黒海太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
黒海 太 Sumo pictogram.svg
Levan Tsaguria (Kokkai) (cropped).jpg
基礎情報
四股名 黒海 太
本名 レヴァン・ツァグリア
ლევან ცაგურია
愛称 コッカイ、レヴァン、想像を絶する髭
生年月日 (1981-03-10) 1981年3月10日(37歳)
出身 グルジア共和国 (現国名 : ジョージア (国)の旗 ジョージア) トビリシ
(実際の出身地はアブハジア共和国スフミ
身長 190cm
体重 156kg
BMI 43.21
所属部屋 追手風部屋
得意技 突き、押し、左四つ、寄り[1]
成績
現在の番付 引退
最高位 西小結
生涯戦歴 446勝458敗10休(68場所)
幕内戦歴 312勝363敗(45場所)
優勝 十両優勝1回
幕下優勝1回
三段目優勝1回
序二段優勝1回
敢闘賞2回
データ
初土俵 2001年5月場所[1]
入幕 2004年1月場所[1]
引退 2012年9月場所[1]
備考
金星2個(朝青龍2個))
2012年9月21日現在

黒海 太(こっかい ふとし、1981年3月10日 - 、本名「レヴァン・ツァグリア」(ジョージア語ლევან ცაგურიაキリル文字転写:Леван Цагурияラテン文字転写Levan Tsaguria)は、アブハジア共和国スフミ市出身(呼び出し公称ではグルジア共和国 (現国名 : ジョージア)の首都トビリシ市出身)、追手風部屋に所属していた元大相撲力士。愛称は、「コッカイ」、「レヴァン」。身長190cm、体重156kg。得意技は、突き、押し、左四つ。最高位は西小結2006年9月・11月場所)。趣味は音楽鑑賞、史上初のヨーロッパ出身の関取である[1]四股名は故郷が接する黒海に因んでつけられた。

来歴[編集]

2009年9月場所

レスリングチャンピオンの長男としてソビエト連邦アブハジア自治共和国・スフミで生まれる。6歳の頃からレスリングを始めた。12歳のときにアブハジア紛争で自宅が破壊され、首都のトビリシに一家で逃れる。グルジアのスポーツナショナル·アカデミー在籍中に相撲に興味を持ち、ドイツで行われた世界アマチュア相撲選手権大会に参加した。

2001年5月場所に初土俵を踏んだ。取的の頃よりアマチュレスリングで鳴らしたその馬力には期待が集まり、出世も早く2003年5月場所に新十両、翌2004年1月場所に新入幕を果たした[1]。すぐさま幕内上位に定着し同年11月場所3日目には初日から2連敗だった角番大関武双山を右上手投げで下し、引退に追い込んだ。その後、三役の座を窺っていたが上位から中位を行き来する状態が続いた。

しかし、2005年7月場所(敢闘賞を受賞)と2006年1月場所に横綱朝青龍を破る金星を挙げるなど徐々に力をつけ、2006年3月場所は最高位タイの西前頭筆頭に番付を上げた。だが、場所直前に父の訃報が届き、弟の司海とともにグルジアへ緊急帰国したため、稽古不足で5勝10敗と大きく負け越し。そればかりか、千秋楽春日王戦に内掛けで敗れた際に足を負傷した。翌5月場所は、完治していない足の怪我のために前半は3勝5敗と黒星先行で苦しい場所だったが後半巻き返し、14日目に勝ち越しを決め、8勝7敗で場所を終えた。7月場所では前頭5枚目で10勝5敗、やや引き技が目立ったが2桁の白星を収めた。その実績が評価され翌9月場所にやっとの思いで新三役(新小結)に昇進することになった。9月場所では新小結で8勝7敗と見事に勝ち越し魁皇千代大海の2大関を破るなど存在感を示した。しかし、翌11月場所は怪我のため引き技が多く9日目までの9連敗などで3勝12敗と無残な成績に終わり、小結の座を明け渡した。

その後は低迷し、前頭の中位から下位を行き来していた。西前頭5枚目だった2008年3月場所では叩きも目立ったが四つ相撲中心の取り口で12勝3敗の好成績を挙げ、2度目の敢闘賞を受賞した。三役復帰の可能性もあったが不運にも昇進を見送られた。久々の上位進出となった翌5月場所では3勝12敗と大敗を喫し、それ以降は徐々に体重も落ちてしまい再び前頭の中下位に留まっていたが、2010年6月、母国のミヘイル・サアカシュヴィリ大統領から「海外でグルジアの名前を広めたことによる功績」を称え、グルジア独立後16人しか受章していない栄誉ある勲章を授与された。黒海によると日本の国民栄誉賞に相当する受章である[2]

2011年5月技量審査場所では幕内昇進以来初めて西十両6枚目に陥落し、5勝10敗と大きく負け越してしまった。しかし、大相撲八百長問題にて多数の力士が引退・解雇されたため翌7月場所は東十両4枚目と番付を上げ、体の張りも以前ほどではないが復活し、9勝6敗と勝ち越した。9月場所では東前頭16枚目に番付を戻し、再入幕を果たした。9月17日、地元のグルジア人女子大学院生と結婚していたことが明らかになった。二人は8月13日に母国の首都トビリシで挙式を済ませている[3]。4日目の玉飛鳥戦ではがぶり寄りのような寄り倒しで勝利するなど、取り口にもやや変化が見られ、9勝6敗と勝ち越した。体の張りも先場所より明らかに増し、復活の兆しを見せていたが、翌11月場所は西前頭10枚目で1勝14敗と大きく負け越し、再び十両に陥落した。

2012年1月場所、3月場所は精彩を欠く相撲が続いた。特に3月場所は4勝11敗に終わり、5月場所は西十両11枚目と成績次第では幕下降格の危険性もあるところまで番付が下がってしまった。5月場所では両ひじ、両ひざに大きなサポーターをつけながらの土俵が続いていたが、10日目の隆の山との取り組みで負傷した左大腿部肉離れのため、11日目は現役初の休場となり、当時の現役関取で1位の連続出場記録が882日でストップした[4]。13日目から再出場し、千秋楽に4場所ぶりの勝ち越しを決めた。

2012年9月場所は負傷のため3日目から途中休場し、師匠の追手風親方も「中日までに出られない時は決断しないといけないでしょう」と語っていたが[5]、9月場所13日目の9月21日に現役引退を発表した[6]。日本国籍を取得していないため年寄襲名はできなかった。翌22日に両国国技館内にて引退記者会見が開かれ、「怪我が多く、これ以上続けられないと思った。日本に来て大相撲に入って、自分の人生も開けました。一番嬉しかったのは幕下筆頭で5番勝って新十両を決めた時(2003年5月)。自分が入った時には(ヨーロッパ出身者は)1人しかいなかったので、後から入った人がみんな強くなって良かった」[7][8]「心の中には思い出がいっぱい」[9]、「横綱・朝青龍から初金星を挙げた相撲(2005年7月場所)が思い出」と語り[10]、師匠の追手風親方は「私のことを常に師匠として立ててくれ、また部屋では11年間関取として引っ張ってくれた。ありがとうという言葉しかない」[8]と語った。断髪式2013年2月2日に東京都内のホテルで行われた。現在は祖国グルジアで日本食レストランを経営する傍らでアマチュア相撲の指導を行っており、「日本とグルジアの関係が良くなるために力になりたい」と、政治家になることも考えているという[11]2015年11月9日に放送された「未来世紀ジパング」では、トビリシ市で日本車の中古販売ビジネスを始めようと奮闘している様子が紹介された[12]

尚、弟のジョージ・ツァグァリアも来日して力士となり、司海丈二の四股名で三段目18枚目まで昇進したが、膝を大怪我したことや、父が亡くなったこともあり家業を継ぐため2006年9月場所を最後に引退し帰国している。

取り口[編集]

  • 入幕当初は怪力・馬力を前面に出した荒々しい突き押しと張り手を武器にしていた[1]立合いのカチ上げからモロ手で突き放す相撲は威力が十分であった。そのボクシングのような激しさから、北の富士勝昭には「相撲じゃない」と眉を顰められたことすらある。その突きはワキを締めて手を「逆八の字」の形にして行うものであるというセオリーに反して、ワキを大きく広げる「八の字」の形に広げた手で行われるものである[13]。当然ながらワキが甘く、四つ相撲の力士や突きを掻い潜ってくる技能派の力士とは分が悪い。また、この形は肘に負担がかかりやすく、しばしば肘の故障に悩まされている。すり足に難があり足が揃いやすいため、引きや叩きに屈する事も多い。一方で怪力は他の方面にも生かされ、武双山に引導を渡した上手投げや、引き技も強烈である。
  • 現役終盤の頃には突き押しは影を潜め、左四つでの相撲が中心になっている。2009年は全勝利39勝のうち半数以上の勝ち星を寄り切り上手投げで収めていた。
  • 衰えも見られる取り口について、上述の批判をした北の富士は「昔の荒々しい突き押しを知ってるだけに」と残念がっていた。

エピソード[編集]

髭を剃った状態の黒海
  • 日本相撲協会公式ページなどではツァグリア・メラブ・レヴァンと表記されているが、これは父親の名前をミドルネームに組み込むロシア式の表記であり(人名スラブ系の名前参照)、グルジアがソ連から独立して久しい現在ではあまり一般的とは言えない表記である。また、民族としてはミングレル人である。
  • 母語のグルジア語ロシア語、来日後に覚えた日本語英語の四ヶ国語を話す事が出来る。
  • 食文化の違いに悩む外国人力士が多い中、早くから日本食に馴染み、好き嫌いもあまりないらしい。入門当初は白米にマヨネーズをかけて食べることを許されていたようであり、この配慮のおかげで力士として大成できたという。[14]
  • 以前は髭を生やして相撲をとっていたが、対戦相手から「ちくちくして痛い」と言われたり、観客から「見ていて不愉快だ」との声が出たために髭を剃った。2007年5月場所の大相撲中継では北の富士に「むさくるしい」とまで言われた。本人曰く、髯は勝っている時に縁起を担いで伸ばしていたそうだが、初日中日に剃るのが習慣になっているらしい。近頃は髯もトレードマーク化し、週末になるとコントの泥棒役のようになる髯はファンに愛されてもいたが、2007年9月場所では髯は伸ばさなかった。代わりにもみあげをプレスリー風に長くして尖らせるなど、独特な風貌が少し話題となった。
  • 2008年8月13日南オセチア紛争でのロシア軍事介入に対し母国からデモへの参加要請があり、親方の許可を得て在日グルジア人や栃ノ心と共にロシア大使館への抗議行動を行なった。その当時開催期間中であった夏巡業には「不整脈治療のため」として参加していなかったものの、相撲協会は当初デモ活動については不問としていた[15]。しかし報道された後の8月22日には厳重注意処分を下している。
  • 2009年5月末に、緊迫する対ロシア情勢の中、徴兵検査を受けるために母国グルジアに帰国した(栃ノ心、臥牙丸も同様)。1ヶ月あまりの軍事訓練を受けて7月に再入国した。[16]
  • 2011年1月14日早朝、墨田区内のインド料理店で食事中に臥牙丸と口論になり喧嘩に発展、店の厨房と客席を仕切るガラス扉を割り、天井に穴を開けていた[17]事が1月24日に判明。店長が「酔っ払いが騒ぎを起こし、ガラスを壊された」と警察に通報[18]、双方とも酒に酔っており器物損壊罪容疑で警視庁本所警察署から事情聴取を受ける、と報道された[19]。しかし黒海は、「親類を亡くして落ち込んでいた臥牙丸を励ましていたが、立ち上がった際にガラスが手に当たった」と語り[20]追手風親方は重きを見て、騒動から5日経過した19日に放駒理事長に報告。24日、黒海・臥牙丸と監督不行き届きと見られた追手風親方が厳重注意を受けた[20]。放駒理事長は「けんかしたとは聞いていない。ただ、(本場所の)そんな時間まで顔が合う力士(=取組が組まれる力士同士)が飲んでいたのは問題だ」と本場所中の騒動であったことを問題視しており、2月1日の力士会で注意された[20]5月27日、この件で書類送検された。店側とは既に示談が成立している。[21]
  • 2011年3月11日に起きた東日本大震災の直後から母国への避難命令のFAXが追手風部屋に届いており[22]福島第一原子力発電所事故も起きていることから、黒海は帰国希望を師匠に伝えた。母国関係者からも1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故の再現を恐れ強く帰国を薦められているが[23]、相撲協会は「相撲協会の許可なく部屋を離れることは認めない」[23]「部屋でいつも通りの生活をするように」と各部屋に通達されており、追手風親方は「協会の指示は守らなければいけない、もし帰るなら力士を引退しなければならない」と黒海に説明。黒海も納得し日本に留まることを決意し、結婚までは追手風部屋で生活していたが、その後も避難命令が届いていた。[22]
  • 黒海の引退報道をブルガリアでは「琴欧洲の引退」と勘違いして国営放送や新聞が報道、琴欧洲は母親からの電話でその誤報を知った[24]

主な成績[編集]

通算成績[編集]

  • 通算成績:446勝458敗10休 勝率.493
  • 幕内成績:312勝363敗 勝率.462
  • 現役在位:68場所
  • 幕内在位:44場所
  • 三役在位:2場所(小結2場所)
  • 幕内連続在位場所:42場所(2004年1月場所-2011年場所1月場所)

各段優勝[編集]

  • 十両優勝:1回(2003年11月場所)
  • 幕下優勝:1回(2003年1月場所)
  • 三段目優勝:1回(2002年1月場所)
  • 序二段優勝:1回(2001年11月場所)

三賞・金星[編集]

場所別成績[編集]

 

                                                           
黒海太
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
2001年
(平成13年)
x x (前相撲) 東序ノ口42枚目
6–1 
東序二段75枚目
6–1 
東序二段3枚目
優勝
7–0
2002年
(平成14年)
西三段目14枚目
優勝
7–0
東幕下15枚目
3–4 
西幕下21枚目
6–1 
東幕下7枚目
5–2 
西幕下筆頭
2–5 
東幕下9枚目
4–3 
2003年
(平成15年)
西幕下6枚目
優勝
6–1
西幕下筆頭
5–2 
西十両10枚目
8–7 
東十両6枚目
9–6 
東十両4枚目
9–6 
西十両2枚目
優勝
14–1
2004年
(平成16年)
西前頭10枚目
8–7 
西前頭9枚目
8–7 
東前頭7枚目
10–5 
東前頭2枚目
8–7 
西前頭筆頭
7–8 
西前頭2枚目
7–8 
2005年
(平成17年)
西前頭3枚目
7–8 
東前頭4枚目
9–6 
東前頭2枚目
5–10 
東前頭6枚目
9–6
西前頭2枚目
5–10 
西前頭6枚目
9–6 
2006年
(平成18年)
西前頭2枚目
8–7
西前頭筆頭
5–10 
西前頭6枚目
8–7 
西前頭7枚目
10–5 
西小結
8–7 
西小結
3–12 
2007年
(平成19年)
西前頭5枚目
7–8 
東前頭7枚目
10–5 
東前頭2枚目
3–12 
西前頭9枚目
6–9 
東前頭12枚目
7–8 
東前頭13枚目
9–6 
2008年
(平成20年)
東前頭8枚目
9–6 
西前頭5枚目
12–3
東前頭筆頭
3–12 
西前頭10枚目
5–10 
東前頭16枚目
8–7 
東前頭11枚目
9–6 
2009年
(平成21年)
西前頭4枚目
5–10 
西前頭8枚目
5–10 
東前頭14枚目
8–7 
東前頭8枚目
5–10 
東前頭14枚目
8–7 
西前頭10枚目
8–7 
2010年
(平成22年)
東前頭9枚目
5–10 
東前頭14枚目
10–5 
西前頭6枚目
3–12 
西前頭12枚目
8–7 
東前頭8枚目
8–7 
東前頭6枚目
4–11 
2011年
(平成23年)
東前頭15枚目
3–12 
八百長問題
により中止
西十両6枚目
5–10 
東十両4枚目
9–6 
東前頭16枚目
9–6 
東前頭10枚目
1–14 
2012年
(平成24年)
東十両4枚目
7–8 
西十両5枚目
4–11 
西十両11枚目
8–6–1 
東十両7枚目
4–11 
東十両12枚目
引退
0–3–9
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p30
  2. ^ 黒海に母国グルジアから勲章…夏場所5日目 2010年5月14日 スポーツ報知
  3. ^ 黒海、地元グルジアの22歳大学院生と結婚 2011年9月17日 スポーツ報知
  4. ^ 黒海、初めての休場 肉離れ 2012年5月16日 日刊スポーツ
  5. ^ 慶天海と黒海が休場…秋場所3日目スポーツ報知 2012年9月11日
  6. ^ 元小結黒海が引退届…グルジアで飲食店経営へ 読売新聞 2012年9月21日閲覧
  7. ^ 2012年9月22日 NHK大相撲中継
  8. ^ a b 月刊相撲2012年10月号 p50
  9. ^ 黒海が引退会見「人生が広がった」 日刊スポーツ 2012年9月22日閲覧
  10. ^ 引退会見の黒海「(思い出の一番は)朝青龍からの初金星」 スポーツ報知 2012年9月22日閲覧
  11. ^ グルジア出身黒海が断髪式 日刊スポーツ 2013年2月2日閲覧
  12. ^ 日経スペシャル 未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~|テレビ東京 2015年11月15日閲覧
  13. ^ 大相撲コラム集(キモはここなのだ!)「独自の突き押しがどこまで通用するのか?要注目!!(幕内・黒海その2)」 - goo 大相撲
  14. ^ 通訳はなし?相撲部屋の異文化対応 ガジェット通信 2014.06.11 20:40
  15. ^ 黒海、都内でデモ参加も協会は不問に スポーツ報知 2008年8月21日閲覧
  16. ^ 【大相撲】栃ノ心と黒海がグルジアで徴兵検査 MSN産経ニュース 2009年6月30日閲覧
  17. ^ 東京・墨田区のインド料理店で外国人力士2人がけんか 店の備品破損 FNNニュース 2011年1月24日閲覧
  18. ^ 初場所中に黒海関と臥牙丸関が大げんか 飲食店で口論、ガラス破壊 MSN産経ニュース 2011年1月24日閲覧
  19. ^ 器物損壊:黒海関と臥牙丸関、酔ってけんか 店の備品壊す毎日jp(毎日新聞) 2011年1月24日閲覧
  20. ^ a b c 黒海と臥牙丸を厳重注意=場所中の騒ぎ問題視-相撲協会 時事ドットコム 2011年1月24日閲覧
  21. ^ 黒海関を書類送検 臥牙丸関と飲食店で騒ぎ、飲食店のガラス破損 MSN産経ニュース 2011年5月27日閲覧
  22. ^ a b 帰国か引退か!黒海、究極の選択迫られていた スポーツ報知 2011年3月20日閲覧
  23. ^ a b 大相撲十両の黒海、グルジア帰国意向 モンゴル勢にも動揺広がる MSN産経ニュース 2011年3月18日閲覧
  24. ^ 欧洲引退騒動 黒海と間違えられた 日刊スポーツ 2012年9月22日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]