もぎり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

もぎり(捥り)とは、劇場・映画館・競技会場などの入場口や受付で、入場券の半券をもぎ取ることを指す。

概要[編集]

本義は果樹から果実をもぎ取ることを指す。「無理に引きちぎる」という意味の他動詞「もぐ」(蝶の羽を〜)と、その自動詞「もげる」(人形の腕が〜)。ここから梨・林檎・柿などの「成熟した果実をひねり取る」という意味の他動詞「もぎる」が派生、その名詞形が「もぎり」である。

元は「大入りの観客を得る」ことを「大収穫を得る」にかけた演劇界の業界用語だったが、これが次第に大勢の観客が集まる他の分野へと波及した。

また上記のもぎりを行う係の者も「もぎり」と言われる。若い女性のもぎりのことを特に「もぎり嬢」ともいう。もぎりというと末端の仕事のようだが、そうでないこともある。例えば大相撲本場所の木戸口でもぎりをしているのは力士OBの親方たちである[1]

派生的表現[編集]

  • トマト・ナス・ピーマン・キュウリ・カボチャなどの野菜を摘むことも「もぎり」と言われる。また地域によっては、トウモロコシの一粒ひとつぶを指で取ることも「もぎり」と言う。
  • ドットインパクト式プリンター用の印刷用紙から「耳」(左右の掛かり穴のある部分)を切り離すこと。もぎ取られる入場券の半券には通常ちぎりやすいようにミシン目が打ってあることからの連想。
  • 自動車修理工場などで、ある車にすぐにどうしても必要な部品を、やむを得ず別の車から取り外すこと[2]。無理に引きちぎることからの連想。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.kokugikan.co.jp/guide03.html
  2. ^ http://www.daitouryu.com/japanese/column/aikiage/col_mogiri.html