日本相撲協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
公益財団法人日本相撲協会
Japan Sumo Association
両国国技館
両国国技館
団体種類 公益財団法人
設立 2014年1月30日
所在地 東京都墨田区横網一丁目3番28号
法人番号 4010605000084 ウィキデータを編集
起源 東京大角力協会
主要人物 理事長 保志信芳(八角信芳
事業部長 中山浩一 (尾車浩一
総合企画部長 青木康(芝田山康
活動地域 日本の旗 日本
活動内容 日本国内における相撲興行
活動手段 本場所巡業興行
収入 114億6,040万3,612円(経常収益・2015年12月期)
基本財産 95億7,236万476円(2015年12月31日現在)
子団体 相撲博物館
ウェブサイト 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

公益財団法人日本相撲協会(にほんすもうきょうかい、英語: Japan Sumo Association)は、大相撲興行の幕内最高優勝者に対して「摂政宮賜杯」(のちの天皇賜杯)を授与するために1925年財団法人として設立され、2014年公益財団法人に移行した相撲興行団体である。公益法人としての法人格の取得及び維持のため、相撲競技の指導・普及、相撲に関する伝統文化の普及を定款上の目的としている。

概要[編集]

日本相撲協会は、公益法人でありながら、営利的かつ職業的な相撲興行を全国規模で開催している唯一の法人である。公益財団法人に移行する前は、文部科学省スポーツ・青少年局競技スポーツ課所管[1]特例財団法人であった。通称「相撲協会」。日本国外のメディアでは「Japan Sumo Association」およびその略称のJSAが使われる。

定款第3条(目的)には、「この法人は、太古より五穀豊穣を祈り執り行われた神事(祭事)を起源とし、我が国固有の国技である相撲道の伝統と秩序を維持し継承発展させるために、本場所及び巡業の開催、これを担う人材の育成、相撲道の指導・普及、相撲記録の保存及び活用、国際親善を行うと共に、これらに必要な施設を維持、管理運営し、もって相撲文化の振興と国民の心身の向上に寄与することを目的とする。」との定めがあり、この建前に基づき、青少年・学生への相撲の指導奨励[注 1]相撲教習所の維持運営、国技館の維持運営、相撲博物館の維持運営などをしているものの、主な事業は、本場所巡業興行である。構成員は、年寄力士行司呼出床山若者頭および世話人などである。

公益法人としての適格性については、公益事業として相撲の指導普及を図るため指導普及部を設置し、指導普及部一般会員の進級試験も行っているものの、「興行に拘りすぎて、財団法人としての責任義務を果たしていないのではないか」という意見が多数ある。また、公益法人制度改革に関する有識者会議においても、法人の公益性の存在について疑義が提示された[2]

2020年3月6日の理事会で、内閣府公益認定等委員会から組織ガバナンスの是正を求める命令を受ける状況から、協会は加盟継続が適切でないと独自に判断し、日本プロスポーツ協会からの脱退を決定[3]

沿革[編集]

母体は東京に本拠を置いた「東京大角力協会」であり、その起源は江戸時代に遡る。下記以外の歴史については、『大相撲の歴史』を参照。

  • 1925年12月9日 - 時事通信社が「東京大相撲協会が財団法人大日本相撲協会に組織替え」と報道(当時の正式名称は「東京大角力協会」)。
  • 1925年12月28日 - 財団法人大日本相撲協会設立が許可される。
    当時摂政皇太子であった昭和天皇の台覧のおり下賜された奨励金から「摂政宮賜杯」(のちの天皇賜杯)をつくったが、興行主に過ぎない団体が菊花紋章の入った優勝杯を使用するわけにはいかず、財団法人設立の許可を受けた。この許可も、そもそも団体の存在に公益性がないことからどうやら難しそうだと見て、あえて年末に申請して強引に許可を受けたという裏話が残っている。
  • 1927年1月5日 - 大坂相撲協会が解散し、大日本相撲協会に合流して、東西大相撲が合併。
  • 1927年1月7日 - 新しい番付を発表(1925年から1926年にかけて行われた東西連盟大相撲の成績をもとに作成)
  • 1927年1月8日 - 役員改選し、会長には福田雅太郎陸軍大将)が就任。
  • 1928年1月 - 大日本相撲協会に改称。
  • 1966年4月1日 - 財団法人大日本相撲協会から財団法人日本相撲協会に改称(文部省関係許可認可等臨時措置令施行規則の一部を改正する省令(昭和41年文部省令第6号))。
  • 2014年1月28日 - 公益財団法人の認定を受ける[4]
  • 2014年1月30日 - 財団法人日本相撲協会から公益財団法人日本相撲協会に改称。

役員[編集]

公益財団法人となったため、役員の規定が大きく変わった。

評議員[編集]

  • 定款第12条に基づき、評議員の定数は5名以上7名以内(総数の過半数は外部有識者)。
    • 力士経験者からも3名以内が評議員として選出されるが、理事の選任や解任など強い権限を持つため年寄との兼務が認められておらず、現役年寄が選任された場合は評議員就任ともに年寄株を持ったまま年寄をいったん退任する[5]。したがって理事以下の役職には就かず、番付をはじめ相撲協会のHPにも本名で記載される。2014年3月場所の番付では、当時の評議員大徹忠晃巌雄謙治大竜忠博(いずれも現役時代の四股名)の3名が、本名で記載された。その後も異動(辞任、新任)が番付に反映された。ただし、2018年3月26日の評議員会で新たに選任された力士出身の評議員は3人とも現役の年寄ではなかった[6]
  • 任期は、選任後4年以内に終了する事業年度のものに関する定時評議員会の終了の時まで。すなわち、2018年3月~2022年3月(予定)開催の評議員会まで。
氏 名 肩 書 備 考
外 部 海老沢勝二 日本放送協会会長
第11代横綱審議委員会委員長
元日本相撲協会外部理事
評議員会議長[7]
池坊保子 文部科学副大臣
瀧野欣彌 内閣官房副長官
木村惠司 三菱地所会長
力士出身者 森田武雄 元関脇・藤ノ川武雄
元日本相撲協会理事
石田佳員 元関脇・鷲羽山佳和
元日本相撲協会理事
小塚一 元前頭2枚目・朝乃翔嚆矢

理事・副理事[編集]

理事は、年寄から選ばれる理事候補と、外部から選ばれる理事候補から、評議員会によって任命される。定員は10名から15名の間。年寄からの理事候補は、全年寄による単記無記名の投票によって選出される。(以前の財団法人時代には、現役力士代表と立行司にも選挙権があったが、公益財団法人移行にともない、力士と行司の選挙権はなくなった)

理事会は互選で理事長(代表理事)を選出する。年寄からの理事で、理事長以外の理事が業務執行理事となる。

また、副理事は年寄による選挙により、年寄の中から副理事候補が選出され、理事会で任命される。

監事[編集]

監事は外部有識者2名から3名が、評議員会で任命される。

現在の役員[編集]

2020年4月16日現在

  • 太字は理事長経験者
役職 氏名 肩書(内部理事は年寄名と現役時代の四股名) 備考
理事長 保志信芳 八角信芳(第61代横綱・北勝海信芳 高砂一門

事業部長 中山浩一 尾車浩一(大関・琴風豪規 二所ノ関一門
コンプライアンス部長
危機管理部長
全国維持員会会長
博物館運営委員
指導普及部長 黒谷昇 鏡山昇司(関脇・多賀竜昇司 時津風一門
生活指導部長
博物館運営委員
地方場所部長(福岡) 小林秀昭 境川豪章小結両国梶之助 出羽海一門
巡業部長 綛田清隆 春日野清隆(関脇・栃乃和歌清隆 出羽海一門
監察委員長
警備本部長
地方場所部長(名古屋) 小岩井昭和 出羽海昭和2・小城乃花昭和 出羽海一門
広報部長 青木康 芝田山康(第62代横綱・大乃国康 二所ノ関一門
総合企画部長
博物館運営委員
地方場所部長(大阪) 蓬田光吉 高島大造(関脇・高望山大造 伊勢ヶ濱一門
審判部長 杉野森正也 伊勢ヶ濱正也(第63代横綱・旭富士正也 伊勢ヶ濱一門
新弟子検査担当
教習所長 坂爪忠明 花籠忠明(関脇・太寿山忠明 二所ノ関一門
審判部長(編成担当)
新弟子検査担当
(外部理事) 山口壽一 読売新聞東京本社代表取締役社長
今井環 日本放送協会理事
高野利雄 名古屋高等検察庁検事長
監 事 岡部観栄 高野山高等学校校長
高野山真言宗興山寺住職
梶木壽 広島高等検察庁検事長
福井良次 総務省総務審議官

2020年3月25日現在、出羽海一門が理事を3名出している一方、時津風一門、高砂一門の理事はそれぞれ1名だけである。現役時代の最高位が「大関」以上の理事は4人で、「前頭」の理事が1人いることも特徴として挙げられる。

理事長[編集]

  • 常ノ花以降の歴代理事長を一門別に分けると、出羽海一門7度、時津風一門2度、二所ノ関一門2度、高砂一門1度となる。また、出羽海一門以外の理事長が就任した場合、全てその前任と後任は出羽海一門の親方となっている。(出羽海一門の親方同士で理事長を交代した例はある)
  • 理事長は初代(陸軍中将)を除きすべて部屋持ち親方、もしくは部屋持ちの経験がある親方で、部屋持ちの経験がない親方が理事長を務めた例はない。理事長在任時に部屋持ちでなかった親方は任期前半の藤島→出羽海秀光(理事長就任時は部屋持ちではなかったが、理事長在任中に出羽海部屋を継承して部屋持ちとなった)、武蔵川喜偉(理事長就任前の出羽海親方時代に部屋持ち経験あり)と任期後半の出羽海智敬→境川尚(理事長職専念のため境川に名跡変更)の3人のみ。
  • 再任経験があるのは北の湖敏満のみ。

歴代理事長[編集]

代数 名前 一門 在職期間 最高位 現役名 備考
初代 廣瀬正徳 1920年1月-1938年9月 陸軍主計中将
2代 藤島秀光→出羽海秀光 出羽海 1944年3月-1957年5月 第31代横綱 常ノ花寛市 自殺未遂により任期途中で退任。
3代 時津風定次 時津風 1957年5月-1968年12月 第35代横綱 双葉山定次 公選初代理事長。任期途中で死去。
4代 武蔵川喜偉 出羽海 1968年12月-1974年1月 前頭筆頭 出羽ノ花國市 唯一の平幕からの理事長就任
5代 春日野清隆 出羽海 1974年2月-1988年1月 第44代横綱 栃錦清隆 二子山が理事長代理
6代 二子山勝治 二所ノ関 1988年2月-1992年1月 第45代横綱 若乃花幹士
7代 出羽海智敬→境川尚 出羽海 1992年2月-1998年1月 第50代横綱 佐田の山晋松
8代 時津風勝男 時津風 1998年2月-2002年1月 大関 豊山勝男
9代 北の湖敏満 出羽海 2002年2月-2008年9月 第55代横綱 北の湖敏満 任期途中で大相撲力士大麻問題の責任を取り辞任
10代 武蔵川晃偉 出羽海 2008年9月-2010年8月 第57代横綱 三重ノ海剛司 任期途中で大相撲野球賭博問題の責任を取り辞任
代行 村山弘義 2010年7月4日-8月5日[注 2] 東京高等検察庁検事長を2000年に退官
11代 放駒輝門 二所ノ関 2010年8月-2012年1月 大関 魁傑將晃
12代 北の湖敏満 出羽海 2012年2月-2015年11月20日 第55代横綱 北の湖敏満 任期途中で死去[8]
代行 八角信芳[9] 高砂 2015年11月21日-12月17日 第61代横綱 北勝海信芳 事業部長による代行。後に正式に理事長に選出された。
13代 八角信芳 高砂 2015年12月18日- 第61代横綱 北勝海信芳
  • 年寄名は就任時
  • 戦前は会長職を置いていた。会長を務めたのは福田雅太郎(1928年1月-1930年5月)、尾野実信(陸軍大将、1930年5月-1939年5月)、竹下勇(海軍大将、1939年5月-1945年11月)。福田も含めすべての会長が陸海軍の大将で、このことはベースボールマガジン社発行の月刊誌「相撲」のコーナーにおいても詰問されたことがあった。ただ、当時軍人をトップに戴いていた組織はそう珍しくはなかった(その後も政治家や高級官僚OBを会長とする法人は珍しくない)。

理事長辞任[編集]

協会組織[編集]

それぞれの長は理事が務め、その指示のもと各年寄が職務に当たる。2以上の部署を兼任する年寄も多い。

職階は従前と同じく、委員、主任、年寄で、理事、副理事でない副部長は役員待遇委員となる。なお、2014年11月より停年退職の年寄が再雇用される際は参与の処遇となって職務を分掌することになった。

  • 相撲教習所
    新たに相撲協会に登録された力士を6ヶ月間指導教育する。
  • 指導普及部
    相撲伝承のため相撲技術の研修、指導普及相撲道に関する出版物の刊行等を行う。公益法人としての公益事業として一般会員の進級試験も担当する。原則として委員以下の年寄は全員所属する。
  • 生活指導部
    協会員の生活指導に当たり、適宜適切な指導を行う。部屋持ち親方は全員所属する。
  • 事業部
    東京での本場所の実施運営を行う。
  • 審判部
    本場所相撲における勝敗の判定及び取組の作成を行う。番付の編成も審判部の所管である。
  • 地方場所部
    大阪、名古屋、福岡の地方本場所の実施運営を行う。
  • 巡業部
    地方巡業の実施運営を行う。
  • 広報部
    国内および海外に対する広報業務を行う。また、映像の撮影、製作、管理を担当する。
  • 社会貢献部
    災害の被災地支援などを行う。[13]
  • 相撲競技監察委員会
    本場所相撲における故意による無気力相撲を防止し、監察、懲罰することを目的とする。
  • 相撲博物館
    主に相撲の研究、相撲資料の展覧・整理・保管および出版物の刊行を行う。国技館に併設されている。館長は協会を退職した横綱経験者が務めるのが通例であり、運営委員が理事・副理事から選任される。
  • 健康保険組合
    日本相撲協会は独自に健康保険組合を運営しており、構成員全員をその組合員としている。主な業務は相撲協会診療所の運営であり、主に構成員の診療にあたるが、一般人の診療も可能である。

財団法人時代の役員[編集]

役員総説[編集]

  • 役職・階級
    • 最高位は理事長である。設立当時の最高位は会長だったが、戦後廃止された。
    • 役職は、理事、副理事(2008年以前は監事)、役員待遇委員、委員、主任、年寄(平年寄ともいう)の6職階に分かれている。なお、役員として監事が職階としてもあったが、法人法制上は理事の監督機関であるはずの監事が、理事である部長の部下の副部長として業務執行に関与するなどの実態が問題視された。そのため、監督官庁である文部科学省の指導により、法制上の監事は、のちに外部登用をしている。それに対し、職階としての監事は「副理事」となった。また、1968年までは理事の上に取締という役職を置き、取締が協会運営の中枢を担っていた。さらに、1959年には主任の上位に参与の職階を制定したが、1996年の音羽山(若ノ海)の停年退職後、参与の任命者はゼロで2007年1月に日本相撲協会寄附行為が改正され一旦廃止された。
      • 力士は、引退後に平年寄(元横綱は引退後5年間、元大関は同様に3年間委員待遇)として指導普及部へ配属され、警備やもぎりなどを担当する。その後の改選時に主任、さらには委員に昇格する。ただし、年寄名跡を所有していない、いわゆる借株の年寄は平年寄に留め置かれ、番付においては、年寄株を所有している他の平年寄より下に置かれる。
  • 定員
    • 役員(理事・副理事)の定数は、寄附行為の定めにより、理事は9名以上13名以内、副理事は3名以内。
  • 任期・選任方法
    • 理事長は理事の互選で定める。
    • 役員(理事・副理事)の任期は2年で、西暦偶数年の1月場所後に選任される。
    • 役員は、評議員(年寄名跡105名以内+一代年寄2名、現役力士4名以内、行司2名以内で構成)の投票による選挙で選出される。現役力士、行司の評議員は、それぞれ力士会、行司会の互選で定める。
      • 現役力士の評議員は、慣例として日本国籍を有する番付上位(横綱・大関)の者が選ばれる。2000年代後半以降は横綱・大関に占める外国人力士の割合が高くなったため、現役力士の評議員は慢性的に4人を割り続けている。2011年7月場所で大関魁皇が引退同年9月場所後に琴奨菊が大関に昇進するまで、該当者がいなくなっていた時期がある。
      • 行司の評議員は立行司がつとめるのが慣例である。
    • 役員(理事・副理事)の立候補・投票制度は、1968年1月の協会機構改革により、確立された。1968年の最初の選挙では、監事候補が4名になったため、投票が行われた(高砂一門の9代若松が落選)が、それ以来、各一門が一門別の評議員(選挙人)に応じて立候補者数を調整し、理事・監事選挙に臨んだため、1970年から1996年までの連続14期・28年間は、全ての理事・監事が無投票で選出されていた。選挙が行われた時期は、1998年2000年2002年2010年2012年2014年の6回である(協会理事と一門)。
      • 1998年の改選の際には、18代間垣(2代若乃花(二所ノ関一門))および8代高田川(前の山太郎(高砂一門を破門))が一門の調整外で立候補し、18代陣幕(北の富士勝昭(高砂一門))が候補から外されたことで協会を退職したため、理事候補者が11人となり、初めて投票による理事選挙が実施された(当時の理事定数は、7名以上10名以内)。
      • 2010年2月の改選の際には、貴乃花が、二所ノ関一門を離脱して、調整外で立候補することを表明。定数10に対し、11人が理事に立候補することとなり、2002年以来4期ぶりに理事選挙の投票が実施された。その結果、貴乃花が当選し、現行の役員制度になってから5番目に若い理事となった。
  • 外部役員の導入
    • 時津風部屋力士暴行死事件15代時津風らが逮捕されたことを受け、監督官庁の文部科学省から「外部の識者を相撲協会の理事に迎えて、相撲ファンの声が届くような体制にして戴きたい」と強く指導されたため、協会では寄附行為(企業の定款に相当)を変更するとともに、2008年9月30日、臨時理事会と評議員会を開催し、戦後初めて親方以外から理事2名および監事1名を決定、選任した[14]。同時に、3名の親方が務めていた監事は副理事に名称変更された。
    • また、外部理事及び監事は、番付には記載されなかった。
  • 役員経験者の処遇
    • 理事長経験者は相談役として、理事と同等の待遇を受ける。また、理事経験者や副部長の職責を全うできる者は、役員待遇として副理事と同等の待遇を受けることができる。

理事・監事[編集]

寄付行為により、理事定数は10名以上15名以内(うち年寄7名以上10名以内、外部理事5名以内)、監事定数は3名以内。

理事長以外の理事は各部の部長を務める。監事は、理事会及び評議員会に出席できるものの議決権はない。法律では、財団法人の監事は、「理事の業務執行の状況を監査する」機関である。しかし、監事が外部役員となるまでは、理事の部長に対して、監事は副部長として業務執行に従事するなど、法制度を無視する業務執行が行われ、監事の理事の業務執行に対する監査機能が軽視されていた。

諮問機関[編集]

諮問機関には、横綱審議委員会、運営審議会の2つがある。2007年には先述の時津風部屋における事件を踏まえて有識者を含む「再発防止検討委員会」を発足させた。委員は、協会からは11代伊勢ノ海(委員長)、10代友綱11代秀ノ山10代中村20代桐山9代松ケ根19代千賀ノ浦15代井筒の8親方、外部からは塔尾武夫(日本相撲連盟副会長)、やくみつる漫画家好角家としても知られている)、山口弘典(日本プロスポーツ協会前副会長)、山本浩(元NHK解説委員)。

ガバナンスの整備に関する独立委員会[編集]

日本相撲協会全般の改革を目的として外部有識者からなる。 議決権の無いオブザーバーとして親方や力士も参加する。 2010年7月10日発足。第1回会合は7月16日に開かれた。 委員会のメンバーは、奥島孝康木暮浩明山本浩岡本浩一中島隆信菅原哲朗新田一郎深沢直之前田雅英渡邉美樹森まゆみ

日本相撲協会自立就職支援相談室の設置[編集]

日本相撲協会は、力士引退後の不祥事や、引退間際のトラブル、新弟子入門時の不安解消など、今までの各部屋や師匠任せになっていた力士の引退時のサポートを相撲協会本体で支援するために平成22年9月末日に理事会で承認し、同年10月1日より「日本相撲協会自立就職支援相談室」を設置した。 外部のコンサルティング企業に運営は委託しており、平成23年初場所より引退力士向けのセミナーなどを開催している。

活動内容は関連セミナーの運営、個別相談、インターンシップ先の紹介、民間ハローワークへの紹介など多岐にわたる。

不祥事・騒動[編集]

近年では数々の不祥事が明るみに出て、公益法人としての責任・あり方が問われている。

2007年には「週刊現代」による八百長疑惑報道、時津風部屋力士暴行死事件、第68代横綱朝青龍の無断帰国・巡業休場問題が相次いで発生し世間の注目を集めた(朝青龍は2010年に別の不祥事により引責引退。八百長疑惑については『週刊現代』の出版元である講談社を相手取り、力士・年寄により損害賠償を求める複数の民事訴訟が提起され、2011年2月現在すべて勝訴している)。

2008年8月には、現役力士の大麻所持が発覚。協会の再発防止検討委員会が実施した抜き打ち薬物検査で陽性反応が出て、当時の北の湖理事長が辞職した[注 3]

2010年5月には大関琴光喜野球賭博関与[15]に端を発し、少なからぬ力士が常習的に野球賭博を行っていたことが明るみに出た。さらに同年6月には現役の親方が暴力団幹部に本場所を維持員席(いわゆる「砂かぶり席」)で観戦させていたことが発覚した。

2011年にはそれまで協会が否定しつづけてきた八百長疑惑で、警察によって八百長に関与したとされる力士の携帯電話のメールの存在が明らかとなり、一部力士が関与を認めたとされ、これを受けて相撲協会は史上初めてとなる「不祥事による本場所開催の中止」を決定した。

2017年から2018年にかけては、秋巡業中に第70代横綱・日馬富士による幕内・貴ノ岩への酒席での暴行(日馬富士は引責引退。後に貴ノ岩も付き人に暴行を行い引責引退)、立行司によるセクシャルハラスメント行為の発覚、十両大砂嵐による無免許運転行為(大砂嵐は引退勧告を受け引退)など、協会内における不祥事が相次いだ。2018年春巡業での大相撲舞鶴場所では舞鶴市長の多々見良三が土俵上での挨拶中に倒れ、救命処置のため土俵に上がった女性たちに対し「女性の方は土俵から降りてください」と行司にが複数回アナウンスを行ったことについて[16][17][18][19]、巡業における救命体制の問題点の指摘や女性差別であるとの記事が海外にも配信され、批判を浴びた[20]八角理事長が巡業当日の夜に謝罪[21]、行司は同年7月に辞職している[22]

2019年12月、佐賀市で行われた大相撲の冬巡業の際、インフルエンザと診断された貴源治が、春日野巡業部長の指示により取組を行っていた[23]。この冬巡業ではインフルエンザが流行して発症した力士・親方・裏方が次々離脱しており[24]、同月行われた力士会に出席した尾車事業部長は関取衆の前で「今は冬巡業から東京に戻って来てからだが、福岡で場所前とかに予防接種を受けられるようにしたい」と改善案を示し[25]、現在は11月場所前に接種が行われている。

2020年春以降、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、協会では「新型コロナウィルス感染症対応ガイドライン」[26]を定め、協会員に遵守を求めているが、親方・力士による不要不急の外出といったガイドライン違反がしばしば発覚し、処分を受ける事例が続出する状況となっている(後述)。

相次ぐ暴力行為と暴力行為禁止規定の施行[編集]

2017年に起きた横綱・日馬富士による幕内・貴ノ岩に対する傷害事件を皮切りに、力士による付き人など後輩力士への暴力行為の発覚が相次ぎ、協会は2018年10月25日に「指導名目その他、いかなる目的の、いかなる暴力も許さない」などとする7条にわたる「暴力決別宣言」を発表した[27][28]。しかし、それから間もない11月に、日馬富士の一件では被害者であった貴ノ岩が巡業中に付き人への暴力行為を行ったことが発覚している。一連の暴力行為発覚に対して、協会は同年12月19日の臨時理事会で21条にわたる「暴力行為禁止規定」を定め、同日付で施行した[29][30][31][32]。暴力行為が発覚した場合、協会員に対する処分内容としては、

  1. .横綱の場合は、「横綱は最高位で、社会的責任も大きい(鏡山危機管理部長)」として「引退勧告」以上の厳重な懲戒処分を行う。
  2. .(横綱以外の)関取の場合は、出場停止1場所が一応の基準とし、事案の内容、程度、情状、その関取の番付などを考慮することにより、適切な懲戒処分を行う。
  3. .幕下以下の場合は、事案の内容、程度、情状、番付などにより、出場停止のほか譴責、または懲戒に至らない注意処分なども選択し得ると考える。その力士が未成年者かどうかなど、年齢も重要な要件となる。
  4. .未成年力士については、師匠の指導に付する処分を設ける。
  5. .親方衆(による暴力行為)については、「現役力士以上に厳しく対処する(八角理事長)」としている。

また、暴力再発防止のためのコンプライアンス委員会を新設し、以下の人物が就任した。処分事案と見られる問題が発生した場合、相撲協会はコンプライアンス委員会に詳しい調査と処分意見の答申を依属し、答申に基づいて理事会で処分を決定することとなった。

同時に鏡山危機管理部長に加え、各一門の親方衆から15代出来山(元関脇・出羽の花出羽海一門)、12代西岩(元関脇・若の里二所ノ関一門)、13代勝ノ浦(元幕内・起利錦時津風一門)、13代東関(元幕内・潮丸高砂一門)、5代大島(元関脇・魁輝伊勢ヶ濱一門)を委員に任命し、暴力問題などの通報、相談窓口とした[29]

暴力問題は相撲協会の財政に爪痕を残しており、2018年度の決済で暴力問題再発防止検討委員会が協会員らに行った調査費用に約2億円かかったことなどが明らかになっている。この出費の結果として2017年度より黒字額が約3億4400万円減少している[33]

暴力禁止規定が施行された後も、力士による規定違反(鳴戸部屋[34]宮城野部屋千賀ノ浦部屋)が発生したり、部屋師匠やおかみによるパワハラモラハラとも認識される事案(中川部屋式秀部屋)が発生しており、当事者・関係者が処分を受けている(#過去に処分された力士・親方衆・関係者も参照)。

鳴戸部屋・千賀ノ浦部屋の事案では暴力の加害者である力士が勧告を受けて引退しており、中川部屋の事案では部屋閉鎖となっている。一方、式秀部屋のケースについては、パワハラを行ったおかみ(師匠10代式秀の夫人)が協会との直接の雇用関係が生じていないため[35]、協会は10代式秀夫妻に注意するにとどまり、静観の態度をとっている。部屋付き親方もいないため、事態の改善については10代式秀が健康に留意しつつ取り組むしかなく、制度上の問題が指摘されている[36]

取組における安全対策の問題[編集]

近年、力士の大型化が進んだことで、取組において重傷を負う力士も散見される。

負傷休場した力士に対する救済制度である公傷制度は、北の湖理事長時代の2003年11月場所に廃止された。そのため、関取が幕下以下の地位まで陥落したまま元の番付に戻れなくなることもしばしばみられる。(『公傷制度』の詳細については 公傷制度#歴史を参照)

そんな中、2021年には取組において安全対策が問われる重大な事故が相次いで発生した。1月場所10日目(1月19日)、幕下の湘南乃海朝玉勢の一番で、行司が立ち合い不成立で待ったをかけた。しかし、頭同士がぶつかり、湘南乃海が脳震盪とみられる症状を起こして立ち上がれなくなった。審判団が協議し、本人の意思を確認した後に取組をやり直した[37]が、この判断は危険だったとされ、日本相撲協会は初場所後の理事会で「審判委員は、力士の立ち合いが成立する前に、相撲が取れる状態でないと認めた場合には、協議の上で当該力士を不戦敗とすることができる」と審判規則を一部変更した[38]

3月場所13日目(3月26日)、三段目の響龍は取組中に土俵際ですくい投げを受けた。その際に土俵の俵と土俵の間に頭部が落ちて挟まってしまい、頭部が固定されたかたちで、相手と自身の圧力がかかってしまったのではないかと至近で見ていた関係者は話している[39]。響龍は土俵上でうつぶせのまま動けず、倒れてから約1分後に呼出3人があおむけにした。審判長を務めていた18代放駒はイヤホンマイクを通じてビデオ室に連絡、そこから国技館内の相撲診療所に電話して医師が呼ばれた。約3分後に医師が到着し響龍の状態を確認、担架に乗せ土俵を降りて救急搬送した。一連の対応に約6分以上の時間を要した[40][41]。搬送先の病院に入院し頸椎損傷の疑いで治療が行われていたが、寝たきりの状態が続いて肺血栓塞栓症を発症。事故から約1か月後の4月29日18時20分、急性呼吸不全のため、28歳で死去した[42][43][44]。取組における事故が元の死亡例は極めて異例であり、土俵下に医療関係者を常時待機させていなかったことや事故発生時の協会側の対応などを批判する意見もあった[41]

1月場所と3月場所の事態を受け、協会は5月場所前の5月7日に審判・警備担当の親方、相撲診療所の医師、若者頭や呼出など約60人が参加する応急対応処置講習会を、国技館の土俵周りで行った[45]。講師を務めたのはNPO法人スポーツセーフティージャパン代表の佐保豊(アスレティックトレーナー)[46]で、協会から「救急時にどのように搬送されるべきなのか、教えていただきたい、検証していただきたい」との依頼を受けたと取材に答えている。佐保は「土俵下に医療関係者を常時待機」させることは本場所中の15日間(8時30分頃から18時まで)行うことは現実的ではなく、迅速に医療機関に搬送するべきと判断した。救急であると誰が判断するかの意思統一と判断基準を審判部の親方に指導、搬送の知識や技術は最新の頭部を固定できるストレッチャーの使用法と併せて警備担当の親方に指導(救急隊員3人でも力士は運べないため)、また協会員から実際に起こるさまざまな事故のケースについて具体的な質問を受けてさらに検討を重ねていったという[47][48]

講習会の成果は5月場所よりあらわれている。協会関係者によると、力士がけがをした場合は救護を最優先とし、まず負傷者の搬送にあたる流れとなった。8日目の三段目取組で大翔成が負傷して土俵下に落ちたとき、8日目の幕下取組で小城の浜がひざを痛めて赤房下に落ちたとき、14日目の幕下取組で聖冴が負傷して土俵下に落ちたとき、いずれもすぐに警備担当の親方が駆けつけて1分以内に車いすが用意され迅速な搬送が行われた[48]

また、同年7月21日の定例理事会で安全管理委員会の設置が決まった[49]。本場所や巡業での取組・稽古が安全に行われるための環境整備を行い、事故が発生した際に適切な対応をするため応急処置の訓練・講習会を実施、必要な器具や部品を用意し、最悪の事態を想定した緊急時対応計画の作成を行うという[50][51]

処分[編集]

協会が賞罰規定で取り得る処分には、譴責・給与手当減額(減俸)・出場停止・番付降下(親方衆は降格。降格ができない場合は一定期間昇格見送り)・引退勧告・解雇除名がある。また、賞罰規定にはないが部屋持ちの親方が処分相当となった際に部屋を閉鎖させた(取り潰した)こともある。除名以外は理事会の決議で発動できる。なお、厳重注意は賞罰規定に定められた正式な処分ではない[52]

除名[編集]

除名は旧法財団法人下では協会において最も重い懲罰と位置づけられ、理事会の4分の3以上の賛成で評議員会を招集、さらにその4分の3以上の賛成によって特別決議すると定められていた。

1925年大正14年)に旧法財団法人日本相撲協会が設立された後、旧法財団法人、公益財団法人を通じて除名となった力士・親方はおらず、特に昭和末期以降は確定までの過程が理事会のみと緩い「解雇」によって除名と同等の意味を持たせるケースがほとんどを占める(後述)。戦前には清水川真鶴福住などが除名された例として存在するが、どれも正式な懲戒処分としては認められていない。この内清水川と福住は一定期間を経て処分を解除され、大相撲に帰参した。

しかし、明治時代には運営方法の対立から相撲協会とは別の団体を立ち上げようとした力士数名が除名となり、1873年(明治6年)冬場所の番付の四股名は墨塗りされてしまった[53]。解雇と異なる点として、『週刊ポスト』2012年8月17・24日号では名前や成績などの記録が一切抹消される点が説明されている。

公益財団法人体制では、実務上除名に相当するのは「解雇」となる(後述)。解雇処分ではファンの理解を得られない余程の事態があった場合に評議員会の特別決議で対応する形を取る[54]

解雇[編集]

協会における「解雇」は、一般企業の懲戒解雇諭旨解雇の中間的な形と位置づけられている。理事会において機動的に処理できることから1990年代以降、罪を犯した現役力士や親方衆を協会からの永久追放に付す意味で使われている。

解雇を行う場合、理事会の4分の3の賛成で決議される。養老金勤続加算金(一般企業の退職金に相当)は理事会において支給見送りの付帯決議がなされなかった場合、本人からの請求によって支払われる。特別功労金(一般企業の特別退職金に相当。横綱・大関のみ)は支払われない。

2009年平成21年)に解雇となった若麒麟真一の事例では除名を求める声もあったが外部役員から「養老金を支払わないために(前年の解雇と同様の事例を)除名にするのはおかしい」との指摘があり解雇に落ち着いた。このため協会は寄付行為施行細則を改正し、解雇であっても理事会の付帯決議で養老金の一部または全部を支払わないことができると定められた[55]。ただ、養老金・退職金を受け取る権利を与えられた解雇者であっても若麒麟をはじめ請求しなかった例も多い。

2007年(平成19年)の15代時津風の時は解雇者への養老金支払いについて明文規定がなかったにもかかわらず支払いが凍結されたため裁判に持ち込まれ、結局支払うことで両者が和解した。

引退勧告[編集]

賞罰規定による引退勧告処分は、2014年(平成26年)の公益財団法人化と同時に定められた。強制力のある『解雇』程ではないものの、土俵に上げさせない覚悟もあるという意思を表明すると位置づけられていて、公務員の依願退職に近い形で運用することを期待されている。この形での適用第一号となったのは、2018年(平成30年)の大砂嵐である。

協会には賞罰規定とは別に『故意の無気力相撲に対する懲罰規定』も存在しており、こちらでは以前から「引退勧告」の制度があった。

なお、力士のうち横綱の番付降下は事実上不可能であるため、これに相当する場合には横綱審議委員会が「引退勧告」を行うことができる。

理事会が発動する引退勧告には期限を付けることができ、期日までに引退届が提出されなければ強制力のある解雇処分に切り替えることができる。これに対し横審の引退勧告には強制力がない。

過去に処分された力士・親方衆・関係者[編集]

これまでの処分には以下のものがある。

  年月日 対象者 処分 理由
1 1962年5月12日 8代二所ノ関(大関・佐賀ノ花勝巳
12代片男波(関脇・玉乃海太三郎
謹慎 12代片男波玉響改め新川玉嵐玉乃島ら19人の移籍届を日本相撲協会へ提出し、それに対し、8代二所ノ関は移籍届を出された力士19人中で成年に達していた者たちの廃業届を日本相撲協会へ提出するなどし混乱させたため。
2 1976年 陸奥嵐幸雄
白田山秀敏 
減給 暴力団組長と懇談中に口論に発展した末組員が天井に発砲したことにより混乱させたため。
3 1976年10月 17代朝日山(小結・若二瀬唯之 減給 16代朝日山の未亡人との確執により、部屋のトンガ出身力士6名が1976年10月13日に廃業する事態となり、部屋・協会内を混乱させたため[詳細 1]
4 1982年11月 12代九重(横綱・北の富士勝昭 降格(役員待遇→委員)
11月場所中謹慎
千代の富士の結婚披露宴に九重と交際のある暴力団員が出席したため。
5 1985年11月 12代花籠(横綱・輪島大士 降格(委員→年寄)
無期限謹慎[詳細 2]
年寄名跡を借金の担保にしたため。
6 1986年 5代高砂(横綱・朝潮太郎 10%減給3ヶ月 弟子の小錦が暴力団事務所の相談役と会食したことの監督責任。
7 1988年1月 5代立浪(関脇・安念山 謹慎 弟子の双羽黒が廃業に至ったことへの監督責任。
8 1991年3月10日 関脇・琴錦功宗 譴責 1991年、一般女性との結婚が報じられたが否定し、別の女性と結婚を前提に交際しているとするなどが報じられ、混乱させたため。
12代佐渡ヶ嶽(横綱・琴櫻傑將 20%減給3ヶ月
譴責
琴錦の女性問題の監督責任。
9 1995年 10代二所ノ関(関脇・金剛正裕 審判委員解任
6ヶ月間20%減俸
3月場所中謹慎など
麻雀賭博により警視庁に立件されたため。
10 1995年6月 14代振分(前頭12・朝嵐大三郎 降格(委員→年寄)
当年度一杯謹慎
自身のサイドビジネスに絡み日本相撲協会の肖像権規定に違反したため。
11 1997年1月 16代山響(小結・前乃臻康夫 解雇 1996年11月場所から翌年初場所まで予告なしに本場所を欠場(失跡)したため。
12 1998年8月 14代(小結・羽黒岩智一 降格(委員→年寄) 1998年3月場所の入場券収入の一部を計上しなかったため。
13 1999年4月 9代陸奥 (大関・霧島一博)  6ヶ月20%減給
降格(委員→年寄)
年寄名跡取得をめぐり、5年間で合計約2億2000万円に及ぶ所得の申告漏れが指摘され、約9000万円の追徴金を申告されたため。
14 2000年12月 6代高砂(小結・富士錦猛光 降格(役員待遇委員→年寄) 弟子の闘牙進が現役力士の運転原則禁止に違反したうえに、交通死亡事故を起こした監督責任を問われたため。
15 2006年7月 前頭3・露鵬幸生 3日間出場停止 本場所中、カメラマンに暴行したため。
16代大嶽(関脇・貴闘力忠茂 減俸3か月(10分の1) 弟子の露鵬が暴行事件を起こしたことの監督責任。
16 2007年5月 前頭8・旭天鵬勝 1場所出場停止
期間中謹慎
現役力士の運転原則禁止に違反し、自動車を運転して人身事故を起こしたため。
17 2007年8月 横綱・朝青龍明徳 2場所出場停止
期間中謹慎
給与手当30%減額4か月
腰の骨折などと称して療養のためモンゴルへ帰国した直後に中田英寿らとサッカーに興じたことで、詐病が疑われたため。
18 2007年10月 15代時津風(小結・双津竜順一 解雇 時津風部屋力士暴行死事件に関与したため。
19 2008年8月21日 前頭1・若ノ鵬寿則 解雇 大麻取締法(所持)違反で逮捕されたため[詳細 3]
20 2008年9月8日 前頭3・露鵬幸生
十両6・白露山佑太
解雇 大麻使用の疑いのため[詳細 3]
16代大嶽(関脇・貴闘力忠茂 降格(委員→年寄) 弟子の露鵬による大麻使用疑惑の監督責任[詳細 3]
21 2008年12月18日 序ノ口7・明義豊正和
番付外・怒濤雄一郎
番付外・時王丸正憲
解雇 時津風部屋力士暴行死事件に関与したため。
22 2009年2月21日 十両3・若麒麟真一 解雇[詳細 4] 大麻取締法(所持)違反で逮捕されたため。
8代尾車(大関・琴風豪規 降格(委員→年寄) 弟子の若麒麟が大麻取締法違反で逮捕されたことに対する監督責任。
23 2010年2月4日 7代高砂(大関・朝潮太郎 降格(役員待遇委員→主任) 弟子の朝青龍による一般男性への暴行事件の監督責任[詳細 5]
24 2010年5月27日 11代木村瀬平(前1・肥後ノ海直哉 降格(委員→年寄)
2013年5月まで昇格見送り[詳細 6]
部屋閉鎖[詳細 7]
暴力団と交際し、暴力団を維持員席で観戦させた。
10代清見潟(前1・大竜川一男 譴責
25 2010年7月4日 16代大嶽(関脇・貴闘力忠茂 解雇
退職金100%減額[詳細 8]
大相撲野球賭博問題によるもの。
大関・琴光喜啓司 解雇
26 12代阿武松(関脇・益荒雄広生 降格(委員→年寄)
2020年7月まで昇格見送り[詳細 9]
16代時津風(前3・時津海正博 降格(主任→年寄)
2015年7月まで昇格見送り[詳細 9]
27 正副理事全員 給与手当減額2ヶ月最大30%
28 2010年9月8日 三段目23・古市貞秀
床山・床池
解雇
29 13代佐渡ヶ嶽(関脇・琴ノ若晴將 降格(委員→年寄)
30 力士22名[詳細 10] 譴責
31 十両11・松谷裕也
三段目21・若力堂聖也
2場所出場停止 大相撲野球賭博問題の申告漏れ。
9代松ヶ根(大関・若嶋津六夫 降格(委員→年寄)
32 2010年10月21日 4代木村林之助 2場所出場停止 妻子に対する傷害罪などで有罪判決を受けたため。[56]
33 2010年12月24日 11代宮城野(十両2・金親和憲 宮城野部屋の師匠交代勧告
降格(主任→年寄)
定年(2034年11月)まで昇格見送り
週刊誌の記事で八百長を疑わせる発言を行ったため。
34 2011年4月1日 力士21名
年寄19名
引退・退職勧告20名
出場停止・停職2年3名
降格14名
昇格見送り3名
大相撲八百長問題によるもの。
35 2011年4月6日 12代谷川(小結・海鵬涼至 解雇
36 2011年4月14日 前頭15・蒼国来栄吉
十両5・星風芳宏
解雇[詳細 11]
8代尾車(大関・琴風豪規
8代荒汐(小結・大豊昌央[詳細 12]
主任への降格
37 2011年4月20日 17代尾上(小結・濱ノ嶋啓志 2021年4月まで昇格見送り[詳細 9] 酒気帯び運転で警視庁に摘発されたため。
38 2011年12月22日 呼出・幸吉 譴責 交際する女性への傷害容疑で逮捕されたため。[57]
39 2015年10月1日 16代熊ヶ谷(十両2・金親和憲 解雇 マネージャーへの傷害容疑で逮捕・起訴されたため。
40 2015年11月14日 40代式守伊之助 3日間の出場停止 2015年秋・九州場所で2場所連続合計3回の軍配差し違えに対する処罰[詳細 13]
41 2017年12月20日 横綱・白鵬翔 給与手当100%減額1か月
給与手当50%減額1か月
日馬富士公平貴ノ岩義司への暴力沙汰を止められずその後の言動で角界の信用を失墜させた事に対する処罰[詳細 14]
42 横綱・鶴竜力三郎 給与手当100%減額1か月 日馬富士公平による貴ノ岩義司への暴力沙汰を止められなかったことに対する連帯責任。
43 2018年1月4日 貴乃花(横綱・貴乃花光司 降格(理事→役員待遇委員) 日馬富士公平による貴ノ岩義司への暴力沙汰について、協会に対する忠実義務違反[詳細 15]
44 2018年1月13日 40代式守伊之助 3場所出場停止[詳細 16]
期間中謹慎および給与手当100%減額
若手行司に対するセクシャル・ハラスメント行為。
45 2018年3月9日 幕下6・大砂嵐金崇郎 引退勧告[詳細 17]
養老金30%減額
現役力士の運転原則禁止に違反したうえ、追突事故を起こし道路交通法違反(無免許運転)により略式起訴されたため。
46 2018年3月29日 十両14・貴公俊剛 1場所出場停止 春場所中、支度部屋での付け人(貴西龍一成)への暴力行為。
47 貴乃花(横綱・貴乃花光司) 降格(委員[詳細 18]→年寄) 春場所中における無断欠勤など協会の職務専念義務違反および弟子の貴公俊剛による暴力行為についての監督責任。
48 三段目25・光源治晴 1場所出場停止 元弟弟子に対する常習的な暴力行為。
7代峰崎(前頭2・三杉磯拓也 給与手当10%減額2か月 弟子の暴力行為についての監督責任。
49 2018年11月29日 17代大嶽(十両4・大竜忠博 給与手当20%減額6か月 前述の大砂嵐および九州場所直前に起きた弟子の神嶽光[詳細 19]による自動車事故についての監督責任。
50 2018年12月19日 20代千賀ノ浦(小結・隆三杉太一 譴責 貴ノ岩義司[詳細 20]による付け人の貴大将柊斗への暴力行為についての監督責任。
51 2019年2月8日 15代鳴戸(大関・琴欧洲勝紀 給与手当10%減額3か月 部屋所属三段目力士[詳細 21]による弟弟子への暴力行為についての監督責任。
52 2019年4月24日 横綱・白鵬翔 譴責 3月場所千秋楽の優勝者インタビューの最後に観客と共に三本締めを行ったことについて、コンプライアンス規定の違反行為「土俵上の礼儀、作法を欠くなど、相撲道の伝統と秩序を損なう行為」に該当。
12代宮城野(前頭13・竹葉山真邦 給与手当10%減額3か月 弟子の白鵬によるコンプライアンス規定の違反行為についての監督責任。
53 2019年9月26日 前頭17・貴源治賢 譴責 部屋や名古屋場所の稽古場などにおいて、新弟子に対する暴言および「理不尽」と考えられる行為。
54 20代千賀ノ浦(小結・隆三杉太一) 給与手当20%減額6か月 弟子の貴ノ富士の付け人への暴力行為および新弟子への差別的発言[詳細 22]、貴源治の新弟子への暴言・「理不尽」と考えられる行為を止められなかった監督責任。
55 2019年10月25日 立呼出拓郎 2場所出場停止[詳細 23] 新潟県糸魚川市で行われた巡業での序二段・幕下呼出2名に対する暴力行為。
56 2020年1月9日 前頭10・石浦将勝 譴責
給与手当20%減額1か月
部屋での朝稽古中に殴り合う喧嘩騒動を起こし、暴力禁止規定に違反。
幕下16・宝香鵬宏作 譴責
12代宮城野(前頭13・竹葉山真邦) 給与手当20%減額3か月 石浦および宝香鵬が起こした喧嘩騒動の監督責任。
57 2020年7月13日 15代中川(前頭14・旭里憲治 降格(委員→年寄)
部屋閉鎖[詳細 24]
弟子に暴言や暴力を振るうなど不適切な指導についての責任。
58 2020年8月6日 前頭5・阿炎政虎 3場所出場停止
給与手当50%減額5か月[詳細 25]
協会が定めた新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインで不要不急の外出を控えるよう求められていた中で、7月場所前および場所中数回にわたり外出・キャバクラで饗応を受けた行動に対する懲戒。
20代錣山(関脇・寺尾常史 給与手当20%減額6か月 阿炎が外出・饗応接待を受けたことに対する監督責任。
59 幕下45・極芯道貴裕 2場所出場停止 阿炎に同行し、7月場所前および場所中に数回にわたり外出・接待を伴う飲食店で饗応を受けた行動に対する懲戒[詳細 26]
10代錦戸(関脇・水戸泉政人 譴責 極芯道が外出・饗応接待を受けたことに対する監督責任。
60 16代田子ノ浦(前頭8・隆の鶴伸一 譴責 協会が定めた新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインで不要不急の外出を控えるよう求められていた中で、外出に及び飲食店で泥酔した様子の写真が7月場所中にネットに拡散されたことに対する責任。
61 2020年10月1日 16代時津風(前頭3・時津海正博) 降格(委員→年寄) 協会が定めた新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインで不要不急の外出を控えるよう求められていた中で、9月場所前に宮城県や福岡県への旅行や会食、ゴルフコンペを行ったことに対する責任[59]
62 10代松ヶ根(前頭8・玉力道栄来 譴責 協会が定めた新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインで不要不急の外出を控えるよう求められていた中で、9月場所前に少なくとも4回の不要不急の外出を行っていたことに対する責任[59]
63 2021年2月22日 16代時津風(前頭3・時津海正博) 退職勧告[詳細 27]
退職金30%減額
協会が定めた新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインで不要不急の外出を控えるよう求められていた中で、再度ガイドラインに反して1月場所中に複数回にわたり麻雀店や風俗店などへ出入りしていたことに対する懲戒[60]
64 2021年5月27日 前頭14・竜電剛至 3場所出場停止 協会が定めた新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインで不要不急の外出を控えるよう求められていた中で、2020年3月から2021年1月にかけて計25回の不要不急の外出を行っていたことに対する懲戒[61]
9代高田川(関脇・安芸乃島勝巳 給与手当20%減額6か月 竜電が不要不急の外出をしたことに対する監督責任[61]
65 2021年6月11日 大関・朝乃山英樹 6場所出場停止
給与手当50%減額6か月[詳細 28]
協会が定めた新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインに反し、外出禁止期間中にスポーツ紙記者と共に外出してキャバクラで10回にわたり饗応を受けるなど、複数回にわたり外出・外食したほか、記者と口裏合わせをしたうえで、協会の調査に虚偽申告を行ったことに対する懲戒[62]
8代高砂(関脇・朝赤龍太郎 給与手当20%減額3か月 朝乃山が不要不急の外出をしたことに対する監督責任[64][詳細 29]
66 2021年7月30日 十両6・貴源治賢士 解雇
退職金100%減額
名古屋場所開催中に愛知県内の部屋宿舎周辺で大麻煙草の使用が判明したことに加え、当初協会の聴取に虚偽申告を行ったことに対する懲戒[66]
17代常盤山(小結・隆三杉太一) 降格(委員→年寄) 貴源治の大麻使用に対する監督責任。

  1. ^ トンガ人力士廃業騒動
  2. ^ 1985年12月退職。
  3. ^ a b c 大相撲力士大麻問題
  4. ^ 養老金支払いの可能性を摘むため除名も検討されたが結局解雇に落ち着く。
  5. ^ 朝青龍明徳#現役引退後
  6. ^ 2014年(平成26年)4月3日付の職務分掌により主任に再昇格。
  7. ^ 所属力士は北の湖部屋へ移籍。
  8. ^ 理事会の付帯決議で退職金支給が取り消された初の事例となった。
  9. ^ a b c 2014年4月3日の理事会で処分が見直されて降格前の地位に復帰した。野球賭博問題で据え置きの阿武松親方ら昇格 - スポーツ報知 2014年4月4日閲覧。
  10. ^ うち17名は7月場所を謹慎休場。
  11. ^ 蒼国来は解雇を不服として東京地方裁判所に提訴し、2013年3月25日付で解雇無効の判決が出されて、2013年名古屋場所から現業復帰した。
  12. ^ 2013年4月、蒼国来の解雇無効に伴い処分取り消し。
  13. ^ 式守伊之助 (40代)#3場所連続、4度の軍配差し違え(2015年9月場所 - 2016年1月場所)
  14. ^ 日馬富士公平#傷害事件白鵬翔#2017年 -通算最多勝利更新・優勝40回-
  15. ^ 理事の解任であったため、評議会の議決を経て処分された。
  16. ^ 辞表を提出するも協会預かりとなり、出場停止解除後の5月場所以降に受理された。
  17. ^ 発表後即日、勧告を受け入れて引退届を提出した。
  18. ^ 前日の理事会において、職務分掌変更により役員待遇委員から委員に降格していた。
  19. ^ 神嶽については道路交通法違反(事故不申告)により略式起訴され、罰金2万円の略式命令を受け納付。その後、同月26日付で引退を届け出て受理される。
  20. ^ 処分決定前に責任を取り引退したため、処分なし。
  21. ^ 当該力士に対しコンプライアンス委員会で「引退勧告相当」の意見が答申されたが、臨時理事会前に引退届が提出され、受理される。
  22. ^ 貴ノ富士に対しコンプライアンス委員会で「引退勧告相当」の意見が答申されたが、協会は「自主引退を促する」決議を出し貴ノ富士側の判断を促した。最終的に11月場所前の10月11日に引退届を提出し受理されたが、番付編成上11月場所は西幕下5枚目に残り、11月場所終了後の11月27日に、協会から正式に引退が発表された。その後引退届を提出した10月11日付での引退に訂正され、11月場所の全休も取り消された。[58]
  23. ^ 10月15日付で辞表を提出するも協会預かりとなり、25日の処分決定とともに同日付で受理された。
  24. ^ 旧部屋所属協会員はそれぞれ時津風一門時津風荒汐伊勢ノ海追手風と一門外の片男波朝日山友綱宮城野の各部屋へ分散して移籍(力士1名が引退)。中川は時津風部屋付きの年寄となる。
  25. ^ 8月4日までに引退届を提出していたが、協会預かりとした。ただし、今後程度を問わず、協会に迷惑をかける行為を行った場合には預かっている引退届を受理すること、またそのことを了承する旨の誓約書を提出すること、阿炎は6月下旬に結婚し部屋を出ていたが、夫人と別居のうえ住居を錣山部屋に移し師匠の錣山親方の監督下に入ること、当面日常生活に支障のある場合をのぞき外出禁止とする条件が付いた。
  26. ^ 右膝の負傷で1月場所から休場中で、原則として大部屋での共同生活となる力士養成員の立場であったが、部屋では療養のため個室が与えられていた。しかし、夜間に数度にわたり無断で部屋を抜け出していた。なお、判明後は8月3日に進退伺を提出していた。
  27. ^ 処分決定前に退職願を提出していた。処分決定に伴い退職となり、時津風部屋は部屋付き親方の20代間垣(前頭筆頭・土佐豊祐哉)が名跡を変更し継承した。
  28. ^ 5月21日付で引退届を提出していたが、八角理事長預かりとなった[62]。ただし、今後程度を問わず、協会に迷惑をかける行為を行った場合には預かっている引退届を受理すること、そのことを了承する旨の誓約書を提出することが条件となった[63]
  29. ^ なお、部屋付きの親方となっていた先代である18代錦島4代朝潮太郎)も、協会が定めた新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインに違反し、2020年7月以降の外出禁止機関に会食や外食をしていたことが判明したため、6月10日付で退職願が受理された(退職したため相撲協会としての懲戒処分は無し)[65]

新型コロナウイルス感染症の影響[編集]

2020年初頭から全世界的に流行している2019新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は角界にも大きな影響を与えている。

2020年[編集]

日本国内での感染拡大に際して、同年3月8日に大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)で初日を迎えた3月場所については、戦後初となる無観客による開催を実施した。また、3月場所については「春場所開催中にコロナウイルスに感染した力士が出た場合は、その時点で中止」という方針を決め、感染防止対策や健康管理、取材規制など徹底したことで、無事に千秋楽を迎えることができた[67][68][69]

しかし、3月場所後の4月には、日本国内でさらに感染が拡大し、政府による緊急事態宣言が発令される状況下で、角界でも新型コロナウイルスに感染する事例が発生した。高田川部屋で師匠の9代高田川、十両力士の白鷹山のほか、力士養成員も含めた数名の感染が公表され[70]、このうち、5月13日に三段目力士の勝武士が新型コロナウイルス感染症による多臓器不全のため死亡した。初の相撲部屋におけるクラスターとなったことや、角界を含む日本国内プロスポーツ選手の初の新型コロナウイルス感染症による死亡者であることに加え、28歳で死去した勝武士は、日本国内で年齢が明らかになっている中で20代で死亡した初の事例とされ、世間に大きな衝撃を与えた[71]。この事態を受け、同日、日本相撲協会は協会員の希望者全員の抗体検査を行う方針を表明した[72]

5月に入り政府より改正・新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づいて4月に発令されていた新型インフルエンザ等緊急事態宣言が延長されたことを受けて、同月4日の臨時理事会で国技館での5月場所の開催中止を決定した。また、7月場所については「大人数による東京から名古屋への移動・長期滞在を避けるために」当初予定していた愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)から国技館へ場所を変更し、実施する方針を決めた[73]。当初は7月場所は、3月場所同様に無観客での開催を想定していたが、政府の緊急事態宣言が解除されたこともあり、1日当たり2,500人程度の入場制限を設けたうえで観客を入れる形で実施することとなり[74]、無事に千秋楽を迎えることとなった。

協会は協会員の感染防止のため専門家の助言を踏まえたガイドライン[75]を作成し、力士の原則外出禁止や出稽古禁止など制限を行っているが、7月場所開催中に幕内の阿炎らがガイドライン違反の夜間外出を行い、場所後に処分を受ける[76]など影響も出ている。

9月場所については、引き続き感染防止対策のガイドラインの厳守を協会員に求められたうえでの開催となったが、場所前に玉ノ井部屋において十両力士の富士東を含む部屋所属の協会員24名が感染するという、角界2例目の相撲部屋内でのクラスターが発生し、場所業務を行う14代玉ノ井を含む所属力士全員が感染拡大防止のために9月場所休場が決定した[77][78]。この玉ノ井部屋所属力士の休場に関しては、次場所の番付の扱いを場所後の番付編成会議で話し合う方針で救済措置が取られる可能性が示唆されており[79]、場所後の番付編成会議では全休した玉ノ井部屋の力士28人について、番付を据え置くこととなった[80]。その一方で、ガイドラインに反して不要不急の外出を行った16代時津風10代松ヶ根の両親方に対しては謹慎休場とし、その後処分を受けた[81][82][83]

11月場所については、7月場所と同様に福岡国際センターから国技館へ場所を変更し、入場上限を約5,000人に引き上げて開催した[84]。例年11・12月に行われる冬巡業の中止も決定し、これにより2020年は地方での本場所は無観客で実施した大阪のみとなり、すべての地方巡業が中止となることとなった[85]。11月場所終了後の12月に入り気温の低下等により日本国内でも感染者が増加する最中で、立浪部屋で幕内力士の天空海を含む部屋所属の協会員11名が感染し、角界3例目のクラスターとなった[86]。さらに年末年始には荒汐部屋でも師匠の8代荒汐、幕内力士の若隆景、十両力士の若元春以下協会員12名の複数感染が判明[87]するなど、相撲部屋での感染が続いている状態である。

日本相撲協会は12月25日、国技館で年寄総会を開き、関係者によると2020年度の収支決算が約55億円の大幅な赤字になる見込みであることが報告された。因みに大相撲八百長問題のあった2011年は1場所中止などで約49億円の赤字だった[88]。2021年3月13日、協会理事会で2020年度の収支決算が約50億円の赤字と報告されたことが判明したと報じられた。これにより黒字計上は2019年までの5年連続でストップ[89]。50億円という赤字額は過去最大[90]。この年の5月には、このまま減収が続けば協会が破産するのではと憂慮する報道もあった[91]

2021年[編集]

年末年始の感染者増大を受けて、感染が特に拡大している東京都を含む1都3県(埼玉・神奈川・千葉)への政府による新型インフルエンザ等緊急事態宣言の再発出が年頭から取り沙汰されていた。これを受け、1月4日に芝田山広報部長は同月10日初日を迎える1月場所を予定通り開催する方向であることを明かした[92]。緊急事態宣言は同月7日に発出されている。

当初は初日、2日目までは上限5,000人とし、3日目以降は観客の上限を国技館の収容人数の半分にあたる約5,300人にする予定だったが、政府の要請に従い、15日間を通じて1日あたりの上限を5,000人として開催。館内2階で予定していたちゃんこの販売も中止し、場所中の協会員は発熱やその他の症状があれば検査を徹底することも確認した[93]。なお前年度は全協会員に対する場所前の検査は抗体検査であったが、1月場所より場所前の検査は唾液PCR検査となっている[94]

1月場所前には散発的に協会員の感染発表が行われた。同月5日には宮城野部屋所属の69代横綱白鵬の陽性が発表され、昨年来3場所続いた休場明けで進退が注目される1月場所への出場が事実上不可能となった。同部屋所属の協会員も検査を受けて全員陰性が確認されたが、感染拡大防止のため同部屋所属の全力士が1月場所を休場することとなった[95][96]

同月9日、協会員約900人に実施した一斉のPCR検査では、幕内の千代翔馬、十両の千代鳳を含む5名(関取衆のほかに九重部屋2名、友綱部屋1名の力士養成員)の陽性が新たに判明し、年末以降陽性者が発生した各部屋関係者を含め、感染または濃厚接触者の疑いのため、以下の通り1月場所の休場が決定した。これにより1月場所は関取15人を含めた力士65人が休場する事態となり[97]、直前に腰痛で休場となった71代横綱鶴竜を含む関取衆16人の休場は戦後最多の人数となった[98](その後、大関・貴景勝[99]、十両・美ノ海[100]および[101]が場所途中で休場したため、関取衆の休場者はさらに最多を更新して19人となった)。

その後、場所中に九重部屋での感染がさらに広まり、新たに師匠の14代九重以下複数の部屋所属の協会員が陽性判定となり、前述の一斉検査での陽性者を含めて17人の感染が判明している[103][104]。そのような異例の事態であったが、途中での打ち切りもなく同月24日の千秋楽まで有観客で開催された。

場所後の同月27日に行われた3月場所の番付編成会議では、前述の新型コロナウイルス感染もしくは濃厚接触者疑いによる休場となった力士の取り扱いのうち、幕下以下の力士については据え置きの救済措置を採り、番付降下のない横綱・白鵬を除く十両以上の関取衆については「休んだ力士全員の公平性を保ちながら番付を作成した」として、据え置き措置をおこなったかどうかは明言しなかったが、3月1日に発表された3月場所の番付では出場力士の成績に配慮した形で、新型コロナ関連で休場した力士のうち幕内と幕下以下については据え置き、十両については1枚番付を降下させて調整した。今後も新型コロナ関連で休場した力士の番付編成については、各場所ごとに協議することとなった[105][106][107]

一方、1月場所初日前日の9日、佐渡ヶ嶽部屋所属の序二段力士が新型コロナウイルス感染への懸念を理由に自身のTwitterで引退表明を行った(協会員のSNS利用は2019年11月より協会内規で禁止されているが、引退届を提出済み)[108]。協会によると、序二段力士の申し出を受けた師匠の13代佐渡ヶ嶽から8日に電話で相談を受け、休場には診断書の提出が必要であることを説明したという[109]。力士は労働法規の保護を受けられない個人事業主であるため、協会の安全配慮義務違反等の指摘は出来ず、本人が進退を決めることとなる[110][注 4]。序二段力士は10日に所属部屋で断髪式を終えて[111]、場所後の27日に協会より引退が発表された[112]

入門後に心臓の手術を受けている[113]序二段力士の引退は「勇気ある決断」「賢明な判断」「正しく怖がった結果」として受け止められた[114]。一方、協会側に対しては力士への配慮が欠けておりハラスメントではないかという指摘が見られた。ガイドラインを遵守し感染予防対策に万全を期した上での開催を協会は明言しているとはいえ、感染または濃厚接触疑いによる休場力士が多数生じていることや、国技館のある東京都が過去最多の感染人数を数える中で政府による緊急事態宣言下での有観客開催への非難も多く見られた[115]

場所後の1月27日には、16代時津風が場所中に協会のガイドライン違反の外出を再度複数回にわたって行ったことが報じられた。協会は2月22日の臨時理事会で16代時津風を退職勧告処分とした(同日付で16代時津風は退職。時津風部屋は同部屋付きの20代間垣が17代時津風を襲名して継承)[60]

3月14日から行われる3月場所は新型コロナウイルスの感染状況や拡大予防の観点から、大阪ではなく国技館での開催となり[116]、それに先んじて力士など関係者750人に行ったPCR検査の結果が同月11日に公表され、力士は全員新型コロナ陰性であったが、29代小野川山響部屋付き)、23代音羽山尾上部屋付き)の両親方が陽性であると発表された[117]。これにより、尾上・山響の両部屋に所属する力士28名を中心に、以下の通り3月場所休場が決定した[118][119]

さらに、29代小野川と23代音羽山と同じく協会の社会貢献部に所属する以下の親方衆は検査では陰性であったものの、経過観察期間として4日目まで休場する[119]

5月9日から行われる5月場所は、4月23日より政府より東京都に3度目の新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が発令されたことに伴い、初日から当初の期限である11日(3日目)までは無観客開催とすることを決定した[120]。なお、宣言はその後政府により5月31日まで延長されたが、イベントの観客制限が緩和されたことに伴い、12日(4日目)より前売券を購入済みの観客らを入れて開催することとなった[121]。なお、5月場所初日までの間に十両の東龍など散発的に協会員の感染者がみられた[122][123]が、5月場所初日においての大規模な休場には至らなかった。

一方、幕内の竜電、大関・朝乃山に協会のガイドライン違反があったことが分かった。竜電は師匠の判断により初日より謹慎休場が発表され[124]、朝乃山は場所中にスポーツニッポンの相撲担当記者(後に同社を諭旨解雇処分[125])との複数回の夜間外出が報じられた。外出は緊急事態宣言中及び協会が外出禁止を通達している期間中(番付発表から千秋楽まで)であった。朝乃山は協会の聴取に対し「事実無根」と否定したが、その後一転して事実を認め、20日(12日目)より謹慎休場している[126][127]。5月場所後、同月27日の理事会で竜電と師匠の9代高田川の処分、6月11日の臨時理事会では朝乃山と師匠の8代高砂の処分がそれぞれ決定された[128][129]。なお、高砂部屋の先代師匠で2020年10月より部屋付きになっていた18代錦島(7代高砂)は事実上の引責退職に追い込まれている[130][131]

7月4日から行われる大相撲名古屋場所は、予定通り愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)で開催されることとなった。国技館以外の地方場所の開催は前年無観客開催で行われた大阪での春場所以来となり、有観客開催の地方場所は2019年の九州場所以来となる[132]

相撲協会は新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場として墨田区に国技館を提供、国技館エントランスが接種会場となった。5月場所後には接種後の経過観察のための待機場所として升席が解放され、横綱のサイン色紙などが当たる抽選会も行われている[133][134]。墨田区民とともに、5月24日に65歳以上の協会員への接種[135][136][137]、6月23日・24日には部屋単位で親方衆・力士たちへの接種が行われた[138][139]

名古屋への移動は協会員が集団で新幹線に乗り込む恒例の「相撲列車」ではなく、部屋単位で行われる[140]。興行中は国技館での感染対策を踏襲し、各部屋の宿舎では見学や地元住民との交流も中止され、力士の外出も一部を除いて制限されることになる[141]。また、一部ではホテルを宿舎とし滞在中の宿舎に稽古のための土俵がない部屋もあった[142]。こうした感染対策の結果、名古屋場所開催中に新規陽性者やガイドライン違反を出すことなく無事に終了した[143]が、場所後の7月27日に高砂部屋で師匠の高砂親方、出場停止中の朝乃山ら7名の所属協会員が感染したクラスターが発生している[144]

一方で69代横綱白鵬が、本来は無観客開催として関係者以外の立ち入りが禁止されている2020東京オリンピックの柔道の会場である東京武道館を訪れ、競技関係者と歓談していたことが関係者のSNS投稿で判明している。白鵬はモンゴルオリンピック委員会のアンバサダーを務めており、NOC(各国・地域オリンピック委員会)関係者として訪問したものとみられているが、ガイドラインでは協会員の不要不急の外出自粛を求めているものの、師匠である宮城野親方の外出許可があったかどうかは明言されておらず、芝田山広報部長は白鵬の行動に対して厳しく批判しているほか、世論からも厳しい意見が出ている[145][146]

9月12日からの9月場所までの間には、前出の高砂部屋でのクラスター発生以降は、前頭の逸ノ城や十両の北青鵬尾車部屋所属の世話人・錦風らの散発的な感染判明があり、このうち、北青鵬と別の力士1名の感染が明らかになった宮城野部屋の所属全力士の9月場所休場が決定している[147]

国技館での感染防止対策[編集]

国技館での本場所開催に当たっては、月日の経過とともに無観客から入場人員を増やす措置とともに、観客の感染防止対策として4人用の升席の利用制限(テープで仕切って1人→2人用に変更)、飲酒の禁止、食事スペースの設置、声援の自粛や拍手の推奨といった[84]措置を行っており、また、国技館のある東京都と連携して連携し、懸賞旗と同じ大きさ(縦120センチ、横70センチ)の告知旗を5種類作成。告知旗を持った呼出しが取組の合間の計3回土俵上を回り、感染防止対策を啓発している[148]

協会葬[編集]

在職中、または現役中に相撲界の発展に多大に寄与した者に対し、日本相撲協会葬を行う。原則として、在職中に死去した理事経験者か横綱の場合に限る[149]。ただし、協会を退職していた出羽ノ花國市や三役にも理事長にもなっていない柏戸秀剛、関取経験の無い橋詰正次が協会葬になった例がある。なお、第58代横綱の千代の富士貢は協会葬ではなく、お別れ会として開催された。

  年月日 名前 最高位・現役名 備考
1 1922年12月28日 出羽ノ海谷右衛門 横綱・常陸山
2 1938年12月22日 玉錦三右衛門 横綱・玉錦 現役没
3 1940年5月30日 木村庄之助(松翁 20代木村庄之助 立行司、現役没
4 1942年12月28日 木村良雄 木村良雄 十枚目格行司。現役没
5 1942年12月28日 橋詰正次 三段目 戦争により死亡
6 1949年1月26日 出羽海梶之助 小結・両國
7 1953年1月28日 立浪弥右衛門 小結・緑嶌
8 1959年10月6日 春日野剛史 横綱・栃木山
9 1960年12月26日 出羽海秀光 横綱・常ノ花 第2代藤島理事長
10 1968年12月25日 時津風定次 横綱・双葉山 第3代時津風理事長
11 1969年10月20日 立浪政司 横綱・羽黒山
12 1971年9月2日 秀ノ山勝一 関脇・笠置山
13 1971年9月4日 高砂浦五郎 横綱・前田山
14 1971年12月23日 玉の海正洋 横綱・玉の海 現役時の病没
15 1975年3月27日 二所ノ関勝巳 大関・佐賀ノ花
16 1977年4月22日 伊勢ヶ濵万蔵 横綱・照國
17 1977年12月23日 宮城野潤之輔 横綱・吉葉山
18 1982年12月28日 伊勢ノ海裕丈 幕内・柏戸
19 1987年6月2日 市川國一 幕内・出羽ノ花 第4代武蔵川理事長
20 1988年12月13日 高砂浦五郎 横綱・朝潮
21 1990年1月31日 春日野清隆 横綱・栃錦 第5代春日野理事長
22 1996年12月18日 鏡山剛 横綱・柏戸
23 2005年6月13日 二子山満 大関・貴ノ花
24 2015年12月22日[150] 北の湖敏満 横綱・北の湖 第9代・12代北の湖理事長

※名前は逝去時。退職者は本名。

公式キャラクター[編集]

2009年よりマスコットとして「ハッキヨイ!せきトリくん」が登場した。せきトリを目指す「ひよの山」を主人公に「そっぷ山」「赤鷲」などのキャラクターも登場。デザイナーはにしづかかつゆき。 大相撲にマスコットを設置した理由については、相撲離れの進む若い世代にもっと相撲に興味をもらう事が目的の一つであるという。 公式サイトや関連刊行物にも子供達が読みやすいよう、漢字に読み仮名を振る配慮がされている。 2010年よりぬいぐるみや文房具などグッズも作られる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、アマチュア相撲日本相撲連盟が統括している。
  2. ^ 当初は武蔵川の謹慎期間の7月25日までとされたが、武蔵川が病気入院した為、8月5日まで続投している。
  3. ^ この検査は、世界アンチ・ドーピング機関及び日本アンチ・ドーピング機構の認定検査機関である三菱化学メディエンスが実施した。
  4. ^ 判例は分かれているが、東京地裁平成23年2月25日判決は力士と協会とは「準委任契約類似の契約関係」と判断したほか、東京地裁平成25年3月25日判決は「有償双務契約としての性質を有する私法上の無名契約」としており、いずれも力士(力士養成員)の「労働者」性を否定している。

出典[編集]

  1. ^ 中央省庁再編前は文部省
  2. ^ 内閣官房行政改革推進室「第4回 公益法人制度改革に関する有識者会議」議事録における星野英一発言
  3. ^ 日本相撲協会が日本プロスポーツ協会から脱退へ 日刊スポーツ 2020年3月6日20時31分 (2020年3月7日閲覧)
  4. ^ 公益財団法人の認定を受けて (PDF) 日本相撲協会 2014年1月28日
  5. ^ “評議員に就任→年寄を一度退任 相撲協会、公益法人認定”. スポニチアネックス. (2014年1月29日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/01/29/kiji/K20140129007476900.html 2017年11月14日閲覧。 
  6. ^ “現職7人と新任3人 10人の親方を理事に選任”. 毎日新聞. (2018年3月26日). https://mainichi.jp/articles/20180327/k00/00m/050/119000c 2018年3月26日閲覧。 
  7. ^ 相撲協会、評議員会議長に海老沢氏 池坊氏の後任」『日本経済新聞』、2018年6月12日。2020年10月1日閲覧。
  8. ^ 北の湖理事長が死去、62歳 直腸がん多臓器不全 優勝24回で一時代 スポニチアネックス 2015年11月20日20時28分
  9. ^ 相撲協会、理事長代行は八角親方 日刊スポーツ 2015年11月20日閲覧
  10. ^ a b 大相撲大麻疑惑:北の湖理事長が辞任…露鵬、白露山は解雇 2008年9月8日付 毎日新聞
  11. ^ 北の湖理事長が辞任、2力士の大麻疑惑「クロ」2008年9月8日付 読売オンライン
  12. ^ 武蔵川理事長辞任、後任に放駒親方 2010年8月12日付 読売オンライン
  13. ^ “相撲協会、被災地支援など目的とした「社会貢献部」を新設”. SANSPO.COM. (2017年1月26日). http://www.sanspo.com/sports/news/20170126/sum17012618260009-n1.html 2017年1月28日閲覧。 
  14. ^ 日本相撲協会 役員外部招聘 時事通信 2008年9月30日閲覧
  15. ^ 親方らから事情聴取 野球賭博報道で相撲協会 MSN産経ニュース、2010年5月20日
  16. ^ 大相撲舞鶴場所、舞鶴市長倒れ、救命女性に「女性は土俵から降りて下さい」とアナウンス
  17. ^ 救命女性に「土俵から下りて」 大相撲巡業、市長倒れ
  18. ^ 若手行司が女人禁制の指摘に慌て土俵降下アナウンス
  19. ^ 市長の応急処置で土俵上がった女性に「下りて」
  20. ^ 女性土俵問題、米でも報道 「日本の差別反映」と批判 - 産経ニュース 2018年4月6日
  21. ^ 土俵で心臓マッサージしていた女性に「降りて」 京都:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル(2018年4月4日). 2021年6月18日閲覧。
  22. ^ 三段目格行司の木村昌稔が辞職 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2018年7月3日). 2021年6月18日閲覧。
  23. ^ 協会「間違いだった」インフル感染貴源治が巡業取組 日刊スポーツ 2019年12月23日19時51分(2020年1月22日閲覧)
  24. ^ 巡業中の力士らピンチ! インフルエンザが襲来” (日本語). スポーツ報知 (2019年12月6日). 2021年6月18日閲覧。
  25. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年12月25日). “インフル予防、前倒し協議 相撲協会、感染者続出で” (日本語). イザ!. 2021年6月18日閲覧。
  26. ^ 新型コロナウィルス感染症 対応ガイドライン - 日本相撲協会
  27. ^ 暴力決別宣言 - 日本相撲協会公式サイト
  28. ^ 相撲協会が暴力決別宣言=防止策に禁止規定制定など - 時事ドットコム 2018年10月25日
  29. ^ a b 暴力禁止規定を施行=横綱は引退勧告以上-相撲協会 - 時事ドットコム 2018年12月19日
  30. ^ 理事会 横綱の暴力は「引退勧告以上」日本相撲協会が力士暴力の処分基準定める - スポーツニッポン 2018年12月19日
  31. ^ 横綱の暴力は引退勧告以上 相撲協会が処分基準を承認、禁止規定も - サンケイスポーツ 2018年12月19日
  32. ^ 力士の暴力に対する処分基準(要旨) - 時事ドットコム 2018年12月19日
  33. ^ 相撲協会黒字は3.4億減 暴力問題の調査費2億円 日刊スポーツ 2019年3月27日8時28分(日刊スポーツ新聞社、2019年4月14日閲覧)
  34. ^ 暴力行為の鳴戸部屋三段目力士が引退 親方減給処分 - 日刊スポーツ 2019年2月8日
  35. ^ 式秀部屋おかみさんへの指導困難「協会員ではない」 - 日刊スポーツ 2020年8月10日
  36. ^ 式秀部屋が稽古再開 体調心配される親方が直接指導 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2020年8月12日). 2021年6月18日閲覧。
  37. ^ 湘南乃海が頭強打でフラフラも白星 - 日刊スポーツ 2021年1月19日
  38. ^ 大相撲 取組中の脳しんとうなど「危険な状態」の場合 不戦敗に - NHK NEWS WEB 2021年1月27日
  39. ^ 響龍さん、不運重なった「俵と土俵のちょうど間に頭から落ちた」と指摘も - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2021年4月29日). 2021年6月14日閲覧。
  40. ^ 三段目力士が投げの打ち合いで頭部を強打 土俵上でしばらく動けずに搬送 - スポーツ報知 2021年3月26日
  41. ^ a b 【記者の目】響龍さん死去は大相撲の未来に警鐘 頭部強打で迅速に対応を - 日刊スポーツ 2021年4月29日
  42. ^ 三段目の響龍さんが死去 春場所の取組で頭部強打 - 産経ニュース 2021年4月29日
  43. ^ 響龍さん死去 28日に容体急変 「たんがよくたまる」入院中に訴えていた - 日刊スポーツ 2021年4月29日
  44. ^ 三段目の響龍が死去 春場所13日目に負傷、頸椎損傷の疑いで闘病も - デイリースポーツ online 2021年4月29日
  45. ^ 応急処置の講習会開催 親方ら約60人―大相撲:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム(2021年5月07日). 2021年6月13日閲覧。
  46. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年5月7日). “相撲協会が応急処置講習会 土俵での負傷に対応” (日本語). 産経ニュース. 2021年6月13日閲覧。
  47. ^ 土俵上の応急対応措置、審判部ら「いかに早く医師に診せるか」手順学ぶ - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年6月13日閲覧。
  48. ^ a b 『相撲 6月号』ベースボールマガジン社、2021年5月27日、13頁。
  49. ^ 安全管理委員会を設置 取組、稽古での環境整備―相撲協会:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム(2021年07月21日). 2021年7月22日閲覧。
  50. ^ 鏡山部屋を閉鎖、全員が伊勢ノ海部屋へ転属 安全管理委員会の設置も決定 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2021年7月21日). 2021年7月22日閲覧。
  51. ^ 相撲協会が「安全管理委員会」設置へ 本場所など環境整備” (日本語). 日本経済新聞 (2021年7月21日). 2021年7月22日閲覧。
  52. ^ 日本相撲協会の処分は7項目 厳重注意は該当せず 日刊スポーツ 2019年4月24日20時32分(日刊スポーツ新聞社、2019年4月28日閲覧)
  53. ^ 「相撲協会の除名とはどんな処分か?」 - 日刊スポーツ2010年6月22日付。
  54. ^ 相撲協会、日馬富士の処分先送り 長期化も辞さず - スポーツ報知 2017年11月15日掲載。
  55. ^ 役員の退職金規定について - 日本相撲協会公式ホームページ 2010年7月4日閲覧。
  56. ^ 妻子暴行の行司に2場所の出場停止処分」『スポニチアネックス』、2010年10月22日。2021年5月4日閲覧。
  57. ^ 女性殴って傷害容疑逮捕…呼び出しにけん責処分」『スポニチアネックス』、2011年12月22日。2021年5月4日閲覧。
  58. ^ 引退力士情報”. 日本相撲協会. 2019年12月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年6月16日閲覧。
  59. ^ a b “不要不急外出で親方処分 時津風降格、松ケ根けん責”. 日刊スポーツ (株式会社日刊スポーツ新聞社). (2020年10月1日). https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/202010010000576.html 2020年10月1日閲覧。 
  60. ^ a b 時津風親方を退職勧告 相撲協会「最大限に考慮しても相当と判断」 - Sponichi Annex 2021年2月22日
  61. ^ a b 竜電が計25回の不要不急外出で3場所出場停止処分 幕下陥落へ…新型コロナ規定違反」『スポーツ報知』、2021年5月27日。2021年5月27日閲覧。
  62. ^ a b 朝乃山、禁止期間中に10回キャバクラ通い 同行記者と隠蔽工作も」『日刊スポーツ』、2021年6月11日。2021年6月11日閲覧。
  63. ^ 朝乃山 提出された引退届は未受理 日本相撲協会は誓約書の提出求める」『デイリースポーツ』、2021年6月11日。2021年6月11日閲覧。
  64. ^ 朝乃山6場所出場停止、大関陥落決定 緊急事態宣言下にキャバクラで処分」『日刊スポーツ』、2021年6月11日。2021年6月11日閲覧。
  65. ^ 元朝潮の錦島親方、ガイドライン違反で退職「無責任かつ無自覚…言語道断」」『日刊スポーツ』、2021年6月11日。2021年6月11日閲覧。
  66. ^ 大麻使用で謹慎中の貴源治を懲戒解雇処分 常盤山親方を年寄への降格処分 - 日刊スポーツ 2021年7月30日
  67. ^ 春場所開催中にコロナ感染力士が出た場合は中止方針 - 日刊スポーツ 2020年3月1日
  68. ^ “エア力水”感染症拡大防止へ「形だけ」八角理事長 - 日刊スポーツ 日刊スポーツ 2020年3月1日
  69. ^ 八角理事長が異例の協会あいさつ、感染者出さず完走 - 日刊スポーツ 2020年3月22日
  70. ^ 高田川親方と白鷹山が新型コロナ感染 親方と関取では初 - 朝日新聞デジタル 2020年4月26日
  71. ^ 28歳勝武士さんコロナ死、国内20代で初の事例 - 日刊スポーツ 2020年5月13日
  72. ^ 力士らの抗体検査、希望者全員に実施へ 勝武士死去で”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2020年5月13日). 2020年5月14日閲覧。
  73. ^ 夏場所中止に理事長「現況の終息願う」コメント全文 - 日刊スポーツ 2020年5月4日
  74. ^ 大相撲7月場所は観客入れ開催、1日2500人程度 - 日刊スポーツ 2020年7月13日
  75. ^ 新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン”. 日本相撲協会. 2021年6月22日閲覧。
  76. ^ 阿炎の引退届を受理せず…今後迷惑かけたら即引退 - 日刊スポーツ 2020年8月6日
  77. ^ 玉ノ井部屋は秋場所全休 新型コロナ角界の主な動き - 日刊スポーツ 2020年9月10日
  78. ^ 玉ノ井部屋新たに5人コロナ感染、32人中24人に - 日刊スポーツ 2020年9月15日
  79. ^ 集団感染で休場の力士、番付の扱いを場所後話し合い - 日刊スポーツ 2020年9月11日
  80. ^ 新型コロナ:玉ノ井部屋の番付据え置き コロナ集団感染、異例判断 - 2020年9月30日
  81. ^ 時津風親方を謹慎 感染対策ガイドラインに違反 - 日刊スポーツ 2020年9月11日
  82. ^ 松ケ根親方も感染対策ガイドライン違反で秋場所謹慎 - 日刊スポーツ 2020年9月12日
  83. ^ 新型コロナ:相撲協会、時津風親方を2階級降格処分 コロナ指針違反で - 日本経済新聞 2020年10月1日
  84. ^ a b 大相撲11月場所初日 入場者上限5000人に拡大 マス席も2人用に - 毎日新聞 2020年11月8日
  85. ^ 11月場所も東京開催決定 福岡への移動考慮 - SANSPO.COM 2020年7月14日
  86. ^ 立浪部屋 天空海ら力士7人がコロナ感染、計10人に…角界3部屋目のクラスター発生 - Sponichi Annex 2020年12月11日
  87. ^ 荒汐部屋 親方、十両・若元春含む11人が新型コロナ感染 - Sponichi Annex 2021年1月1日
  88. ^ 相撲協会、約55億円の赤字見込み コロナで打撃 SANSPO.COM 2020.12.25 21:42 (2021年1月9日閲覧)
  89. ^ コロナ禍による観客数制限で相撲協会赤字約50億円 日刊スポーツ 2021年3月13日9時2分 (2021年3月13日閲覧)
  90. ^ 相撲協会20年度決算 過去最大額約50億円の赤字 日刊スポーツ 2021年3月29日19時39分 (2021年3月30日閲覧)
  91. ^ 力士たちが「新型コロナ倒産」を心配している? サンデー毎日 2020年5月24日号 (2021年3月31日閲覧)
  92. ^ 初場所は予定通り 広報部長は延期、無観客も否定 - 日刊スポーツ 2021年1月4日
  93. ^ 初場所 観客上限5000人、ちゃんこ販売中止…相撲協会が“緊急事態”対応を決定 - Sponichi Annex 2021年1月9日
  94. ^ 共同通信 (2021年4月23日). “夏場所前も全協会員検査 新型コロナ、3場所連続 | 共同通信” (日本語). 共同通信. 2021年6月22日閲覧。
  95. ^ 白鵬 新型コロナ感染 3日に嗅覚異常の症状 10日初日の初場所出場は絶望的 - Sponichi Annex 2021年1月5日
  96. ^ 白鵬以外15力士陰性も宮城野部屋全員休場へ 芝田山広報部長「濃厚接触者にあたる可能性がある」 - スポーツ報知 2021年1月7日
  97. ^ 千代翔馬ら5人感染 関取15人含め力士65人休場 - 日刊スポーツ 2021年1月9日
  98. ^ 戦後最多、十両以上16人休場 感染広がる異例の大相撲初場所、10日に開幕 - 毎日新聞 2021年1月9日
  99. ^ 貴景勝も…戦後最多関取17人が休場 左足首負傷で綱獲り一転…来場所カド番 - Sponichi Annex 2021年1月20日
  100. ^ 美ノ海が休場 十両以上18人目、戦後最多を更新 - 日刊スポーツ 2021年1月23日
  101. ^ 勢が左手骨折で休場、十両以上休場者19人最多更新 - 日刊スポーツ 2021年1月24日
  102. ^ 幕内格行司で湊部屋所属の木村元基がコロナ感染 - 日刊スポーツ 2021年1月4日
  103. ^ 九重部屋でクラスター 部屋全体で感染者14人に - Sponichi Annex 2021年1月20日
  104. ^ 全休措置の九重部屋で新たに3人感染、計17人に - 日刊スポーツ 2021年1月24日
  105. ^ 休場力士の番付、幕下据え置き 関取は公平性保つ - 日刊スポーツ 2021年1月27日
  106. ^ 関取はコロナ休場の救済なし 据え置きなら影響大 - 日刊スポーツ 2021年1月27日
  107. ^ コロナ全休は幕内据え置きで十両1枚降下、大相撲春場所新番付 - 産経ニュース 2021年3月1日
  108. ^ 大相撲 琴貫鐵が使用禁止のSNSで引退を発表「コロナが怖い」 - Sponichi Annex 2021年1月9日
  109. ^ コロナ恐怖で引退琴貫鐵「休場には診断書」協会説明 - 日刊スポーツ 2021年1月9日
  110. ^ 「コロナ怖い」で力士の休業認めず…法的問題は?会社員ならば同様の理由で休める?|まいどなニュース” (日本語). まいどなニュース(2021年1月19日). 2021年6月23日閲覧。
  111. ^ 芝田山広報部長 ツイッターで引退発表の元琴貫鉄に「こうなったら師匠の手にも負えない」 - Sponichi Annex 2021年1月10日
  112. ^ コロナ恐怖の序二段琴貫鐵ら引退力士14人を発表 - 日刊スポーツ 2021年1月27日
  113. ^ 引退の元琴貫鉄の柳原大将さん 過去に心臓手術していた YouTubeで告白 -Sponichi Annex 2021年1月11日
  114. ^ 「コロナ怖い」苦渋の引退決意、琴貫鉄を支持する声「勇気ある決断」「正しく怖がった結果」【大相撲】:中日スポーツ・東京中日スポーツ” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ(2021年1月9日). 2021年6月23日閲覧。
  115. ^ なぜやる?休場力士が続出し新型コロナ恐怖で琴貫鐵が電撃引退でも大相撲初場所強行の異常事態にネットは批判炎上! - THE PAGE 2021年1月10日
  116. ^ 春場所は東京開催、コロナ状況などで大阪から変更 - 日刊スポーツ 2021年1月28日
  117. ^ 小野川親方と音羽山親方がコロナ陽性 750人PCR検査で判明、力士は全員陰性 - Sponichi Annex 2021年3月11日
  118. ^ 山響、尾上部屋は春場所全休…部屋付き親方が新型コロナ感染 - スポーツ報知 2021年3月13日
  119. ^ a b 感染禍の相撲協会 春場所休場の協会員を発表/一覧 - 日刊スポーツ 2021年3月13日
  120. ^ 新型コロナ: 大相撲夏場所、5月11日まで無観客 26日理事会で正式決定へ - 日本経済新聞 2021年4月23日
  121. ^ 夏場所、4日目から有観客 大相撲 - 時事ドットコム 2021年5月7日
  122. ^ 東龍が新型コロナ感染 大相撲 - 産経ニュース 2021年4月19日
  123. ^ 力士1人がコロナ感染 大相撲 - 時事ドットコム 2021年4月13日
  124. ^ 自粛期間中に無断で外出か…竜電 休場理由にコロナガイドラインに抵触の可能性 - Sponichi Annex 2021年5月8日
  125. ^ 本紙元記者を諭旨解雇に 朝乃山関との深夜会食で - Sponichi Annex 2021年6月11日
  126. ^ 大関・朝乃山 緊急事態宣言中に神楽坂キャバクラ通い - 文春オンライン 2021年5月19日
  127. ^ 朝乃山「キャバクラ通い」一転認める 虚偽報告も加わり厳罰必至 - 日刊スポーツ 2021年5月19日
  128. ^ 竜電が計25回の不要不急外出で3場所出場停止処分 幕下陥落へ…新型コロナ規定違反 - スポーツ報知 2021年5月27日
  129. ^ 朝乃山6場所出場停止、大関陥落決定 緊急事態宣言下にキャバクラで処分 - 日刊スポーツ 2021年6月11日
  130. ^ 元朝潮・錦島親方退職へ 外食バレた“師弟”で違反 朝乃山は最大6場所出場停止/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online(2021年6月11日). 2021年6月13日閲覧。
  131. ^ 元朝潮の錦島親方、ガイドライン違反で退職 禁止されていた複数回外食 - 日刊スポーツ 2021年6月11日
  132. ^ 大相撲名古屋場所に向け「御免札」 コロナ禍で2年ぶり - 朝日新聞デジタル 2021年6月16日
  133. ^ 経過観察は升席で…千秋楽一夜明けの国技館で地元高齢者ら接種 : 社会 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年5月24日). 2021年6月27日閲覧。
  134. ^ 日本テレビ放送網株式会社. “#083 ワクチン接種にスポーツ界が協力|プライチ”. 日本テレビ(2021年5月24日). 2021年6月27日閲覧。
  135. ^ <新型コロナ>両国国技館でワクチン接種 相撲協会が提案…墨田区民や親方、力士ら対象:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web(2021年2月14日). 2021年6月27日閲覧。
  136. ^ 日本放送協会. “国技館が東京 墨田区の集団接種会場に 親方も接種受ける”. NHKニュース(2021年5月24日). 2021年6月27日閲覧。
  137. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年5月24日). “両国国技館でワクチン接種 土俵近くの「升席」で待機” (日本語). 産経ニュース. 2021年6月27日閲覧。
  138. ^ 力士や親方、墨田区民とともに国技館で集団接種 : 大相撲 : スポーツ : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年6月23日). 2021年6月27日閲覧。
  139. ^ 大相撲、力士や親方らワクチン接種 名古屋場所控え” (日本語). 毎日新聞(2021年6月23日). 2021年6月27日閲覧。
  140. ^ 7月場所は恒例「相撲列車」なし 部屋ごとに移動 - 日刊スポーツ 2021年4月1日
  141. ^ 力士とのふれあいどころか『完全隔離』…2年ぶりの名古屋場所 宿舎は感染対策に苦心「目隠しする話も」 - FNNプライムオンライン 2021年6月16日
  142. ^ 1年4カ月ぶり地方開催、名古屋場所のコロナ感染対策実績が福岡につながる - 大相撲裏話 - 日刊スポーツ 2021年7月18日
  143. ^ 八角理事長「お客さんにも感謝」1年8カ月ぶり有観客地方場所で感染者なし - 日刊スポーツ 2021年7月18日
  144. ^ 高砂部屋でクラスターが発生 師匠や大関・朝乃山ら7人が感染 - スポーツ報知 2021年7月27日
  145. ^ 白鵬が柔道会場訪れていた SNSで露呈「大きな問題だよ」芝田山広報部長 - 日刊スポーツ 2021年8月2日
  146. ^ 白鵬はNOC関係者として柔道会場訪問か 組織委は中止や処分を「検討していない」 - Sponichi Annex 2021年8月3日
  147. ^ 白鵬ら宮城野部屋の全員が秋場所休場 北青鵬陽性後に新たに1人感染判明 - 日刊スポーツ 2021年9月6日
  148. ^ 大相撲に「NO!3密」告知旗 懸賞旗風に土俵くるくる 新型コロナウイルス - 朝日新聞デジタル 2020年7月31日
  149. ^ 昭和の大横綱・大鵬、急死…最期は優しい顔 SANSPO.COM 2013年1月20日
  150. ^ 北の湖さん協会葬、鈴木大地長官ら2500人が参列 日刊スポーツ 2015年12月22日閲覧

外部リンク[編集]