鳴戸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鳴戸(なると)とは日本相撲協会年寄名跡の1つである。14代が名跡変更して以降は暫く協会預かりとなっていた時期がある。

鳴戸の代々[編集]

「○代目」の太字は部屋持ち親方。

代目 引退時しこ名 最高位 現役時の所属部屋 襲名期間 備考
初代 ? --- ---
2代 大橋彦五郎 --- ---
3代 高濱松之助 --- ---
4代 縄張綱右エ門 --- ---
5代 縄張綱右衛門 --- ---
6代 縄張綱右エ門 --- ---
7代 鏡川正光 前2 友綱部屋 1914年1月-1927年5月(廃業)
8代 太刀光電右エ門 大関 友綱-東関-高砂部屋 1927年10月-1951年5月(廃業)
9代 大岩山大五郎 前9 立浪部屋 1954年3月-1980年12月(死去)
10代 貴ノ花利彰 大関 二子山部屋 1981年1月-12月 12代藤島に名跡変更
11代 大剛健嗣 前11 花籠部屋 1982年3月-1983年4月 借株、10代不知火に名跡変更
12代 若獅子茂憲 小結 二子山部屋 1983年4月-1986年1月 借株、6代峰崎に名跡変更
13代 隆の里俊英 横綱 二子山部屋 1986年1月-2011年11月(死去)
14代 隆の鶴伸一 前8 鳴戸部屋 2011年11月-2013年12月 16代田子ノ浦に名跡変更
15代 琴欧洲勝紀 大関 佐渡ヶ嶽部屋 2015年2月-

関連項目[編集]