春風亭柳枝 (6代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
6代目 春風亭 柳枝しゅんぷうてい りゅうし
本名 松田 幸太郎
別名 ゴミ六
生年月日 1881年1月
没年月日 1932年3月1日
出身地 日本の旗 日本横浜
師匠 3代目柳家小さん
4代目春風亭柳枝初代春風亭華柳
弟子 7代目雷門助六
8代目三笑亭可楽
春風亭柳語楼
柳家小團治
2代目古今亭甚語楼
2代目桂枝太郎
7代目春風亭梅枝
柳家金蔵
名跡 1. 柳家さん枝(1910年 - 1913年)
2. 3代目春風亭小柳枝(1913年 - 1921年)
3. 6代目春風亭柳枝(1921年 - 1932年)
活動期間 1910年 - 1932年
配偶者 富士松加賀吉
所属 柳派
睦会

6代目春風亭 柳枝(しゅんぷうてい りゅうし、1881年明治14年)1月 - 1932年昭和7年)3月1日)は、神奈川県横浜市出身の落語家。本名、松田 幸太郎。俗に「ゴミ六の柳枝」「横浜の柳枝」「桃太郎の柳枝」など。

横浜の消防団の組頭で居留地のごみ清掃を家業とする家の長男に生まれる。「ゴミ六」とは実家の屋号。横浜商業学校(現:横浜市立横浜商業高等学校)卒業後に勤めながら天狗連一枝を名乗り宴会や端席で一席やったり演芸会を開いたりしていて人気になった。それが高じ3代目柳家小さんの門を叩く。1910年3月にさん枝で初高座。1913年2月に4代目春風亭柳枝初代春風亭華柳)門下で真打となり3代目春風亭小柳枝を名乗る。3年目の真打で異例のスピード出世だった。1917年8月、師匠柳枝が結成した睦会に加入。

1921年3月、睦会「三柳の改名」 師弟トリプル襲名

  • 師匠 初代春風亭華柳←4代目春風亭柳枝(鼠の殿様。睦会創設者)
  • 兄弟子 6代目春風亭柳枝(当人)←3代目春風亭小柳枝
  • 弟弟子 4代目春風亭小柳枝←7代目春風亭柏枝 (後の6代目春風亭柳橋
    • (注:このとき、春風亭柳枝の5代目をあえて欠番とした。大立者・5代目柳亭左楽は単に「五代目」が通り名だった。5代目柳枝になるはずの当人が「同じ5代目では恐れ多い」と代数を1つ飛ばし、6代目を名乗った)

知的で背が高く、風格があり一門の信頼も高かった。

妻は寄席に出演する新内家元・富士松加賀吉(前名:富士松和佐之助)。

弟子7代目雷門助六8代目三笑亭可楽春風亭柳語楼柳家小團治2代目古今亭甚語楼2代目桂枝太郎7代目春風亭梅枝柳家金蔵等がいる

出典[編集]