2005年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 2005年 | 2005年のスポーツ

この項目では、相撲について2005年平成17年)の出来事を述べる。

概要[編集]

史上初の7連覇・年間6場所完全制覇、年間最多勝利記録を更新する84勝など、この年も横綱朝青龍の強さが際だつ1年となった。その一方で琴欧州を筆頭に、白鵬稀勢の里普天王など若手力士の台頭も見られた。

できごと[編集]

大相撲[編集]

本場所[編集]

一月場所(初場所)[編集]

両国国技館東京都)を会場に、初日の1月9日(日)から千秋楽の1月23日(日)までの15日間開催された。

三月場所(春場所、大阪場所)[編集]

大阪府立体育会館大阪市)を会場に、初日の3月13日(日)から千秋楽の3月27日(日)までの15日間開催された。

五月場所(夏場所)[編集]

両国国技館(東京都)を会場に、初日の5月8日(日)から千秋楽の5月22日(日)までの15日間開催された。

七月場所(名古屋場所)[編集]

愛知県体育館名古屋市)を会場に、初日の7月10日(日)から千秋楽の7月24日(日)までの15日間開催された。

九月場所(秋場所)[編集]

両国国技館(東京都)を会場に、初日の9月11日(日)から千秋楽の9月25日(日)までの15日間開催された。

十一月場所(九州場所)[編集]

福岡国際センター福岡市)を会場に、初日の11月13日(日)から千秋楽の11月27日(日)までの15日間開催された。

  • 幕内最高優勝
    • 朝青龍明徳(高砂部屋 モンゴル・ウランバートル出身)(7場所連続15回目) - 7戦全勝
  • 三賞
    • 殊勲賞 - 琴欧州勝紀(佐渡ヶ嶽部屋 ブルガリア・ベリコタロノボ出身)(2場所ぶり2回目) - 11勝4敗
    • 敢闘賞
    • 技能賞 - 時天空慶晃(時津風部屋 モンゴル・トゥブ県出身)(初受賞) - 10勝5敗
  • 十両優勝
  • 幕下優勝
    • 澤井豪太郎(境川部屋 大阪府寝屋川市出身) - 7戦全勝
  • 三段目優勝
  • 序二段優勝
  • 序ノ口優勝
    • 千代錦充斉(九重部屋 熊本県球磨郡錦町出身) - 7戦全勝
  • 詳細は大相撲平成17年11月場所

トーナメント大会[編集]

地方巡業[編集]

その他の出来事[編集]

大関昇進
本場所での出来事
  • 10月31日 - この日発表された大相撲11月場所の番付で朝青龍が一人横綱連続12場所目となり、の持つ記録(11場所)を更新した。
  • 11月26日 - 大相撲11月場所14日目、朝青龍の史上初となる7連覇と年間6場所完全制覇が決定した。
  • 11月27日 - 大相撲11月場所千秋楽、この日の取組に勝った朝青龍は年間84勝となり、北の湖の持つ記録(年間82勝)を更新した。
その他

死去[編集]

脚注[編集]