止め名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

止め名留め名(とめな)

落語における止め名[編集]

落語界では、一門のみならず同亭号の中の最高位の名跡を「止め名」という。

隠居名への改名を除いて、それ以降他の名を襲名することはない。なお、襲名時の状況や襲名した者の人格などにより異なるが、止め名を襲名した落語家は、同亭号の代表として一門を指導する立場にあるとされている。

江戸落語では桂文治古今亭志ん生三笑亭可楽三遊亭圓生春風亭柳枝林家正蔵柳家小さん上方落語では桂文枝笑福亭松鶴林家染丸などがそれに当たるとされる[1]

大相撲における止め名[編集]

大相撲では、二度と使われないことになっている四股名を「止め名」という。

野球永久欠番のように明文化されているものではないが、再び使われることがないとされる四股名には、以下のようなものがある。

現在年寄名跡として使われているもの
出羽ノ海(出羽海)、不知火など。現在の日本相撲協会の規約で、年寄名跡と重なる四股名は認められていない。
昔は年寄名跡を四股名にすることができたため東関秀ノ山阿武松(おうのまつ)といった四股名が存在、主に二枚鑑札力士が襲名した。また大坂相撲との合併前は大坂年寄と同じ四股名の力士(陣幕小野川など)が存在したが東西合併の時点で現役だった力士は後に改名した。
現役時代の実績によるもの
谷風雷電常陸山太刀山栃木山玉錦双葉山など。
谷風や雷電についてはいくつかの逸話もある。前者に関しては明治時代には既に止め名となっていたにもかかわらず駒ヶ嶽大砲が襲名を打診されていた[2]
一代年寄として認められたもの
大鵬北の湖貴乃花
千代の富士は一代年寄は辞退しているが、その実績を考えれば、同様の扱いと考えられる。
現在の制度では一代年寄として認められるのは、ずば抜けた実績を残した力士であり、それを考えれば現役時代の実績による止め名と同列に考えられる。
部屋ゆかりの四股名で、部屋の消滅などによって実質の止め名となっているもの
梅ヶ谷[3]など。

現在では過去に使われていた四股名を継承することが稀になっており、その力士が初めて名乗る四股名が大幅に増えている。その中にはその力士の出自などの個性を強く反映した四股名もあり、その力士が引退したため、再び名乗る力士が二度と現れないような四股名が数多く生じている。また力道山豊登などプロレス転向により引退した力士の四股名や、大ノ里双羽黒南海龍朝青龍琴光喜日馬富士などトラブルによって引退した力士の四股名も再び名乗る力士はいないと思われるが、これらの四股名を「止め名」と呼ぶことはまずない(朝青龍に関しては上記の現役時代の実績によるものとしてもみることができる。)。

歌舞伎における止め名[編集]

歌舞伎でも、1991年に3代目實川延若が逝去した際、延若の名を止め名とすると遺言を残しており、以後延若を襲名した者はない。

他には坂田藤十郎なども、初代があまりに偉大であるため事実上の止め名となっていたが、3代目中村鴈治郎4代目を襲名した。事実上の止め名となっているのは、歌舞伎史上有名過ぎるものとして芳澤あやめ、2代続けて夭折したため止め名となった尾上榮三郎市川團十郎 (初代)刺殺した生島半六などが挙げられる。

また、東洲斎写楽浮世絵で知られる大谷鬼次をはじめとする「大谷」姓の名跡は永らく断絶していたため、全般的に実質的な止め名となっている。しかしながら、現在「大谷」姓の名跡としては大谷友右衛門がいる。

注・出典[編集]

  1. ^ 上方落語では他に桂文團治桂春團治桂米團治なども各一門内において事実上の止め名とされているが、いずれの名跡も元はといえば文枝一門の直系または流派に当たるため「同亭号の中の最高位の名跡」には該当しない。
  2. ^ 駒ヶ嶽は襲名条件である横綱昇進を果たせなかったため、大砲は「笑い者になりたくない」と本人が固辞したため、いずれも実現しなかった。
  3. ^ 「梅ヶ谷」の四股名は初代弟子が下の名前も含めて継承しているが、初代の実績に鑑みれば「現役時代の実績」としての止め名ともいえる。

関連項目[編集]