からパラシュートで供給され、スコア獲得と銃器とに大別される。銃器はその種類ごとに威力や連射速度・射程距離などに違いがある。
エクステンド
本作のエクステンドはスコアが2万点、4万点、6万点、100万点到達時の最大4回行われる。この設定はディップスイッチで変更可能。

その他[編集]

  • 旧バージョンで、横から縦、もしくは、その逆にスクロールが変わる瞬間に、ある程度以上のキャラクターが出現していて、かつ、別の方向のスクロール(斜め下など)が重なると、強制リセットが掛かったり、画面フリーズ(タイマーだけが動いている場合もある)が起きる。3面で狙って起こすことが可能。
  • 旧バージョンで、制限時間が0になると同時にステージクリアすると次のステージでタイムが減らなくなり、永久パターンが可能となる。
  • 新バージョンではステージ4のヘリコプターを撃ち落とし続けるだけで無制限に得点を稼ぐことが可能で(旧バージョンでは無得点なので不可能)、点数で残機を増やせる1周目のみ、これを利用した半永久パターンが可能となっている。
  • プレイヤーの残機がなくなりコンティニュー画面になったとき、カウントが「0」と表示されている間にコンティニューすると、クレジットを消費しながらもすぐにゲームオーバーになってしまう。ただし2人プレイの場合は、ゲームオーバーと表示されるものの、順番が回ってきたら通常のコンティニュー後と同じようにプレイを続行できる。

設定[編集]

ストーリー[編集]

世界戦争から十数年、奴は巨大ミサイルを開発し再び甦った。

旧連邦軍は、奴の計画の全容を解明しようと特殊部隊を結成し、敵基地へと潜入させる事に成功した。

特殊部隊に課せられた使命は、敵の国際的陰謀を調査する事、そして巨大ミサイルの破壊であった。

潜入に成功した特殊部隊を待ち受ける者とは。そして彼らが見たトップシークレットとは何なのだろうか。

ステージ構成[編集]

ステージ1
非常に広大な森の中に建設された敵の前線基地に侵入する。電気の流れる金柵や不発弾など、基地らしい構成物もあるが、同時に樹木や蜂の巣(攻撃を当てると無数の蜂が襲ってくる)といった自然物も多く見られる。一番上まで登っていけばステージクリアとなる。このステージのみに登場する人食いムササビは邪魔なときはワイヤーで追い払える。
ステージ2
森を抜けた主人公は基地の外壁部分を登り、内部への侵入を敢行する。敵兵のバリエーションが豊かになり、砲台などのギミックも多彩となる。登っていくうちに夜となって多数のサーチライトが辺りを照らしだし、サーチライトの光に触れてしまうとトーチカから砲台が出現するギミックがある。
本ステージのBGMは『ヒットラーの復活』やその派生作品でもアレンジ(短縮)版が使用されている。
ステージ3
基地内への侵入に成功した主人公は、地下から基地内部へと侵入していく。トカゲのような生物がパイプを食い荒らしている下水道を経由し、工場施設へと出る。工場では二足歩行型兵器を操縦する小柄な兵士(兵器を破壊しても乗っていた兵士が攻撃してくる)の登場などで攻撃も一気に派手になり、足で踏み潰そうとしてくる巨大ロボットやクレーンなど、大型のギミックも登場する。また、所々で分厚いシャッターが行く手を阻む。シャッターはスイッチを破壊することで開けることができる。
このステージと次のステージ4は、最後にいる白服の司令官を全員倒さないとステージクリアとならない。
ステージ4
基地中心部へと進んでいくと、さらに多くのシャッターに守られた空間に到達する。そこを通過し、リフトに乗って基地上部へと辿り着くと、多数のヘリコプターや敵兵が主人公を取り囲み、攻撃を激しく仕掛けてくる。
本ステージのBGMも『ヒットラーの復活』他で使用されている。
ステージ5
主人公はミサイル発射台に辿りつくが、ミサイル発射のカウントダウンが始まってしまう。カウントが0になるまでに発射台を登りきり、発射装置を破壊しなければいけない。カウントダウンに間に合わなかった場合は残機を1つ失った上でステージ4に戻されてしまう。
ミサイル発射を止めた後、逃亡する最高司令官を追跡して倒すとゲームクリアとなる。クリアボーナスとして100万点が入った後[2]、より難易度の高い2周目に突入する。なお2周エンドであり3周目以降はない。

他機種版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 日本 ヒットラーの復活 トップシークレット
アメリカ合衆国 Bionic Commando
ヨーロッパ Bionic Commando

日本 198807201988年7月20日
アメリカ合衆国 1988121988年12月
ヨーロッパ 199010261990年10月26日
ファミリーコンピュータ カプコン第1企画室 カプコン 2メガビット+64キロRAMロムカセット[3] 日本 CAP-HF
アメリカ合衆国 NES-CM-USA
ヨーロッパ NES-CM-EEC
-
2 Bionic Commando
アメリカ合衆国 1988年
ヨーロッパ 1988年
Amiga
Amstrad CPC
Atari ST
コモドール64
ZX Spectrum
Software Creations GO! フロッピーディスク - -
北米ではコモドール64版のみ発売
3 Bionic Commando
アメリカ合衆国 1988年
PC/AT互換機 Pacific Dataworks International カプコンUSA 5インチフロッピーディスク - -
4 バイオニックコマンドー
日本 199207241992年7月24日
アメリカ合衆国 1992101992年10月
ヨーロッパ 1992年
ゲームボーイ 水口エンジニアリング カプコン ロムカセット 日本 DMG-BOJ
アメリカ合衆国 DMG-BO-USA
ヨーロッパ DMG-BO
-
ファミリーコンピュータ版のリメイク
5 カプコン クラシックス コレクション
アメリカ合衆国 200509272005年9月27日
ヨーロッパ 200511182005年11月18日
日本 200603022006年3月2日
Xbox
PlayStation 2
カプコン カプコン DVD-ROM PS2:アメリカ合衆国 SLUS-21316
ヨーロッパ SLES-53661
日本 SLPM-66317
-
日本ではPS2版のみ発売
6 Capcom Classics Collection Remixed
アメリカ合衆国 200603222006年3月22日
ヨーロッパ 200607212006年7月21日
PlayStation Portable カプコン カプコン UMD アメリカ合衆国 ULUS-10097
ヨーロッパ ULES-00347
-
7 Capcom Classics Mini Mix
アメリカ合衆国 200609192006年9月19日
ゲームボーイアドバンス カプコン カプコン ロムカセット アメリカ合衆国 AGB-BC6E-USA
-
NES版の移植
8 日本 バイオニックコマンドー マスターD復活計画
アメリカ合衆国 Bionic Commando Rearmed
ヨーロッパ Bionic Commando Rearmed

日本 200808132008年8月13日
アメリカ合衆国 200808142008年8月14日
ヨーロッパ 200808152008年8月15日
PlayStation 3
(PlayStation Network)
Xbox 360
(Xbox Live Arcade)
GRIN カプコン ダウンロード - -
リメイク版
9 バイオニックコマンドー
バーチャルコンソール
日本 201111162011年11月16日
INT 201112292011年12月29日
ニンテンドー3DS 水口エンジニアリング カプコン ダウンロード 日本 RBDJ
-
ゲームボーイ版の移植

ファミリーコンピュータ版[編集]

日本国内では『ヒットラーの復活』(正式名称『ヒットラーの復活 トップシークレット』)、日本国外ではタイトルが『Bionic Commando』と『トップシークレット』と同一の名称に変更された。

概要[編集]

サブタイトルに“トップシークレット”とあるが、ワイヤーアクションの要素以外はシステム、ストーリー共に一新されており、ワイヤーアクションそのものにも改良が施されている。

ストーリーでは、主人公「ラッド」の協力者として『戦場の狼』の主人公であった「スーパージョー」が登場したり、タイトル通りに歴史上の人物であるヒットラーが復活するなどの展開が繰り広げられる。

諸外国はナチスに関する規制から、ヒットラーが「マスターD」という架空の人物に変更され(グラフィックはヒットラーのまま)、デモ画面やステージ各所に描かれているハーケンクロイツも鳥をモチーフにしたオリジナルのマークになっている。後の派生・リメイク作品は、これらの設定(世界観)を基にしたものとなっている。

システム[編集]

『トップシークレット』との主な相違点は以下の通り。

  • 『トップシークレット』では、空中でワイヤーを離してしまうと、着地まで銃も撃つこともワイヤーを放つこともできなかったが、本作ではこのどちらも可能となった。
    • 特に後者(ワイヤーを再度放てること)によって、より多彩なワイヤーアクションが可能となった。
  • 会話シーンやマップ画面を挿入し、ステージ数やストーリー性を増やしている。
    • マップの中には「中立エリア」と呼ばれるステージが存在し、人々と会話をすることで情報やアイテムが入手できる。敵は存在しないが1発でも発砲してしまうとスクランブルが鳴り、無数の兵士が追いかけて来る(この要素はリメイク作『マスターD復活計画』では削除されている)。
    • マップ上を移動する敵のシンボルに触れると、『戦場の狼』のようなトップビューの遭遇戦となる。
  • ライフ制を導入し、1発の攻撃ではミスにならない(落とし穴などは例外)。
  • 上方向から敵に接触した場合、ダメージにならず、弾かれるようにジャンプするようになっている。
  • 複数の武器やアイテムを所持し、ステージごとに装備を切り替えることができる。

ストーリー[編集]

時は198×年。ナチス・ドイツの極秘文書が発見された。これは実現されることのなかった、アルバトロス計画の存在を明らかにするものだった。これの実現をするため、帝国軍の総統ワイズマンはその極秘文書を奪ってしまう。

連邦軍は文書の奪還、および計画を阻止するために英雄スーパージョーを派遣するが、彼は消息不明となってしまう。ジョー救出の指令を受け、連邦軍は一人の男ラッド・スペンサーを送り込む。

登場人物[編集]

ラッド・スペンサー
プレイヤーキャラクター。連邦軍が、ジョーを救出するために送り込んだ部隊の一人。
スーパージョー
帝国軍を阻止するため、帝国軍領へと送り込まれた英雄。だが、帝国軍に捕まり連絡を絶ってしまう。
ワイズマン
帝国軍総統。ナチス・ドイツに代わりアルバトロス計画実現を目論む。
ヒットラー
ナチス・ドイツの総統。歴史上の人物であり、故人。計画の鍵を握る人物として、ワイズマンが蘇生させようとしている。
ハル
バズーカを持っている連邦軍の兵士。逃亡しようとするヒットラーを倒すため、ラッドに協力する。

ゲームボーイ版[編集]

ゲームシステムやステージ構成は『ヒットラーの復活』とほぼ同一となっているが、キャラクターデザインや世界設定などが新規に作り起こされ、また難易度が調整されている。ナチスやヒットラーに関する要素が取り除かれたため重厚な雰囲気が失われたことを嘆くプレーヤーもいたが、ゲーム性はそのまま移植されている。序盤は楽に進めるが一つしか持てないアイテム選びがシビアであること、またパスワードによる再挑戦が容易なこともあって後半の難易度はかなり高い[4]。 これら世界観の変更については賛否両論だが、「アルバトロス計画」の変更や、ライバルキャラクターの要素などは後述されるリメイク版に引き継がれる要素となった。

変更された世界観とあらすじ[編集]

時代は遠い未来。突如現れた総統ワイズマンと、彼が率いるドライゼ軍によって世界の平和が打ち砕かれた。ワイズマンは世界を征服するために「アルバトロス計画」と呼ばれる謎の作戦を発令。これを察知した連邦軍は「アルバトロス計画」の秘密を暴くため、英雄スーパージョーをドライゼ公国へと送り込むが、潜入したジョーからの連絡が途絶えてしまう。
連邦軍はジョーの救出と「アルバトロス計画」の阻止をバイオニック コマンドーに命じ、バイオニック コマンドー最強であるFF(ダブル・フォース)部隊のエース、ラッド・スペンサーはドライゼ公国へ潜入することになった。

登場人物[編集]

ラッド・スペンサー
FF部隊の若きエース。過去作が野戦服を着た軍人だったのに対し、世界観にあわせた近未来的なスーツとバイザーを着用している。
スーパー・ジョー
連邦の英雄。こちらも同様に近未来的なスーツを着用し、マフラーを巻いた、歴戦の兵士としてのデザインに変更されている。
FF部隊隊員
ラッド以外のバイオニックコマンドーたち。情報提供や拘束されたラッドの救助などで活躍する。やはり全員ラッドと同系統のスーツを着用している。また女性隊員も登場する。
マック・ルーガー
ドライゼ公国と戦う反乱組織パルチザンのリーダー。FF部隊と接触したことでラッドのサポートを行い、彼にドライゼ軍の核弾頭発射基地の破壊を依頼する。
ライル・ハインダー
ドライゼ公国大佐。ドライゼ軍最強の兵士であり、スーパー・ジョーを捕らえた男。総統ワイズマンの右腕としてラッド・スペンサー打倒に闘志を燃やす。ラッドとは幾度か対決するが、最終的に傷ついた肉体を機械化して立ちはだかる。
ドライゼ・ワイズマン
ドライゼ公国軍総統。全世界を我が物とするために「アルバトロス計画」を実行に移す。ヒトラー的な要素はほぼ皆無で、悪の帝国の皇帝として貫禄のある壮年の男といったビジュアルに変更された。
ドライゼ軍兵士
ほとんど全てがクローン人間で、遺伝子的な改良が施されている。一般兵の他、さらに肉体改造を行った重火器兵、ナイフ兵、擲弾兵、作業兵に加え、要塞動力炉を守る重装甲兵、バイオソルジャー、そして戦闘力を持たない指揮官が存在する。

海外では1999年ゲームボーイカラーにて"Bionic Commando: Elite Forces"と題した続編も製作され、トップビューで縦スクロールで進むモードや、狙撃銃を使った一人称視点モードが追加される。また主人公のアニメーションが滑らかになっている。

2011年11月16日ニンテンドー3DSバーチャルコンソールで配信開始。

バイオニックコマンドー マスターD復活計画[編集]

PLAYSTATION 3版、Xbox 360版が2008年8月13日よりダウンロード配信(発売)。PC版も発表されたが現在発売日などは未定のままとなっている。日本国外名は『Bionic Commando Rearmed』(バイオニック・コマンドー・リアームド)。

概要[編集]

ファミリーコンピュータソフト『ヒットラーの復活』のリメイク作品。全てのオブジェクトが3Dで描き直されているが、ゲーム内容は原作と同じサイドビューの2Dアクションであり、ファミリーコンピュータ版のプレイ感覚が忠実に再現されている。日本版タイトルでも「マスターD」と銘打たれているように、国内外共にストーリーや設定は『Bionic Commando』を基にしたものに統一されている。

追加要素として「ドラム缶や兵士をアームで掴んで投げ飛ばす」といった新しいアームアクションが導入され、ボスキャラクターのバリエーションも大幅に増やされている。また、『ヒットラーの復活』にあった中立エリアで発砲すると鳴るスクランブルは削除されている。クリア時に入手できる武器の種類も増え、中にはバズーカ砲といった、壁や敵と密着して撃つと爆発に巻き込まれ大ダメージを受ける(一撃死もありうる)ような武器も登場する。エリアの随所に、これらの武器をグレードアップするアイテムが隠されている。さらに武器はステージ中で自由に切り替えることができるようになっている。

なお、日本国外ではPLAYSTATION 3とXbox 360にて、本作の続編Bionic Commando Rearmed 2が製作され、2011年2月1日にダウンロード配信が開始された。開発は1作目とは異なり、Fatsharkが手掛けている。

登場人物[編集]

ネイサン・スペンサー
主人公。FSAの兵士で、左手にバイオニックアームを移植している。味方や敵を問わず、生意気な口調で話す。
スーパージョー
帝国軍に監禁されるが、終盤では彼も危険を承知でアルバトロス計画を阻止するべく乗り込む。
ゴットフリート・グローダー
帝国軍における守護者。スーパージョーを監禁するボス。また、あるステージでもスペンサーを待ち構えている。スペンサーと同じように、彼もバイオニックアームを持つ。元々アームを持つロボットで、それが昇華してグローダーになった。
キルット
帝国軍総統で、ファシスト。「アルバトロス計画」機密文書を発見し、実行する首謀者。
マスターD
「アルバトロス計画」を実行する、総統キルットの手により甦った。直後にキルットを殺害し、指揮権を握る。海外版は、コックピットへ向けてフィニッシュを決めると、その顔が吹っ飛ぶモーションがある(日本版はレーティングによりない)。
ヘイリー
『ヒットラーの復活』では終盤にヒットラーを倒す直前で出てくる兵士。今作ではマップ移動用のヘリコプターのパイロットとして序盤から登場。また、ステージをクリア時などに入手した武器やアイテムについてスペンサーに助言をする。

音楽[編集]

サウンドトラック
1988年3月25日発売。『トップシークレット』の音源が収録されている。2002年7月24日にサイトロンディスクより復刻された。
2009年6月10日発売。水木一郎が歌う『バイオニックコマンドー マスターD復活計画』をイメージしたテーマ曲を収録。作詞はカプコンの中井実、作曲は田中公平
  • 『戦場の狼&トップシークレット オリジナルサウンドコレクション』(クラリスディスク)
2015年12月12日発売。『戦場の狼』、『バイオニックコマンドー』シリーズのアーケード、家庭用、日本国外版を含めた14タイトルの音源を収録。CD5枚組。

スタッフ[編集]

アーケード版
  • プロデューサー、ゲーム・デザイナー:藤原得郎
  • プログラム:やまうちとしひろ、小松多恵
  • サウンド・コンポーザー:藤田晴美
ファミリーコンピュータ版
  • キャラクター・デザイナー:HOTARU B.、TERUKUN、JUNCHAN、GAMEREON、HAIHOO K.
  • プログラム:とよしまいちろう、TWILIGHT、OKI-CHAN、WINDY
  • 音楽:GONDAMIN(民谷淳子)
  • 企画:HATCHAN
  • スペシャル・サンクス:Mr.FF
ゲームボーイ版
  • 音楽:民谷淳子、藤田晴美、村田光司
  • 編曲:村田光司

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
AllGame 4.5/5stars (NES)[5]
Computer and Video Games 32/100点 (Amiga)[6]
9/10点 (C64)[7]
9/10点 (ZX)[8]
Crash 92% (ZX)[9]
ファミ通 26/40点 (FC)[10]
20/40点 (GB)[11]
Sinclair User 7/10stars (ZX)[12]
Your Sinclair 9/10点 (ZX)[13]
ファミリーコンピュータMagazine 20.09/30点 (FC)[3]
22.3/30点 (GB)[14]
ACE 838/1000点 (CPC)[15]
838/1000点 (ST)[16]
838/1000点 (C64)[7]
838/1000点 (ZX)[17]
The Games Machine 81/100点 (Amiga)[6]
91/100点 (ST)[16]
86/100点 (C64)[7]
91% (ZX)[18]
Amiga Power 30/100点 (Amiga)[6]
Amstrad Action 39/100点 (CPC)[15]
Atari ST User 7/10点 (ST)[16]
ST Action 67/100点 (ST)[16]
ST Format 63/100点 (ST)[16]
ASM 9.2/12点 (C64)[7]
4.2/12点 (DOS)[19]
8.2/12点 (ZX)[20]
ユーゲー 肯定的 (FC)[21]
受賞
媒体 受賞
Crash Crash Smash
アーケード版

1998年にそれまで発売されていたアーケードゲーム全てを対象に行われたゲーメストムック『ザ・ベストゲーム2』では「秀作ゲーム」に選定され、「このゲームの面白さは、なんといっても『ワイヤー』を駆使して移動するプレイ感覚にある」、「ワイヤーを撃ち込む所を決めて、ワイヤーを撃ち込み、それを手繰って登る、という一連の動作は慣れるまで難しく、もどかしい。しかし、これがスムーズに素早くできるようになると、意外に多彩な動きができるようになり、キャラクターを自由自在に移動させることそのものが面白くなってくるのである」、「マニアックで難度の高いゲームだったのである。もちろん、難度も高いがゲーム性も優れた作品である」と紹介されている[22]

ファミリーコンピュータ版
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では、6・7・7・6の合計26点(満40点)となっており[23][10]、レビュアーの意見としては、「操作方法がむずいこと、これがこのゲームの一番のポイントだと思う」、「難しいけど面白い」、「やり込めば味が出る、スルメゲーム」などと評されている[23]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.45 3.31 3.22 3.48 3.21 3.42 20.09
  • ゲーム誌『ユーゲー』では、「謎解きやストーリーはあくまでゲームを盛り上げるためだけにあるので好感が持てる」、「(『トップシークレット」と比較して)本作では、空中でも連続してワイヤーを発射できるため、ワイヤーを引っかける場所がある限り、ターザンのごと連続で横方向に飛び続けることが可能となる。さらに空中でも銃を撃てて、敵の真上に着地してもダメージを受けなくなったため、より大胆にワイヤーを使えるようになった。小さな改良だが、これで『ヒットラーの復活』のアスレチック性が飛躍的に高まったといえる」と評している[21]
ゲームボーイ版
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では、5・5・5・5の合計20点(満40点)[11]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、22.3点(満30点)となっている[14]
項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.6 3.4 3.5 3.7 3.9 4.2 22.3

続編[編集]

バイオニックコマンドー (PS3・Xbox360・PC)[編集]

Xbox 360PLAYSTATION 3用として2009年6月25日に発売された三人称視点(TPS方式)のアクションゲーム。PC版は2009年10月29日に発売。

キャラクターがジャンプをすることが可能となり、ワイヤーアクションが非常に多彩になった。ワイヤーは従来の作品と同様の移動手段である他、敵やフィールド上の障害物を掴んで投げたり、大型の敵にワイヤーをかけて取り付き、打撃を加えたりすることもできる。その他、さまざまな銃器を使って戦うこともできる[24]

ストーリーは『マスターD復活計画』の10年後の世界という設定。本作にて、これまでの設定が整理され世界観がほぼ統一された。

関連作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 雑誌『CONTINUE』VOL.12 インタビュー記事「魔界村を創った男」より。
  2. ^ 必然的に2週目ではエクステンドの機会がなくなる。
  3. ^ a b c 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 86頁。
  4. ^ M.B.MOOK『懐かしゲームボーイパーフェクトガイド』 (ISBN 9784866400259)、35ページ
  5. ^ Miller, Skyler. “Bionic Commando - Review”. Allgame. 2012年12月27日閲覧。
  6. ^ a b c Bionic Commando for Amiga (1988) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年5月21日閲覧。
  7. ^ a b c d Bionic Commando for Commodore 64 (1988) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年5月21日閲覧。
  8. ^ Archive - Magazine viewer”. World of Spectrum. 2013年4月4日閲覧。
  9. ^ Archive - Magazine viewer”. World of Spectrum. 2013年4月4日閲覧。
  10. ^ a b ヒットラーの復活 トップシークレット まとめ [ファミコン] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2017年5月21日閲覧。
  11. ^ a b バイオニックコマンドー まとめ [ファミコン] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2017年5月21日閲覧。
  12. ^ Archive - Magazine viewer”. World of Spectrum. 2013年4月4日閲覧。
  13. ^ Bionic Commando”. Ysrnry.co.uk. 2013年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月4日閲覧。
  14. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 512頁、 ISBN 雑誌26556-4/15
  15. ^ a b Bionic Commando for Amstrad CPC (1988) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年5月21日閲覧。
  16. ^ a b c d e Bionic Commando for Atari ST (1988) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年5月21日閲覧。
  17. ^ Archive - Magazine viewer”. World of Spectrum. 2013年4月4日閲覧。
  18. ^ Archive - Magazine viewer”. World of Spectrum. 2013年4月4日閲覧。
  19. ^ Bionic Commando for DOS (1988) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年5月21日閲覧。
  20. ^ Bionic Commando for ZX Spectrum (1988) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年5月21日閲覧。
  21. ^ a b RD「先達の偉業を見よ! 移植ゲーム再評価2003」、『ユーゲー 2003 Vol.05』第7巻第4号、キルタイムコミュニケーション2003年2月1日、 22頁、 ISBN 雑誌17630-2
  22. ^ 「ザ・ベストゲーム」、『GAMEST MOOK Vol.112 ザ・ベストゲーム2 アーケードビデオゲーム26年の歴史』第5巻第4号、新声社、1998年1月17日、 145頁、 ISBN 9784881994290
  23. ^ a b ファミコン通信』第15巻、アスキー1988年7月29日
  24. ^ 【プレイリポート】『バイオニックコマンドー』の“ジャンプ”はスウィングアクションをピリっと締めるスパイスですファミ通.com2008年10月12日

外部リンク[編集]