時津海正博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「時津海」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
時津海 正博 Sumo pictogram.svg
Tokitsuumi 2010.JPG
まわし姿の時津風親方(2010年)
基礎情報
四股名 時津海 正博
本名 坂本 正博
生年月日 (1973-11-08) 1973年11月8日(44歳)
出身 長崎県福江市(現・五島市
身長 184cm
体重 137kg
BMI 40.47
所属部屋 時津風部屋
得意技 右四つ・寄り
成績
現在の番付 引退
最高位前頭3枚目
生涯戦歴 466勝485敗43休(70場所)
幕内戦歴 322勝385敗43休(50場所)
優勝 十両優勝2回
技能賞4回
データ
初土俵 1996年3月場所(幕下付出)[1]
入幕 1998年9月場所[1]
引退 2007年9月場所[1]
引退後 時津風部屋 師匠
趣味 釣り
備考
2015年10月3日現在

時津海 正博(ときつうみ まさひろ、1973年11月8日 - )は、長崎県福江市(現・五島市)の出身で時津風部屋所属の元大相撲力士。本名は坂本 正博(さかもと まさひろ)。東京農業大学卒業。最高位は東前頭3枚目(2001年11月場所)。身長184cm、体重137kg。得意手は右四つ・寄り。趣味は釣り。現在は年寄時津風血液型はA型、星座は蠍座[1]

人物[編集]

農家の二男に生まれ、父の影響で2・3歳位の時から宮相撲に出場した。小学校では野球、中学校では柔道をやっていたが、部員が足りず休部状態に陥っていた相撲部を再興し、自宅の倉庫を稽古場に改造し、相撲を続けた。長崎県立諫早農業高等学校では相撲に専念し、東京農業大学でも活躍した。しかし、4年生の時は企業に就職しようと考え、印刷会社の試験に合格し、また父からアマチュア相撲の強豪である和歌山県庁への就職も勧められたが、アマチュアよりプロで取る方がいいという本人の意志で時津風部屋に入門。1996年3月場所、幕下付出初土俵[1]

時津海が入門した頃はまだ学生相撲出身者に対する風当たりが強かったため、巡業では他の部屋の錚々たる関取衆のかわいがりに遭った。また、新潟にあった部屋の夏合宿場で、炎天の下非常に厳しい稽古を積まされた。14代時津風も、稽古場は何も言葉を発さない寡黙な人物であったため、威厳あって怖く、大卒であって早く関取に挙がりたいという気持ちもあって必死で努力した[2]

1998年9月場所新入幕。以降は主に幕内中位で活躍し、2005年5月場所まで41場所連続で幕内の地位を維持し続けた。2001年から2003年あたりが全盛期で、この間に3度の技能賞を受賞、2003年7月場所の11日目には大関栃東を破り単独トップに立つ活躍も見せた[1]。その栃東を破った2003年7月場所11日目の取組は、相手に左前ミツを取られたものの、これを持ち前の技術で切ると攻勢に転じ、右差し左上手の体勢から寄り切って相手を下した、という内容であった[3]。幕内中位で勝ち越すことが何度もあったが最高位は前頭3枚目と、番付運がなかった[注 1]。また、大関昇進前ではあるが琴光喜に強く、5勝3敗と勝ち越している。右四つ左上手での理詰めの相撲は好角家をうならせたが、2005年5月場所は西前頭12枚目で3勝12敗と大負けし、翌7月場所は1998年7月場所以来、42場所ぶりに十両に陥落した。以後は怪我もあって十両に落ちることが増え、幕内下位に低迷した。それでも2005年7月には2度目の十両優勝を果たし、2006年1月場所では14日目に白鵬に敗れるまで優勝争いに加わる活躍で12勝3敗と大勝して4回目の技能賞を獲得し、西前頭14枚目という史上最も低い地位での三役揃い踏みを経験するなど長く地力を保ち続けた。

しかし2007年10月9日、同年6月に発生した時津風部屋力士暴行死事件を受け、日本相撲協会より解雇された師匠で15代時津風親方こと山本順一の後継として部屋を継承するために急遽現役引退することとなり、日本相撲協会に引退届および年寄時津風襲名届を提出した。時津海自身は「まだ燃え尽きていない」と現役へのこだわりがあったが、今回の新弟子死亡事件からの出直しを図るため、14代時津風(豊山勝男=入門時の師匠)を始めとする関係者の説得を受け入れ、16代時津風となり、部屋の師匠として名門復活に全力を注ぐこととなった[4][1]

なお、時津海の引退と年寄襲名により、日本相撲協会は2007年11月場所番付において、引退した時津海が位置する予定であった西前頭11枚目を空位にするという措置を取った。これは時津海が年寄時津風として番付に掲載されることにより、番付上の重複を避けるためである。幕内の番付で空位が発生した事態は、1873年(明治6年)11月に当時の東京相撲の関脇だった小柳常吉ら以来(この時は力士名を墨で塗りつぶした)、実に134年ぶりという珍事となった。[注 2]

また時津海が時津風を襲名するにあたり、自身が取得していた年寄・錦島株を弟弟子の霜鳳に譲渡した。

現役時代の時津海はしばしば「相撲巧者」として紹介された。右四つでの寄りが持ち味。左上手を取れれば引き付けが効き、出し投げ、ひねりもあり、特に強かった。また、廻しを切る技術も秀逸だった[1]。さらには差し手を殺すことも上手く、けんか四つの相手でも勝つことができるというところがあった。しかし元々組めないともろく、突き押し相撲相手には苦戦した。晩年には足腰の衰えが顕著になり、すぐに腰が立って足が流れたり吹っ飛ばされたりすることも目立った。四つ身での技術では同世代の力士の中でもトップクラスだったが、数々のもろさが災いして三役にはついに上がれなかった。

先代こと山本が解雇されたちょうど1年後の2008年10月5日両国国技館において引退相撲を執り行い、断髪式で髷に別れを告げた(留め鋏は14代時津風が入れた)。式典後、時津海の16代時津風は昨年の不祥事を改めて謝罪した後、「新生時津風部屋を良い方向へ行くように頑張りたい」と抱負を語った。[5]

2010年6月18日、大相撲における野球賭博の問題で、日本相撲協会に対し豊ノ島と共に賭博をしていた事実を認めていたことが報道された[6]。これを受けて日本相撲協会は主任から最下位の平年寄への1階級降格と5年間の昇格見送りの処分を下した。

2011年3月大相撲八百長問題に関与し、引退勧告処分となった霜鳳典雄の監督不行き届きにて昇格見送り3年の処分を受けた。野球賭博問題での5年間昇格見送りと合わせて合計8年間の処分となったことになる。霜鳳の処分に関しては「納得はしていない。思いはみんな一緒だ」としている。[7][リンク切れ]2014年の役員改選と同時に行われた新たな職務分掌では当初の方針より早く昇格停止処分が解除された形で主任に再昇格し、2015年1月29日付で委員に昇格している[8]。2016年3月30日現在で、協会の職務では審判部の所属になっている。

2017年1月31日に間垣(元小結・時天空)が悪性リンパ腫により死去した際には「堪えますね」とぽつり。続けて「(昨年の)9月に復帰して指導者として稽古場に毎日来てました。若い衆にしつけとかあいさつとか厳しかった。あんなに厳しく指導するやついない。自分も見習わないといけない。若い衆をしっかり指導していきたい」と、沈痛な表情を浮かべながらコメントした[9]

2017年5月場所はヘルニアで場所を休場。3日目に足立区内の病院で内視鏡手術を行い、すぐに部屋に戻った[10]

山本順一が暴行死事件を起こしたことによって発覚し次第完全に相撲界からの関わりを断たれた関係上、部屋の師匠としての職務上の引き継ぎなども何もなく、最初の2、3年はお詫び行脚に終始した。その後、新しく出来た後援会などによって部屋の運営を手伝ってもらえるようになり、自分の仕事も落ち着いてきた[2]

部屋の師匠としては自分で考えることと自らの意志で厳しい稽古を行うことが重要だと主張しており、稽古場で厳しさを発揮した時天空が死去したことで部屋の上下関係に対する意識や弟子の稽古態度などの面で弟子育成が危機感と隣合わせとなったが、それでも16代時津風は「無理やり(稽古を)やらせても強くならない」として力士達の自主性を重んじている。だらだらとした稽古を長時間行うのではなく、同じ時間の稽古でもより気合や力を入れて集中してやった方が良いと話している[2]

体の衰え以外の事情で現役を引退して相撲に未練があったためか引退後もトレーニングを継続しており、2017年にヘルニアを患うまで現役力士の頃から気持が切り替わらなかったという。一方気持ちが切り替わって以降も、2018年の時点でもトレーニングを欠かさず行っており、現役時代とほぼ変わらない肉体で弟子に胸を出している[2]

主な成績[編集]

  • 通算成績:466勝485敗43休 勝率.490
  • 幕内成績:322勝385敗43休 勝率.455
  • 現役在位:70場所
  • 幕内在位:50場所[2]
  • 三賞:4回
    • 技能賞:4回(2001年7月場所、2002年1月場所、2003年7月場所、2006年1月場所)
  • 各段優勝:十両優勝2回(1997年5月場所、2005年7月場所)

場所別成績[編集]

時津海正博
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1996年
(平成8年)
x 幕下付出 #60
6–1 
東 幕下 #31
5–2 
東 幕下 #17
4–3 
西 幕下 #11
4–3 
東 幕下 #9
4–3 
1997年
(平成9年)
西 幕下 #5
5–2 
西 幕下 #2
5–2 
西 十両 #13
優勝
12–3
西 十両 #3
5–10 
東 十両 #8
9–6 
西 十両 #3
8–7 
1998年
(平成10年)
西 十両 #2
4–11 
西 十両 #9
9–6 
西 十両 #5
8–7 
東 十両 #2
10–5 
西 前頭 #14
8–7 
東 前頭 #13
9–6 
1999年
(平成11年)
東 前頭 #5
4–11 
西 前頭 #11
9–6 
西 前頭 #6
4–11 
東 前頭 #13
8–7 
東 前頭 #10
7–8 
東 前頭 #12
8–7 
2000年
(平成12年)
西 前頭 #11
9–6 
東 前頭 #7
7–8 
西 前頭 #8
5–10 
西 前頭 #11
9–6 
東 前頭 #10
7–8 
東 前頭 #12
8–7 
2001年
(平成13年)
西 前頭 #9
8–7 
東 前頭 #4
6–9 
西 前頭 #6
4–11 
西 前頭 #13
11–4
西 前頭 #4
9–6 
東 前頭 #3
2–13 
2002年
(平成14年)
東 前頭 #11
11–4
西 前頭 #4
2–6–7[注 3] 
東 前頭 #11
休場
0–0–15[注 4]
東 前頭 #11
8–7 
西 前頭 #6
7–8 
西 前頭 #7
8–7 
2003年
(平成15年)
西 前頭 #4
5–10 
東 前頭 #8
8–5–2[注 5] 
東 前頭 #7
休場
0–0–15[注 4]
東 前頭 #7
9–6
西 前頭 #3
5–10 
西 前頭 #6
8–7 
2004年
(平成16年)
東 前頭 #4
7–8 
東 前頭 #5
8–7 
東 前頭 #4
7–8 
東 前頭 #6
6–9 
西 前頭 #8
5–10 
東 前頭 #14
8–7 
2005年
(平成17年)
東 前頭 #12
5–10 
東 前頭 #16
8–7 
西 前頭 #12
3–12 
西 十両 #3
優勝
11–4
西 前頭 #14
4–11 
西 十両 #3
9–6 
2006年
(平成18年)
西 前頭 #14
12–3
西 前頭 #5
2–13 
東 前頭 #16
2–9–4[注 6] 
東 十両 #9
8–7 
西 十両 #6
8–7 
東 十両 #4
10–5 
2007年
(平成19年)
西 前頭 #12
8–7 
西 前頭 #10
8–7 
東 前頭 #6
3–12 
東 前頭 #11
8–7 
西 前頭 #7
5–10 

引退
––[注 7]
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 時津海→時津海(「海」の「毋」が「母」)

年寄変遷[編集]

  • 時津風 正博(ときつかぜ まさひろ)2007年11月〜

愛車[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 前頭4枚目で9勝しながら1枚しか上がらない等。
  2. ^ その後、2008年8月19日若ノ鵬が大麻所持で逮捕されたため、2008年9月場所に彼の四股名が掲載される予定だった東前頭8枚目が空位となった。
  3. ^ 右膝外側側副靱帯損傷、右膝蓋骨骨折により8日目から途中休場
  4. ^ a b 公傷制度適用
  5. ^ 大腿部筋挫傷により13日目から途中休場
  6. ^ 腰椎捻挫により初日不戦敗、6日目から出場
  7. ^ 秋場所後の10月9日に急遽引退。西前頭11枚目に掲載される予定だったがその地位は空欄。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p27
  2. ^ a b c d e ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p76-79
  3. ^ ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p44
  4. ^ 時津海、引退で時津風襲名 産経新聞 2007年10月6日閲覧
  5. ^ 断髪式で異例の陳謝 時津風親方 産経新聞 2008年10月5日閲覧
  6. ^ 「時津風親方も野球賭博認める 豪栄道、豊響も」 朝日新聞 2010年6月18日
  7. ^ 土俵去る八百長関与力士、無念の表情 サンケイスポーツ 2011年4月5日
  8. ^ [“木瀬親方が主任から委員に復帰”. 日刊スポーツ. (2015年1月29日). http://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/f-sp-tp3-20150129-1427870.html 2016年3月3日閲覧。 
  9. ^ 元時天空告別式、師匠の時津風親方「堪えますね」 日刊スポーツ 2017年2月7日16時0分
  10. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年7月号 p82

関連項目[編集]

外部リンク[編集]