1996年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1996年の相撲(1996ねんのすもう)は、1996年の相撲関係のできごとについて述べる。

大相撲[編集]

できごと[編集]

  • 1月、ファン感謝祭の売り上げから300万円を義援金として神戸に送ると発表。1月場所千秋楽、優勝した貴ノ浪に橋本龍太郎首相が歴代首相として初めて内閣総理大臣杯を直接手渡しした。役員改選が行われ、理事長に出羽海が3選、新理事に北の湖、木瀬、二子山。新監事に押尾川、武蔵川。
  • 2月、出羽海(元横綱佐田の山)と境川(元関脇鷲羽山)が名跡変更。
  • 3月、元前頭14枚目大若松引退、年寄音羽山襲名。元大関霧島引退、年寄錣山襲名。
  • 5月、本所消防署主催の消防訓練が国技館で行われ、「災害支援ボランティア」のための講習を受けた。
  • 7月、元前頭4枚目鬼雷砲引退、年寄佐ノ山襲名。
  • 9月、NTTと共同でインターネットの「大相撲ホームページ」を開設。元前頭筆頭春日富士引退、年寄春日山襲名。
  • 10月、6日に幕内旭道山が廃業届を提出して、朱議員選挙の比例代表近畿ブロックに新進党から立候補することを表明した。20日、衆議院総選挙が投票、開票された旭道山が当選、廃業届が正式に受理された。
  • 12月、8日に鏡山(元横綱柏戸)死去、58歳。従五位勲四等旭日小綬受賞。18日に協会葬。

本場所[編集]

参考文献[編集]

  • 『相撲』誌各号
  • 『大相撲戦後70年史』(ベースボールマガジン社、2015年)p103