大日ノ出崇揚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大日ノ出 崇揚 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 大日ノ出 崇揚
本名 西田 崇晃
生年月日 (1970-01-19) 1970年1月19日(47歳)
出身 兵庫県宍粟郡千種町(現:兵庫県宍粟市
身長 184cm
体重 152kg
BMI 44.90
所属部屋 立浪部屋
得意技 右四つ、寄り、上手投げ[1]
成績
現在の番付 引退
最高位 西前頭9枚目
生涯戦歴 262勝243敗27休(53場所)
幕内戦歴 42勝48敗(6場所)
データ
初土俵 1992年1月場所(幕下付出[1]
入幕 1999年3月場所[1]
引退 2000年9月場所[1]
備考
2013年7月26日現在

大日ノ出 崇揚(おおひので たかあき、1970年1月19日 - )は、兵庫県宍粟郡千種町(現:兵庫県宍粟市)出身の元大相撲力士。本名は西田 崇晃(にしだ たかあき)[1]

来歴[編集]

野球一筋から相撲へ[編集]

1970年1月19日兵庫県宍粟郡千種町(現:兵庫県宍粟市)で、税理士として勤務している家に長男として生まれる。西田家の親戚に阪神タイガースの二塁手がいたために、千種南小学校3年生の時にリトルリーグへ入団、投手兼4番打者として活躍し、千種中学校では硬式野球部に所属した。

これまで野球一筋で活躍していたことで相撲の経験は全く無かったが、中学3年生の時に中学校側が試し半分で宍粟郡の相撲大会に出場したところ、順調に勝ち進んで兵庫県大会へ出場、さらに近畿大会で活躍したことで市川高等学校から勧誘された。野球では実力を認めてもらえず、試合にも出場させてもらえなかったことで相撲で認められたことが嬉しく、市川高等学校進学後は野球を辞めて本格的に相撲を始めた。高校では国民体育大会全国高等学校相撲選手権大会に出場しては団体優勝に貢献したが、高校3年生で出場した国民体育大会の会場で日本大学相撲部から勧誘されたことで日本大学へ進学、全日本相撲選手権大会で活躍した。

大学卒業後は和歌山県庁への就職が内定していたが、大学4年生であまり活躍できなかったことから相撲への思いを絶つことが出来ず、大学時代の2年先輩だった大翔鳳昌巳の紹介で立浪部屋に入門し、1992年1月場所において幕下付出初土俵を踏んだ。四股名は本名に因んで「西田山」とした。

スロー出世~現役引退[編集]

高校・大学時代の活躍から幕下付出資格を得たことで出世は早いものと思われていたが、右の故障によって幕下中位で相撲を取ることが続いていた[1]1996年7月場所では6戦全勝と好調を維持していたが、もう1人の6戦全勝が同部屋の広瀬山昌司だったため、同場所13日目に行われた7番相撲は星違いの後藤泰一との対戦が組まれた。この取組に敗れ、広瀬山も敗れたことで全勝がいなくなり、1敗力士9人による優勝決定戦となった。西田山は優勝決定戦でも敗れて優勝を逃すなど、ここ一番での取組に弱かった(この場所の幕下優勝は、7番相撲で広瀬山を破った金作善治)。

その後は右膝の具合も良くなったことで幕下上位まで番付を挙げ、得意とする左四つからの上手投げで勝利を重ね、1997年1月場所において新十両昇進を果たした。十両昇進は初土俵から所要30場所であった[1]。十両には定着したものの惜しいところで敗れて負け越す場合が多く、十両下位と上位を往復する生活が2年ほど続いた。1999年1月場所ではようやく自己最高位となる東十両筆頭まで番付を挙げ、この場所を8勝7敗と辛くも勝ち越して新入幕を決め、史上1位となる所要43場所での新入幕を果たした。

一時は幕内に定尺していたが、内臓疾患によって2000年1月場所を最後に十両陥落、内臓疾患の病状が悪化したことで同年7月場所を休場した後、同年9月場所では幕下陥落となった。日常生活には支障が無いまで回復したものの、この場所を全休したことで相撲を続けるには無理があると判断され、同場所限りで現役を引退した[1]。引退後は日本相撲協会に残らずに廃業し、実業家へ転身した。

エピソード[編集]

  • 幕下付出の初土俵から所要43場所での新入幕は、史上1位のスロー出世(当時)となった[1]。1999年3月場所には雅山哲士も同時に新入幕を果たしているが、雅山は1998年7月場所に幕下付出から所要4場所という史上1位タイのスピード出世での新入幕となり、幕下付出からの新入幕記録が最長の力士(大日ノ出)と最短の力士(雅山)が同時に新入幕を果たしたことで話題となった。両者はこの場所で対戦し、熱戦の末に雅山が勝利している。

主な成績[編集]

  • 通算成績:262勝243敗27休 勝率.519
  • 幕内成績:42勝48敗 勝率.467
  • 通算在位:53場所
  • 幕内在位:6場所

場所別成績[編集]

大日ノ出 崇揚
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1992年
(平成4年)
幕下付出 #60
4–3 
東 幕下 #51
4–3 
西 幕下 #39
4–3 
東 幕下 #28
5–2 
東 幕下 #17
4–3 
東 幕下 #12
3–4 
1993年
(平成5年)
西 幕下 #19
4–3 
西 幕下 #14
2–5 
西 幕下 #32
3–4 
東 幕下 #40
4–3 
西 幕下 #31
4–3 
西 幕下 #23
5–2 
1994年
(平成6年)
東 幕下 #13
6–1 
東 幕下 #4
3–4 
東 幕下 #10
4–3 
西 幕下 #6
3–4 
東 幕下 #11
4–3 
西 幕下 #6
4–3 
1995年
(平成7年)
西 幕下 #2
2–5 
東 幕下 #16
4–3 
東 幕下 #12
3–4 
東 幕下 #19
3–4 
東 幕下 #27
6–1 
東 幕下 #11
4–3 
1996年
(平成8年)
東 幕下 #6
0–2–5 
東 幕下 #41
休場
0–0–7
東 幕下 #41
4–3 
東 幕下 #32
6–1 
西 幕下 #13
5–2 
東 幕下 #6
6–1 
1997年
(平成9年)
西 十両 #12
8–7 
東 十両 #10
8–7 
東 十両 #7
7–8 
西 十両 #9
9–6 
東 十両 #4
5–10 
東 十両 #9
5–10 
1998年
(平成10年)
東 幕下 #1
4–3 
西 十両 #12
9–6 
西 十両 #7
7–8 
東 十両 #11
9–6 
西 十両 #6
8–7 
東 十両 #3
8–7 
1999年
(平成11年)
東 十両 #1
8–7 
西 前頭 #13
9–6 
西 前頭 #9
6–9 
東 前頭 #14
7–8 
東 前頭 #15
8–7 
東 前頭 #13
8–7 
2000年
(平成12年)
西 前頭 #12
4–11 
東 十両 #4
6–9 
東 十両 #7
6–9 
東 十両 #10
休場
0–0–15
西 幕下 #11
引退
0–0–0
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 西田山 崇晃(にしだやま たかあき):1992年1月場所 - 1994年1月場所
  • 大日ノ出 崇揚(おおひので - ):1994年3月場所 - 2000年9月場所(引退)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p27

関連項目[編集]

外部リンク[編集]