超五十連勝力士碑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Rikishi Monument for Over 50 Consecutive Wins Tomioka Hachiman 2010 September.jpg
拡大図
Yokozuna Stone Tomioka Hachiman 2010 September.jpg
写真左端に超五十連勝力士碑

超五十連勝力士碑(ちょうごじゅうれんしょうりきしひ)は、富岡八幡宮に建つ相撲関連の石碑である。

摘要[編集]

小島貞二の提案によって1988年の9月場所中に建立された。同年の千代の富士の53連勝がきっかけと誤解されるが建立の時点では24連勝(7月場所終了時点)であり偶然である。横綱力士碑の傍らに建っており、大相撲本場所で50連勝以上を記録した力士を顕彰している。11角柱の日本の石碑としては珍しい形状を持ち、正面に碑銘、以下左回りで超50連勝力士の名が年代順に刻まれている。現在5名の名が入り、残る5面が余白になっている。

50連勝以上を1回でも達成すれば名を刻まれる権利を得るが、各力士の最高記録のみを刻み込む為、当該力士の引退を待ってから刻名されることになる。そのため、50連勝以上を複数回達成したとしても重複して刻まれることはない。2010年に横綱白鵬が63連勝を達成したが、引退するまでに新たに64連勝以上を達成すれば、そちらの記録が刻み込まれる。

一覧[編集]

力士 連勝数
連勝開始
連勝終了
(連勝の最終勝ち星)
連勝を止めた
対戦相手
備考/補足
たにかぜ/谷風梶之助 63連勝 1778年安永7年)
10月場所8日目[1]
西小結
1782年天明2年)
2月場所6日目
西大関
小野川喜三郎
東二段目3枚目
この63連勝は江戸本場所のみの連勝記録であり、京都本場所、大坂本場所での成績も含めると98連勝となる。2分2預16休含む。
うめがたに/梅ヶ谷藤太郎 58連勝 1876年明治9年)
1月場所8日目[2]
西前頭4枚目
1881年(明治14年)
1月場所8日目
西大関
若嶌久三郎
東大関
12分2預28休含む。
たちやま/太刀山峯右エ門 56連勝 1912年(明治45年)
1月場所9日目
東横綱
1916年大正5年)
5月場所7日目
西横綱
栃木山守也
東小結
1分1預31休を含む。
ふたばやま/双葉山定次 69連勝 1936年昭和11年)
1月場所7日目
東前頭3枚目
1939年(昭和14年)
1月場所3日目
東横綱
安藝ノ海節男
西前頭3枚目
関脇から横綱にかけて5場所連続全勝優勝
ちよのふじ/千代の富士貢 53連勝 1988年(昭和63年)
5月場所7日目
東張出横綱
1988年(昭和63年)
11月場所14日目
東横綱
大乃国康
西横綱
大乃国に敗れた一番が昭和最後の一番となった。
はくほう/白鵬翔(予定) 63連勝 2010年平成22年)
1月場所14日目
東横綱
2010年(平成22年)
11月場所初日
東横綱
稀勢の里寛
東前頭筆頭
2010年(平成22年)1月場所からの連勝が同年9月場所3日目で50連勝に到達し、新たに名が刻まれる権利を得た。

超六十連勝力士碑[編集]

双葉山の生地である大分県宇佐市の双葉山記念館「双葉の里」には60連勝以上を記録した力士を顕彰する「超六十連勝力士碑」がある。双葉山生誕100年を記念して建立されたもので、2011年12月の除幕式には、前年63連勝を記録したばかりの白鵬も出席した。高さ2.5メートルの八角形の碑で、双葉山、谷風、白鵬の四股名と手形が入り、あと3名刻銘できる空欄がある[3][4]

脚注[編集]

  1. ^ 1777年安永6年)10月場所8日目の谷風は同じ小結の天津風を相手に引分を記録しており、実際に連勝が始まったのは翌1778年安永7年)3月場所初日からであるが、刻銘には「安永6年10月場所8日目」とある。
  2. ^ 1876年明治9年)1月場所8日目の梅ヶ谷は前頭5枚目の手柄山を相手に引分を記録(翌9日目は休場)しており、実際に連勝が始まったのは翌4月場所の初日からであるが、刻銘には「明治9年1月場所8日目」とある。
  3. ^ 平成23年12月3日超60連勝碑除幕式”. 宇佐市公式サイト. 2015年10月19日閲覧。
  4. ^ 谷風、双葉山、そして白鵬…「これ以上の光栄なことはない」”. スポーツニッポン(2011年12月3日). 2015年10月19日閲覧。