1999年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1999年の相撲(1999ねんのすもう)は、1999年の相撲関係のできごとについて述べる。

大相撲[編集]

できごと[編集]

  • 1月、元小結旭豊引退、準年寄旭豊承認。場所後の番付編成会議で千代大海の大関昇進が決定。巡業部を50人に増員した。
  • 2月、9日に力士大運動会が東京体育館で700人の力士が参加して行われた。準年寄旭豊が立浪部屋を継承。
  • 3月、横審委員長に一力一夫就任。元前頭筆頭豊ノ海引退、年寄山響襲名。
  • 5月、5月場所後、武蔵丸の横綱昇進決定。
  • 6月、元小結大翔鳳引退、準年寄大翔鳳承認。
  • 7月、元小結琴稲妻引退、年寄粂川襲名。元関脇栃乃和歌引退、年寄竹縄襲名。7月場所後の番付編成会議で出島が大関昇進。
  • 9月、運営審議会の会長に河上民雄が就任。元前頭4枚目の時津洋引退、準年寄時津洋承認。力士会の申し合わせで、国技館の引退相撲興業ができるのが関取30場所以上だが、十両1場所でも国技館の土俵で断髪式を行うことが可能になった。
  • 10月、秋巡業で横綱、大関らが握手会などの入場者サービスを行うようになった。
  • 12月、4日に準年寄大翔鳳死去、32歳。国技館に設置されたエスカレーター2基の竣工式が行われた

本場所[編集]

参考文献[編集]

  • 『相撲』誌各号
  • 『大相撲戦後70年史』(ベースボールマガジン社、2015年)p107