千代の海明太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
千代の海 明太郎 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 濵町 → 千代の海
本名 濵町 明太郎
生年月日 (1993-01-11) 1993年1月11日(26歳)
出身 高知県幡多郡黒潮町
身長 182cm
体重 140kg
BMI 42.27
所属部屋 九重部屋
得意技 突き・押し
成績
現在の番付 西十両11枚目
最高位 西十両8枚目
生涯戦歴 126勝82敗23休(26場所)
優勝 序ノ口優勝・序二段優勝・三段目優勝(各1回)
データ
初土俵 2015年5月場所
備考
2019年8月26日現在

千代の海 明太郎(ちよのうみ めいたろう、1993年1月11日 - )は、日本大相撲力士。本名は濵町 明太郎(はままち めいたろう)。高知県幡多郡黒潮町出身。九重部屋所属。最高位は西十両8枚目(2019年3月場所)。

来歴[編集]

高校~大学卒業まで[編集]

高知県立宿毛高校では相撲部に所属したものの目立った実績は残せなかった。 日本体育大学入学後に徐々に力をつけ、大学2年次(2012年度)の東日本インターカレッジの団体戦で当時日本大学4年生で後に幕内力士となる遠藤聖大を得意の突き押しで撃破した[1]。4年次(2014年度)の全国学生相撲選手権大会では副主将を務め、団体戦優勝に貢献した。

入門後[編集]

大学卒業から間もない2015年4月に記者会見を開き、九重部屋入門を表明。同年5月場所にて初土俵。同期生には霧馬山がいる。初めて番付に四股名(当初は本名の濱町)が載った7月場所では7戦全勝で序ノ口優勝を果たし、西序二段10枚目で迎えた翌9月場所でも7戦全勝で、千秋楽優勝決定戦に進出。ここでも勝利し、序ノ口・序二段の連続優勝を達成した。東三段目19枚目で迎えた翌11月場所以降、千代の海の四股名を名乗る。同場所は前半3連勝したものの、中日の4番相撲で水戸豊に敗れ18戦目で力士生活初黒星を喫し、その後も負けが込み4勝3敗。しかし三段目に留まった翌2016年1月場所は再び勝ち続け、3度目の7戦全勝で三段目優勝。しかし同場所後に右肘の手術を受け、リハビリに専念すべく翌3月場所から7月場所まで3場所連続で休場。東幕下13枚目の番付は東三段目94枚目まで下がってしまった。復帰以降は再び順調に番付を上げ、東幕下22枚目で迎えた2017年7月場所を2勝5敗とした以外は全ての場所において勝ち越しを続け、2018年1月場所では長期休場前の自己最高位を更新し、東幕下10枚目に在位。ここでも勝ち越し、翌3月場所も自己最高位の東幕下5枚目で5勝2敗の好成績を修めた。同場所では千秋楽に新十両炎鵬との対戦が組まれ、初めて大銀杏姿で土俵に上がり、押し倒しで勝ったものの、他の力士の成績との兼ね合いから新十両は見送られた。続く5月場所は西幕下筆頭で4勝3敗と勝ち越し、場所後の番付編成会議で7月場所での新十両昇進が決定した。新十両として迎えた7月場所は8勝7敗の成績で勝ち越し。翌9月場所も8勝を挙げて関取昇進後2場所続けての勝ち越しとなったが、東幕下11枚目で迎えた11月場所は12日目に負け越しが決定。翌13日目も敗れて9敗となり、十両残留へ向けて後の無い成績となったが、残りの2番に勝利して辛くも関取の地位は守った。

取り口[編集]

高校相撲の頃から突き押しに徹する取り口を心がけており、プロ入り以降も押し出しによる白星が圧倒的に多い。

エピソード[編集]

  • 三段目昇進を決め、四股名を決める際、当時の部屋付き親方・佐ノ山(現:14代九重、元大関千代大海)には「明太郎」に因み「千代の星」を提案されたものの、濱町自身も濱町の実母も、「千代大海」の「海」を採り入れることを熱望した。これに対し佐ノ山は、かつて「千代の海」を名乗った元十両力士・千代の海茂夫(本名・岡部茂夫)の存在を指摘し、当時の師匠・13代九重(58代横綱千代の富士)に事情を説明して岡部の承諾を確認したところ、岡部が快諾し九重部屋3人目の千代の海が誕生した。
  • Twitter[2]及びFacebook[3]を利用している。
  • 郷土の高知県の水産会社で知られる明神水産からは青地にカツオが描かれた化粧回しを贈呈されている[4]

主な成績[編集]

2019年7月場所終了現在

通算成績[編集]

  • 通算成績:126勝82敗23休(26場所)
  • 十両成績:50勝53敗2休(7場所)

各段優勝[編集]

  • 序ノ口優勝:1回(2015年7月場所
  • 序二段優勝:1回(2015年9月場所)
  • 三段目優勝:1回(2016年1月場所)

場所別成績[編集]

 
千代の海明太郎
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
2015年
(平成27年)
x x (前相撲) 西序ノ口19枚目
優勝
7–0 
西序二段10枚目
優勝
7–0[5] 
東三段目19枚目
4–3 
2016年
(平成28年)
東三段目9枚目
優勝
7–0 
東幕下13枚目
休場
0–0–7
西幕下53枚目
休場
0–0–7
西三段目33枚目
休場
0–0–7
東三段目94枚目
6–1 
東三段目36枚目
5–2 
2017年
(平成29年)
東三段目7枚目
6–1 
東幕下32枚目
4–3 
西幕下26枚目
4–3 
東幕下22枚目
2–5 
東幕下39枚目
5–2 
西幕下27枚目
6–1 
2018年
(平成30年)
東幕下10枚目
4–3 
東幕下5枚目
5–2 
西幕下筆頭
4–3 
西十両12枚目
8–7 
西十両11枚目
8–7 
東十両11枚目
6–9 
2019年
(平成31年
/令和元年)
西十両14枚目
8–5–2[6] 
西十両8枚目
7–8 
西十両9枚目
7–8 
東十両10枚目
6–9 
西十両11枚目
 
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “得意の突き押し磨く!日体大副主将・浜町が九重部屋へ入門”. サンケイスポーツ. (2015年4月16日) 
  2. ^ Twitter 千代の海 明太郎”. 2018年4月2日閲覧。
  3. ^ Facebook 浜町 明太郎”. 2018年4月2日閲覧。
  4. ^ 大相撲ジャーナル』2019年3月号 p.96.
  5. ^ 序二段優勝決定戦に勝利
  6. ^ 左膝撓側側副靭帯損傷のため13日目から休場

外部リンク[編集]