2002年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

2002年の相撲(2002ねんのすもう)は、2002年の相撲関係のできごとについて述べる。

大相撲[編集]

できごと[編集]

  • 1月、協会員のCM出演解禁。原則資格者以上の者が出演することを認めた。
  • 2月、役員改選が行われ、理事は選挙となった。新理事長に北の湖、新理事に武蔵川、伊勢ノ海、新監事に三保ヶ関。23日、都内ホテルで北の富士勝昭の還暦を祝う会が催され、赤い横綱を占めて土俵入りを披露。
  • 3月、元前頭3枚目大至引退、準年寄大至承認。
  • 4月、巡業が売り興業に戻ることに伴い、全国から勧進元を集めて国技館で地方巡業説明会を行った。
  • 5月、6日、横綱審議委員会稽古総見が一般公開で行われ、力士会主催で「伊豆諸島地震活動災害義援金」の募金活動を行った。国技館でFMラジオ局を開局することを発表。秋場所より実施。NHK・BSの音声を放送。
  • 7月、場所後の番付編成会議で朝青龍が大関昇進。
  • 9月、3日に理事会で年寄名跡の貸借を認めることを承認。元前頭2枚目の湊富士引退、年寄立田川襲名。元関脇の貴闘力が引退、年寄大嶽襲名。元関脇の寺尾が引退、年寄錣山襲名。
  • 11月、元前頭筆頭の肥後ノ海引退、年寄木瀬襲名。

本場所[編集]

参考文献[編集]

  • 『相撲』誌各号
  • 『大相撲戦後70年史』(ベースボールマガジン社、2015年)p110