コンテンツにスキップ

コサキンDEラ゛ジオ゛!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コサキンDEラ゛ジオ゛!
ジャンル バラエティ
企画 壱岐正
手塚賀雄(企画協力)
色摩茂雄(企画協力)
構成 舘川範雄
鶴間政行(ブレーン)
有川周一(ブレーン)
ディレクター 伊戸川俊伸、山下敦司
出演者 コサキン
小堺一機関根勤
製作
プロデューサー 鈴木さちひろ(テレビ朝日)
及川俊明
井手上飛鳥(BS朝日)
編集 麻布プラザ
制作 Oi Corporation(制作協力)
製作 テレビ朝日
BS朝日(共に制作著作)
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2010年4月8日 - 2013年4月6日
放送時間毎週土曜26:00 - 26:30(30分)
テンプレートを表示

コサキンDEラ゛ジオ゛!』(コサキンでラジオ)は、日本のテレビバラエティ番組である。

コサキン小堺一機関根勤)が出演。2010年4月よりテレビ朝日が制作(2010年10月よりBS朝日との共同制作)し、同局系列の衛星放送チャンネルに向けて放送された。BS朝日では毎週土曜26:00 - 26:30、テレ朝チャンネルでは同年6月4日から毎週金曜22:00 - 22:30(初回放送)、地上波では琉球朝日放送が同年11月19日から毎週金曜25:45 - 26:15にそれぞれ放送されていた。毎週の放送枠ではあるが、2012年4月からは新作と過去分の再放送が交互に行われていた。2013年4月6日の放送をもって終了した。

上記のタイトル[注釈 1] は、タイトルロゴ上での表記である[注釈 2][注釈 3]

概要

[編集]

TBSラジオで長年にわたり放送され、2009年に終了したラジオ番組コサキンDEワァオ!」等のコサキンシリーズを受け継ぐテレビ番組である。主に「中2の男子が放課後、教室に集まってしているような、くだらなくて意味のない会話...」というコサキンのフリートークと、週替わり企画(テーマに基づいたトークやコント)の二部構成である。番組最後の投稿コーナーは番組公式のTwitterで受け付ける(現在は休止)。コサキンシリーズのテレビ番組としては『コサキンルーの怒んないで聞いて!!』(TBS系列)以来16年ぶりとなる。

番組タイトルにもある通り、ラジオスタジオ風のセットに2人が向かい合って座り、トークを繰り広げるという「ラジオスタイル」で放送が行われる。机の上には「画カフ」「音カフ」と書かれた2台のカフボックスが置かれており、それぞれの「カフ」を出演者が独自に操作して下げている(スイッチ・オフ)間は映像、音声が差し替えられる[注釈 4]。主に「画カフ」は古い雑誌など権利関係で映せないものを見る時、「音カフ」は下ネタなどを発言する時に使う。

テロップ類は地上波番組と比べるとあまり使用しないが、トーク中に出てきた人名等の固有名詞については、逐一画面に表示している。また、番組内では楽曲が使用されず、OPコールも含め即興で出演者が歌う。

基本的には小堺・関根の2名だけで進行し、横にいるスタッフ(構成作家3名)が小さな笑い声を上げたり、資料を差し出すなどしている。まれにゲストが登場する場合もある。

なお、収録に使われるスタジオは番組収録専用のスタジオではなく、普段は音声収録の為のスタジオとして使用されている。また、構成作家陣は画面向かって右側、すなわち小堺の背後に並んで座っているが、カメラに写らないぎりぎりの位置にいる(ごく希にカメラワークの関係で足下が見切れることがある)。

進行

[編集]
  • OPトーク(約10分)
    • 毎週スタジオにお土産が送られていき、背景が豪華になる、背景の小堺・関根の直筆ロゴは週ごとに入れ替わる
  • CM(BS朝日)、CS特典映像(テレ朝チャンネル)(1分)
  • 週替わり企画(約10分)
    • サブタイトルの項を参照
  • CM(BS朝日)、CS特典映像(テレ朝チャンネル)(2分)
  • エンディング(約2,3分)
    • 現在はその週の感想などを言い合い、最後に「パッフォーン」[注釈 5] と叫んで終わる。

過去

[編集]
  • コサキンtwitterDEトーク(約2,3分)
    • エンディングの投稿コーナー。1週で採用されるネタ数は数通程度である。2011年から休止中。

放送時間

[編集]
  • BS朝日 土曜26:00 - 26:30(2012年4月7日 - 2013年4月6日)
新作と再放送(1年以上前の放送回)の1週交互。
  • テレ朝チャンネル 初回放送:金曜22:00 - 22:30(2010年6月4日-)、再放送:日曜23:30 - 24:00・火曜17:25 - 17:55
テレ朝チャンネルでは「CS特典映像」として、BS朝日で放送されなかったシーンを付加して放送している。
  • 琉球朝日放送(QAB) 金曜25:45 - 26:15、第2週のみ同26:15 - 26:45 (2010年11月19日-)、2011年5月現在約9ヶ月遅れ
最終週は朝まで生テレビ!放送のため休止となる

過去の放送時間

[編集]
  • BS朝日 木曜23:30 - 24:00(2010年4月8日〜2010年10月28日、2011年4月7日-2012年3月29日)[注釈 6]、木曜23:25 - 23:50(2010年11月4日-2011年3月31日)

サブタイトル

[編集]

※放送日はBS朝日での初回放送日。

主な企画

[編集]
  • テレフォンお悩み相談
    • 画面の外に移動した関根がいろいろな人に扮し、パーソナリティの小堺に電話で悩みを相談するコント(ただしやりとりはほぼアドリブ)。第1回にヤブキが登場したり、2番目に有名人が匿名で登場(関根の物まね)したり、毎回最後に「デヅガオザムジ」(本名:ユメガオカスミレ)と名乗る自称アニメ作家(演:関根)が登場し、無茶な相談や苦情を小堺にぶつける。第35回ではせんだみつおが「幻のコメディアン」として登場した(エンドトークにも登場)。
  • コサキン即興コント
    • 複数の箱から与えられた設定を基に即興でコントを行う。個人に与えられる設定は「年齢」「性格」「職業」であり、第2回放送から場所を示す「にて」が追加される。
  • その他
    • 箱の中に入れられた紙をくじ引きの要領で取り出し、フリートークを行う企画が多い(「コサキン食べ物語」など)。

DVD

[編集]
  • コサキンDEラ゛ジオ゛! クロ盤(ポニーキャニオン、2011年3月16日発売)
  • コサキンDEラ゛ジオ゛! グレ盤(ポニーキャニオン、2011年6月15日発売)

コサキンDEクエスト!

[編集]

2013年7月15日、原宿クエストホールにて行われた公開収録イベント。「コサキンDEラ゛ジオ゛!」同様、ステージには机が置かれ、トークやミニコント、事前に観客から募集したリクエストに応えるコーナーなどを行った。

後日BS朝日にて、原宿クエストの各店舗をコサキンが訪れた映像を交えつつ、4回にわたりイベントの模様が放送された。

スタッフ

[編集]

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ 本来濁音にならない文字に濁点がついているのは、ラジオ時代の公式本第1弾の題名が「ら゛」だったことに由来する。「ラ゛ジオ゛」はあたかも濁点がついたかのように読む。
  2. ^ 小堺直筆のロゴと関根直筆のロゴがある。公式サイトの各ページでは、アクセスする度に小堺のロゴと関根のロゴがそれぞれランダムに表示される。
  3. ^ ローマ字や読めない文字が混在するタイトルのため、表記にもおのずと揺れが発生している。「コサキンDEラジオ!」…番組公式サイト及びBS朝日公式サイト、「コサキンDEラジオ」…BS朝日公式サイト内番組表、「コサキンDEラ゛ジオ゛」…浅井企画(小堺・関根の所属事務所)公式サイト内プロフィールページ、「コサキンでラジオ」…番組公式twitter
  4. ^ 収録した映像に後から編集で差し替えている。
  5. ^ ラジオ時代からエンディングに使われているフレーズ。特に意味はない。
  6. ^ 2010年10月から、後半5分間がCM枠となったため実質25分間に短縮されている。

出典

[編集]

外部リンク

[編集]