三段目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

三段目(さんだんめ)は、大相撲番付の階級。幕下の下、序二段の上。

概要[編集]

呼称の由来は、番付表の上から「三段目」にその位の力士四股名が書かれることに由来している。15日間で7番の相撲を取る。

現在の定員は東西100人ずつの計200人である(1984年1月場所以降)。ただし三段目最下位格付出の力士はこれに含めない。

前相撲から最速3場所で昇進することが可能である。三段目力士ともなれば、いわゆる「お相撲さん」らしいしっかりした体格になり入門当初と比べても見違えるほどであるが[1]、三段目から上を目指すには体格や素質だけでなく、優れた運動能力や技量がさらに要求されるため、部屋での稽古も激しく、より実戦的なものになる。その意味でも、三段目で優れた成績を挙げ続けられるかを、将来関取に昇進できる可能性があるかの見極めに用いる部屋が多い[2]

三段目の地位から雪駄を履くことが許される。また、最高位三段目以上かつ日本相撲協会在籍5年以上の実績を満たした満20歳以上の者には、「相撲指導適格者」の取得要件が与えられる。

優勝賞金は30万円。大相撲本場所の幕下以下の取組ではスイス式トーナメントを導入している関係上[3]、定員が200人の三段目では、昭和49年3月場所以降すべての場所で7戦全勝の力士が現れており、全勝力士が2人現れて、千秋楽に全勝同士の優勝決定戦が行われる場所もしばしばである。

2015年5月に三段目最下位格付出制度が新設され、翌年3月場所に2人の力士が初土俵を踏んだ。

幕下昇進の目安[編集]

三段目に限らず、「番付は生き物」と俗称されるように、成績と翌場所の地位との関係は一定ではない。近年の番付編成の傾向をみると、以下の成績を上げれば翌場所の幕下昇進は確実とされる。

  • 10枚目以内は4勝以上。
  • 25枚目以内は5勝以上。
  • 50枚目以内は6勝以上。
  • 51枚目以下は7勝(優勝の有無を問わず、無条件で昇進)。

記録[編集]

いずれも、2018年5月場所終了時点の記録である。

脚注[編集]

  1. ^ 相撲診療所の医師である林盈六は、著書『相撲診療所医師が診た力士たちの心・技・体 』(法研、1996年12月)の中で、「幕内から序ノ口までの力士の中で、最も体脂肪率が高いのが三段目力士である」と明らかにした。
  2. ^ 中島隆信『大相撲の経済学』(東洋経済新報社、2003年9月)では、前掲の林医師のデータを分析し、「三段目が出世の分かれ目」と説く。三段目は将来関取に昇進できる見込みの少ない力士が滞留する地位であるとしている。
  3. ^ 同部屋・力士間の親族関係など、厳密な規定を無視すると、スイス式トーナメントでは出場力士128名中1名が必然的に7連勝となる。
  4. ^ 川口は当場所直後(番付編成会議の期間中)に引退したため、番付に在位した最終場所を各段優勝という、非常に珍しい経歴を残した。
  5. ^ 決定戦の対戦相手は当場所三段目格付出で初土俵を踏み、後に豊山四股名幕内に在位する小柳亮太だった。
  6. ^ 栃赤城は三段目に陥落した場所前に引退し、番付に掲載されたのみで出場はしなかった。
  7. ^ a b 巴富士及び時天空は三段目陥落後2場所連続で全休してそのまま引退。実際に三段目の土俵には上がらなかった。
  8. ^ 伊勢ノ花は力士生活150場所に対し、富士ノ風は149場所である。そのため、パーセンテージに換算すると富士ノ風の方が僅かではあるが高い。

関連項目[編集]