一門 (相撲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大相撲では、相撲部屋の系統ごとに一門(いちもん)という人脈的派閥が存在する。

解説[編集]

相撲は古来の伝統文化・芸能であり、疑似家族・疑似一族による成員から成り立つことが一般的である東洋の他の伝統文化・芸能と同様に、全ての従事者(力士年寄行司呼び出し床山)と全ての相撲部屋はいずれかの一門に属している。ただし、属することが必須というわけではなく、制度上では無所属でも許される。

かつて、一門は実体として存在していた。本場所では優勝決定戦等を除き一門系統別総当たり制であり、一門内の対戦を禁じていた。巡業も一門を単位として行われるのが一般的であった(歌舞伎の劇団制と同様)。一門を超えて力士が交流するということもなく、またできるだけ他の一門に情報を明かさないようにしていた(江戸期までの囲碁将棋と同様)。その性質上、昭和戦前まで一門は巡業組合という意味合いで「組合」と呼ばれていた[1]。当時は月給制が存在せず、力士や親方の経済基盤の多くは祝儀と巡業により成り立っていた。

1957年(昭和32年)、衆議院議員辻原弘市日本社会党)が文教委員会において、民法上の認可法人である財団法人大日本相撲協会(当時の名称)の目的がいわゆる君臣の関係を基とした武士道の精神の涵養であること、力士の(祝儀収入を除いた)収入の低さ、協会理事の利益相反行為(利権を持つ相撲茶屋を理事が実質経営)などの問題について質問を行った。これを機に大日本相撲協会は一連の改革を行う。改革の一環として財団法人日本相撲協会と改称し、巡業は日本相撲協会そのもので廻るようになり、一門を単位とする巡業はなくなった。

本場所は1965年(昭和40年)1月場所から部屋別総当たり制に改正された。しかし、力は衰えてはいるものの、公益財団法人に改組された現在でも日本相撲協会の人事、とりわけ理事の選出は一門の枠組みで決定されている。また一部の年寄株行司の名跡にも襲名制限がある。

協会からは毎年、各一門へ助成金が支給され、さらに一門の責任者が所属する各部屋に分配している。一門に所属していない部屋には当然助成金は支給されない。

役員以外の年寄衆で構成される年寄会には、各一門より会長もしくは副会長を選出している。

ある一門に所属していた親方が、別の一門に所属を変更して部屋を開いた場合は外様の扱いになる。現在は出羽海一門を破門された高砂一門の九重部屋が該当する。

協会理事と一門[編集]

公益財団法人・日本相撲協会の理事は、定款(旧・寄附行為)により10名以上15名以内(うち年寄7名以上10名以内)と定められており、10名を内部(年寄、つまり元力士である親方)から選んでいる。かつて、日本相撲協会は外部有識者の理事登用を頑なに拒んでいたが、時津風部屋力士暴行死事件で15代時津風(元小結・双津竜)らが逮捕されたことを受け、2008年9月に文部科学省の指導により寄附行為を変更して外部理事2名を登用した。2014年(平成26年)4月からは3名に増員されている。

理事(副理事も同様)は一門の代表者としての色彩が強いとされ、理事を一門内部の私的利害調整で決定するという談合が長らく行われていた。1968年(昭和43年)に理事・監事の選挙制度が導入されて以降、各一門は決められた人数だけ理事を出すことができる権利を有し、1996年(平成8年)まで15期30年間にわたり理事選における無投票当選が続いた。具体的には、1986年(昭和61年)以降は理事10名の枠を5つの一門に2名ずつ割り振り、割り振られた2名の枠に誰を立候補させるかを一門内部の談合により決定してきた。

しかし、日本相撲協会7代目理事長である12代境川(元横綱・佐田の山)が打ち出した年寄株制度改革に反発する守旧派は、12代境川体制への反発を選挙を通じて行うという戦術を使った。12代境川が理事長を辞職した1998年とその後の2000年・2002年の理事改選において選挙が行われた。具体的には、上記の割り振りの枠を超えて立候補し、選挙しなければならない状態とするというものである。このとき守旧派急先鋒として一門の調整と関係なく独自に立候補したのは、年寄名跡改革小委員会委員長の18代間垣(元横綱・若乃花:二所ノ関一門)と同副委員長の8代高田川(元大関・前の山:高砂一門)であった。この事件により、高砂一門の現職理事である18代陣幕(元横綱・北の富士)が高砂一門の理事候補から外されたことを不服として日本相撲協会を退職し、この混乱の責任を取る形で8代高田川は高砂一門を破門された。この過程で高砂一門の長である6代高砂(元小結・富士錦)が12代境川に対し、破門後も協会の高田川部屋に対する対応は変わらないという許可を取り付けたとされており、8代高田川もこの破門については折目筋目を通した上でのものとしている。

2002年(平成14年)に元横綱・一代北の湖が9代目理事長に就任し、以降、12代境川改革のほとんどを元に戻すと共に、2004年から2008年まで再度談合が行われ、以下のように理事枠が各一門に割り当てられた。

  • 出羽海一門 - 3名
  • 二所ノ関一門 - 3名
  • 立浪一門(旧・立浪・伊勢ヶ濱連合) - 2名
  • 時津風一門 - 1名
  • 高砂一門 - 1名

2010年(平成22年)1月の理事選ではこの勢力図が大きく様変わりした。3名枠を持つ二所ノ関一門では、事前投票で現職理事の10代二所ノ関(元関脇・金剛)と17代放駒(元大関・魁傑)に加え、13代鳴戸(元横綱・隆の里)を擁立することで調整を図ろうとした。しかし、元横綱・一代貴乃花が二所ノ関一門の意向に反して理事選への立候補を強行し、自ら二所ノ関一門から脱退する形となった。その後、13代鳴戸が理事への立候補を取り下げたものの、1名ずつ枠を持っていた時津風一門と高砂一門が協力して3名の理事を出す意向を固めたために立候補者が11名となり、8年ぶりに理事選挙が行われた。

二所ノ関一門は貴乃花を支持する4部屋6名の年寄を事実上の破門扱いとし、その他の一門でも事前に投票に関する意思統一を繰り返し図ったものの、開票の結果、3名の選挙人がいずれかの一門の意向に反して貴乃花を支持したことで[2]貴乃花は当選を果たし、その影響を受けて立浪一門の2代大島(元大関・旭國)が落選した。

この結果、理事の勢力は以下のように変動した。

  • 出羽海一門 - 3名
  • 二所ノ関一門 - 2名
  • 時津風一門 - 2名
  • 高砂一門 - 1名
  • 立浪一門 - 1名
  • 貴乃花グループ - 1名

2012年1月の理事選では、初めて立候補者による立会演説会を投票開始前に行った。しかし、談合の体質は変わらず、引き続き協力関係にある時津風一門から高砂一門へ1名分の枠が譲られる形となったことを除いて、前回と同様に貴乃花グループを排除する方向で事前に談合が行われた。立浪一門では20代春日山(元幕内・春日富士)のみを擁立する方向で調整が行われていたが、現職理事である10代友綱(元関脇・魁輝)と9代伊勢ヶ濱(元横綱・旭富士)も立候補を届け出たため、立候補者数が史上最多の12名となったものの、9代伊勢ヶ濱は投票直前に立候補辞退を申し出た(立候補取り下げは認められなかったが、立会演説会にも参加せず得票数は0であった)ため、実質11名の立候補者による理事選挙となった。開票の結果、貴乃花が自グループの票に加えて、時津風一門から3票・立浪一門から1票を得て再び当選を果たし、9代伊勢ヶ濱の辞退を得てもなお立浪一門の票を固められなかった10代友綱は落選した。理事の勢力は以下のようになった。

  • 出羽海一門 - 3名
  • 二所ノ関一門 - 2名
  • 時津風一門 - 1名
  • 高砂一門 - 2名
  • 立浪一門 - 1名
  • 貴乃花グループ - 1名

なお、この2012年理事選では、7代立浪(元小結・旭豊)が一門の意向に反して貴乃花に投票したことを表明し、同年5月に立浪一門を離脱して後に貴乃花グループへ合流した。それに伴い、立浪一門は「春日山・伊勢ヶ濱連合」と改称した後、同年9月に春日山部屋の先代の師匠で現役理事の16代(元幕内・春日富士)が日本相撲協会を退職したことに伴い、一門名を「伊勢ヶ濱一門」へと再び改称した。16代雷の後任理事には、2013年1月に伊勢ヶ濱一門の9代伊勢ヶ濱が無投票で選出されて就任した。

2014年1月に行われた理事候補選[3]は、日本相撲協会が公益財団法人へ移行してから初の理事候補選挙となり、定数10名に対して11名が立候補を表明した。前回の理事選で3名が立候補した伊勢ヶ濱一門が9代伊勢ヶ濱と10代友綱の2名を擁立した以外は、特に前回の選挙と人数の枠組みは変わらなかったものの、前回と同じく立候補者2名を擁した高砂一門において、協会事業部長を務める現職理事の13代九重(元横綱・千代の富士)が一門内外の票を固めることができずに5票で落選し、元理事である伊勢ヶ濱一門の10代友綱が7票を獲得して当選した。理事長に次ぐ地位となる現役の事業部長が理事選挙で落選するのは旧法人時代を含めて初めてのこととなった。理事の勢力は以下のように変化した。

  • 出羽海一門 - 3名
  • 二所ノ関一門 - 2名
  • 時津風一門 - 1名
  • 高砂一門 - 1名
  • 伊勢ヶ濱一門 - 2名
  • 貴乃花グループ - 1名

2016年1月に行われた理事候補選は定数10名に対して11名が立候補し、4回連続の選挙となった。前回選挙で当選した3名全員が死亡または停年退職を控えた不出馬となったため理事が総入れ替えとなった出羽海一門からは初めて4人が擁立され、他の一門は前回の当選者数と同数を擁立した。この結果、伊勢ヶ濱一門から初当選を目指して立候補した新人の13代高島(元関脇・高望山)が落選し、最大派閥の出羽海一門が理事の人数を4人に増やす結果となった。理事の勢力は以下のように変化した。

一門の一覧[編集]

一門名 部屋数 総帥 現役の筆頭力士 備考
出羽海一門 11 11代出羽海(前2・小城ノ花 大関・豪栄道豪太郎境川部屋 3系統の部屋の集合体。
二所ノ関一門 8 12代二所ノ関(大関・若嶋津 横綱・稀勢の里田子ノ浦部屋 部屋数は一番多く、戦後全ての世代で看板力士を輩出している。
時津風一門 10 16代時津風(前3・時津海 横綱・鶴竜井筒部屋 1945年、伊勢ヶ濱一門より独立した双葉山により結成。4つの系譜の部屋による連合体。
高砂一門 5 7代高砂(大関・4代朝潮 関脇・隠岐の海八角部屋 明治初期に創設された高砂部屋を起源に持つ。後に九重部屋の加入により2系統になる。
伊勢ヶ濱一門 6 9代伊勢ヶ濱(横綱・旭富士 横綱・白鵬宮城野部屋
横綱・日馬富士伊勢ヶ濱部屋
もとは4系統の部屋の集合体。現在は2系統が存在する。
貴乃花一門 5 一代貴乃花(横綱・貴乃花 前1・大砂嵐大嶽部屋 2010年、二所ノ関一門より独立、「貴乃花グループ」として創設。2014年に正式に「一門」に昇格。

無派閥[編集]

高田川部屋は前述の経緯を経て無所属となっていたが、8代高田川(元大関・前の山)は各一門から支持票を集め、14代時津風(元大関・豊山)が理事長を務めた2期(1998年~2002年)にわたり理事を務め、二所ノ関一門の二子山部屋の力士で、引退後に二子山部屋を継承した貴乃花との確執で貴乃花部屋を離れた16代千田川(元関脇・安芸乃島)を、自らの部屋に迎え入れた。

8代高田川の定年退職に伴い高田川部屋を継承した16代千田川改め9代高田川は、2010年に貴乃花部屋が二所ノ関一門を離れたことで、自らの出身である二所ノ関一門に復帰することへの支障がなくなり、2011年1月17日付で二所ノ関一門へ加入した。

貴乃花グループが一門に変更されたことにより、現在は無派閥の部屋は存在しない。

かつて存在した一門[編集]

大正時代から昭和戦前にかけて、雷一門が存在した。詳細は雷部屋#雷一門を参照のこと。

脚注[編集]

  1. ^ 『相撲』2012年3月号94頁
  2. ^ このうち1名については、立浪一門の5代安治川(元幕内・光法宮城野部屋所属、安美錦(立浪一門・伊勢ヶ濱部屋所属)からの借株)がマスコミに対して事実を公表し、その責任を取って日本相撲協会を退職する意向を表明したものの、一門からの慰留を受けて後に撤回している。また、2010年4月20日には、立浪一門が貴乃花への投票者として7代立浪(元小結・旭豊)を特定し、7代立浪は事実を否定するものの、後に立浪一門を脱退し貴乃花グループ(現・貴乃花一門)へ移籍した。『週刊新潮』2010年5月27日号では二所ノ関一門の大関・琴光喜が貴乃花に投票したと報じられている。
  3. ^ 公益財団法人以降後は評議員会によって全ての理事が選任されるため、その候補を選ぶ形に変更された。