尾崎勇気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
隆乃若 勇紀 Sumo pictogram.svg
Takanowaka 2008.jpg
基礎情報
四股名 尾崎 勇紀 → 隆尾崎 勇紀 → 隆乃若 勇紀
本名 尾崎 勇記
生年月日 (1976-04-02) 1976年4月2日(42歳)
出身 長崎県北松浦郡生月町
身長 190cm
体重 152kg
所属部屋 鳴戸部屋
得意技 突っ張り、左四つ、寄り、上手投げ
成績
現在の番付 引退
最高位 関脇
生涯戦歴 505勝470敗69休(94場所)
幕内戦歴 229勝242敗39休(34場所)
優勝 十両優勝1回
幕下優勝1回
敢闘賞3回
データ
初土俵 1992年3月場所[1]
入幕 1999年11月場所[1]
引退 2007年9月場所[1]
備考
金星1個(武蔵丸1個)
2014年3月17日現在

隆乃若 勇紀(たかのわか ゆうき、1976年4月2日 - )は、長崎県北松浦郡生月町(現在の平戸市生月町)出身元大相撲力士。本名は尾崎 勇記(おざき ゆうき)。鳴戸部屋所属で、最高位は東関脇(2003年1月場所、2003年3月場所)。身長190cm、体重152kg(大相撲時代)、得意技は突っ張り、左四つ、寄り、上手投げ。血液型A型。父は元プロ野球選手の尾崎亀重[1]

来歴[編集]

小学校、中学校と父には野球を強要されたが、反発していた尾崎は頑なに野球をやらなかった[1]。運動神経が良く中学時代はバスケットボール部で活躍した。1992年(平成4年)3月場所初土俵。関脇若の里、元幕内隆の鶴は同部屋で同期生である。若い頃から有望株として注目され、隆尾崎を名乗っていた幕下時代には若の里(当時・古川)と2人で当時の大相撲放送にあったコラム「目指せ関取」に取り上げられ、互いに先を越されないように精進するとコメントしていた。1999年(平成11年)5月場所新十両、同年11月場所新入幕。

2000年1月場所では10勝を挙げて敢闘賞[1]2002年(平成14年)11月場所では攻めが速くなり小結で11勝4敗の好成績を収め「大器開眼」と称賛された[1]。翌場所新関脇で9勝を挙げたが、千秋楽琴光喜との一番で張り手を受け倒れた際に膝などを痛め、ケガの回復が遅れて3月場所は全休(当初全治10日の軽傷と診断されたため、公傷が適用されなかった)。さらには次の夏場所も2敗13休で十両に陥落した。この頃から故障禍に見舞われ始める。2度再入幕を果たすも前頭9枚目までしか番付を戻せなかった。

特に、2005年(平成17年)11月場所では、西前頭10枚目の地位で初日から7連敗し、中日に豊ノ島との水入りの相撲で何とか初勝利を挙げたものの、思うように成績が伸びずに9日目に負け越しが決定、しかも12日目からは右膝を痛め休場して、三度十両に陥落してしまった。その後ずるずると負け越しを続け、2006年(平成18年)7月場所の番付は東十両14枚目と、幕下陥落の危機に立たされたが、中日まで8連勝で早々と勝ち越しを決めた。その後6連敗したが、千秋楽で勝利し、9勝6敗と久しぶりに勝ち越した。2006年9月場所では序盤から好調を維持し、千秋楽まで3敗を維持し、千秋楽で2場所前の5月場所十両優勝している豊桜との取り組みで敗れたが、優勝決定戦で勝利し、自身初の十両優勝を果たした。この場所の番付は東十両8枚目だったことから再入幕も有力視されたが、西3枚目で8勝7敗の片山が優先され入幕を逃した。次の11月場所、さらには2007年(平成19年)3月場所と十両2枚目まで番付を戻しながら大敗を喫した。5月場所では東十両9枚目で4勝11敗と大きく負け越し、7月場所は幕下へ陥落してしまった。9月場所は4連敗後に休場し、14日目の22日に引退届を提出。年寄名跡(親方株)の空きが無かったため、相撲協会には残らなかった。

引退後は「尾崎勇気」名義で草野仁事務所所属のタレントとして活動していたが、2017年1月までに退社、以降のメディア出演は本名もしくは「隆乃若」名義となっている。

2011年11月30日宅地建物取引士の資格を取得した他、フィナンシャルプランナー管理業務主任住宅ローンアドバイザーの資格も取得している[2]。 また、中卒で角界入りした[2]が、2015年現在、通信制の大学に籍を置いている[2]

略歴[編集]

  • 1992年3月場所 - 鳴戸部屋入門、初土俵
  • 1999年5月場所 - 新十両
  • 1999年11月場所 - 新入幕
  • 2000年1月場所 - 10勝5敗で初の敢闘賞受賞
  • 2001年1月場所 - 新小結
  • 2001年5月場所 - 横綱武蔵丸を破って初金星を獲得
  • 2002年3月場所 - 11勝4敗で2度目の敢闘賞受賞
  • 2002年11月場所 - 2度目の小結で11勝4敗、3度目の敢闘賞受賞
  • 2003年1月場所 - 新関脇
  • 2007年9月場所 - 引退届を提出

人物・エピソード[編集]

  • 「隆乃若」という四股名は自分で考え命名したという。
  • 趣味は音楽鑑賞、スポーツ観戦(野球、格闘技など)。
  • 会田有志(元プロ野球選手。父のヤクルト時代のチームメイトだった会田照夫の三男)は従兄弟(母親同士が姉妹)。
  • 2011年大相撲八百長問題が発覚した際には、関連で民放のワイドショー番組や『NHKスペシャル』緊急放送(2月9日)の取材を受けている。本人は八百長とは関係はなかったが、自身の力士経験を踏まえ八百長問題の背景を語った。
  • 2015年の取材では、日本人力士がモンゴル人力士に敵わない理由として、モンゴル人力士の方が民族的に反応の速さに優れること、身体能力に優れた弟子が日本人から集まらないことを挙げている[1]

主な成績[編集]

  • 通算成績:505勝470敗69休 勝率.518
  • 幕内成績:229勝242敗39休 勝率.486
  • 現役在位:94場所
  • 幕内在位:34場所
  • 三役在位:4場所(関脇2場所、小結2場所)
  • 各段優勝
    • 十両優勝:1回(2006年9月場所)
    • 幕下優勝:1回(1996年11月場所)
  • 三賞:3回
    • 敢闘賞:3回(2000年1月場所、2002年3月場所、2002年11月場所)
  • 金星:1個(武蔵丸1個)

場所別成績[編集]

隆乃若 勇紀
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1992年
(平成4年)
x (前相撲) 西 序ノ口 #16
5–2 
東 序二段 #102
4–3 
東 序二段 #75
5–2 
東 序二段 #34
1–6 
1993年
(平成5年)
西 序二段 #80
1–0–6 
東 序二段 #128
1–0–6 
西 序二段 #164
5–2 
東 序二段 #109
5–2 
東 序二段 #66
4–3 
西 序二段 #40
4–3 
1994年
(平成6年)
西 序二段 #22
6–1 
西 三段目 #64
3–4 
東 三段目 #83
6–1 
東 三段目 #30
2–5 
東 三段目 #59
4–3 
東 三段目 #43
5–2 
1995年
(平成7年)
東 三段目 #15
3–4 
西 三段目 #27
4–3 
東 三段目 #15
5–2 
西 幕下 #50
2–5 
東 三段目 #13
6–1 
東 幕下 #41
4–3 
1996年
(平成8年)
東 幕下 #32
4–3 
西 幕下 #23
2–5 
西 幕下 #45
3–4 
東 幕下 #60
6–1 
東 幕下 #31
1–6 
東 幕下 #59
優勝
7–0
1997年
(平成9年)
西 幕下 #7
3–4 
西 幕下 #14
4–3 
西 幕下 #7
3–4 
東 幕下 #14
4–3 
西 幕下 #8
4–3 
西 幕下 #5
2–6 
1998年
(平成10年)
西 幕下 #18
4–3 
西 幕下 #11
6–1 
東 幕下 #3
3–4 
東 幕下 #7
2–5 
東 幕下 #21
4–3 
西 幕下 #15
5–2 
1999年
(平成11年)
東 幕下 #6
6–1 
東 幕下 #1
5–2 
西 十両 #11
9–6 
西 十両 #7
8–7 
東 十両 #5
11–4 
西 前頭 #14
9–6 
2000年
(平成12年)
東 前頭 #12
10–5
西 前頭 #4
5–10 
東 前頭 #7
8–7 
西 前頭 #2
6–9 
西 前頭 #5
5–10 
西 前頭 #8
11–4 
2001年
(平成13年)
東 小結
4–11 
西 前頭 #4
8–7 
西 前頭 #1
5–10
西 前頭 #5
9–6 
西 前頭 #2
8–7 
東 前頭 #2
6–9 
2002年
(平成14年)
東 前頭 #5
3–4–8[成績 1] 
西 前頭 #11
11–4
西 前頭 #3
7–8 
東 前頭 #4
7–8 
西 前頭 #4
8–7 
西 小結
11–4
2003年
(平成15年)
東 関脇
9–6 
東 関脇
休場[成績 2]
0–0–15
西 前頭 #6
0–2–13[成績 3] 
東 十両 #3
休場
0–0–15
東 十両 #3
12–3 
西 前頭 #12
7–8 
2004年
(平成16年)
西 前頭 #13
4–11 
東 十両 #5
10–5 
西 前頭 #16
8–7 
西 前頭 #13
8–7 
西 前頭 #12
8–7 
東 前頭 #12
8–7 
2005年
(平成17年)
東 前頭 #9
6–9 
東 前頭 #12
7–8 
東 前頭 #13
5–10 
西 前頭 #17
8–7 
東 前頭 #15
9–6 
西 前頭 #10
1–11–3[成績 4] 
2006年
(平成18年)
東 十両 #5
6–9 
西 十両 #7
7–8 
東 十両 #8
5–10 
東 十両 #14
9–6 
東 十両 #8
優勝
11–4
東 十両 #2
5–10 
2007年
(平成19年)
東 十両 #6
8–7 
西 十両 #2
4–11 
東 十両 #9
4–11 
西 幕下 #3
4–3 
西 幕下 #2
引退
0–4–3
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)
  1. ^ 左第11・12肋骨骨折により4日目から途中休場、13日目から再出場
  2. ^ 左下眼亀裂骨折・左膝関節捻挫により全休
  3. ^ 右第11肋骨骨折・左膝骨挫傷により2日目から途中休場
  4. ^ 右変形性膝関節症に伴う半月板損傷により12日目から途中休場

改名歴[編集]

  • 尾崎 勇記(おざき ゆうき)1992年3月場所
  • 隆尾崎 勇記(たかおざき - )1992年5月場所 - 1999年3月場所
  • 隆乃若 勇紀(たかのわか - )1999年5月場所 - 2007年9月場所

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p26
  2. ^ a b c 難関資格を次々取得…元関脇・隆乃若は現在“大学3年生” 日刊ゲンダイ 2015年12月13日(2017年11月1日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]