若の里忍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
若の里忍 Sumo pictogram.svg
Wakanosato 08 Sep.jpg
入場する若の里
基礎情報
四股名 若の里 忍
本名 古川 忍
愛称 コガワ
生年月日 (1976-07-10) 1976年7月10日(42歳)
出身 青森県弘前市
身長 185cm
体重 163kg
BMI 47.63
所属部屋 鳴戸部屋 → 田子ノ浦部屋
得意技 左四つ、寄り
成績
現在の番付 引退
最高位関脇
生涯戦歴 914勝783敗124休(140場所)
幕内戦歴 613勝568敗124休(87場所)
優勝 十両優勝4回
幕下優勝1回
序ノ口優勝1回
殊勲賞4回
敢闘賞4回
技能賞2回
データ
初土俵 1992年3月場所[1]
入幕 1998年5月場所[1]
引退 2015年7月場所
(番付上は2015年9月場所)[1]
引退後 年寄・西岩
趣味 スポーツ観戦
備考
金星2個(若乃花1個、朝青龍1個)
2015年9月3日現在

若の里 忍(わかのさと しのぶ、1976年7月10日 - )は、青森県弘前市出身で鳴戸部屋(引退時は田子ノ浦部屋)に所属していた元大相撲力士。本名は古川忍(こがわ しのぶ)、愛称はコガワ。現役時代の体格は身長185cm、体重163kg、血液型はO型。最高位は東関脇[1]

「怪力」として知られ、現役時代は大関の有力候補と言われた。だが大関取りの絶好期だった場所に負け越したり、さらには大怪我の繰り返しに泣いて、結果大関昇進は果たせなかった。得意手は左四つ、寄り[1]。好物は納豆、しゃぶしゃぶ[2]。趣味は野球観戦、イラスト[3]

2018年2月1日に田子ノ浦部屋から独立し、現在は西岩部屋師匠として、後進の指導に当たっている。

来歴[編集]

1976年7月10日に青森県弘前市で誕生し、丁度元横綱・初代若乃花と生地を同じくした格好となっている。相撲との出会いは小学3年生の頃であり、学校の先生に「相撲の大会があるから出てみろ」と誘われ、そうして初めて出場した地元・弘前市の大会で優勝を収めた。遊び程度の感覚で出場して体の大きさだけで相撲を取っていたが、この時に賞状とメダルをもらい、親や先生に褒められたことで相撲にのめりこんだ。[4]10歳ごろから本格的に相撲を始め[5]、小学6年生で鳴戸から「これから部屋を起こすから来ないか」と勧誘された。[4]自分の学区の中学校には相撲部が無かったので、家から10km離れたところにある弘前市立第二中学校へ越境通学し、毎日1時間自転車を漕いで通学しながら相撲に励んだ。生地と川を挟んだ同県北津軽郡板柳町出身の高見盛青森市(旧南津軽郡浪岡町)出身の武州山は中学相撲の同学年のライバルだった。

小学生の頃は大相撲に興味のない古川であったが、中学3年生の夏ごろに大相撲の巡業が弘前市で行われ、当時小結の貴花田(のちの横綱・貴乃花)に稽古をつけてもらった。憧れの力士に2番相撲を取らせてもらい、そこから一気に力士になりたいと心が動いた。[6]中学を卒業する前に予てより勧誘のあった鳴戸に呼応して鳴戸部屋に入門し、1992年3月場所に本名の「古川」の四股名で初土俵を踏んだ。初土俵の同期には旭天鵬[7]旭鷲山春ノ山駿傑、かつて同部屋だった隆乃若などがいる。入門以降「1日100番を超える」厳しい稽古で鍛えられ[8]1995年7月場所に幕下に昇進し、1997年3月場所では自身初の幕下優勝を決め、同年11月場所に新十両に昇進すると四股名を「若の里」に改名し、この場所では須佐の湖との優勝決定戦を制し、新十両での十両優勝を決めた[9]若の里の四股名は師匠の四股名「隆の里」と大師匠にあたる「若乃花」に由来しており、鳴戸からはそれだけ大器と評され、引退するまで四股名を変えることは無かった。実際四股名に関しては2017年のスポーツ報知の記事で「十両に上がったときにしこ名を頂いたんです。師匠の師匠の『若乃花』の若という字と、師匠の『隆の里』の里という字をとってですよ。両方とも横綱でしょ、師匠にしてみれば自分と自分の師匠の名前を一文一文字ずつ、つけた。その名前をもらったときはうれしかったし、それだけ期待してくれてたんだなっていう。気持ちは感じましたね」と、この四股名の由来が事実であることを認めた[10]。翌1998年5月場所で新入幕を果たし、同年11月場所では11日目に横綱・若乃花に勝ち自身初の金星を獲得した(この場所は14日目から休場したため勝ち越しは果たせなかった)。

その後、度重なる怪我で休場を繰り返すが2000年11月場所では自身初の三役となる小結に昇進し勝ち越すと、翌2001年1月場所では自己最高位でもある関脇に昇進した。2000年9月場所から3場所連続で三賞を獲得している[1]。この頃から大関昇進の声が上がり始め、2003年11月場所と2005年1月場所の2度、関脇で連続2桁勝利を挙げその場所大関獲りのチャンスを掴んだものの2度共に負け越して失敗し結局大関昇進はならなかった。また、大関取りが期待された2005年1月場所には角番大関の千代大海に勝ち越しを献上してしまうという屈辱を味わった。

2005年9月場所より再び大怪我に襲われ(この場所が自身最後の関脇と三役になった)、2006年11月場所には6年ぶりとなる十両とさらに十両下位の11枚目まで陥落した。十両では格の違いを見せつけるかと思われたが下半身の不安の為思ったほど星が伸びず、1月場所では9日目を終わって4勝5敗と意外な苦戦を強いられる。それでも翌年3月場所には再入幕を果たし、その場所では11勝4敗の好成績を収めた。翌5月場所も10勝5敗と勝ち越したため、7月場所では久方ぶりに上位との対戦が組まれる位置まで上がったものの結局5勝10敗と負け越した。その後も幕内中位では勝ち越しするものの上位では負け越すという状態が続いていた。2009年3月場所11日目、前頭2枚目・琴奨菊に物言いがつきながらも土俵際の捨て身の突き落としで勝った一番で右足を痛め、翌日から途中休場(琴奨菊は負け越し)。翌5月場所は初日から休場したため、3度目となる十両陥落が必至となった[11]。翌7月場所は十両に下がったものの幕内経験で圧倒的な強さを見せ付け益荒雄の持つ記録(全5回)に次ぐ4回目の十両優勝を果たし、翌9月場所は通算3回目の再入幕となった。2011年11月場所も負傷休場し、2012年1月場所で4度目となる十両へ陥落しているが1場所で幕内に戻った。

同年7月場所では10日目に嘉風に勝ち、通算勝利数が貴乃花の794勝を越えて史上11位となった。翌9月場所2日目に宝富士に勝って通算勝利数を800勝とした。800勝到達は史上10人目。なお、この通算勝利数記録の上位には、若の里と同期で現役の旭天鵬も名を連ねており、この場所中には、史上初となる800勝力士同士の対戦も実現した。さらに、同年11月場所では3日目に朝赤龍の休場による不戦勝で通算勝利数が水戸泉の807勝を越えて史上10位に、また14日目にも北太樹に勝って通算勝利数が高見山の812勝を超えて史上9位となり1場所で2つの通算勝利数の記録を更新した。

2013年3月場所では9日目に嘉風に勝ち、通算勝利数が安芸乃島の822勝を越えて史上8位となった。この場所は9勝6敗と勝ち越した。同年7月場所では常幸龍に勝って幕内勝利数を600勝とした。同年9月場所では初日から7連敗し中日に初勝利をしたが最終的には4勝11敗と大敗し同年11月場所に十両に陥落。場所後に力の衰えを感じた若の里は引退を考えるも、15歳の頃に「1場所でいいから関取に上がりたい」と口にした記憶が頭をよぎったことで初心に返る形で現役続投を決意。[12]その場所は13日目に勝ち越しを確定させ最終的には8勝7敗と勝ち越した。

2014年1月場所は膝の内視鏡手術をした影響からか、初日から4連敗するなど振るわず12日目に負け越しを確定させ最終的には5勝10敗の大敗に終わった。同年3月場所では7日目に大道に勝ち、通算勝利数が寺尾の860勝を越えて史上7位となった。この場所は9勝6敗と勝ち越した。同年5月場所では双大竜に勝ち、勝ち越しを確定させたと同時に通算勝利数が大鵬の872勝を越えて史上6位となった。翌7月場所は37歳11ヶ月の年齢で再入幕を果たし、これは昭和以降では歴代5位の高齢記録であったが、この場所は途中で左上腕二頭筋を断裂した影響で力が出ず、5勝10敗の大敗で再び十両へと下がることになった[13]。西十両6枚目まで後退した11月場所は十両残留を確定させる4勝を最低限の目標としたが、2日目から5連勝するなど好調であり、この場所は9勝6敗で終えた(この場所が現役最後の勝ち越しとなった[14])。

2015年1月場所は西十両筆頭に番付を戻し、勝ち越せば再入幕する可能性もあったが12日目に負け越しを確定させ5勝10敗に終わった。同年3月場所では2日目に大道に勝ち史上6人目となる通算勝利数900勝をしたものの6勝9敗の負け越しに終わった。同年7月場所で西十両11枚目で11日目に負け越しを確定させ、14日目の旭日松に敗れた事で10敗目を喫し幕下陥落がほぼ決定的となり、本場所では現役最後となった千秋楽の一番では天鎧鵬に敗れ、最終的には4勝11敗の大敗を喫して幕下への転落が決定的となると引退を決意するが故郷である青森県で興行される夏巡業[15]に参加するために引退表明を先延ばしとし、同年9月3日に現役引退を正式に発表し、年寄・12代西岩を襲名した[16]。なお、番付編成後に引退を決めた為に同年9月場所の番付には東幕下四枚目で名前が残った。引退会見では「好きでこの世界に入りましたので、とても楽しかったです。本音を言えば、まだまだやりたかったですが、もう体がついてきませんでしたので、引退することになりました」と話し「もうケガするところがないくらい、ケガをしました。正直、ケガさえなければなという気持ちもありますけど、逆に言えば、ケガがあったからここまでできたのかなとも思います。ケガに強い体を、もっともっと若いときからつくれば良かったなと思います」と振り返った。直前の青森巡業の前に父が死去したことについては「本当はやっぱり、青森の巡業にも来てほしかったです。これから断髪式もありますので、そういったものにも来てほしかった。なんでもう、こんなに早く亡くなってしまったんだと」とコメント、思い出の一番として1998年9月場所の貴乃花戦と2014年11月場所の輝戦を挙げている。今後の指導にかける意気込みとして「20年間、鳴戸親方に育てていただきましたので、やはり、鳴戸親方の教えというのが、基礎になっていくと思います。稽古場では厳しく、自分たちがやってきたこと、鳴戸親方から教えてもらったことを伝えて行ければと思います」と語った。[17]2016年5月28日、両国国技館で襲名披露の断髪式を行い、約400人が断髪に参加。止め鋏は田子ノ浦が入れた。[18]断髪式前には、同郷で同学年の良きライバルだった元小結高見盛の振分親方との「最後の対戦」があり、また断髪式は四方に向きを変えての“回転式”で進行した。また、入門直後に中学の卒業式を欠席して卒業証書を受け取っていなかったため、演出として出身中学の元校長から卒業証書を授与された。[19]

私生活では2017年2月25日に第一子となる長女が誕生[20]

引退直後は田子ノ浦部屋付きの年寄として後進の指導に当たっていたが、2017年11月30日の日本相撲協会理事会で、2018年2月1日付での部屋独立が承認された。部屋名は西岩部屋となり、部屋の創設に合わせて田子ノ浦部屋から移籍した内弟子は2人だった[21]。2018年3月場所時点で弟子5人は皆未成年で、相撲の取り方もちゃんこの作り方もよくわからないため、稽古場で自ら廻しを締めて指導したり調理方法を伝授したりしている。同時点で、稽古で胸を出しても弟子に対してはビクともしないが「将来、自分が羽目板にぶつけられる日が来たら、こんなうれしいことはない。現役時代は屈辱的だったのにね」と思うところを語っている[22]

人物・エピソード[編集]

取り口[編集]

  • 上半身の逞しい固太りの体格で、腕力が強く、がっぷり四つで本領を発揮する。右四つでの寄り・投げが得意だが、左四つでも十分に取れ、もろ差しの上手さもある。投げに関しては廻しをとっての投げよりも掬い投げを得意とする。上位陣・実力者には強く殊勲賞4回と金星2つを持っている。一時は三役に定着し、大関候補筆頭と言われた時代もあったが無理な体勢で出ようとしたり、いい体勢なのに攻められなかったりして大事な星を幾つも落としてきた。何よりも立合いの甘さは長年変わらない課題であり、カチ上げや張り差しをやるが、腰が浮いてしまう嫌いがある。ベテランの域に入っても上半身の筋肉は衰えを見せず、2012年3月場所10日目には北の富士がNHK大相撲中継で「肩から腿までの筋肉!すごいねえ。よくあんな厳しい師匠のもとで十年も二十年もやってきたよね。俺ならもたないよ」と称賛していたほどである。

合い口[編集]

  • 中学生時代に稽古を付けてもらい尊敬していた貴乃花(現・一代年寄)には一度も勝てなかった。特に貴乃花が現役最後の場所となった2003年1月場所の初日では、若の里が貴乃花を土俵際まで追い詰めたものの、貴乃花が捨て身の小手投げを打つと若の里は思わず横転、貴乃花より若の里の方がわずかに早く体が落ちたため惜しくも初勝利はならなかった。この場所中に貴乃花が引退を表明した後、若の里は「一度勝ちたかったなあ…」と未練を残すコメントを述べている。
  • その貴乃花の兄である若乃花横綱土俵入りで同門力士ということで露払いを務めたことがある。貴乃花の露払いは、寺尾の引退相撲(貴乃花の引退相撲の前日)の1度のみ。
  • 小柄の突き押しの力士を苦手としており特に千代大海には5勝26敗、豪風には7勝18敗と大きく水をあけられている。逆に千代大海が7勝16敗と苦手としている琴欧洲には相性が良く、対戦成績は若の里の9勝5敗。得意の掬い投げでひっくり返すことが多い。
  • 白鵬には初顔から6連勝したがこれは白鵬に対する連勝記録としては全力士中最多であった。だがその後は一度も勝てず11連敗を喫した。
  • 朝青龍には10勝19敗(不戦勝1含む)であるが対朝青龍戦での10勝は栃東と並び3番目に多い。
  • 安美錦には12勝9敗と勝ち越しており初顔合わせから10連勝していたことがある。だが晩年は対安美錦戦に7連敗を喫した。
  • 高見盛には21勝4敗(勝率.840)で、勝率で高見盛に勝ち越している白鵬(5勝1敗・勝率.833)、元大関千代大海(9勝3敗・勝率.750)、栃東(7勝3敗・勝率.700)、魁皇(6勝3敗・勝率.667)、武双山(5勝3敗・勝率.625)、琴光喜(7勝3敗・勝率.700)らを上回っている。

年寄株関連[編集]

  • 2005年5月26日付で年寄名跡西岩を取得。
  • 2011年11月7日に、入門時の師匠であった13代鳴戸が死去。師匠が不在の部屋に所属する力士は土俵に上がれないため、関脇も長く務め年齢も35歳の若の里が現役を引退して部屋を継承する可能性もあった。実際に二所ノ関一門内の親方衆からも「お前が引退して部屋を継ぐべきだ」と言われたという。急遽開かれた、おかみさん、一門の親方衆との話し合いの場で、一門の総意として現役を引退して鳴戸を襲名し部屋を継承してくれと正式な打診があったが、若の里は現役続行を希望した[23]。その結果、部屋付きの9代西岩が鳴戸部屋を継承した。しかし、9代西岩改め14代鳴戸が、2013年に協会から年寄名跡証書の提出を求められた際に「鳴戸」の証書を提出することができずに「田子ノ浦」へ名跡変更したため、鳴戸部屋は田子ノ浦部屋に改称する形で消滅することになってしまった。

CM・タニマチ関連[編集]

  • 2012年5月場所後には日本唯一のウォーターベッドブランド「ウォーター・ワールド」で知られるドリームベッド株式会社のCMの撮影を受け、完成したCMは同年7月からBS朝日で放送された。だがこれが雑誌『相撲』で紹介されたのはそれから1年余り後の2013年11月号が発売されてからのことであった。同月の雑誌に同じ青森出身の幕内力士である宝富士のCMがすぐさま話題になったのを聞いてライバル意識を燃やしたという。[24]
  • 2014年9月7日、東京都内で愛知県長久手市にある形成外科・皮膚科「カレラクリニック」の石井徹院長から新しい化粧廻しを贈られた。4本目の化粧廻しを贈られてから10年以上経過しており、既に38歳であり年齢的に関取を維持できる保証が無いにも拘らず化粧廻しを新たに贈られた本人は「いつ引退してもおかしくない若の里ですから、最初、何かの間違いかと思った。ボロボロになるまで締めたい」と関取維持に向けた奮戦を誓い、さらに「幕内で締めたいのもあるし、来年の名古屋場所でも締めてみたい」と再入幕への意欲も示した[25]

相撲関連[編集]

  • 高見盛の引退以降、大関千代大海龍二ら平成10年代に活躍した昭和51年(1976年)生まれの力士、いわゆる花のゴーイチ組最後の関取経験者となった。
  • 巡業では風紀委員長を務め、現役晩年には力士の中でも特に指導的な役割を与えられた。[26]また、2014年12月8日には両国国技館内の相撲教習所で、日本相撲協会のファンサービス企画「相撲寺子屋」の特別講師を務めた。従来は親方らが大相撲の歴史や知識を伝える講師役だったが、公式ツイッターのフォロワー(読者)6万人突破を記念し、現役関取で初めて「教壇」に立った。[27]
  • 2015年2月8日、日本相撲協会によると現役力士初となる大相撲トーナメントのラジオ中継の解説者を務めた。当日は十両のトーナメント出場後に放送席へ直行し、そのまま幕内の解説を行った。[28]
  • 怪我の多さは手術の経験回数が物語っており、入門前にすでに左肩の手術を4回経験していた(中学時代の鎖骨骨折)。入門後には右膝を2回、左膝を1回、右足首を1回、右足の甲を1回手術しており、2013年12月2日の右膝の手術が9回目の手術となった。この経験から部屋の若い力士たちには「痛い痛いって、手術を5回してから言いなさい」と冗談交じりに言っているという。[29]
  • 2013年9月場所に自身初の皆勤での十両陥落を喫したことで西十両5枚目の地位を与えられた2013年11月場所に再起を懸ける若の里は、場所前の2013年10月30日の稽古中に体長5センチを超えるスズメバチに刺されそうになった。37歳にして十両落ちを経験するという苦境に立たされた若の里であったが、その11月場所は8勝の勝ち越しで終えた。結果的にハチの襲来が「8勝」を連想させ縁起を担いだ恰好となった。[30]
  • 2014年11月場所に2013年11月場所まで2年以上付き人を務めていた新十両のと対戦し、これに勝利。若の里は「今まで付け人と対戦する経験がなかったので、負けられない気持ちで緊張した。身内と戦うような、嫌な気持ちでしたね。やりにくかった」と振り返った。[31][32]
  • 輝は若の里の付き人を行っていた際の思い出を「若関は、『力士は、その土地土地のうまいものをたらふく食べて名産物や味を覚えるのも大事なんだぞ。食え、食え!』といつも腹いっぱい食べさせてくれていたんですよ。ある日、酔っ払って、『いつか、自分の付け人が関取になって巡業で一緒にメシを食い、奢ってもらうのが夢なんだよなぁ』と言っていたことがあったんです。『自分が関取になったら、若関をお誘いしてご馳走しよう』と、ずっと心に決めていました」と語ったことがある[33]。2015年3月場所後の春巡業で、「静岡で時間を作ってもらえませんか。今までのお礼を込めて僕にご馳走させてください。」と申し入れ、若の里も喜んだが、膝の治療で巡業を途中休場したため実現しなかった。[34]
  • 2015年8月15日夜、実際に輝は若の里に食事を奢ろうと、初めて付き人として食事に誘ってもらった仙台の牛タン専門店を選んだ。実際には奢ったわけではないが「俺が昔に言ったことを覚えていて、声を掛けてくれただけで、それだけで嬉しいんだよ。待ってた言葉だ。それで十分だ。本気でお前に金を出してもらおうなんて思ってないから。ほら、達、今日は腹いっぱい食え!」と若の里は言った[35][36]
  • 若の里の現役最後の巡業において、輝は3週間の巡業期間中、毎日若の里の隣に明け荷を置いて、若の里の帯を引っ張ったり、浴衣を着せた。青森県野辺地巡業では、「最後だから、僕に締込を引っ張らせて下さい。」と志願し、若の里現役最後の締込を締めた。輝は巡業が終わって数日後、同じく若の里の付け人をしていた大由志と一緒に、若の里を呼び出し、アルマーニのネクタイとマグナーニの靴をプレゼントした[37]
  • 述べ100人を超えた付け人に対し、ミスをした時は厳しく叱っていた。しかし、長野県で入院中にある看護師が手術の準備で大事なことを忘れたのに院長が叱りもせず淡々としていたのを見て、「看護師さんが重大なミスを犯したのに、院長さんはなぜ叱ったりしないのですか。」と尋ねた。院長は「医師は看護師さんがいなければ、仕事ができません。看護師さんのおかげで手術もできるのだから、一生懸命に仕事をした結果のミスは叱れません。」と答えた。一生懸命仕事をしている人間は、ミスをしたら自分自身で反省しているのに、上の立場の人間が厳しく叱責したところで効果もそれほどない、むしろ逆効果に思うようになり、考えを改めたという[38]

13代鳴戸との関係[編集]

  • 若の里は鳴戸部屋の古参であり、家族で例えると「長男」であった。そのため鳴戸部屋ではいわゆる怒られ役であり、本人は「僕は一番先頭を行く者として風当たりが強い感じはしていました。それも自分の置かれた立場というか、そういうものだと思っていましたから」と振り返っている[10]
  • 13代鳴戸が課した稽古に関しては「稽古中は『水はよく飲め』と言われてました。意外にね、新しいことを取り入れる人だったんです。だから『ウエイトトレーニングは相撲取りはやるもじゃない。四股、てっぽう、すり足だ』と言う人もいるけど、うちの師匠には入門したときから『ウエイトトレを毎日やれって』と言われていたんです」と証言している[10]
  • 食事に関しては13代鳴戸から既製品を与えられたことは一切無く、若の里は引退後に「買ったものは全部ダメ。コンビニもそうだし総菜もダメ。インスタント食品も絶対ダメ。師匠の前では食べたことはない。こっそりは? それはあります(笑い)。例えば麺類もすべて。うどん、そば、ラーメン…。買ってきたものは食べたことがない。どうやって? 自分たちでうったんですよ」と証言している。ちゃんこの調理については「メニューは師匠が全部チェック。まず作る前。昼も夜もなんですが、ちゃんこ番がメニューを全部決めて決めたら紙に書いて持っていく。師匠がバランスを見て、ダメならメニューを考え直せ、OKなら作り始める。師匠のGOサインがなかったら作り始められなかったんですよ。で、作り終わっても、まず全部の種類を師匠が食べて、味見してからじゃないとみんなが食べられない。味付けが悪かったら、『もう少し塩、しょうゆたせ』。全部チェックしてなおかつ直してから、食べ始めたという」とその厳しさを物語った[10]
  • 出稽古にはかつて鳴戸部屋があった同じ松戸市にある佐渡ヶ嶽部屋に13代鳴戸が運転する車で連れて行ってもらったり、自転車で行ったこともある。鳴戸部屋が出稽古を禁止しているという話は引退後に若の里自身が「次第に部屋に関取が増えてきて、自分の部屋で稽古ができたから行かなくなっただけ。そうしたらいつの間にか『出稽古しない部屋だ』となって、そのあと『出稽古禁止』になってしまった。よく朝青龍関や白鵬関も来ていましたしね。松戸の部屋にも、地方場所もよく来ていましたよ。どちらかと言うと、みんなが来てくれる感じになっていったんです。全然だれも受け付けないわけじゃないんです」と明確に否定している[10]
  • 師匠の13代鳴戸が亡くなる日の夕方、師匠の個室に呼ばれて、「部屋頭のお前がしっかりしないから若い力士たちがだらしないんだ。今まで教えたことをもっとしっかりやりなさい。部屋頭の責任は重いぞ。俺は体調が良くないから病院に行ってくる。よく考えてしっかりやれ。」と2時間近く話を聞いた。その後、病院に向かうのを見送ったのが永遠の別れとなった[39]

その他[編集]

  • 2014年11月27日、葛城市当麻の同市相撲館「けはや座」に、若の里関が東日本大震災の被災地を描いた油絵が届き、同月30日まで2階展示室で公開された。[40]
  • 2015年7月場所前夜祭のトークショーで、同期の旭天鵬が若の里の入門以来24年間に渡って自身の本名を「こばやし」と読み間違えていることを明かした[41]

略歴[編集]

  • 1992年3月場所 - 鳴戸部屋に入門、初土俵
  • 1997年11月場所 - 新十両、初の十両優勝
  • 1998年5月場所 - 新入幕、10勝5敗で敢闘賞受賞
  • 1998年11月場所 - 11日目に横綱・若乃花から初金星をあげるも13日目に小結・武双山戦で右腓骨骨折、14日目から休場
  • 1999年11月場所 - 11日目で左膝関節内側半月板を損傷、公傷が認められるも回復が遅れ、翌年5月・7月の2場所は十両に陥落するも、十両では格の違いを見せつけ、2場所連続十両優勝して幕内に復帰。
  • 2000年11月場所 - 新三役(小結昇進)、横綱・を倒して殊勲賞受賞
  • 2001年1月場所 - 関脇昇進、横綱・武蔵丸を倒して2場所連続殊勲賞受賞
  • 2002年1月場所 - 2000年11月場所の小結昇進以降2度平幕に陥落したが、この場所から2005年1月場所まで19場所連続三役関脇・小結)在位[1]
  • 2005年11月場所 - 右大腿二頭筋断裂のため初日から全休
  • 2006年1月場所 - 番付を東前頭16枚目まで大きく下げた。勝ち越し(10勝5敗)。
  • 2006年3月場所 - 東前頭11枚目で11勝4敗の好成績を挙げ、翌場所は久々に上位復帰。
  • 2006年5月場所 - 西前頭2枚目で迎えた2日目に横綱・朝青龍から8年ぶりの金星をあげ、その翌日も大関・琴欧州を破り、期待されたが、4日目から7連敗で早くも10日目に負け越しが決定。その後粘ったが、6勝9敗。
  • 2006年7月場所 - 東前頭6枚目に番付を下げ初日から3連勝と好調だったが、4日目の前頭4枚目・安馬戦で敗れた際に右膝の前十字靭帯を損傷し、全治2ヶ月と診断され、5日目から途中休場。
  • 2006年9月場所 - 前場所での怪我が回復せず、番付は東前頭14枚目で全休。翌場所は6年ぶりの十両転落。
  • 2006年11月場所 - 東十両11枚目で勝ち越し(10勝5敗)。
  • 2007年1月場所 - 西十両4枚目で勝ち越し(9勝6敗)、2回目の再入幕を決める。
  • 2007年3月場所 - 再入幕で11勝4敗の好成績を収める。
  • 2007年5月場所 - 2場所連続の2桁勝利となる10勝を挙げる。
  • 2009年3月場所 - 東前頭5枚目に番付を下げ、5勝5敗で迎えた11日目、前頭2枚目・琴奨菊に勝った一番で右足を骨折、全治3か月と診断され、翌12日目から途中休場。
  • 2009年5月場所 - 前場所での怪我が回復せず、全休となる。
  • 2009年7月場所 - 西十両6枚目で14勝1敗の好成績をあげて4回目の十両優勝。
  • 2009年9月場所 - 3回目の再入幕。
  • 2011年11月場所 - 右大腿二頭筋不全断裂で6日目から途中休場。
  • 2012年3月場所 - 4回目の再入幕。
  • 2012年7月場所 - 通算勝利数が貴乃花の794勝を抜き史上11位となる。
  • 2012年9月場所 - 通算勝利数が史上10人目となる800勝に到達し、旭天鵬と史上初となる通算800勝以上を記録する力士同士による対決が実現。
  • 2012年11月場所 - 通算勝利数が水戸泉の807勝と高見山の812勝を抜き史上9位となる。
  • 2013年3月場所 - 通算勝利数が安芸乃島の822勝を抜き史上8位となる。
  • 2013年7月場所 - 幕内勝利数が600勝となる。
  • 2014年3月場所 - 通算勝利数が寺尾の860勝を抜き史上7位となる。
  • 2014年5月場所 - 通算勝利数が大鵬の872勝を抜き史上6位となる。
  • 2014年7月場所 - 史上4人目となる関取在位100場所を達成。
  • 2015年3月場所 - 通算勝利数が史上6人目となる900勝に到達。
  • 2015年7月場所 - 現役引退(但し、9月場所の番付に四股名が残った)。

主な成績[編集]

通算成績[編集]

  • 生涯戦歴:914勝783敗124休(140場所)
  • 生涯勝率:.539
  • 幕内戦歴:613勝568敗124休
  • 幕内勝率:.519
  • 幕内在位:87場所[1]
  • 三役在位:26場所(関脇17場所、小結9場所)

各段優勝[編集]

  • 十両優勝:4回(1997年11月場所、2000年5月場所、2000年7月場所、2009年7月場所)
  • 幕下優勝:1回(1997年3月場所)
  • 序ノ口優勝:1回(1992年5月場所)

三賞・金星[編集]

  • 三賞:10回
    • 殊勲賞:4回(2000年11月場所、2001年1月場所、2001年7月場所、2003年9月場所)
    • 敢闘賞:4回(1998年5月場所、2000年9月場所、2001年11月場所、2003年1月場所)
    • 技能賞:2回(1999年5月場所、2004年11月場所)
  • 金星:2個

場所別成績[編集]

                                                                                                                                                                                    
若の里忍[42]
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1992年
(平成4年)
x(前相撲)東序ノ口17枚目
優勝
7–0
東序二段20枚目
4–3 
西三段目99枚目
3–4 
西序二段19枚目
3–4 
1993年
(平成5年)
東序二段44枚目
5–2 
西序二段8枚目
5–2 
東三段目74枚目
4–3 
西三段目52枚目
3–4 
東三段目67枚目
5–2 
西三段目39枚目
3–4 
1994年
(平成6年)
西三段目56枚目
4–3 
西三段目42枚目
3–4 
西三段目62枚目
5–2 
東三段目31枚目
3–4 
西三段目52枚目
5–2 
西三段目25枚目
4–3 
1995年
(平成7年)
西三段目12枚目
3–4 
西三段目25枚目
3–4 
西三段目37枚目
6–1 
東幕下57枚目
4–3 
東幕下46枚目
3–4 
西幕下60枚目
4–3 
1996年
(平成8年)
東幕下51枚目
4–3 
西幕下40枚目
4–3 
西幕下30枚目
3–4 
西幕下39枚目
5–2 
東幕下22枚目
4–3 
西幕下14枚目
3–4 
1997年
(平成9年)
東幕下22枚目
6–1 
東幕下8枚目
優勝
6–1
西幕下筆頭
3–4 
東幕下5枚目
4–3 
東幕下3枚目
5–2 
東十両12枚目
優勝
10–5
1998年
(平成10年)
西十両5枚目
11–4 
東十両筆頭
9–6 
西前頭15枚目
10–5
東前頭11枚目
9–6 
西前頭4枚目
6–9 
東前頭6枚目
7–7–1[43]
1999年
(平成11年)
西前頭6枚目
休場
0–0–15
西前頭6枚目
5–10 
西前頭10枚目
11–4
東前頭2枚目
4–11 
西前頭6枚目
6–9 
西前頭9枚目
5–7–3[44] 
2000年
(平成12年)
西前頭14枚目
休場
0–0–15
西前頭14枚目
休場
0–0–15
東十両11枚目
優勝
12–3
東十両筆頭
優勝
13–2
西前頭10枚目
11–4
西小結
9–6
2001年
(平成13年)
東関脇
10–5
東関脇
6–9 
東前頭筆頭
8–7 
西小結
9–6
東小結
7–8 
東前頭筆頭
10–5
2002年
(平成14年)
東小結
8–7 
東小結
9–6 
東小結
8–7 
西関脇
11–4 
東関脇
8–7 
東関脇
7–8 
2003年
(平成15年)
西小結
11–4
東関脇2
9–6 
東関脇
9–6 
東関脇
10–5 
東関脇
11–4
東関脇
7–8 
2004年
(平成16年)
西小結
9–6 
東関脇
8–7 
東関脇
9–6 
東関脇
8–7 
東関脇
10–5 
東関脇
11–4
2005年
(平成17年)
東関脇
6–9 
西前頭筆頭
8–7 
西小結
6–9 
西前頭2枚目
11–4 
西関脇
4–3–8[45] 
東前頭3枚目
休場
0–0–15
2006年
(平成18年)
東前頭16枚目
10–5 
東前頭11枚目
11–4 
西前頭2枚目
6–9
東前頭6枚目
3–2–10[46] 
東前頭14枚目
休場
0–0–15
東十両11枚目
10–5 
2007年
(平成19年)
西十両4枚目
9–6 
東前頭16枚目
11–4 
西前頭7枚目
10–5 
西前頭2枚目
5–10 
西前頭4枚目
5–10 
東前頭8枚目
8–7 
2008年
(平成20年)
東前頭4枚目
7–8 
東前頭5枚目
5–10 
西前頭10枚目
10–5 
東前頭4枚目
5–10 
西前頭9枚目
9–6 
西前頭2枚目
6–9 
2009年
(平成21年)
東前頭4枚目
7–8 
東前頭5枚目
6–6–3[47] 
西前頭7枚目
休場[48]
0–0–15
西十両6枚目
優勝
14–1
西前頭13枚目
10–5 
東前頭6枚目
7–8 
2010年
(平成22年)
西前頭7枚目
9–6 
西前頭筆頭
6–9 
西前頭3枚目
6–9 
東前頭7枚目
9–6 
西前頭筆頭
5–10 
西前頭5枚目
5–10 
2011年
(平成23年)
西前頭9枚目
8–7 
八百長問題
により中止
西前頭5枚目
7–8 
西前頭5枚目
9–6 
東前頭2枚目
4–11 
東前頭9枚目
2–4–9[49] 
2012年
(平成24年)
西十両2枚目
11–4 
西前頭13枚目
8–7 
東前頭10枚目
5–10 
西前頭14枚目
8–7 
西前頭11枚目
7–8 
西前頭12枚目
8–7 
2013年
(平成25年)
東前頭11枚目
4–11 
西前頭16枚目
9–6 
東前頭12枚目
6–9 
東前頭15枚目
7–8 
東前頭15枚目
4–11 
西十両5枚目
8–7 
2014年
(平成26年)
西十両4枚目
5–10 
西十両8枚目
9–6 
西十両3枚目
9–6 
東前頭16枚目
5–10 
東十両5枚目
6–9 
西十両6枚目
9–6 
2015年
(平成27年)
西十両筆頭
5–10 
西十両4枚目
6–9 
西十両7枚目
5–10 
西十両11枚目
4–11 
東幕下4枚目
引退
––
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

主な力士との幕内での対戦成績[編集]

力士名 勝数 負数 力士名 勝数 負数 力士名 勝数 負数 力士名 勝数 負数
碧山 1 1 蒼樹山 0 2 安芸乃島 4 2 安芸ノ州 1 0
1 1 朝青龍 10(1) 19 朝赤龍 7 7 朝乃翔 4 1
朝乃若 1 3 旭日松 0 3 旭豊 3 0 東龍 0 1
安美錦 12 9 荒鷲 1 0 阿覧 5 6 1 2
岩木山 12 3 潮丸 1 0 皇司 2 3 大岩戸 1 0
大日ノ出 1 0 小城錦 1 1 隠岐の海 2 6 魁皇 13 21
魁聖 1 4 海鵬 9 3 臥牙丸 1 8 鏡桜 1 0
垣添 9 8 鶴竜 4 6 春日王 2 2 春日錦 2 0
片山 1 0 巌雄 3 1 北勝鬨 1 0 北桜 1 1
北太樹 4 6 皇風 0 1 木村山 6 0 旭鷲山 13 8
旭秀鵬 1 0 旭天鵬 24 15 金開山 0 1 豪栄道 2 6
光龍 1 0 五城楼 1 0 黒海 11 9(1) 琴稲妻 1 0
琴欧洲 9 5 琴春日 2 0 琴奨菊 5 6 琴錦 1 1
琴ノ若 9 10(2) 琴光喜 15(1) 18 琴勇輝 0 3 琴龍 8 2
常幸龍 3 2 磋牙司 2(1) 0 佐田の海 0 1 佐田の富士 4 4
里山 1 0 敷島 2 1 霜鳳 6 3 十文字 3 0
駿傑 1 0 翔天狼 8 5 松鳳山 1 1 蒼国来 1 2
双大竜 1 0 大道 6 1(1) 貴闘力 3 1 貴ノ浪 13 5
貴乃花 0 9 高見盛 21 4 宝富士 2 4 豪風 7 18
玉飛鳥 2 1 玉春日 8 2 玉乃島 15 7 玉鷲 4 7
千代大海 5 26 千代大龍 3 1 千代天山 2 1 千代丸 0 1
出島 19 14 寺尾 2 2 天鎧鵬 0 2 闘牙 8 8
時津海 8 4 時天空 11 11 德勝龍 3 0 德瀬川 1 2
土佐ノ海 19 8(1) 土佐豊 4 3 栃東 10 14 栃煌山 1 6
栃栄 5 0 栃ノ心 2 5 栃乃洋 18 15 栃乃花 2 2
栃乃和歌 1 0 栃乃若 2 3 豊桜 2 0 豊ノ島 6 6
豊響 6 5 白馬 4 1 白鵬 6 11 白露山 4 0
濱ノ嶋 6 0 追風海 0 2 把瑠都 1 7 日馬富士 1 9
肥後ノ海 5 2 富士東 3 3 武州山 3 1 普天王 4 6(1)
寶智山 2 0 豊真将 9(1) 5 北勝力 8 8 将司 1 0
舛ノ山 1 4 水戸泉 2 1 湊富士 2 3 雅山 20 16
武蔵丸 5 10 武双山 8 17 猛虎浪 2 0 嘉風 8 12
龍皇 1 0 露鵬 3 3 若麒麟 0 1 若荒雄 0 4
若兎馬 1 0 若ノ城 3 0 若乃花 1 1 若ノ鵬 1 2
和歌乃山 3 1

(カッコ内は勝数、負数の中に占める不戦勝、不戦敗の数、太文字は2018年1月場所終了現在、現役力士

改名歴[編集]

力士[編集]

  • 古川 忍(こがわ しのぶ)1992年3月場所 - 1997年9月場所
  • 若の里 忍(わかのさと しのぶ)1997年11月場所 - 2015年9月場所

年寄[編集]

  • 西岩 忍(にしいわ しのぶ)2015年9月3日-

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p26
  2. ^ 部屋紹介 田子ノ浦部屋
  3. ^ 小学生時代にコンクールで入賞した経歴があり、絵に対する造詣がある。
    若の里が似顔絵披露「才能あるんですよ」 nikkansports.com 2013年12月29日18時30分
  4. ^ a b 西岩親方「今の知識あったら、中学卒業後に角界入りする決断できない」(1/2ページ) SANSPO.COM 2015.12.27 12:00
  5. ^ 公益財団法人日本相撲協会監修『ハッキヨイ!せきトリくん わくわく大相撲ガイド 寄り切り編』49p
  6. ^ 西岩親方「今の知識あったら、中学卒業後に角界入りする決断できない」(1/2ページ) SAMSPO.COM 2015.12.27 12:00
  7. ^ 旭天鵬とは引退した場所が1場所違いの2015年9月場所であった。
  8. ^ 東奥日報 2014年7月14日
  9. ^ 。この場所以降、最後の出場場所となった2015年7月場所まで関取の座を手放さなかった。
  10. ^ a b c d e 受け継がれた“隆の里魂” 西岩親方が語る師匠の教え 2017年11月4日16時0分 スポーツ報知(2017年11月5日閲覧)
  11. ^ 時事ドットコム - 若の里、右足骨折で休場=大相撲春場所12日目 2009-03-26 閲覧
  12. ^ 朝日新聞 2014年7月26日21面
  13. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2014年9月号(秋場所展望号) 52頁、66頁
  14. ^ 十両残留へ若の里3連勝「予想以上の出来」 nikkansports.com 2014年11月12日19時40分
  15. ^ 夏巡業直前の2015年8月17日には父が死去しており、通夜と葬儀・告別式は20日の七戸町での巡業の後に営まれた。
    若の里、父の突然死胸に“最後”の故郷青森巡業 日刊スポーツ 2015年8月19日19時9分
  16. ^ 若の里引退 初土俵から23年半 年寄「西岩」襲名 日刊スポーツ 2015年9月3日(2015年9月3日閲覧)
  17. ^ 若の里「ケガがあったから」23年力士道/一問一答 日刊スポーツ 2015年9月3日16時57分
  18. ^ 若の里断髪式 桑田真澄氏はさみ、同郷高見盛と一番 日刊スポーツ 2016年5月29日8時49分 紙面から
  19. ^ 元若の里・西岩親方、25年越し涙の卒業証書授与 日刊スポーツ 2016年6月10日0時1分
  20. ^ 元関脇若の里がパパに、第1子3416gの女児 日刊スポーツ 2017年2月25日14時27分
  21. ^ “西岩親方が独立、浅草に相撲部屋「師匠の教え意識」”. 日刊スポーツ. (2017年11月30日). https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201711300000616.html 2017年11月30日閲覧。 
  22. ^ 46番目の相撲部屋、西岩親方が語る将来 日刊スポーツ 2018年3月24日10時1分(日刊スポーツ新聞社、2018年4月10日閲覧)
  23. ^ 西岩忍 (2016年5月30日). 若の里自伝 たたき上げ. 大空出版. 
  24. ^ 10月11日にCMが収録されてその4日後に配信されたことが若の里のCM話題と共に『相撲』2013年11月号に掲載されており、紹介に至るまでの早さの違いが同士でネタになった。
  25. ^ 若の里に新化粧まわし 中日スポーツ 2014年9月8日 紙面から
  26. ^ 『相撲』2013年11月号46ページ
  27. ^ 38歳若の里が相撲語る 相撲協会企画で特別講師 Sponichi Annex 2014年12月8日 20:03
  28. ^ 若の里 現役力士で初の解説挑戦 8日大相撲トーナメント Sponichi Annex 2015年2月5日 05:30
  29. ^ 若の里、3連敗でも… 弟弟子の稀勢に背中でエール中日スポーツ 2014年1月15日 紙面から
  30. ^ 若の里「ビックリ」稽古中スズメバチ襲撃 nikkansports.com 2013年10月30日19時49分
  31. ^ 若の里、元付け人に完勝も「嫌な気持ち」 nikkansports.com 2014年11月18日20時17分
  32. ^ 西岩忍 (2016年5月30日). 若の里自伝 たたき上げ. 大空出版. 
  33. ^ 「相撲人生の最後を楽しませてくれた」若の里と元付け人・輝の巡業物語。(1/4ページ) Number Web 2015/08/26 10:45
  34. ^ 西岩忍 (2016年5月30日). 若の里自伝 たたき上げ. 大空出版. 
  35. ^ 「相撲人生の最後を楽しませてくれた」若の里と元付け人・輝の巡業物語。(2/4ページ) Number Web 2015/08/26 10:45
  36. ^ 西岩忍 (2016年5月30日). 若の里自伝 たたき上げ. 大空出版. 
  37. ^ 西岩忍 (2016年5月30日). 若の里自伝 たたき上げ. 大空出版. 
  38. ^ 西岩忍 (2016年5月30日). 若の里自伝 たたき上げ. 大空出版. 
  39. ^ 西岩忍 (2016年5月30日). 若の里自伝 たたき上げ. 大空出版. 
  40. ^ 若の里関の絵展示 - 葛城・けはや座 2014年11月27日 奈良新聞
  41. ^ 旭天鵬、若の里の本名を24年間間違えて呼んでいた 日刊スポーツ 2015年7月10日9時50分 紙面から
  42. ^ Rikishi in Juryo and Makunouchi” (English). szumo.hu. 2007年9月24日閲覧。
  43. ^ 右腓骨骨折のため14日目から途中休場
  44. ^ 左膝関節内側半月板損傷のため12日目から途中休場
  45. ^ 右大腿二頭筋断裂のため7日目から途中休場
  46. ^ 右膝前十字靭帯損傷のため5日目から途中休場
  47. ^ 右足第5中足骨骨折のため12日目から途中休場
  48. ^ 右足第5中足骨骨折及び右足関節靱帯損傷のため全休
  49. ^ 右大腿二頭筋不全断裂のため6日目から途中休場

外部リンク[編集]