安念山治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
安念山 治 Sumo pictogram.svg
Annenyama Osamu (Haguroyama Sojō) 1961 Scan10009.JPG
基礎情報
四股名 安念山 治
本名 安念 治
愛称 立浪四天王・えびすこ横綱
生年月日 (1934-02-23) 1934年2月23日(83歳)
出身 北海道上川郡下川町
身長 181cm
体重 111kg
BMI 33.88
所属部屋 立浪部屋
得意技 左四つ、下手投げ、突き落とし[2]
成績
現在の番付 引退
最高位 関脇
生涯戦歴 544勝506敗1分30休(74場所)
幕内戦歴 428勝427敗1分29休(59場所)
優勝 幕内最高優勝1回
幕下優勝1回
殊勲賞3回
敢闘賞1回
データ
初土俵 1950年1月場所[1]
入幕 1954年5月場所[1]
引退 1965年3月場所[1]
備考
金星10個(千代の山雅信3個、栃錦清隆4個、若乃花幹士2個、朝潮太郎1個)
2015年9月1日現在

安念山 治(あんねんやま おさむ、1934年2月23日 - )は、北海道上川郡下川町出身の元大相撲力士。本名は安念 治(あんねん おさむ)[1]

来歴[編集]

誕生~三役昇進[編集]

1934年2月23日北海道上川郡下川町で農家を営む家に五男として生まれる。下川町立下川中学校を卒業後は家業を手伝っていたが、1949年の夏に羽黒山政司照國萬藏の一行が名寄市へ巡業へやってきた際に見に行ったところ、旭川市立浪部屋で地方世話人を担当していた人物から勧誘され、立浪部屋へ入門、1950年1月場所において初土俵を踏んだ。入門はあくまで自分の強い医師によるものであると、入幕後に語っていた[3]

初土俵の番付外の取組で8戦全敗した[1]が、翌場所は番付に名前を掲載してもらった。1957年に行われた北の洋との対談では記者から番付外での8戦全敗を「日本記録」とからかわれている。新弟子時代の安念山は稽古場でもすぐに転がされるほど弱く、当初は入門したてで同じザンバラの兄弟子にも軽くやられるありさまであり、三段目昇進を目標にするほど期待薄であることを自認していた。それでも初土俵から2場所目に番付に掲載してもらったことで励みになったという[3]。以降、均整の取れた骨太の体格で腕力や足腰が強いことから順調に出世し、1953年9月場所で新十両昇進、1954年5月場所で20歳の若さで新入幕を果たした[1]1957年5月場所では新小結の場所でありながら13勝2敗で幕内最高優勝を果たしたため、すぐにでも大関昇進は果たせると周囲から期待されていた[1]。この場所千秋楽の房錦戦は、気負う房錦を組み止めながら再三の下手投げに苦戦したが、最後は土俵際で左からの下手投げに仕留めた[4]。同年は年間最多勝を争う力士としても注目された(年間5場所で45勝)[5]。この場所の幕内最高優勝は一部ではまぐれ扱いされることもあったと、本人が相撲雑誌の記事で漏らしていた[3]。新小結で幕内最高優勝を果たしただけでは流石に昇進は不可能だったが、1959年11月場所では兄弟子で新大関・若羽黒朋明が13勝2敗で初の幕内最高優勝、安念山も12勝3敗の好成績で、1960年1月場所では若羽黒が綱取り、安念山は大関取りとして注目された場所だった。しかし、この場所では若羽黒が7勝8敗と負け越し、安念山も8勝止まりと期待に応えられなかった。さらに、大鵬幸喜との対戦は通算で21戦全敗で当時の最多記録[6]となっていたことも響き、結果的に大関昇進は果たせなかった。調子が良くても悪くても、現代的な甘いマスクと筋肉質の身体で女性に人気が高く、若羽黒・安念山・北の洋昇時津山仁一の4人は「立浪四天王」と称された。

現役引退~部屋継承[編集]

若羽黒とは立浪部屋の後継者を巡る問題でも争った。1959年立浪の長女・千恵子と結婚し、1961年7月場所からは師匠の現役名「羽黒山」を継承して正式に後継者となった[1]。結婚の詳しいいきさつは、立浪の後援者の一人に大谷重工業社長で元幕下鷲尾嶽の大谷米太郎がおり、大谷や部屋付き親方の玉垣が話を持ちかけて交際を開始、1月に交際が報じられて10月6日に挙式した[7]。結果的には若羽黒との後継者争いを制した形となったが、実際には交際が始まった時点で若羽黒には別に意中の人がいた模様であり、立浪夫人曰く、千恵子をめぐっての取り合いのようなものはそもそも無かったという[7]。1956年の暮れの時点ではもうすでに立浪は安念山を後継者候補として見ていた[8]

四股名継承後は勝ち越しの場合は2桁勝利を収めるものの、負け越した場合は2桁黒星を喫するなど思うような相撲が取れず、さらに右膝の負傷によって1965年3月場所の番付に名前を残したまま現役を引退、年寄・追手風を襲名した。しかし、1969年10月14日に立浪が亡くなると、同時に立浪部屋を継承した[1]。部屋継承直後の1970年には、早くも日本相撲協会の理事に当選するなど、親方・師匠としての手腕も期待されていた。部屋の師匠としては先代から継承した旭國斗雄を大関へ、黒姫山秀男を関脇へ昇進させるなど関取を順調に輩出していったが、後に続く直弟子がなかなか昇進せず、1979年の旭國、1982年の黒姫山引退後は部屋の勢いが下降していった。特に1982年11月場所に黒姫山が引退すると関取が不在という事態になった[9]

双羽黒騒動[編集]

旭國と黒姫山という、立浪部屋の名力士が相次いで引退したことで部屋の勢力が下降していくなか、立浪は入門当初から大器と言われていた北尾光司に部屋再興の希望を託した。北尾は入門前から恵まれた体格で、中学生でありながら立合いで相手を突き飛ばし、高校生相手でも負けなかったことで全国的には無名だったが角界では有名だった。北尾の指導者が立浪部屋の後援会員であることから毎年の夏休みに部屋へ泊まり込んで稽古を行い、その縁で北尾は中学を卒業して入門した。その努力が実を結んで1986年7月場所後に横綱昇進を果たした[10][11][12]。北尾は横綱昇進後、四股名を「双羽黒[13]」と改名した。1987年12月27日、双羽黒はちゃんこの味付けを巡って立浪と大喧嘩し、仲裁に入った部屋の女将を突き飛ばし「二度と戻らない」と言って部屋を飛び出す騒動を発生させた。双羽黒が友人宅へ逃げ込んでいる最中、立浪は日本相撲協会へ双羽黒の廃業届を提出した。これを受けて日本相撲協会は4日後の大晦日に臨時の理事会を開催、双羽黒の廃業を決議・発表した[14]

この騒動で「(双羽黒は)破門にするべき」との声も出ていたが、当時24歳の青年だったことで恩情的に「廃業」扱いされた。それでも「双羽黒の廃業=(事実上の)破門」だったことは立浪自らが後年になって認めており、双羽黒も自身の著書で明かしている。他方では、緊急理事会を終えた騒動を伝えるニュースのインタビューで、春日野は立浪に対してかなり突き放したコメントを残しており、立浪の相撲部屋の経営方針や指導法に関しても多方面から批判が集中した。

騒動後の立浪部屋[編集]

双羽黒の電撃廃業から2年後、アマチュア横綱・山崎直樹日本大学)が立浪部屋へ入門した。山崎は後に貴闘力忠茂との取組で合計36発にも及ぶ張り手合戦を繰り広げるなど闘志を全面に出す力士として活躍する。山崎の入門によって部屋も自宅8階ビルへ移転、その山崎が「大翔山」と改名して関取昇進を果たすと、双羽黒廃業騒動によって落ち込んだ部屋の活気が盛り返した。さらに大翔鳳昌巳智乃花伸哉大日ノ出崇揚といった、後に1990年代の幕内で活躍する学生相撲出身者が相次いで入門した[9]。ところが、部屋が学生相撲出身力士で占められ、一から育成せずに済む「幕下付出制度」が適用される者へ依存するようになり、他方から「立浪は力士潰し」「力士を『人』として育成できない親方」と批判を浴びた[要出典]。事実、双羽黒廃業後に立浪が育成した力士で前相撲から幕内へ昇進した力士は立洸熊五郎のみである。

1997年には、文部省からスポーツ功労者として受賞している。

停年退職後[編集]

1995年には、大島部屋に所属していた旭豊勝照を長女の婿養子に迎えて養子縁組を結び、1999年の停年退職と同時に、旭豊に部屋を継承させた。しかし、継承直後から部屋の経営方針や指導に関する意見の違いで対立が目立ったことから、停年退職後も部屋の稽古場に監視カメラを設置して指導方法に口出しするようになった。挙げ句の果てには旭豊の引退相撲において、その収益を妻と共に持ち逃げしたことで旭豊本人へ届いたのは税金の督促状のみという事態を引き起こし、これに怒った旭豊は養子縁組を解消、離婚へ繋がった。先代立浪は、「親方株の譲渡代金」として旭豊に対して1億7500万円の支払いを求める民事訴訟を起こし、一審では勝訴したものの控訴審で逆転敗訴し、最高裁での上告も棄却された[15]。旭豊はこの騒動によって部屋を移転させ[9]、かつて双羽黒から暴行を受けて脱走騒ぎを起こしたと報じられた羽黒海憲司[16]の要請で、立浪部屋のアドバイザーとして元双羽黒の北尾光司を招聘した。部屋付きアドバイザー就任後の北尾は安念山に対する態度を軟化させており、光文社のインタビューでは自ら安念山との確執について「若さ故の未熟さ」と語っており反省の様子を見せていた。[17]

人物[編集]

戦後直後から高度経済成長期にかけて活躍した力士で、均整のとれた骨太の体格、強い足腰と腕力で相手を倒す正攻法の取り口である。筋肉質の体格と甘いマスクで女性ファンから人気があり、新入幕から約10年に渡って幕内に在位し続けていた。

得意とする左四つからの下手投げ栃錦清隆千代の山雅信に強く、通算獲得金星10個のうち、7個を二人から奪っているが、大鵬幸喜には通算で21戦全敗と全く歯が立たず、同じ横綱でありながら栃錦・千代の山に強くても大鵬に全く勝てない不思議な戦績が残っている。相手の力を利用する安念山に対して慎重に攻める大鵬の力を、うまく利用して相撲を取ることが出来なかったものと思われる。

エピソード[編集]

  • あまりの稽古熱心さから、1952年の夏に名寄町の巡業では大雨の中で「今日はなんぼでも土俵が空いておるぞ」と稽古をしていた。ところが途中で先乗りの親方から注意されて慌てて稽古を切り上げたものの、近所の銭湯で入浴中に風邪と腸チフスを併発して倒れ、10日間も生死の境を彷徨った。立浪が現役であったころは高い気力と体力を買われて嫌というほど胸を出してもらった[3]
  • 北の洋を非常に尊敬しており、関取昇進後は明荷を常に北の洋のそれの隣に置いていた。先代立浪親方(羽黒山)が亡くなり自身が立浪部屋を継承する際にも「武隈親方(北ノ洋)がいれば大丈夫だ。」と言う程であった。北の洋のことは「北関」と呼んでいた[3]
    • 新弟子時代から幕下の頃まで北の洋の付き人を行っていた。北の洋曰く、厄介になったのは自身のほうであり、安念山は新弟子の模範生であったと振り返る。1957年の時点では北の洋の方が安念山の後輩であるかのように感じるほど安念山を一目置いていた[3]
  • 頑固な性格の立浪と北の洋曰く「近代的な紳士」の安念山は正反対の性格であり、安念山は立浪への怒られ役であった[3]
  • 美空ひばり忌野清志郎は生前、安念山の大ファンだった[要出典]

主な成績[編集]

  • 通算成績:544勝506敗1分30休 勝率.518
  • 幕内成績:428勝427敗1分29休 勝率.501
  • 現役在位:74場所
  • 幕内在位:59場所
  • 三役在位:21場所(関脇14場所、小結7場所)[1]
  • 三賞:4回
    • 殊勲賞:3回(1957年5月場所、1958年7月場所、1959年11月場所)
    • 敢闘賞:1回(1958年11月場所)
  • 金星:10個(千代の山雅信3個、栃錦清隆4個、若乃花幹士2個、朝潮太郎1個)
  • 各段優勝
    • 幕内最高優勝:1回(1957年5月場所)
    • 幕下優勝:1回(1953年5月場所)

場所別成績[編集]

   

安念山 治
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1950年
(昭和25年)
西 番付外
0–8 
x 西 序ノ口 #6
7–7–1 
x 西 序二段 #17
10–5 
x
1951年
(昭和26年)
東 序二段 #1
9–6 
x 西 三段目 #23
10–5 
x 東 三段目 #10
9–6 
x
1952年
(昭和27年)
東 幕下 #31
10–5 
x 東 幕下 #19
8–7 
x 西 幕下 #12
7–8 
x
1953年
(昭和28年)
西 幕下 #12
8–7 
東 幕下 #8
5–3 
西 幕下 #5
優勝
7–1
x 東 十両 #17
7–8 
x
1954年
(昭和29年)
西 十両 #17
10–5 
東 十両 #4
9–6 
東 前頭 #20
9–6 
x 西 前頭 #12
8–7 
x
1955年
(昭和30年)
西 前頭 #11
8–6–0
(引分1)
 
東 前頭 #8
9–6 
西 前頭 #2
8–7
x 西 前頭 #1
6–9
x
1956年
(昭和31年)
東 前頭 #4
7–8 
東 前頭 #4
7–8 
西 前頭 #4
8–7
x 西 前頭 #4
5–10 
x
1957年
(昭和32年)
東 前頭 #6
8–7 
東 前頭 #4
9–6
西 小結
13–2
x 西 関脇
9–6 
西 張出関脇
6–9 
1958年
(昭和33年)
東 前頭 #1
5–10 
西 前頭 #5
10–5
西 関脇
2–13 
西 前頭 #4
11–4
西 関脇
5–10 
東 前頭 #2
10–5
1959年
(昭和34年)
東 小結
4–11 
西 前頭 #3
6–9 
東 前頭 #8
10–5 
西 前頭 #1
9–6 
西 小結
8–7 
西 張出関脇
12–3
1960年
(昭和35年)
東 関脇
8–7 
西 関脇
6–9 
西 前頭 #1
8–7
東 前頭 #1
10–5 
西 張出関脇
8–7 
西 張出関脇
7–8 
1961年
(昭和36年)
西 小結
8–7 
西 小結
5–10 
西 前頭 #2
10–5
西 張出関脇
7–8 
西 張出小結
9–6 
西 張出関脇
8–7 
1962年
(昭和37年)
東 張出関脇
10–5 
東 関脇
8–7 
東 張出関脇
5–8–2[18] 
西 前頭 #2
2–7–6[19] 
東 前頭 #9
9–6 
東 前頭 #3
8–7 
1963年
(昭和38年)
西 小結
2–13 
西 前頭 #7
10–5 
東 前頭 #2
2–13 
西 前頭 #12
11–4 
東 前頭 #2
5–10 
東 前頭 #7
10–5 
1964年
(昭和39年)
東 前頭 #1
6–9 
東 前頭 #4
4–11 
西 前頭 #6
7–8 
東 前頭 #7
5–10 
東 前頭 #12
9–6 
西 前頭 #8
8–5–2[20] 
1965年
(昭和40年)
東 前頭 #5
1–10–4[21] 
西 前頭 #14
引退
0–0–15
x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 安念 治(あんねん おさむ):1950年1月場所 - 1951年3月場所
  • 安念山 治(あんねんやま おさむ):1951年5月場所 - 1960年3月場所、1962年5月場所
  • 安念山 宏( - ひろし):1960年5月場所 - 1962年3月場所
  • 羽黒山 宏(はぐろやま ひろし):1962年7月場所 - 1963年1月場所
  • 羽黒山 昇( - のぼる):1963年3月場所 - 1964年3月場所
  • 羽黒山 礎丞(- そじょう):1964年5月場所、1964年9月場所 - 1965年3月場所
  • 羽黒山 礎亟(- そじょう)1964年7月場所

年寄変遷[編集]

  • 追手風 治(おいてかぜ おさむ):1965年3月 - 1969年11月
  • 立浪 治(たつなみ - ):1969年11月 - 1999年2月22日(定年退職)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p24
  2. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p12
  3. ^ a b c d e f g ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p56-59
  4. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p44
  5. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p54
  6. ^ 敗者が幕内最高優勝経験者という条件を付ければ現在でも最多記録である。
  7. ^ a b #小川 p.153
  8. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p55
  9. ^ a b c ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p12-13
  10. ^ 北尾の横綱昇進については、横綱審議委員会の席において稲葉修だけが「(北尾は)身体は文句なしだが精神面に問題、というか『甘さ』がある。それに(幕内最高)優勝が一度も無いのに(横綱へ)昇進させるのは如何なものか」と最後まで反対意見を述べていた。最終的には横綱昇進が賛成多数で決定したが、稲葉の指摘は後の廃業騒動で立証された形となった。
  11. ^ 幕内最高優勝が一度も無いまま横綱へ昇進した力士は北尾以前にも源氏山大五郎照國萬藏がいるが、この2名は横綱昇進後に優勝を果たしている。
  12. ^ 当時は横綱が千代の富士貢しかおらず、日本相撲協会が「一人横綱状態」を早期に解決したかったことと、同時期に北勝海信芳の大関昇進が決定的で、北尾を据え置きにすれば「1横綱6大関」という非常にバランスの悪い番付となってしまうためである。その後、1横綱6大関は2012年5月場所で発生した。
  13. ^ 立浪部屋が生み出した双葉山定次・羽黒山政司に因んで春日野理事長が命名した。
  14. ^ 【今日は何の日?】横綱・双羽黒が失踪sportiva 2011年12月27日
  15. ^ 先代「立浪」の敗訴確定 親方株譲渡代金めぐる訴訟共同通信 2004年7月9日
  16. ^ 当時の四股名は「立田仲」、現在は世話人へ転向し、2013年現在でも日本相撲協会に在職している。
  17. ^ 第60代横綱 双羽黒光司 光文社
  18. ^ 右大腿部打撲により13日目から途中休場
  19. ^ 第6頚椎捻挫により9日目から途中休場
  20. ^ 右膝関節捻挫により13日目から途中休場
  21. ^ 右膝動揺関節右内側側副靭帯損傷により5日目から途中休場、10日目から再出場

参考文献[編集]

  • 小川武「二人の愛弟子の朗報 立浪初枝夫人の巻」、『相撲』1959年第12号、ベースボール・マガジン社、1959年、 152-153頁。

関連項目[編集]