風俗店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

風俗店(ふうぞくてん)とは、一般に性的なサービスを行うの事。性風俗店。主に法律上「性風俗関連特殊営業」に分類されている店を指す。

ストリップ劇場

名称の由来[編集]

元来風俗とは、生活上見られる風習や慣わしの事を意味する。ダンスマージャンなど、善良な風俗に影響を及ぼすとされた営業が「風俗営業」として都道府県の公安委員会への届出を要するようになり、1980年代に流行したノーパン喫茶テレクラなど性風俗の多様化と共に、これら性風俗営業の店が単に「風俗店」(フーゾク店)と呼ばれ一般に定着してきた。

法律の上の位置付けでは、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風適法)において性風俗関連特殊営業に含まれる業種・店舗、キャバクラセクシーパブピンクサロン等といった風俗営業(接待飲食等営業)に分類される店舗のほか、ナイトクラブゲームセンターパチンコ店なども風俗営業として定義されている。

立地[編集]

江戸時代には、城下町の外や街道沿いの宿場町に遊郭が設けられ、制限された地域に立地していた。戦後は赤線地帯に立地が制限された。近年では、飲み屋が集中する歓楽街の中や隣接地に立地する事が多い。

現在日本においては、風適法第28条の定めにより、官公庁施設や学校図書館児童福祉施設から半径200m以内において新たに店舗型性風俗関連特殊営業を行うことは禁止されている(対象施設の設置前から既に営業している店に関してはその限りではない)。また別途都道府県条例によって対象施設を追加している場合も多い。

日本では性風俗店以外に性的サービスを行っている所は少ないが、アジアの各国では、理髪店喫茶店カラオケボックス、スポーツジムなどが売春のための施設を併設しているところがあり、日本のように自治体の条例などの規制が進んでいない場合が多い。

営業内容[編集]

今日の風俗店にはサービス内容により様々な店がある。女性男性にサービスする業態の店がほとんどであるが、中には出張ホストクラブのように男性から女性へのサービス、ニューハーフから男性へのサービス、男性から男性へのサービス(いわゆるゲイ向け風俗店)、女性から女性へのサービスなどの業態も存在する。変わった処では、ラブドールデリヘル等身大の高級ダッチワイフラブドール)を時間レンタルするサービスもある。

風営法上のデリヘル(無店舗型ヘルスサービス)の定義では 「人の住居又は人の宿泊の用に供する施設において異性の客の性的好奇心に応じてその客に接触する役務を提供する営業で、当該役務を行う者を、その客の依頼を受けて派遣することにより営むもの」となっており、異性でないニューハーフや性道具ある人形を派遣、若しくはレンタルする事がデリヘルに当たるかは判断が分かれる[1]

サービスの内容は、アダルトビデオを個室で鑑賞する店から、実際に性行為を行う店まで幅広い。日本では売春防止法の制定により、売春サービスの提供を業務として行うことは禁止されており、性風俗店で性交を行うこと(本番行為)は禁止されている。しかし実際にはソープランドでの本番行為は黙認されていることが多く、建前上は店は関知していない(女性店員と男性客の合意の上で行われる営業外行為とみなされる)ことになっている。 日本では本番行為が行える所はソープランド以外少なく、逆に非本番系風俗の業種が豊富である。

風俗店の種類[編集]

性風俗関連特殊営業[編集]

店舗型性風俗特殊営業[編集]

1号営業
2号営業
3号営業
4号営業
5号営業
6号営業

無店舗型性風俗特殊営業[編集]

映像配信型性風俗特殊営業[編集]

店舗型電話異性紹介営業[編集]

無店舗型電話異性紹介営業[編集]

  • 店舗を構えずに電話を通じて異性を紹介するテレフォンクラブ。

なお上記は一般的なサービス内容を風営法に照らし合わせて分類したものであり、実際の届出の有無や届け出内容は店舗により異なることがある。

接待飲食営業店[編集]

風俗営業店[編集]

etc

外国の風俗店[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ラブドールのデリバリーサービスは2013年現在東京都に1店舗のみ確認されているが、風俗営業の届出はラブドール業界のポリシーや営業上の便宜を図るためという側面もある。
  2. ^ a b 1984年の改正風俗営業法が施行後消滅

関連項目[編集]