2003年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2003年の相撲(2003ねんのすもう)は、2003年の相撲関係のできごとについて述べる。

大相撲[編集]

できごと[編集]

  • 1月、協会が初めて手掛ける携帯電話サイト「大相撲」の解説を発表。横綱貴乃花引退、一代年寄貴乃花承認。横審委員長に石橋義夫が就任。1月場所後、朝青龍が横綱に昇進。
  • 3月、32代式守伊之助が31代木村庄之助に、木村咸喬が33代式守伊之助に昇格。元小結大善引退、年寄富士ヶ根襲名。
  • 4月、6月に予定されていた韓国公演が新型肺炎(SARS)の影響により延期。年寄山分(元前頭3枚目栃富士)死去、56歳。
  • 5月、5月場所初日から国技館内で親方衆をゲストに迎えて放送する「どすこいFM」が開始。元関脇安芸乃島引退、年寄藤島襲名。歴代1位の金星16個、三賞19回の記録を残した。
  • 7月、携帯電話サイト「大相撲」の「着ボイス」に現役力士の声を収録。
  • 9月、9月場所、江戸開府400年記念イベントを実施。来場者プレゼントとして4日間、クリアファイルを配布。相撲教習所を開放し、「ちゃんこ屋台」を開設。ペアチケットが当たるアンケートなどを行った。テレビ朝日系列で昭和34年から放送されていた「大相撲ダイジェスト」の放送が千秋楽を持って終了した。
  • 11月、元横綱武蔵丸引退、年寄武蔵丸承認。元前頭筆頭蒼樹山引退、年寄枝川襲名。
  • 12月、12日に国技館サービス株式会社主催の「お客様感謝の集い」が国技館で行われた。

本場所[編集]

一月場所(初場所)[編集]

両国国技館東京都)を会場に、初日の1月12日(日)から千秋楽の1月26日(日)までの15日間開催された。

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 朝青龍明徳高砂部屋 モンゴルの旗 モンゴルウランバートル出身) - 14勝1敗(2場所連続2回目)
三賞 殊勲賞 該当者なし
敢闘賞 若の里忍鳴戸部屋 青森県弘前市出身) - 11勝4敗(7場所ぶり4回目)
春日王克昌春日山部屋 大韓民国の旗 韓国ソウル出身) - 10勝5敗(初受賞)
技能賞 該当者なし
十両優勝 朝赤龍太郎(高砂部屋 モンゴルの旗 モンゴル・ウランバートル出身) - 11勝4敗 ※優勝決定戦勝利

三月場所(春場所、大阪場所)[編集]

大阪府立体育会館大阪市)を会場に、初日の3月9日(日)から千秋楽の3月23日(日)までの15日間開催された。

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 千代大海龍二九重部屋 大分県大分市出身) - 12勝3敗(4場所ぶり3回目)
三賞 殊勲賞 該当者なし
敢闘賞 旭天鵬勝大島部屋 モンゴルの旗 モンゴル・ナライハ出身) - 9勝6敗(19場所ぶり2回目)
技能賞 高見盛精彦東関部屋 青森県北津軽郡板柳町出身) - 8勝7敗(4場所ぶり2回目)
十両優勝 栃栄篤史春日野部屋 佐賀県佐賀郡富士町出身) - 10勝5敗 ※優勝決定戦勝利

五月場所(夏場所)[編集]

両国国技館(東京都)を会場に、初日の5月11日(日)から千秋楽の5月25日(日)までの15日間開催された。

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 朝青龍明徳(高砂部屋 モンゴルの旗 モンゴル・ウランバートル出身) - 13勝2敗(2場所ぶり3回目)
三賞 殊勲賞 旭鷲山昇(大島部屋 モンゴルの旗 モンゴル・ウランバートル出身) - 8勝7敗(初受賞)
敢闘賞 旭天鵬勝(大島部屋 モンゴルの旗 モンゴル・ナライハ出身) - 10勝5敗(2場所連続3回目)
技能賞 安美錦竜児安治川部屋 青森県西津軽郡深浦町出身) - 11勝4敗(7場所ぶり2回目)
十両優勝 玉春日良二片男波部屋 愛媛県東宇和郡野村町出身) - 12勝3敗

七月場所(名古屋場所)[編集]

愛知県体育館名古屋市)を会場に、初日の7月6日(日)から千秋楽の7月20日(日)までの15日間開催された。

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 魁皇博之友綱部屋 福岡県直方市出身) - 12勝3敗(12場所ぶり4回目)
三賞 殊勲賞 高見盛精彦(東関部屋 青森県北津軽郡板柳町出身) - 9周6敗(初受賞)
敢闘賞 該当者なし
技能賞 時津海正博時津風部屋 長崎県福江市出身) - 9勝6敗(9場所ぶり3回目)
十両優勝 垣添徹武蔵川部屋 大分県宇佐市出身) - 11勝4敗

九月場所(秋場所)[編集]

両国国技館(東京都)を会場に、初日の9月14日(日)から千秋楽の9月28日(日)までの15日間開催された。

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 朝青龍明徳(モンゴルの旗 モンゴル・ウランバートル出身) - 13勝2敗(2場所ぶり4回目)
三賞 殊勲賞 若の里忍(鳴戸部屋 青森県弘前市出身) - 11勝4敗(13場所ぶり4回目)
敢闘賞 高見盛精彦(東関部屋 青森県北津軽郡板柳町出身) - 9勝6敗(19場所ぶり2回目)
旭天鵬勝(大島部屋 モンゴルの旗 モンゴル・ナライハ出身) - 10勝5敗(2場所ぶり4回目)
技能賞 岩木山竜太境川部屋 青森県中津軽郡岩木町出身) - 11勝4敗(初受賞)
十両優勝 豪風旭尾車部屋 秋田県北秋田郡森吉町出身) - 13勝2敗

十一月場所(九州場所)[編集]

福岡国際センター福岡市)を会場に、初日の11月9日(日)から千秋楽の11月23日(日)までの15日間開催された。

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 栃東大裕玉ノ井部屋 東京都足立区出身) - 13勝2敗(11場所ぶり2回目)
三賞 殊勲賞 栃乃洋泰一春日野部屋 石川県七尾市出身) - 8勝7敗(16場所ぶり2回目)
土佐ノ海敏生伊勢ノ海部屋 高知県安芸市出身) - 10勝5敗(8場所ぶり7回目)
敢闘賞 玉乃島新(片男波部屋 福島県西白河郡泉崎村出身) - 10勝5敗(14場所ぶり3回目)
技能賞 該当者なし
十両優勝 黒海太追手風部屋 ジョージア (国)の旗 ジョージアトビリシ出身) - 10勝5敗

受賞[編集]

新弟子検査合格者[編集]

四股名が太字の者は現役力士。最高位は引退力士のみ記載。
場所 主な合格者 四股名 最高位 最終場所 備考
1月場所 内田水 普天王水[1] 小結 2011年1月場所[注 1] 幕下15枚目格付出
山本哲博 佐田の富士哲博[2] 前頭2枚目 2017年5月場所
小野正仁 将司昂親[3] 前頭8枚目 2011年1月場所[注 1]
エルデネツォグト・オドゲレル 城ノ龍康允[4] 十両筆頭 2013年9月場所
3月場所 松村要 佐田の海貴士[5] (現役)
渋谷和佳 富士東和佳[6] (現役)
5月場所 ヤガーンバートル・バトトゥシグ 魁猛[7] (現役)
7月場所 バットフー・ナンジッダ 鏡桜秀興[8] (現役)
バダムサンボー・ガンボルド 德瀬川正直[9] 前頭筆頭 2011年1月場所[注 1]
9月場所 恩和图布新 蒼国来栄吉[10] 前頭2枚目 2020年3月場所[注 2]
11月場所

引退[編集]

場所 主な引退力士 最高位 初土俵 備考
1月場所 貴乃花光司[11] 第65代横綱 1988年3月場所 年寄「貴乃花」襲名
3月場所 大善尊太[12] 小結 1981年3月場所 年寄「富士ヶ根」襲名
須佐の湖善誉[13] 十両2枚目 1988年3月場所
5月場所 安芸乃島勝巳[14] 関脇 1982年3月場所 年寄「藤島」襲名
若東吉信[15] 十両13枚目 1991年9月場所
7月場所
9月場所
11月場所 武蔵丸光洋[16] 第67代横綱 1989年9月場所 年寄「武蔵丸」襲名
蒼樹山秀樹[17] 前頭筆頭 1985年3月場所 年寄「枝川」襲名
戦闘竜扁利[18] 前頭12枚目 1988年7月場所
日出ノ国太子郎[19] 十両13枚目 1990年3月場所

引退相撲興行[編集]

死去[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c 順席上は2011年5月技量審査場所
  2. ^ 番付上は2020年7月場所

出典[編集]

  1. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 260頁
  2. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 281頁
  3. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 271頁
  4. ^ 城ノ龍 康允 日本相撲協会公式サイト(2021年8月4日閲覧)
  5. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 290頁
  6. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 279頁
  7. ^ 魁 猛 日本相撲協会公式サイト(2021年8月3日閲覧)
  8. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 288頁
  9. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 275頁
  10. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 276頁
  11. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 226頁
  12. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 231頁
  13. ^ 須佐の湖 善誉 日本相撲協会公式サイト(2021年8月4日閲覧)
  14. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 217頁
  15. ^ 若東 吉信 日本相撲協会公式サイト(2021年8月4日閲覧)
  16. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 231頁
  17. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 234頁
  18. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 251頁
  19. ^ 日出ノ国 太子郎 日本相撲協会公式サイト(2021年8月4日閲覧)
  20. ^ 貴闘力が引退相撲」『四国新聞社』、2003年2月2日。2021年8月5日閲覧。
  21. ^ 元関脇寺尾が引退相撲/300人が断髪式ではさみ」『四国新聞社』、2003年5月31日。2021年8月5日閲覧。
  22. ^ 行事のお知らせ - ウェイバックマシン(2003年4月10日アーカイブ分)
  23. ^ a b 行事のお知らせ - ウェイバックマシン(2003年8月10日アーカイブ分)
  24. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 87頁
  25. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 174頁
  26. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 132頁
  27. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 117頁
  28. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 83頁
  29. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 149頁

参考文献[編集]

  • 『相撲』誌各号
  • 『大相撲戦後70年史』(ベースボールマガジン社、2015年)p111