2006年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

< 2006年 | 2006年のスポーツ

2006年の相撲(2006ねんのすもう)では、相撲について2006年平成18年)の出来事を述べる。

できごと[編集]

大相撲[編集]

本場所[編集]

一月場所(初場所)[編集]

両国国技館東京都)を会場に、初日の1月8日(日)から千秋楽の1月22日(日)までの15日間開催された。

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 栃東大裕玉ノ井部屋 東京都足立区出身) - 14勝1敗(13場所ぶり3回目)
三賞 殊勲賞 白鵬翔宮城野部屋 モンゴルの旗 モンゴルウランバートル出身) - 13勝2敗(7場所ぶり2回目)
敢闘賞 北勝力英樹八角部屋 栃木県大田原市出身) - 12勝3敗(10場所ぶり3回目)
技能賞 時津海正博時津風部屋 長崎県五島市出身) - 12勝3敗(15場所ぶり4回目)
十両優勝 栃乃洋泰一春日野部屋 石川県七尾市出身) - 13勝2敗
幕下優勝 把瑠都凱斗三保ヶ関部屋  エストニア・ラクヴェレ出身) - 6勝1敗 ※優勝決定戦勝利
三段目優勝 暁司健二(入間川部屋 愛知県名古屋市東区出身) - 7戦全勝
序二段優勝 弓の里宗広(鳴戸部屋 福井県福井市出身) - 7戦全勝 ※優勝決定戦勝利
序ノ口優勝 臥牙丸太郎木瀬部屋 ジョージア (国)の旗 ジョージアトビリシ出身) - 7戦全勝

三月場所(春場所、大阪場所)[編集]

大阪府立体育会館大阪市)を会場に、初日の3月12日(日)から千秋楽の3月26日(日)までの15日間開催された。

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 朝青龍明徳高砂部屋 モンゴルの旗 モンゴル・ウランバートル出身) - 13勝2敗 ※優勝決定戦勝利(2場所ぶり16回目)
三賞 殊勲賞 白鵬翔(宮城野部屋 モンゴルの旗 モンゴル・ウランバートル出身) - 13勝2敗(2場所連続3回目)
敢闘賞 旭鷲山昇大島部屋 モンゴルの旗 モンゴル・ウランバートル出身) - 11勝4敗(5場所ぶり2回目)
技能賞 白鵬翔(宮城野部屋 モンゴルの旗 モンゴル・ウランバートル出身) - 13勝2敗(7場所ぶり2回目)
安馬公平安治川部屋 モンゴルの旗 モンゴル・ウランバートル出身) - 8勝7敗(6場所ぶり2回目)
十両優勝 把瑠都凱斗(三保ヶ関部屋  エストニア・ラクヴェレ出身) - 15戦全勝
幕下優勝 琴禮巨樹佐渡ヶ嶽部屋 福岡県築上郡築上町出身) - 7戦全勝
三段目優勝 前田勝放駒部屋 山形県鶴岡市出身) - 7戦全勝
序二段優勝 舛光理光司(千賀ノ浦部屋 千葉県流山市出身) - 7戦全勝
序ノ口優勝 拓錦広之(千賀ノ浦部屋 千葉県市川市出身) - 7戦全勝

五月場所(夏場所)[編集]

両国国技館(東京都)を会場に、初日の5月7日(日)から千秋楽の5月21日(日)までの15日間開催された。

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 白鵬翔(宮城野部屋 モンゴルの旗 モンゴル・ウランバートル出身) - 14勝1敗(初優勝) ※優勝決定戦勝利
三賞 殊勲賞 雅山哲士武蔵川部屋 茨城県水戸市出身) - 14勝1敗(38場所ぶり2回目)
敢闘賞 朝赤龍太郎(高砂部屋 モンゴルの旗 モンゴル・ウランバートル出身) - 10勝5敗(初受賞)
把瑠都凱斗(三保ヶ関部屋  エストニア・ラクヴェレ出身)(初受賞) - 11勝4敗
技能賞 雅山哲士(武蔵川部屋 茨城県水戸市出身) - 14勝1敗(初受賞)
十両優勝 豊桜保勝 陸奥部屋 広島県広島市安佐北区出身) - 10勝5敗 ※優勝決定戦勝利
幕下優勝 下田圭将追手風部屋 長崎県島原市出身) - 7戦全勝
三段目優勝 舞風昌宏尾車部屋青森県十和田市出身) - 7戦全勝
序二段優勝 山崎豊(武蔵川部屋 愛媛県松山市出身) - 7戦全勝
序ノ口優勝 境澤賢一(三保ヶ関部屋 埼玉県さいたま市南区出身) - 7戦全勝

七月場所(名古屋場所)[編集]

愛知県体育館名古屋市)を会場に、初日の7月9日(日)から千秋楽の7月23日(日)までの15日間開催された。

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 朝青龍明徳(高砂部屋 モンゴルの旗 モンゴル・ウランバートル出身) - 14勝1敗(2場所ぶり17回目)
三賞 殊勲賞 該当者なし
敢闘賞 玉乃島新片男波部屋 福島県西白河郡泉崎村出身) - 11勝4敗(8場所ぶり5回目)
技能賞 玉春日良二(片男波部屋 愛媛県西予市出身) - 11勝4敗(61場所ぶり2回目)
十両優勝 寶智山幸観境川部屋 青森県弘前市出身) - 13勝2敗
幕下優勝 白石信広(三保ヶ関部屋 熊本県宇土市出身) - 7戦全勝
三段目優勝 大天霄健(高島部屋 モンゴルの旗 モンゴル・ウランバートル出身) - 7戦全勝 ※優勝決定戦勝利
序二段優勝 松谷裕也松ヶ根部屋 福岡県築上郡築上町出身) - 7戦全勝 ※優勝決定戦勝利
序ノ口優勝 大宮本勝昭(九重部屋 山口県萩市出身) - 7戦全勝

九月場所(秋場所)[編集]

両国国技館(東京都)を会場に、初日の9月10日(日)から千秋楽の9月24日(日)までの15日間開催された。

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 朝青龍明徳(高砂部屋 モンゴルの旗 モンゴル・ウランバートル出身) - 14勝1敗(2場所連続18回目)
三賞 殊勲賞 稀勢の里寛(鳴戸部屋 茨城県牛久市出身) - 8勝7敗(初受賞)
敢闘賞 安馬公平(安治川部屋 モンゴルの旗 モンゴル・ウランバートル出身) - 11勝4敗(初受賞)
技能賞 安美錦竜児(安治川部屋 青森県西津軽郡深浦町出身) - 11勝4敗(20場所ぶり3回目)
十両優勝 隆乃若勇紀(鳴戸部屋 長崎県平戸市出身) - 11勝4敗 ※優勝決定戦勝利
幕下優勝 澤井豪太郎(境川部屋 大阪府寝屋川市出身) - 7戦全勝
三段目優勝 若三藤成豊間垣部屋 青森県弘前市出身) - 7戦全勝
序二段優勝 時大竜正和(時津風部屋 福島県耶麻郡猪苗代町出身) - 7戦全勝 ※優勝決定戦勝利
序ノ口優勝 倉園一真(尾上部屋 鹿児島県日置市出身) - 7戦全勝

十一月場所(九州場所)[編集]

福岡国際センター福岡市)を会場に、初日の11月12日(日)から千秋楽の11月26日(日)までの15日間開催された。

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 朝青龍明徳(高砂部屋 モンゴルの旗 モンゴル・ウランバートル出身) - 15戦全勝(3場所連続19回目)
三賞 殊勲賞 該当者なし
敢闘賞 豊真将紀行錣山部屋 山口県下関市出身) - 12勝3敗(初受賞)
技能賞 琴奨菊和弘(佐渡ヶ嶽部屋 福岡県柳川市出身) - 10勝5敗(初受賞)
豊真将紀行(錣山部屋 山口県下関市出身) - 12勝3敗(初受賞)
十両優勝 十文字昭憲(陸奥部屋 青森県三戸郡階上町出身) - 13勝2敗
幕下優勝 白馬毅(陸奥部屋 モンゴルの旗 モンゴル・ウランバートル出身) - 7戦全勝
三段目優勝 德瀬川正直桐山部屋 モンゴルの旗 モンゴル・ウランバートル出身) - 7戦全勝 ※優勝決定戦勝利
序二段優勝 若力堂聖也(松ヶ根部屋 愛知県豊田市出身) - 7戦全勝 ※優勝決定戦勝利
序ノ口優勝 哲光哲也(式秀部屋 愛知県一宮市出身) - 7戦全勝

トーナメント大会[編集]

新弟子検査合格者[編集]

四股名が太字の者は現役力士。最高位は引退力士のみ記載。
場所 主な合格者 四股名 最高位 最終場所 備考
1月場所
3月場所 レヴァニ・ゴルガゼ 栃ノ心剛史[1] (現役)
松谷裕也 松鳳山裕也[2] (現役)
渡邊裕樹 竜電剛至[3] (現役)
熊谷徹也 錦木徹也[4] (現役)
境澤賢一 境澤賢一[5] 前頭15枚目 2011年1月場所[注 1]
本間幸也 栃飛龍幸也[6] 十両7枚目 2019年5月場所
北園基嗣 政風基嗣[7] 十両12枚目 2018年5月場所
5月場所 澤田憲輝 千代の国憲輝[8] (現役)
7月場所 加藤大晴 舛ノ山大晴[9] 前頭4枚目 2021年5月場所
9月場所 リカルド・スガノ 魁聖一郎[10] (現役)
11月場所

引退[編集]

場所 主な引退力士 最高位 初土俵 備考
1月場所 追風海英飛人[11] 関脇 1998年3月場所(幕下最下位格付出)
若東龍秀史[12] 十両3枚目 1994年3月場所 引退時の四股名は野寺。
3月場所
5月場所 闘牙進[13] 小結 1991年1月場所 準年寄就任
金開山龍[14] 前頭6枚目 1991年3月場所 準年寄就任
隆の鶴伸一[15] 前頭8枚目 1992年3月場所 準年寄就任
7月場所 若孜浩気[16] 前頭12枚目 1995年11月場所
9月場所 魁道康弘[17] 十両4枚目 1998年3月場所(幕下最下位格付出)
琴冠佑源正[18] 十両7枚目 1981年3月場所
11月場所 旭鷲山昇[19] 小結 1992年3月場所
春ノ山竜尚[20] 前頭10枚目 1992年3月場所 準年寄就任
五剣山博之[21] 十両6枚目 1989年3月場所

引退相撲興行[編集]

その他の出来事[編集]

大関昇進
本場所での出来事
  • 3月26日 - 十両把瑠都がこの日の取組にも勝って15戦全勝優勝を達成したが、これは1場所15日制になって以来、43年ぶり4度目の珍しい記録だった。
  • 7月15日 - この日の露鵬千代大海の取組で、勝負がついた後に両者がにらみ合う事件が発生。取組後に両者は注意をされたが、露鵬はこの事件の後に風呂場のガラスを破壊し、取材中のカメラマンにも暴行を加えて負傷させる事件も起こしてしまった。この暴行事件の後、相撲協会は露鵬に対して3日間の出場停止処分を下した。

死去[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 順席上は2011年5月技量審査場所

出典[編集]

  1. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 270頁
  2. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 280頁
  3. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 298頁
  4. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 293頁
  5. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 269頁
  6. ^ 「令和元年度版 最新部屋別 全相撲人写真名鑑」『相撲』2019年5月号別冊付録、ベースボール・マガジン社、 17頁。
  7. ^ 「平成30年度版 最新部屋別 全相撲人写真名鑑」『相撲』2018年5月号別冊付録、ベースボール・マガジン社、 15頁。
  8. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 282頁
  9. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 279頁
  10. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 277頁
  11. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 249頁
  12. ^ 野寺 秀史 日本相撲協会公式サイト(2021年8月4日閲覧)
  13. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 245頁
  14. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 246頁
  15. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 257頁
  16. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 253頁
  17. ^ 魁道 康弘 日本相撲協会公式サイト(2021年8月4日閲覧)
  18. ^ 琴冠佑 源正 日本相撲協会公式サイト(2021年8月4日閲覧)
  19. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 241頁
  20. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 259頁
  21. ^ 五剣山 博之 日本相撲協会公式サイト(2021年8月4日閲覧)
  22. ^ 角界一の部屋にしたい/元関脇の琴ノ若が引退相撲」『四国新聞社』、2006年5月27日。2021年8月5日閲覧。
  23. ^ a b イベントスケジュール - 財団法人日本相撲協会 - ウェイバックマシン(2006年9月19日アーカイブ分)
  24. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 132頁
  25. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 120頁
  26. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 133頁
  27. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 169頁
  28. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 202頁
  29. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 200頁
  30. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 145頁