この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

ハッチポッチステーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ハッチポッチステーション
HOTCH POTCH STATION
ジャンル 子供番組教養番組
帯番組バラエティ番組
放送時間 放送時間を参照
放送期間 1995年4月3日 - 2005年11月1日
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK-BS2(1995年度)
NHK教育テレビ(1996年度 - )
企画 近藤康弘
出演者 関根勤(BS2時代のみ)
グッチ裕三
林家こぶ平
増山江威子
兵藤まこ
中尾隆聖 ほか
音声 ステレオ放送
オープニング グッチ裕三とグッチーズ
「ハッチポッチファミリー」
(1996年4月 - )
エンディング 同上

特記事項:
1995年度は『にこにこぷんがやってきた!』のパペットショーコーナーとして放送。
第11回スポニチ文化芸術大賞優秀賞受賞(2003年)
テンプレートを表示

ハッチポッチステーション』(英称:HOTCH POTCH STATION)は、1995年から2005年にかけてNHK衛星第2テレビ (BS2) とNHK教育テレビで放送された子供番組である。

概要

パペットと人間の掛け合いで展開される一種の人形劇で、めったに列車が来ない架空の「ハッチポッチステーション」で起きる日常生活のドタバタを描くコント風の番組である。番組タイトルに用いられる「ハッチポッチ」とは、「ごった混ぜ」「寄せ集め」という意味を指す英単語である "hotchpotch" に由来する[1]。全体のストーリーの間にショートコーナーが織り込まれる形で展開される。

元々は1995年からBS2で放送されていた『にこにこぷんがやってきた!』の後半13分のパペットショーコーナー『リッチポップステーション』としてスタートした。当時は関根勤が出演しており、回によってはゲストを迎えることもあった。これが好評だったために新たに独立した番組となり、1996年4月1日から教育テレビでの放送が開始された。このときに出演者が関根勤からグッチ裕三に交代、グッチの芸風を交えた音楽バラエティ的な要素が強まった。番組の合間合間に繰り出されるギャグやパロディの中には、子供に理解できるとは考えにくい、明らかに親世代向けのものも時折混じっていた。また、ジャーニーが落語をするシーンがあったり、グッチと交友のある人物(モト冬樹[2]石橋貴明[3]など)に関するネタが行われた回が存在したりもしている。このように親向けのネタが多かったことに、グッチ裕三曰く「子供は親が笑うと幸せを感じる」ことを狙っている為である[4]

これによって子供と一緒に番組を見ている親たちにも好評を博し、教育テレビを代表する人気番組となった。NHKの海外向け放送を通じて、世界50か国で放送された。2003年、第11回スポニチ文化芸術大賞優秀賞受賞作品。

放送時間の変遷

番組独立時当初の放送時間は8:20 - 8:30で、夕方にも朝の再放送をしており、2週間間隔で内容が変わっていた。その後何回か放送時間が変更され、末期には17:40 - 17:50のみの放送になった。

2003年4月4日にレギュラー放送は最終回を迎えるが、番組自体は公開録画形式に変わり、『みんなの広場だ!わんパーク』の後番組として、『あつまれ!みんなの広場ハッチポッチステーション』のタイトルで新しく日曜17:00 - 18:00に移動(隔週で『夢りんりん丸』とのローテーション)。放送時間拡大に伴い、新コーナーも次々と登場した。番組は2004年3月に放送を終了した。

公開録画版の開始と同時期の2003年4月8日より水曜日と木曜日と金曜日の未明の週3回、『ハッチポッチあんこーる』と題して再放送を開始した。内容は、2003年度は本放送時のコーナーを再構成して作られた『あんこーる』オリジナルの放送であったが、2004年度以降は基本的に本放送の再放送に変更された(木曜日の放送のみ昨年度の『あんこーる』や本放送時のスペシャル回などを再放送していたが同年3月ごろから木曜日も本放送の再放送になった)が、尺合わせのために本放送時には含まれていなかったコーナーを追加している場合もあった。2005年度からはスタッフロールを新規のものに差し替えていた。この『あんこーる』は2005年11月1日(2日未明)放送分をもって終了し、10年間の歴史に幕を閉じた。

登場キャラクター

  • グッチ(グッチ裕三)
番組中で数少ない実写の人間として登場。駅構内で初期はホテル、第2期はシネマ、第3期以降はカルチャースクールを経営していた。ミス・ダイヤモンドのファン
駅の改札係。車掌も勤める。遅刻が多く駅長にしかられる事もしばしば。ミスターエクスプレスの運転手になるのが夢。緑色の制服と灰色の肌が特徴で、スキンヘッドである。好物はアンパンと牛乳。ミス・ダイヤモンドの大ファン。通称「ジャーニー」(オープニングテーマの中でもジャーニーとなっている)。
構内のコンビニ「トランクマート」の店員。力持ちで怒ると怖いのでジャーニー達から怖れられている。金儲けに余念が無い。映画スターのミス・ダイヤモンドである事を隠しながら働いている。当初はHPショップ(キヨスク)を経営していた。通称「ダイヤ」(オープニングテーマの中でもダイヤとなっている)。
  • トランク
ダイヤのペットである、黄色の。忘れ物のトランクの中から出て来た為「トランク」と名付けられた。言葉を話すことは出来ないものの非常に賢く人間の言葉を理解でき、人間とコミュニケーションがとれる。たまにトランクの中から不思議なものを出す。
1999年度から登場。ハッチポッチステーションの近くに引っ越してきた老人。関西弁を話す。どこに住んでいるのかは誰も知らない。かつてトランクがエチケットじいさんの家を訪問した事があるが、どこにあるのかを忘れてしまった。ハッチポッチステーションのメンバーが歌などで何処に住んでいるか無理に聞こうとしたが失敗した。「これ、エチケットやで」が口癖。めがねがトレードマーク。
ハッチポッチステーションの駅長。ジャーニーの事をよく叱っている。画面内に登場したことは一度も無い。

放送終了時点で居なかったキャラクター

駅前の食堂のマスター。BS版のみ登場。放送が教育テレビに移行した後は、登場していない。
  • チケット・タベルノスキー(CV:見栄晴
かつて登場していたキャラクター。ジャーニーの後輩で高級レストランのお坊ちゃん。車掌に昇格したため、登場しなくなった。
因みに"WHAT'S ENTERTEINMENT?"のタイトルに登場しているのは彼ではなく、この番組のプロデューサーである。
かつて数回登場した著名なトラベル作家。ジャーニーのそっくりさん。
  • リトルグッチーズ
グッチ裕三とグッチーズの5人をモチーフにした人形。歌のコーナーで曲の演奏やバックコーラスをしている。エキストラで本編に登場する時もある。

その他

上記以外にも、この番組には多くの人物が登場する。そしてその殆どをグッチ裕三やジャーニー(林家こぶ平)が演じている。

ほか

コーナー

音楽コーナー

音楽コーナーでは、童謡洋楽(一部邦楽)を組み合わせ、替え歌にしたパロディソング、往年の海外ポップスを中心としたカバー曲、
グッチ裕三が作詞、グッチーズの人良のび太、もしくはエレキ賢明が作曲した番組オリジナル曲(「アササッサ」・「夕暮れママ」など)のいずれかが流れる。

コント・コーナー

  • 『江戸川サリバンショー』 - エド・サリヴァン・ショーのパロディ。春、夏、冬の特別編成時のみ放送。ジャーニー、ダイヤさんなどのレギュラー陣がグッチ裕三扮する江戸川サリバン(エド・サリヴァンのパロディ)のトークショーに招かれる、という設定。
  • 『大口博士のなんでも相談室』 - 大口博士が子供達から寄せられた質問に答える。が、答えはどこか的外れである場合が多い。
  • 『スマイリー高田のリズムでGO!!』 - ダンスが得意で常にハイテンションなスマイリー高田が、視聴者の質問や悩みに答える。司会はミス・ダイヤモンド。しかし、高田は真剣に答えない。最後は豪快に踊り、紙吹雪を撒く。そして、紙吹雪を散らかした床を自分で掃除して去っていく。
  • 『ハッチポッチワイドステーション』 - 今話題のゲストを招いてトークするワイドショー番組。『新・たかた孝太郎SHOW』の原型。
  • 『今日こそ料理』 - 大口ゆうことジャー・ジュージューが料理を作るが、他の事に時間を取られ結局料理できないまま終わる。きょうの料理のパロディ。
  • 『新・たかた孝太郎SHOW』 - 世界チャンピョン等のゲストを招き、トークショーを行う。
  • 『ドン高田のドンバルーム』 - サングラスをかけたドン高田が、様々な楽器の演奏を披露する。が、直前で楽器を自分で破壊するなどしていつも失敗する。手鏡を覗き込み、「鏡よ、鏡よ、かがみます!」と言って突然しゃがみ、画面から消えるというネタもあり。ロンパールームのパロ。
  • 『とんでも鑑定団』 - 『開運!なんでも鑑定団』のパロ。
  • 『グッチコックのいつでも予告』 - グッチコックが名作映画の予告編を紹介する。アルフレッド・ヒッチコックヒッチコック劇場のパロディ。
  • 『検札です』 - ジャーニーが電車内で検札をするが、誰も乗客が居ないので落語をしたり歌ったりして遊ぶ。
  • 『センチメンタルジャーニー』 - 検札中に旅行パンフレットを見つけたジャーニーがその国に思いを馳せる。
  • 『ママへの手紙』 - ジャーニーが遠く離れたに当てて手紙を書く。最後に俳句を詠んで締める。
  • 『駅の伝言板』 - ジャーニーが駅の伝言板に書かれた様々なメッセージを読み上げ、それをテーマに喋る。最後にメッセージを黒板消しで消す。
  • 『日用品美術館』 - 様々な日用品を、まるで一級の美術品のように大袈裟に紹介し鑑賞する。新日曜美術館(現・日曜美術館)のパロディ。主な作品「見ろよベーナス(ミロのビーナスのパロディ、ベーナスが三本の割箸の上に立っている)」「レレレのおじさん(アルルの女のパロディ、ただの箒)」等
  • 『すみの園芸』 - ダイヤが駅の隅で花や園芸のコツについて語る。最後に歌を歌うが、ダイヤの歌を聞いた花は萎れてしまう。趣味の園芸のパロディ。
  • 『ダイヤの占い日記』 - ダイヤが様々な物を使って占いをする。そして悪い答えが出る。ダイヤは激しく落ち込むが、即座に陽気になり占いを良い方に解釈する。そして『ケ・セラ・セラ』を熱唱する。
  • 『小言の花道』 - 『演歌の花道』のパロディ。エチケットじいさんがマナーのなっていない若者や日常で疑問に感じたことについて語る。なお、コーナーの冒頭に「ハッチポッチの花道は、表もあれば裏もある。人生、これ、エチケットやで」というエチケットじいさんの口上が入る。
  • 『じいさんてんさいじ』 - エチケットじいさんが様々なテーマで、視聴者に静かに語りかける。そして話しのテーマに沿った回文を紹介する。なかなか良く考えられた、長い回文である。主な作品として「いよっ!はんしんはつよい」「よわいわよ、はんしんは、よわいわよ」、「いま、うんどうかい、すいか、うどん、うまい」「よる、すきやきするよ」など。コーナーの冒頭では、エチケットじいさんが「上から読んでも、下から読んでも、『じいさんてんさいじ』」とコーナーを紹介する。
  • 『エチケット@メール』 - 「電車にブレーキへそにゴマ、人には節度(もしくは「歴史」)。人生これエチケットやで」のフレーズではじまり、エチケットじいさんが子供達の質問メールに回答する。「ここではきものをぬいでください」など二通りの読み方ができる言葉(ぎなた読み)がテーマとなることが多い。コーナーの冒頭と最後に流れるBGMはツィゴイネルワイゼンの冒頭部分である。
  • 『トランク劇場』 - トランクが物にちょっかいを出したりじゃれあったりして遊ぶ。
  • 『ミスッタ・マジックの趣味の手品』

アニメーション

  • 動物オリンピック(Zoo Olimpics)』 - 1996年度。海外作品。ナレーションは小島一慶が担当。
  • 『トリプレ - いたずら3つ子ちゃん(Les Triples)』[5] - 1997年度。海外作品。声の出演は長沢彩ほか。
  • 『Quaq Quao』 - 1997年度。海外作品。声の出演は無し。
  • 『エクスとプレス』 - 1998年度~2005年度。番組オリジナルアニメーション。声の出演は無し。最初に「鉄道唱歌」のメロディーを三味線でアレンジした曲が流れる。大柄な運転士と細身の車掌、2人のちょっとしたやりとりを描く。最後は「夜遅く着きました」で閉まる。

その他

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
『サークル・ゲーム』
リズムに合わせて答えていく山手線ゲーム。エチケットじいさん登場後にスタートした。
ルールの説明:まず最初の人(グッチさんの場合が多い)がお題を決め、そのお題に沿って正しい物を1人1つずつ答えていく。同じ答えを2回言う、お題に反する答えを言う、答えを言えないとその時点でその人の負けとなり終了する。『あつまれ!みんなの広場・ハッチポッチステーション』ではいつものメンバーでやった後に、グッチが会場の子供達やお父さん達とも対戦することが多かった。
主な順番はグッチさん→ダイヤさん→エチケットじいさん→ジャーニー。
答えのテロップの色はグッチさん:□白、ダイヤさん:黄、エチケットじいさん:赤、ジャーニー:緑。
コーナー名およびオープニングの歌詞は「サークル」と「(順番が)さあ来る」をかけている。
にらめっこ
「笑っちゃダメダメ笑っちゃダメダメ♪」という歌詞からスタートし、「ハー、ハッチップ」の掛け声でメンバーの誰かの顔がアップになる。

番組内容の変遷

BS2時代(1995年度)
駅前にマスター(関根勤)の経営する食堂が存在した。登場人物はマスター、ジャーニー、ダイヤ、トランク。
1年目(1996年度)
駅構内には、グッチが経営するホテルが隣接し、ミルクスタンド、ダイヤの経営するHP・SHOPが存在した。登場人物はグッチ、ジャーニー、ダイヤ、トランク。番組のシンボルマークは"HOTCH POTCH STATION"の文字を四角く配置し、その中に電車のイラストが描かれたものであった。
2年目(1997年度)
駅構内の配置は変わらず、登場人物にチケットが登場。
3年目(1998年度)
2年目から数年後の世界。番組のシンボルマークが踏切をイメージしたものになり、一部のセットが変更。ハッチポッチ鉄道が民営化。チケットが昇格・栄転し、再び登場人物は4人へ。グッチのホテルがつぶれてシネマに。
4年目 - 7年目(1999年度 - 2002年度)
エチケットじいさんが登場。ハッチポッチステーションが大改装され、グッチのシネマがカルチャーセンターに、ダイヤのHP・SHOPがコンビニになり、ジャーニーも車掌に昇格した(ただしチケットと違い、栄転はしていない)。現在『ハッチポッチステーション』といえば主にこの時期の内容を指し、これ以前の内容が公式に触れられることはあまりない。2002年度はオープニング曲の「ハッチポッチファミリー」が新規のものになり、映像にエチケットじいさんのカットが追加され(トランクが吠える部分で挿入される)、2番以降が流れることもあった。
あつまれ!みんなの広場・ハッチポッチステーション(2003年度)
駅構内にミニテレビ局が設置される。
ハッチポッチあんこーる(2003年 - 2005年度)
過去の放送からセレクションで放送。

放送時間

1995年度(NHKBS2)
月 - 金:08:00 - 08:30(08:17 - 08:30) / 再放送:17:30 - 18:00(17:47 - 18:00)
1996年度 - 1998年度
月 - 金:08:20 - 08:30 / 再放送:16:25 - 16:35
1999年度
月 - 金:17:41 - 17:50
2000年度 - 2002年度
月 - 金:17:40 - 17:50
あつまれ!みんなの広場・ハッチポッチステーション(2003年度)
日(隔週):17:00 - 18:00 (『夢りんりん丸』とのローテーション)
ハッチポッチあんこーる(2003年度)
火 - 木:24:45 - 24:55
※2度、総合テレビの土曜24:30にプロ野球が延長したときのためのクッションとして放送が予定されたが、6月21日の一度だけしか放送されなかった。
ハッチポッチあんこーる(2004年度)
火・木:24:45 - 24:55 / 水:24:50 - 25:00
ハッチポッチあんこーる(2005年度)
火 - 木:24:50 - 25:00

変遷

年度 放送時間(JST
NHK BS2 NHK教育(現・NHK Eテレ)
平日朝 平日夕 平日朝 平日夕
1995 08:17 - 08:30(13分) 17:47 - 18:00(13分) (放送なし)
1996 - 1998 (放送なし) 08:20 - 08:30(10分) 16:25 - 16:35(10分)
1999 (放送なし) 17:41 - 17:50(09分)
2000 - 2002 17:40 - 17:50(10分)
年度 放送時間(JST
NHK教育(現・NHK Eテレ)
日曜夕 火曜深夜 水曜深夜 木曜深夜
2003 17:00 - 17:55(55分) 24:45 - 24:55(10分)
2004 (放送なし) 24:45 - 24:55(10分) 24:50 - 25:00(10分) 24:45 - 24:55(10分)
2005 24:50 - 25:00(10分)

スタッフ

エクスとプレス

主題歌

  • オープニングテーマ「ハッチポッチファミリー」
作詞:グッチ裕三、作曲:人良のび太、歌:グッチ裕三&グッチーズ
※ その他の楽曲・関連CD等については「グッチ裕三とグッチーズ」を参照。
オープニングテーマとエンディングテーマに使われた。
オープニングテーマの時は1コーラス分流れたが、エンディングテーマでは音程が異なりインストゥメンタルで、コーラス部分しか流れない。
BS2時代はジャズ調の曲がオープニング、エンディング共に使用されていた。
英語版も存在する。

脚注

  1. ^ 本来は間を開けない "hotchpotch" で1つの単語だが、英文タイトルでは、"HOTCH POTCH" のように "HOTCH" と "POTCH" を分けて書かれる。
  2. ^ 後述の通り番組にカメオ出演した回があったり、グッチが「今は無き冬樹の前髪持ってるぞ」といったセリフを述べる回が存在するなど。
  3. ^ 伝言板に「ほなみちゃん 愛してます 貴明」と書かれた回が存在するなど。
  4. ^ 日本テレビ・人生が変わる1分間の深イイ話/2009年9月9日放送回
  5. ^ 邦題が付けられたのは「母と子のテレビタイム」(日曜版)の中で再放映された時で、ハッチポッチリアルタイム放映時は「Les Triples」と原題そのままだった。

関連項目

外部リンク