隆の勝伸明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
隆の勝 伸明 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 舛ノ勝 → 舛の勝 → 隆の勝
本名 石井 伸明
生年月日 (1994-11-14) 1994年11月14日(23歳)
出身 日本の旗 日本千葉県柏市
身長 183.0cm
体重 155.0kg
BMI 46.28
所属部屋 千賀ノ浦部屋
得意技 押し
成績
現在の番付 東前頭14枚目
最高位 東前頭14枚目
生涯戦歴 220勝163敗(50場所)
幕内戦歴 0勝0敗(0場所)
データ
初土俵 2010年3月場所
備考
2018年8月27日現在

隆の勝 伸明(たかのしょう のぶあき、 1994年11月14日 - )は、千葉県柏市出身で千賀ノ浦部屋所属の現役大相撲力士。本名は石井伸明(いしい のぶあき)。身長183cm、体重155kg、血液型はO型[1]。最高位は東前頭14枚目(2018年9月場所)。好物は肉料理(特に生姜焼き[2]。好きな言葉は「笑う門には福来る」。

来歴[編集]

6人兄弟の4番目で、他の兄弟は皆細身だったのに対し、伸明少年のみ体格に恵まれており、小学1年の時から地元の相撲大会に出場し、中学時代には全国中学校相撲選手権に千葉県代表として団体戦メンバーの1人として出場。同じ団体戦メンバーには大翔鵬がいた。中学卒業と同時に千賀ノ浦部屋に入門。四股名は師匠の19代千賀ノ浦(元関脇・舛田山)の現役時代の四股名から一字貰った「舛ノ勝」とした。入門同期生には千代ノ皇らがいる。

2010年3月場所で初土俵を踏み、前相撲は二番出世。序ノ口を1場所で、序二段と5場所でそれぞれ通過。この間2010年11月場所の負け越し(2勝5敗)以外は全て勝ち越し、2011年7月場所で三段目に昇進。三段目でも2011年9月場所の負け越し(3勝4敗)以外は全て勝ち越し、2012年5月場所で幕下に昇進した。2014年に2回三段目落ちを経験したが1場所で幕下復帰をして、2015年1月場所以降は幕下に定着した。2016年4月に師匠が20代千賀ノ浦(元小結・隆三杉)へ代替わりし、部屋が出羽海一門から貴乃花一門へ移籍すると、貴乃花一門の貴乃花部屋阿武松部屋へ出稽古へ通うようになって良質な稽古を積めるようになり[3]、幕下上位へ定着した。2017年1月場所で、四股名を読みはそのまま「舛の勝」へ変更した。師匠の考えで、心機一転などの意味合いを込めた改名であったが、改名後は勝ち越しを続けて、同年9月場所で自己最高位となる東幕下3枚目の番付で6勝1敗としたことで、翌11月場所での新十両昇進が決まった。また、十両昇進に合わせて、20代千賀ノ浦の現役時代に因み、四股名を「隆の勝」へ再改名した。新十両昇進に際して隆の勝は「本当に夢みたい。目標にしていた場所に上がれてめちゃくちゃうれしい」と喜びを見せる一方で、「同期の輝や、(年下の)阿武咲貴景勝が活躍している。負けたくない気持ち」と闘志を見せた[4]。「11月場所はまずは勝ち越し、あわよくば十両優勝を目標としている[2]」と抱負を述べた。師匠からは「俺は新十両で10番“しか”勝てなかった」とさりげなくプレッシャーをかけられつつも[5]、最終的に9勝6敗で勝ち越し。その後も勝ち越しを続け、2018年5月場所は幕内昇進を伺う西十両3枚目まで番付を伸ばした。直前の5月7日に時津風部屋で行われた幕内力士8人が集まって行われた合同稽古では時津風一門の横綱である鶴竜と5番取って1勝4敗、この日唯一鶴竜に土を付けた力士となった[6]。場所では序盤から黒星が先行して12日目に関取として初の負け越しが決定。しかし残りを3連勝として1点の負け越しに抑えた。番付を半枚落として迎えた7月場所は先場所から一転して持ち味の押し相撲が冴え、特に中日以降は7連勝とするなど13勝2敗の好成績を挙げた。9日目から星の差1つで追走していた貴ノ岩が千秋楽で旭秀鵬に敗れたため優勝決定戦にも進出したが、引き落としで敗れて十両優勝は果たせなかった。十両で13勝を挙げながら優勝できなかったのは2014年7月場所の逸ノ城以来4年ぶりとなる。それでも続く9月場所は新入幕を果たし、東前頭14枚の地位を与えられた。両国国技館内で内で行われた記者会見では「幕内はテレビでみる世界だった。番付の一番上に名前が載り本当にうれしい。めちゃめちゃ、うれしいです」と話し、師匠は「今はまだ通過点。ぜひ、なってほしい」と自分が経験した三役力士への成長を願った[7]

エピソード[編集]

  • 田名部生来AKB48に在籍していた頃「推しメン」として応援しており、十両昇進時に田名部との対談が実現している[2]
  • 十両昇進を機に琴剣の描いた化粧廻しを使用している[5]
  • ONE OK ROCKのファン[4]

主な成績[編集]

2018年7月場所終了現在

通算成績[編集]

  • 通算成績:230勝163敗(50場所)
  • 幕内成績:0勝0敗(0場所)
  • 十両成績:46勝29敗(5場所)

場所別成績[編集]

隆の勝 伸明
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
2010年
(平成22年)
x (前相撲) 東序ノ口17枚目
4–3 
西序二段103枚目
5–2 
西序二段55枚目
5–2 
西序二段13枚目
2–5 
2011年
(平成23年)
西序二段52枚目
4–3 
八百長問題
により中止
西序二段26枚目
5–2 
西三段目75枚目
5–2 
西三段目45枚目
3–4 
東三段目62枚目
5–2 
2012年
(平成24年)
東三段目36枚目
5–2 
西三段目10枚目
4–3 
東幕下60枚目
4–3 
西幕下51枚目
4–3 
西幕下44枚目
4–3 
東幕下36枚目
3–4 
2013年
(平成25年)
西幕下44枚目
6–1 
東幕下18枚目
3–4 
東幕下28枚目
4–3 
東幕下23枚目
2–5 
東幕下40枚目
3–4 
西幕下46枚目
2–5 
2014年
(平成26年)
東三段目筆頭
4–3 
東幕下53枚目
4–3 
東幕下46枚目
4–3 
西幕下38枚目
3–4 
東幕下48枚目
2–5 
東三段目11枚目
5–2 
2015年
(平成27年)
東幕下48枚目
6–1 
東幕下20枚目
5–2 
東幕下12枚目
2–5 
西幕下29枚目
5–2 
西幕下14枚目
2–5 
東幕下32枚目
4–3 
2016年
(平成28年)
東幕下26枚目
4–3 
東幕下22枚目
5–2 
東幕下11枚目
3–4 
東幕下17枚目
4–3 
西幕下13枚目
5–2 
東幕下6枚目
2–5 
2017年
(平成29年)
東幕下15枚目
5–2 
東幕下8枚目
4–3 
西幕下6枚目
4–3 
東幕下5枚目
4–3 
東幕下3枚目
6–1 
西十両13枚目
9–6 
2018年
(平成30年)
東十両9枚目
9–6 
西十両6枚目
8–7 
西十両3枚目
7–8 
東十両4枚目
13–2[8] 
東前頭14枚目
 
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 舛ノ勝 伸明(ますのしょう のぶあき)2010年3月場所-2016年11月場所
  • 舛の勝 伸明(ますのしょう のぶあき)2017年1月場所-2017年9月場所
  • 隆の勝 伸明(たかのしょう のぶあき)2017年11月場所-

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2017年5月号(夏場所展望号)別冊付録 平成29年度版 最新部屋別 全相撲人写真名鑑35頁
  2. ^ a b c 『大相撲ジャーナル』2017年12月号p122 -123
  3. ^ 舛の勝 足踏み乗り越え開花目前 時事ドットコム 大相撲 新星探査
  4. ^ a b 『大相撲中継』2017年11月18日号 p57
  5. ^ a b 新十両の隆の勝が琴剣イラスト化粧まわしで土俵入り 2017年11月12日19時38分 スポーツ報知(報知新聞社、2018年8月29日閲覧)
  6. ^ 鶴竜、栃ノ心も気になる存在とは?十両・隆の勝から目が離せない Sponichi Annex 2018年5月10日 10:30(スポーツニッポン新聞社、2018年8月29日閲覧)
  7. ^ 隆の勝が新入幕「本当にうれしい」初土俵から8年半 日刊スポーツ 2018年8月27日16時43分(日刊スポーツ新聞社、2018年8月28日閲覧)
  8. ^ 十両優勝決定戦進出

関連項目[編集]

外部リンク[編集]