千代丸一樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千代丸一樹 Sumo pictogram.svg
Chiyomaru 2014.jpg
基礎情報
四股名 木下 → 千代丸
本名 木下 一樹
愛称 千代丸たん、マルちゃん、ミスター肉団子、木下兄[1]
生年月日 (1991-04-17) 1991年4月17日(26歳)
出身 鹿児島県志布志市
身長 178cm
体重 178kg
BMI 56.18
所属部屋 九重部屋
得意技 突き・押し
成績
現在の番付 西前頭8枚目
最高位 西前頭8枚目
生涯戦歴 330勝274敗23休(62場所)
幕内戦歴 69勝81敗(10場所)
優勝 十両優勝1回
データ
初土俵 2007年5月場所
入幕 2014年3月場所
備考
2017年10月30日現在

千代丸 一樹(ちよまる かずき、1991年4月17日 - )は、鹿児島県志布志市出身で九重部屋所属の大相撲力士。本名は、木下 一樹(きのした - )。身長178cm、体重178kg。血液型はB型。最高位は西前頭8枚目(2017年11月場所)。同じ九重部屋所属の千代鳳は実弟。

経歴[編集]

現在の鹿児島県志布志市生まれ。小中学生時代には柔道を経験し志布志市立志布志中学校を卒業後、九重部屋に入門。2007年5月場所で初土俵を踏んだ。同期には旭秀鵬がいる。本人は後年、相撲を取っていなかったら地元で子供たちに柔道を教えていただろうという趣旨のコメントをしている[2]

入門後は、勝ち越しと負け越しを交互に繰り返す場所が続いていたが、着実に番付を上げ初土俵から約3年半で幕下に昇進した。入門して1年はホームシックにかかっていたなど苦労したため、弟の祐樹(後の千代鳳)には最初「最初はしんどいぞ。お前は高校・大学まで行って柔道を続けた方がいい。考え直せ」と釘を打った[2]三段目昇進時には四股名を本名の木下から千代丸に変えている。後に明かしたところによると、親は「千代大志」という四股名を考案していたが、14代九重こと千代大海がまだ現役であり「"大"の字を使うのは顔じゃない」と思ったのと、13代九重が「よし、丸いから"千代丸だ"!」と思いついたことから四股名が決まった[2]。2011年頃から火事で実家が全焼して以来、千代鳳と共に「2人で頑張って新しい家を建てたい」と動機を見出して精進するようになった。[3]その後も番付を上げ、2012年には幕下上位に定着し、2013年7月場所は東幕下筆頭位で勝ち越しを上げ[4]、場所後の番付編成会議で新十両昇進となり、史上17組目の兄弟関取となった[5]。十両に上がるまでには千代鳳の付け人を経験しており、このままではいけないと奮起したことも関取昇進に関係していた[2]

新関取(新十両)の翌9月場所は7勝8敗と負け越したが、翌11月場所は同じ東十両13枚目に据え置きであった。翌11月場所は9日目に十両で一番乗りとなる勝ち越しを決め、11勝4敗の好成績を残した。この場所では弟の千代鳳が優勝を果たしている。翌2014年1月場所には千代丸が13勝2敗で十両優勝し、史上初の兄弟による十両連続優勝となった。[6]翌3月場所では史上10組目の兄弟幕内力士の誕生となる[7]新入幕を果たした。自身の新入幕を記念した祝賀会が4月13日に都内のホテルで行われた際「兄弟幕内なんて無理だろうと思っていたら想定外。勝ち越しは無理だろうと思ったら、あれよあれよという感じ。鳳は今度は新小結の可能性があるし、あれよあれよで兄弟大関なんていう想定外を」と抱負を語っていた。[8]新入幕の場所は2日目に前の場所は小結だった妙義龍や、幕内最高優勝経験者の旭天鵬など、上位経験が豊富の実力者相手にも物怖じせず突き押し相撲に徹して、12日目に勝ち越しを決めた。西前頭16枚目の地位で迎えた同年7月場所は8勝7敗と勝ち越し、翌9月場所は東前頭11枚目の地位を得て自己最高位も半枚更新した。しかし9月上旬に虫垂炎が発覚し、白血球の数値が平常値の倍以上を記録するなど明らかな不調に悩まされたこともあって[9]、この9月場所は4勝11敗と振るわず、翌11月場所は幕尻となる西前頭16枚目に残留。9月場所が終わるまでは投薬治療を行っていたが、10月の秋巡業を全休して開腹手術を敢行。[9]入院生活を経て福岡入りした後に申し合いを再開。[10]11月場所に際してはおかゆが苦手で病院食をまともに食べられなかったことから入院前より10kg減量して175kgとなるなど怪我の功名ならぬ「病気の功名」に与った様子が伝えられており[10]、この場所を8勝7敗の勝ち越しに終えた。2015年5月場所は3勝12敗の大敗を喫し、翌7月場所は十両に陥落した。

その7月場所は西十両5枚目の地位で9勝6敗と勝ち越し、続く9月場所は西十両筆頭と再入幕がかかる地位を与えられたが、この場所は5日目に1勝しただけで9日目から途中休場。同年11月場所は東十両14枚目と幕下陥落が見える地位にあり、10日目まで4勝6敗とピンチであったが、残りを5連勝して9勝6敗と勝ち越し、関取残留を果たした。2016年は1月場所を怪我で途中休場し、再び十両下位まで番付を下げたが、5月場所から3場所連続で勝ち越し、11月場所は東十両筆頭という幕内復帰目前の番付まで戻したが、惜しくも負け越し、結局この年は丸1年間十両暮らしだった。

2017年に入ると、3月場所7日目の臥牙丸との取組で太鼓腹をうまく使った相撲を会得して勝ち越したのをきっかけに、あくまで主体は押し相撲としながらも、四つでも相撲を取れるようになったため、同年7月場所で13場所ぶりに幕内に復帰した[11]。この場所は西前頭15枚目の地位で土俵に上がり、9勝6敗と幕内の地位では2年半ぶりの勝ち越し。続く9月場所は西11枚目に番付を上げた。この場所では腹を活かして四つに組む相撲が多く見られ、中盤に星を稼いで9勝と自身初めて幕内の土俵で二場所連続勝ち越しを決めた。

取り口など[編集]

弟の千代鳳と概ね同様の突き押しが千代丸の型であるが[12]、立合いからの諸手突きを得意としており弟より若干突き押しに徹した傾向がある。下位時代には反り腰の癖が祟って丸い体型を活かせず突き押しも甘くなりがちであったがそれを解消したことで関取昇進を掴むことができた。[13]また稽古嫌いでもあり、九重からは新十両昇進会見で「自分から稽古をやろうとしない。弟がいたから上がれた」と辛口の評を下され、稽古嫌いであることを明かされた。同じ場にいた本人もそれを自覚しており「弟が先に上がって、焦りも負けたくないという気持ちもあった」と千代鳳に対する競争心も語った。[14]2017年13日目の支度場所では幕内で2年半ぶりに勝ち越した要因について「四つ相撲に変えて引く相撲が少なかったから。四つになったら、引きようがない」と自己分析していた[15]

エピソード[編集]

  • 新十両を決めた千代丸は初めての力士会を控えて朝稽古前に千代の国や実弟の千代鳳から、力士会新加入のあいさつだけでなく「君が代とか歌う人が多いよ」など歌や一発芸披露が恒例行事と聞かされていた。だが実際は簡単なあいさつのみ。「本当に朝からずっと緊張しっぱなしでしたよ。稽古も集中できないし、食事ものどを通らなくて何も食べていません。君が代を歌おうとは決めていたのですが、最初に簡単にあいさつしたらそれだけでした。ホッとしたけれど疲れました」とこのドッキリに対する感想を漏らしていた。[16]
    • 千代丸の大師匠にあたる北の富士も新十両を決めた際に兄弟子から「あいさつだけで済むと思ったら大間違い。一曲歌わなきゃいけないんだ。今まで、みんなやってきたんだからさ。お前だけ例外というわけにいかない」とドッキリを仕掛けられたといい、このドッキリはちょうど孫弟子の千代丸まで伝わった形となっている。[17]
  • 地元の志布志市で2014年4月29日に開催された「お釈迦まつり」では兄弟揃ってパレードに参加し、昇進を祝われた[18]
  • 2014年8月の北海道巡業3日間においてカップラーメン中心の食生活を送っていた。巡業に参加する力士の食生活がどうしても偏ってしまいがちであることを表すエピソードである。[19]
  • 13代九重は千代丸の扱いについて千代鳳へ「番付を考えろ。千代丸を甘やかすな」と言ってきたため、千代鳳は敢えて千代丸に厳しく接した。しかし2017年5月場所の番付は千代丸が東十両2枚目、千代鳳が東十両9枚目であっため、千代鳳が「丸、飯食べに行く?」とタメ口を使ったところ千代丸は「なに?番付考えろよ」とやり返した[20]
  • 2017年5月31日からはテレビ番組「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日系)で、千代丸の笑顔に着目した「千代丸の幸せ顔」がコーナー化されている。9月27日の放送ではスタジオ出演した[21]
  • 2017年9月11日から放送されている東洋水産カップ麺「QTTA(クッタ)」のCMに、九重部屋の力士が出演している。松本人志が差し入れに訪れ、力士がむしゃぶりつく。その中心にいるのが千代丸。このCMは部屋総出での出演であるが、1番の狙いは千代丸だった。「自分に連絡がきたんです。スポーツ編を撮りたくて、相撲なら自分だと。最初で最後のCMっすね」と千代丸は語る[22]
  • 2017年秋巡業中に収録された杉岡みどりとのトークライブでは、バス移動の最中に首に巻く枕などのグッズを使って疲労回復に努め、宿に着いてからは温泉に入ったりマッサージや整体を受けたりして体のケアを行っていると語った[23]

主な成績[編集]

2017年9月場所終了現在

通算成績[編集]

  • 通算成績:330勝274敗23休(62場所)
  • 幕内成績:69勝81敗(10場所)
  • 十両成績:110勝90敗10休(14場所)

場所別成績[編集]

                                                                                  

千代丸一樹
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
2007年
(平成19年)
x x (前相撲) 東 序ノ口 #36
4–3 
東 序二段 #127
0–1–6 
東 序ノ口 #32
4–2–1 
2008年
(平成20年)
西 序二段 #114
3–4 
西 序二段 #117
5–2 
西 序二段 #67
3–4 
西 序二段 #86
3–4 
東 序二段 #110
5–2 
東 序二段 #52
5–2 
2009年
(平成21年)
東 序二段 #15
5–2 
西 三段目 #81
4–3 
西 三段目 #61
3–4 
東 三段目 #80
5–2 
東 三段目 #51
5–2 
東 三段目 #26
2–5 
2010年
(平成22年)
東 三段目 #54
5–2 
東 三段目 #26
4–3 
西 三段目 #14
3–4 
西 三段目 #30
4–3 
西 三段目 #15
5–2 
東 幕下 #54
3–4 
2011年
(平成23年)
西 三段目 #7
4–3 
八百長問題
により中止
東 幕下 #57
5–2 
東 幕下 #28
4–3 
東 幕下 #21
5–2 
東 幕下 #13
2–5 
2012年
(平成24年)
東 幕下 #24
5–2 
東 幕下 #14
4–3 
東 幕下 #10
4–3 
東 幕下 #8
0–1–6 
西 幕下 #48
6–1 
西 幕下 #21
6–1 
2013年
(平成25年)
西 幕下 #8
5–2 
西 幕下 #2
3–4 
東 幕下 #5
5–2 
東 幕下 #1
4–3 
東 十両 #13
7–8 
東 十両 #13
11–4 
2014年
(平成26年)
東 十両 #6
優勝
13–2
東 前頭 #12
8–7 
西 前頭 #11
5–10 
西 前頭 #16
8–7 
東 前頭 #11
4–11 
西 前頭 #16
8–7 
2015年
(平成27年)
西 前頭 #14
7–8 
西 前頭 #16
8–7 
西 前頭 #13
3–12 
西 十両 #5
9–6 
西 十両 #1
1–8–6[24] 
東 十両 #14
9–6 
2016年
(平成28年)
西 十両 #7
5–6–4[25] 
西 十両 #11
7–8 
東 十両 #12
9–6 
東 十両 #9
10–5 
東 十両 #5
8–7 
東 十両 #1
6–9 
2017年
(平成29年)
西 十両 #3
7–8 
東 十両 #4
8–7 
東 十両 #2
9–6 
西 前頭 #15
9–6 
西 前頭 #11
9–6 
西 前頭 #8
 
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 木下 一樹(きのした かずき) 2007年5月場所 - 2009年1月場所
  • 千代丸 一樹(ちよまる -) 2009年3月場所 -

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『相撲』2016年9月号66ページ
  2. ^ a b c d 『大相撲中継』2017年8月12日号 p104
  3. ^ 『相撲』2014年2月号68頁
  4. ^ これは千秋楽に行われた十両力士との入れ替え戦を勝ち抜き4勝3敗の成績であった。
  5. ^ 千代丸、照ノ富士が新十両 nikkansports.com 2013年7月24日(2013年7月24日閲覧)
  6. ^ 千代丸が十両初優勝!弟・千代鳳に続いた 初の兄弟連続Vスポーツニッポン2014年1月26日配信
  7. ^ 千代丸「弟追い越したい」=兄弟幕内力士が誕生-大相撲春場所新番付[リンク切れ] 時事ドットコム 2014/02/24-16:39
  8. ^ 千代丸が新入幕祝賀会、いつか兄弟大関を nikkansports.com 2014年4月13日22時3分
  9. ^ a b 千代丸、虫垂炎も強行出場 場所後手術 2014年9月12日8時54分 紙面から
  10. ^ a b 千代丸、病気の功名?2連勝に満足げ nikkansports.com 2014年11月10日20時19分
  11. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2017年9月号(秋場所展望号) 35~37頁
  12. ^ 新十両・千代丸「ライバルは弟」 17組目の兄弟関取 朝日新聞DIGITAL 2013年8月30日22時39分
  13. ^ 『相撲』2014年3月73頁
  14. ^ 兄弟関取に笑み 新十両の千代丸「夢の第一歩かなった」 MSN産経ニュース 2013.7.24 12:10
  15. ^ 『大相撲中継』2017年8月12日号 p51
  16. ^ 新十両の千代丸に“力士会ドッキリ” nikkansports.com 2013年9月3日22時45分
  17. ^ 『角界ウラばなし 爆笑大相撲』元横綱北の富士 九重勝昭 日之出出版
  18. ^ 鹿児島)志布志でお釈迦祭り シャンシャン馬、花嫁乗せ 朝日新聞DIGITAL 2014年4月30日03時00分
  19. ^ 大相撲巡業で弁当の改善が課題に nikkansports.com 2014年8月18日9時56分 紙面から
  20. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年7月号 p86-87
  21. ^ マツコが念願の大銀杏で力士姿に、有吉「いいじゃん!」”. お笑いナタリー (2017年9月26日). 2017年11月17日閲覧。
  22. ^ 日刊スポーツ 2017年9月15日
  23. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年12月号p23
  24. ^ 右肩鎖関節捻挫のため9日目から途中休場
  25. ^ 右膝半月板損傷のため11日目から途中休場

関連項目[編集]

外部リンク[編集]