林家正蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

林家 正蔵(はやしや しょうぞう、旧字体は林家正藏)は、江戸東京落語家名跡。当代は9代目。

1811年(文化8年)初代から4代目までは林屋正藏1888年(明治21年)5代目から林家正蔵となった。江戸(東京)・林家の留め名(止め名)。

初代[編集]

初代 林屋 正藏はやしや しょうぞう
別名 林屋林泉
生年月日 1781年
没年月日 1842年7月12日
出身地 日本の旗 日本
師匠 初代三笑亭可楽
名跡 1. 三笑亭楽我
2. 三笑亭可龍
3. 三笑亭笑三
4. 林屋正三
5. 初代林屋正藏
6. 2代目鹿野武左衛門
7. (亭号不明)林正
8. 初代林屋正藏
9. 林屋林泉
10. 初代林屋正藏
11. 林屋正藏坊

1781年和泉町新道の生まれ。俗称を下総屋正蔵。札差峰村に奉公した後に1806年初代三笑亭可楽の門下で楽我を名乗る。林家の始祖。怪談噺の元祖と言われ、「怪談の正藏」の異名を取った。4代目鶴屋南北と交遊し、『東海道四谷怪談』に影響を受けた。三笑亭可龍三笑亭笑三林屋正三を名乗り、1811年ころに正藏から2代目鹿野武左衛門、林正、再度正藏、1835年に林泉、再三正藏になり晩年正藏坊となった。著作も、『升おとし』『太鼓の林』など多数ある。また西両国に林屋という寄席を経営。なお、始めは「林家」ではなく「林屋」と名乗っていた。林屋の屋号の由来は、「噺家」と音を合わせたことに由来。俳名、林屋林泉。

天保13年6月5日1842年7月12日)(諸説あり2月6日とも)没。享年62。墓所は台東区慶養寺

エピソードとして、当時では珍しく火葬をし、燃やした時に棺桶に仕込んであった花火が上がって、参列者を驚かせたという話が伝わっている。

弟子に正八(のちの初代人情亭錦紅)、林正(のちの2代目正蔵(「沢善正蔵」))、正助(のちの正月庵林蔵)、正太郎(のちの2代目鈴々舎馬風)、3代目正蔵(のちの2代目柳亭左楽)、春好(のちの花枝房圓馬)、初代花林花鏡(のちの花林郷の輔)らがいた。

代外[編集]

  • 下記とは別に初代門弟の正司が1825年ごろに2代目正蔵を名乗っている、のちに一門と不和になり1829年初代船遊亭扇橋門下になり湖月亭晴橋から向南亭扇橘を名乗った。

2代目[編集]

2代目 林屋 正藏はやしや しょうぞう
生年月日 不詳年
没年月日 不詳年
出身地 日本の旗 日本
師匠 初代林屋正藏
名跡 1. 林屋林正
2. 2代目林屋正藏
家族 初代林屋正藏(義父)

2代目林屋正藏 - 元千住焼き場の僧侶。通称「沢善正蔵」(※「沢善」の表記は諸説あり)。「蒟蒻問答」「野晒し」の作者といわれる。母が初代正蔵の後妻となり養子になる。初名を林正、1839年に2代目正藏を襲名。弟弟子・林家林蔵門下の林家正三が上方に移り、上方・林家を興す(ただし、6代目林家正楽で途絶える)。俗称を「朝蔵」。

3代目[編集]

3代目林屋正藏 - 2代目柳亭左楽の前名。初代正蔵門下から司馬龍生門下に移る。

4代目[編集]

4代目 林屋 正藏はやしや しょうぞう
本名 林屋 正蔵
別名 市川東次
生年月日 不詳年
没年月日 1879年7月2日
出身地 日本の旗 日本
師匠 2代目林屋正藏
名跡 1. 不明
2. 林屋上蔵
3. 林屋正楽
4. 4代目林屋正藏
5. 三木屋正藏
6. (亭号不明)正翁
活動期間  ? - 1879年

4代目林屋正藏 - 本名も林屋正蔵に改名。元は役者で市川東次(中村藤次とも)、のちに2代目正蔵の門下で初名不明、上蔵、正楽を経て、1865年ごろに4代目正藏を襲名。一時二木屋正藏。1878年に正翁と改名。怪談の名手。麻布我善坊に居住したため、通称「我善坊の正藏」「二木屋の正藏」。1879年7月2日没。享年不詳。弟子に一月家?林蔵(のちの橘家圓喬)、正之助(のちの柳亭朝枝「泥棒の朝枝」)らがいた。

5代目[編集]

5代目 林家 正蔵はやしや しょうぞう
本名 吉本 庄三郎
生年月日 1824年12月30日
没年月日 (1923-03-06) 1923年3月6日(満98歳没)
出身地 日本の旗 日本
師匠 2代目林屋正藏
名跡 1. 林屋正吉(1841年 - ?)
2. 林屋正橋(時期不明)
3. 林屋正鶴(時期不明)
4. 林屋正鱗(? - 1888年)
5. 5代目林家正蔵(1888年 - 1912年)
6. 林家正童(1912年 - 1923年)
活動期間 1841年 - 1923年

5代目林家正蔵 - 文政7年11月11日1824年12月30日)本名吉本庄三郎。三河国幡豆郡平坂湊(現在の愛知県西尾市平坂町)の生まれ、家は代々農家を営んでいたが父・河原惣左衛門の代で零落、14歳で江戸に出て青山南町の酒屋「中伊勢屋」に奉公、のちに「四万」に奉公に出た、奉公先の「四万」の贔屓の常連客が桂語楽という落語家で親しくなり語楽の知人の2代目正蔵に懇意となる。1841年にその2代目正蔵門下で正吉、正橋、正鶴、正鱗、1888年に5代目正蔵を襲名。1912年2月に正童となった。晩年は沼津に居住し「沼津の師匠」と呼ばれる。1923年3月6日没。享年100。このため通称は「百歳正蔵」。辞世の句は「百とせを花に過ごして花乃山」[1]、墓所は住まいのあった近所の沼津市末広町真楽寺[1]、この代から「林家」となるが、江戸(東京)・林家の系統は5代目で途絶える。弟子に正朝(のちの5代目金原亭馬生「おもちゃ屋の馬生」)がいた。落語家きっての色男で80代の時に娘が誕生し、娘は正蔵が99歳の時に沼津で「九十九(つくも)」の名で芸者になっている。上記の晩年に過ごした地・沼津も娘に世話になって過ごした。

6代目[編集]

6代目 林家 正蔵はやしや しょうぞう
本名 今西 久吉
生年月日 1888年11月5日
没年月日 (1929-04-25) 1929年4月25日(満40歳没)
出身地 日本の旗 日本
師匠 2代目談洲楼燕枝
名跡 1. 談洲楼桂枝(1909年 - 1911年)
2. 4代目五明楼春輔(1911年 - 1915年)
3. 柳亭小燕路(1915年 - 1918年)
4. 6代目林家正蔵(1918年 - 1929年)
活動期間 1909年 - 1929年

1888年11月5日生まれ。本名今西 久吉1909年3月に2代目談洲楼燕枝門下で桂枝で、1911年5月に4代目五明楼春輔1915年2月に柳亭小燕路を経て1918年4月に名跡を当時沼津に居住していた5代目より譲り受け、6代目正蔵を襲名。以降、江戸(東京)・林家は柳派の傍流となる。1929年4月25日没。享年42。7代目とは同じ柳派であるが、繋がりが薄い(6代目の師匠が7代目の大師匠に当たる)。

6代目春風亭柳枝らとともに「落語同好倶楽部」を結成し噺家以外から岡鬼太郎作家)、森暁紅記者)、正岡容(演芸作家)、徳川夢声活動弁士)等の著名人を招いて噺を聞く会を開いた。当たりネタ「居残り佐平次」より通称「居残りの正蔵」や「今西の正蔵」。

弟子に紙切り師初代林家正楽4代目柳亭燕路がいた。

7代目[編集]

Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2014年9月
7代目 林家 正蔵はやしや しょうぞう
本名 海老名 竹三郎
生年月日 1894年3月31日
没年月日 (1949-10-26) 1949年10月26日(満55歳没)
出身地 日本の旗 日本・東京
師匠 初代柳家三語楼
名跡 1. 柳家三平(1919年 - 1924年)
2. 7代目柳家小三治(1924年 - 1930年)
3. 7代目林家正蔵(1930年 - 1949年)
活動期間 1919年 - 1949年
家族 初代林家三平(長男)
海老名美どり(孫)
泰葉(孫)
9代目林家正蔵(孫)
2代目林家三平(孫)
所属 東京落語協会(1919年 - 1927年)
三語楼協会(1927年 - 1930年)
日本芸術協会(1930年 - 1934年)
東宝名人会(1934年 - 1949年)
備考
日本芸術協会理事長(1930年 - 1934年)

1894年3月31日東京三の輪生まれ。本名は海老名 竹三郎。海老名という苗字は母方の実家の名字で海老名家は鉄砲奉行の同心の家と伝わる[2]。家業は穴蔵屋であったと長らくされてきたが風呂桶職人で素人の天狗連で新内や落語を語っていた。20歳の時に3代目神田伯山の講談を聴いて落語家になった[2]。はじめ立花亭で下働きを始める[2]1919年1月に演芸速記記者であった今村次郎の紹介で初代柳家三語楼に入門して玄人となり、柳家三平を名乗る、初高座は立花亭であった[2]、その後内山歌と結婚[2]1924年3月に7代目柳家小三治を襲名して真打昇進。師匠三語楼が東京落語協会(現落語協会)を脱会したため、協会側の4代目柳家小さん一門から「(小三治の)名前を返せ」と詰め寄られ、そうこうしている間に遂に8代目小三治が出現。結局5代目柳亭左楽を仲立ちとして6代目遺族から名跡を譲り受け、1930年2月に7代目正蔵を襲名して事態を収拾。1930年日本芸術協会(現:落語芸術協会)初代理事長を務める。1934年東宝に移籍して東宝名人会の専属になる。

落し噺、新作を得意とし、時事感覚に長けたギャグの達人であり、実子・初代林家三平の決めゼリフ「どうもすみません」や、額にゲンコツをかざす仕草(9代目もやる)も元来は7代目が高座で客いじりに使用したもの。怪談噺・芝居噺を得意とする歴代正蔵の中にあって、爆笑落語を通した異端児であった。SPレコードも多数残している。

1949年、興行で青森県に行き、現地の風土病に罹患。それが元で1949年10月26日下谷病院にて死去。享年56。墓所は足立区常福寺戒名は正恵院釈讃良意居士。

9代目林家正蔵は孫にあたる。弟子に治助(のちの7代目橘家圓蔵)、柳家富士朗柳家三太楼(現:紙切り師林家今丸の実父)、7代目春風亭小柳枝三遊亭市馬(「ロセンの市馬」)等がいた。実子・三平も末期の弟子であるが、育てきる前に7代目が亡くなったことから、7代目圓蔵門下に移籍した。

8代目[編集]

1895年5月16日生まれ。本名は岡本 義(おかもと よし)。3代目三遊亭圓楽、5代目蝶花楼馬楽を経て襲名。東京府荏原郡品川町(現在の品川区)出身。生前は落語協会所属。後述する三平の死後に名跡を7代目と三平の遺族に返上し、自らは林家彦六を名乗った。浅草・稲荷町の長屋に住み、横町の隠居そのもので、とぼけた語り口を弟子がまねしたりした。[3] 俗に「彦六の正蔵」。

歴代正蔵の大多数と同じく怪談噺、芝居噺を得意としたが、これは8代目の元の大師匠の弟弟子であり、明治期から昭和初期まで活躍した落語家三遊一朝から教わったもの。8代目は個人的にも一朝を尊敬しており、前々名の圓楽は、元々一朝の名跡である。

7代目とは、8代目が小さん門下に移籍して以降、従兄弟弟子の関係にあたる(8代目が入門した3代目小さんは7代目の大師匠)。

9代目[編集]

9代目は、7代目正蔵の孫にして初代林家三平の実子林家こぶ平(本名海老名 泰孝)が、2005年3月21日襲名。襲名パレードでは12万人以上の人が上野浅草に集まった。この襲名パレードは石原プロモーションが全面協力をしていたが、これは初代三平が石原裕次郎と親交が深かったためである。

8代目の孫弟子、春風亭小朝は元義兄。

初代林家三平と、正蔵の名跡[編集]

前述の通り、元々の「林家正蔵」の系統は5代目を持って断絶し、以後はその時々の落語家の名跡争いなど問題が影響となる形で、「都合の良い名跡」として振り回される運命にあった。

7代目が名跡を継承して暫くして、7代目と一時期名跡が競合状態にあった「8代目柳家小三治」は落語家を廃業し、協会事務員となっていた。柳家一門の総帥、4代目柳家小さんは、8代目の早い廃業で空き名跡となった小三治を、7代目柳家小きんへと襲名させた。

この7代目小きん改め9代目小三治と、当時5代目馬楽であった8代目は、4代目小さん死後、元兄弟弟子として「小さん」の襲名を争う。結果、8代目桂文楽の強力な後ろ盾を得ていた9代目小三治が勝利し、5代目柳家小さんとなった。

対する8代目が手に入れたのが、この襲名劇の前年に7代目が死去し空き名跡となっていた林家正蔵である。従って、7代目と8代目は、柳派の大名跡「小さん」と、その出世名跡「小三治」が関わる名跡争いにより、「林家正蔵」を同門異系譜の落語家遺族から手に入れるという、類似した境遇を歩んだ。

しかしながら7代目と8代目との間で異なったのは、7代目には現役の落語家である実子・三平がおり、遺族(特に7代目の妻・三平の母)が三平の正蔵襲名を強く望んでいたことである。当時三平は修行年数が2年と短かったためとても正蔵を名乗れる状態になかったものの、結局8代目は、7代目遺族から「一代限り」として「貸与」の形で正蔵名跡を譲り受け、襲名した。

8代目は約束を守り、弟子には一部を除き「春風亭」など林家とは異なる亭号を名乗らせ、将来的に三平に正蔵の9代目を譲る予定でいた。三平の母は三平の真打昇進に伴い名跡返還を要求。これに対し8代目は尊敬する三遊一朝の名を襲名し、三平に正蔵名跡を譲る予定であった。しかし三平自身は8代目を立て、「師匠の宜しいまでお名乗り下さい」と説得、結局三平は前座名のまま1958年真打に昇進した。

三平にはその後、5代目小さんより奇しくも「柳家小三治」の襲名を提案されたこともあったが、結局「三平」を維持し、単なる前座名を一代で育て上げた。その後、三平は8代目に先立つ形で1980年9月20日死去。

三平の死後も存命であった三平の母ら7代目や三平の他の遺族と、8代目の関係性はこの後、悪化した。また義理を守る意思もあり、8代目は7代目・三平遺族に名跡を「返還」し、以後はその死去まで「林家彦六」を名乗った。

なお、三平の死後に真打に昇進した8代目の弟子は、林家の亭号を名乗ったままであった。この他、三平から気に入られていた林家木久扇も、亭号を維持している。

一方、当初8代目が襲名するとしながらも結局されなかった「一朝」の名は、8代目の孫弟子が「春風亭一朝」として引き継いだ。

9代目の襲名に際して、三平から9代目の育成を引き継いだ林家こん平は病身にあり、8代目の弟子である木久扇と、同じく孫弟子で義兄であった小朝が、9代目の後見役となっている。そのためかつての7代目遺族と8代目の関係はともかく、現在の三平一門と8代目一門の関係は比較的良好である。

余談ではあるが、笑点大喜利メンバーのうち、木久扇が8代目の弟子、林家たい平が三平の孫弟子、2代目林家三平が三平の実子で孫弟子、かつ9代目の実弟である。また三遊亭好楽の元は8代目門下で真打となり、8代目の死後はかつて8代目がその名を譲った5代目三遊亭圓楽の門下に移籍した。その5代目圓楽生え抜きの弟子で、名を継いだのが6代目圓楽である。従って、大喜利メンバーのうち落語協会並びにそこから分裂した円楽一門会の人間は、皆「林家正蔵」に関係した者たちで構成されている。

また、三平の師である7代目橘家圓蔵は元々8代目文楽と7代目の門下を行き来している。この圓蔵の名跡は、元々8代目の二番目の師匠が名乗ったものであり、この師の叔父弟子が三遊一朝である。8代目が小さん門下に移ったのは師匠の死によるもので、7代目圓蔵自体は圓蔵の名跡の元の所属先である三遊派とは無関係であった。

元々三遊派である圓蔵、そして8代目が正蔵を名乗る原因となった5代目小さん襲名問題、これら全ての問題の源流として挙げられるのは8代目桂文楽その人である。彼の協会内における卓越した「政治力」こそが、今やこれらの名跡が揃って柳派に属する遠因となっている。

今となっては、正蔵の元の名がどこに属するかについては完全に曖昧になってしまった。東京・林家一門から分派した上方・林家一門も一度断絶し、笑福亭一門から分離した林家染丸の系統がこれを継いでいる。

出典[編集]