豊山勝男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
髷を結ってもらう大塚(豊國)を見守る内田(のち豊山。右から3人目。1961年夏場所)

豊山 勝男(ゆたかやま かつお、1937年8月18日 - )は、新潟県新発田市出身で時津風部屋所属の元大相撲力士。本名は、内田勝男(うちだ かつお)。最高位は東大関。現役時代の体格は189cm、137kg。得意手は突っ張り、右四つ、吊り、寄り、上手投げ

来歴[編集]

母子家庭に育ち、苦学しながら文武両道に励んだ。新潟県立新発田商工高等学校定時制在学中は陸上投擲競技)や野球で活躍。一時はプロ野球の有名球団からの誘いもあったが、OBである先生の勧めにより東京農業大学農学部農芸化学科に進学し、相撲部に入部。相撲の経験は無かったが4年次には学生横綱となり、その実績が認められて1961年3月場所に時津風部屋から、異例の幕下10枚目格付出初土俵を踏んだ。当初は出羽海部屋に入門する予定であったが鏡里(当時は年寄・粂川)から熱心な説得を受けて翻意して最終的に時津風部屋を選んだ。同年9月場所に十両に昇進。11月場所で全勝優勝を果たして2場所で十両を通過、1962年1月場所に新入幕を果たし、本名の内田から「豊山」に改名。この場所では12勝を挙げ、これが初土俵から初の幕内2ケタ勝利を果たすまでの最速記録(当時)となった。[1]1963年3月場所には大学卒の力士として初めて大関に昇進し、“インテリ大関”と評された。小結昇進迄は負け越し知らず、大関昇進直前の3場所は12勝、12勝、13勝と連続して好成績(何れも殊勲・敢闘の両賞受賞)を挙げ、早い時期に横綱となり「“鵬豊時代”到来か」とも期待された。

だが、新大関の場所で初日、前頭5枚目金乃花に敗れると7勝8敗と負け越し、13勝を3度、12勝も1度挙げながら大事な一番になると硬くなって取りこぼすなど優勝に恵まれず、「豊山火山はいつ噴火するのか」等と言われたが、遂に横綱昇進は果たせず未完の大器に終わった。右でも左でもがっぷりになれば大鵬に対しても分がよく、両まわしを引いて動きが止まれば幕内最強といわれるほど迫力があったが、大関昇進後は“豊山の後ろ投げ”といわれた四つになると反り身になって相手を振り回すように後ろに投げ捨てる技が「大関らしくない」と批判され改めたり(これについては、同門の鶴ヶ嶺が「気にすることはない。あれはあなたの個性なんだから遠慮なくやったらいい」とアドバイスした)、突っ張り得意の佐田の山を突っ張り合いで逆に突き出す程の威力を持っていた強烈な上突っ張りが影を潜めたりするなど取り口が変化し、「迷いと言えば豊山」と言われるほど思い切りのない相撲が目立つようになった。その取り口から、評論家も「あれは、いったい何を考えているんでしょう」と歯ぎしりしていた[2]。更に腰を痛め、大鵬の全盛期とぶつかったこと等もあり優勝は果たせなかった。1964年7月場所には11日目に優勝争いの単独トップに立ちながら12日目大関栃光、14日目横綱栃ノ海に敗れて前頭9枚目富士錦に優勝をさらわれた。また1968年3月場所では13日目に単独トップに立ったが14日目小結麒麟児(のち大麒麟)を寄り立てながらうっちゃりで敗れ、千秋楽関脇清國立合いから押し込まれて完敗、結局前頭8枚目若浪が優勝した。富士錦、若浪とも平幕優勝でかつ横綱・大関との対戦はなかった。

初の大関角番(現行の年6場所制が実施された1958年から1969年7月場所まで2回連続で負け越して角番、3場所連続負け越しで大関陥落の規定だった)は、引退する前年の1967年、3月場所に5勝10敗と皆勤負け越し、5月場所で僅か1勝の後途中休場した翌7月場所だった。同場所は10勝5敗と、3場所ぶりに勝ち越して角番を脱した。しかし1968年7月場所に7勝8敗と負け越して臨んだ1968年9月場所、5日目迄4勝1敗とまずまずの滑り出しだったが6日目から10連敗して4勝11敗、大関玉乃島に上手一本で吊り出されたり、前頭4枚目二子岳の変化についていけず土俵中央で足をすべらせたりするなど、かつての大器ぶりからは考えられない負け方が目立った。これにより自身大関の地位で通算9回目、かつ合計2回目となる2場所連続の負け越しを喫してしまう[3]

その1968年9月場所千秋楽当日の夜、時津風部屋の打ち上げの席で豊山自ら現役引退を発表。記者会見では「未練はあるが自信がない」と語った。なお大関数在位34場所は、当時北葉山の30場所を超える史上1位であり、その後貴ノ花(50場所・現在史上3位)に抜かれるまでの最長記録だった。場所後は年寄錦島を襲名した。

引退直後に師匠時津風(元横綱双葉山)が死去し、元横綱鏡里立田川親方が直後に時津風部屋を継承した。しかし、四十九日を過ぎる頃、時津風未亡人が「時津風は平素、『豊山に部屋を継がせたい』と言っていた」と証言。遺言状はなかったが、立田川があっさり身を引くという複雑な経緯を経て豊山が年寄・時津風を襲名し部屋を継いだ(鏡里は再び立田川を襲名し、2年後に他の部屋付き親方と共に立田川部屋を興した)。関脇蔵間、小結豊山双津竜等、多くの関取を育てた。

一方、日本相撲協会では引退からわずか2年後の1970年に32歳5ヶ月の若さで理事に選出される(日本相撲協会理事としては歴代最年少記録)。地方場所部長(九州場所担当)や生活指導部長などを歴任した後、1992年には事業部長、そして1998年には60歳5ヶ月で理事長へ就任。力士出身としては初の大卒理事長であり、最高位が大関の理事長も初めてだった[4]

理事長としては2期4年在職し、前代の境川理事長時代に混乱した年寄名跡改革問題等、角界の収拾に当たった。具体的には「大関経験者の時限付年寄襲名の許可と準年寄制度の創設」により年寄襲名の融通を図り、また 「年寄名跡の複数所有・貸借禁止」を打ち出して年寄名跡の高騰売買や不透明さに切り込んだ[5]。また幕下付出の基準設定厳格化(2000年9月)[6]、外国人力士の入門規制強化(2002年1月)[7]といった施策を行った。

理事長として最後の場所となった2002年1月場所千秋楽の協会御挨拶では「自分の言葉で御礼を申し上げたい」と挨拶状を持たずに挨拶し、観客を唸らせた。その後相談役に退き、最後は後継に指名した元双津竜の錦島親方と名跡を交換、1日だけ年寄・錦島に戻って停年退職した。部屋の継承を巡り騒動になるケースが大部屋では多いが、豊山には実子がいなかったためすんなりと錦島への禅譲で話が進んだ。2007年時津風部屋力士暴行死事件で元双津竜が解雇された後の後継選びにも取りまとめ役として動き、後継に決まった時津海断髪式では止め鋏を入れた。

エピソード[編集]

  • 年寄晩年より学生相撲選手を有望な新弟子に仕上げるべく母校・東京農業大学相撲部の指導を本格的に行うようになり、現在でも指導に参加することがあるという。晩年の弟子で16代時津風を継いだ時津海が母校の後輩であることもあり、親方を退いた現在でも東農大出身の力士の殆どが時津風部屋に在籍している。
  • 佐藤栄作がファンだった。媒酌人は同郷の田中角栄が務めた。
  • 故郷の新発田市には「ドライブイン豊山」という食堂がある。豊山勝男・豊山広光と同食堂の先代社長は親友同士で、故郷に豊山の名前を残したいということでこの店名になった。
  • 体格に恵まれ、また当時の力士としてはかなりの男前で、アイドル力士の先駆けのような存在であり、女性人気も高かった。その一方中学卒が殆どの角界にあって大学相撲出身故の苦労も多かったという。中でも時津風部屋入門に至るまでの前述のような経緯から、佐田の山が「学生さんにゃ負けられませんよ」、さらには「褌担ぎもした事のない内田に負けてたまるか」とライバル心を剥き出しにするといった話を始めとして出羽海部屋勢からは敵意を向けられていたという。
  • 現役時代に自身の師匠を務めていた時津風こと双葉山が保持している幕内69連勝の記録まであと一歩となる63連勝を達成した白鵬の話題について「記録の価値を対比させるのは、間違っている。優劣を論じること自体が、不敬だと思うな」とコメントを寄せていた。[8]
  • 2015年10月21日から28日まで東京都美術館で開かれた「第66回一線展」に「屋久島」というタイトルの作品を出品。大相撲の優勝額(縦317cm、横228cm)と同じくらいの大きさもある作品で、訪れた人たちは「さすがに元力士だけにスケールが違う」と感心していた。豊山は停年後に母校の成人学校に通学し絵画教室に参加、腕を磨いてきた。[9]
  • 幕内時代、優勝次点は8回も記録しながら、悲願の幕内優勝は一度も達成出来なかった(更に優勝決定戦進出・優勝同点もゼロだった)。尚2016年現在、現役大関の稀勢の里寛が優勝次点を11回達成するも、未だに幕内優勝・優勝同点が未経験という珍記録を残している。

主な成績[編集]

  • 通算成績:413勝245敗8休 勝率.628
  • 幕内成績:373勝234敗8休 勝率.614
  • 大関成績:301勝201敗8休 勝率.600
  • 通算在位:46場所
  • 幕内在位:41場所
  • 大関在位:34場所(大関在位数当時歴代1位、現在歴代9位)
  • 金星:1個(柏戸1個)
  • 三賞:7回
    • 殊勲賞:3回(1962年9月場所、1962年11月場所、1963年1月場所)
    • 敢闘賞:4回(1962年1月場所、1962年9月場所、1962年11月場所、1963年1月場所)
  • 各段優勝
    • 十両優勝:1回(1961年11月場所:15戦全勝)

場所別成績[編集]

豊山 勝男
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1961年
(昭和36年)
x 東 幕下付出 #10
5–2
 
東 幕下 #7
5–2
 
東 幕下 #1
6–1
 
西 十両 #14
9–6
 
西 十両 #7
優勝
15–0
1962年
(昭和37年)
東 前頭 #9
12–3
東 前頭 #3
9–6
 
西 張出小結
7–8
 
西 前頭 #1
7–8
西 前頭 #2
12–3
東 関脇
12–3
1963年
(昭和38年)
東 関脇
13–2
西 大関
7–8
 
西 張出大関
13–2
 
東 大関
10–5
 
西 張出大関
13–2
 
東 大関
9–6
 
1964年
(昭和39年)
西 大関
8–7
 
西 張出大関
10–5
 
西 大関
9–6
 
西 張出大関
13–2
 
東 大関
11–4
 
西 大関
10–5
 
1965年
(昭和40年)
西 大関
9–6
 
西 大関
11–4
 
東 大関
11–4
 
東 大関
10–5
 
東 大関
5–10
 
東 張出大関
8–7
 
1966年
(昭和41年)
東 大関
10–5
 
東 大関
10–5
 
東 大関
9–6
 
東 大関
8–7
 
東 大関
7–8
 
東 張出大関
9–6
 
1967年
(昭和42年)
東 張出大関
9–6
 
東 張出大関
5–10
 
西 張出大関
1–6–8
 
西 張出大関
10–5[10]
 
東 大関
6–9
 
西 張出大関
10–5
 
1968年
(昭和43年)
西 大関
7–8
 
西 張出大関
12–3
 
西 大関
10–5
 
西 大関
7–8
 
西 張出大関
引退
4–11–0
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 内田 勝男(うちだ かつお)1961年3月場所~11月場所
  • 豊山 勝男(ゆたかやま-)1962年1月場所~1967年3月場所
  • 豊山 勝夫(ゆたかやま-)1967年5月場所~1968年9月場所

年寄変遷[編集]

  • 錦島 勝男(にしきじま)1968年9月~1969年2月、2002年8月
  • 時津風 勝男(ときつかぜ)1969年2月~2002年8月

参考文献[編集]

  • 『昭和平成 大相撲名力士100列伝』(著者:塩澤実信、発行元:北辰堂出版、2015年)p86-87

脚注[編集]

  1. ^ 現在の最速記録は2014年9月場所逸ノ城駿の初土俵から5場所目。
  2. ^ 雑誌『相撲』別冊菊花号 創業70周年特別企画シリーズ(3)柏鵬時代 柔の大鵬 剛の柏戸――大型横綱たちの君臨(ベースボールマガジン社、2016年) p46
  3. ^ もし引退せずに翌1968年11月場所も出場すれば、通算2回目の大関角番の予定だった。
  4. ^ これ以前には、戦後の協会復興に尽力した武蔵川理事長(在職1968年1974年)の最高位が前頭筆頭という例はあるが、それ以外の理事長はすべて横綱経験者であり、大関が最高位での就任は豊山の時津風が初である。その後も2016年現在、放駒が続くのみとなっている(在職2010年2012年)。ちなみに放駒は学歴面でも大学には進学しており、ここでも時津風と共通している。
  5. ^ これらの年寄名跡改革のうち、準年寄制度と年寄名跡の貸借禁止はその効果を見ることができず、次代の北の湖理事長時代に廃止されている。
  6. ^ それまでの幕下最下位付出を改め、幕下15枚目格付出資格を「全日本選手権・学生選手権・実業団選手権・国体成年Aのいずれかに優勝」、幕下10枚目格付出資格を「全日本選手権優勝に加え、学生選手権・実業団選手権・国体成年Aのいずれかに優勝」とした。
  7. ^ 『従来の総数40人』を『1部屋1人まで』に制限するもの。
  8. ^ 朝日新聞 2010年11月13日
  9. ^ 『大相撲ジャーナル』2016年1月号94頁
  10. ^ 大関角番

関連項目[編集]