シルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シルム
Korea-Seoul-Ssireum-Korean wrestling.jpg
各種表記
ハングル 씨름
漢字
発音 シルム
2000年式
MR式
Ssireum
Ssirŭm
テンプレートを表示

シルム朝鮮半島格闘技。「元々の語源は、『シ』が漢字で『種』、『ルム』は『競う』で、『男子達が競う』という意味から来ている」、とする説がある[4]。二人の壮士(チャンサ:シルムにおける競技者の呼び名)が、組合った状態から投げを打ち合って勝敗を競う。

日本では大相撲にたとえられ朝鮮相撲、韓国相撲とも呼ばれることがあるが、韓国におけるシルム人気は日本における大相撲のそれに遠く及ばない。プロリーグも存在するものの、実態は企業チームであり、2004年にはそのうちの1チームが撤退し、リーグの存続が危ぶまれている。

なお、「シルム」は韓国においても日本の「相撲」同様一般名詞としても使われ、相撲は「日本シルム」、摔角は「中国シルム」、ブフは「蒙古シルム」、シマは「琉球シルム」のように呼ばれる。

歴史[編集]

金弘道檀園風俗図帖』(1780年頃)

シルムは朝鮮固有語で歴史書に登場する漢字語は「角力」であり、長い間にいろんな名称で呼ばれた。中国では「高麗技」「争交」と、その以外は主に「角力」「角抵」「角戯」「相撲」と呼ばれたが15世紀以後には「シルフム」から「シルホム」へ、最後には「シルム」となった。 朝鮮語の「お互いに頑張りながら競う」という意味の動詞「シルダ」から語源を探る見解もある[1]4世紀に築造された高句麗の古墳の角抵塚と5世紀の長川1号墳にはシルムを描いた壁画が残っている。また『高麗史』によると、忠肅王は国政に参与せず、毎日付き添い人や宦官・下男とシルムをしたこととか、忠恵王の時、王女が延慶宮へ居場所を引っ越ししたことを祝いしながら宦官たちとシルムをしたり観覧したという。 『朝鮮王朝実録』には1419年に太宗世宗 父子が楮子島でシルムを観覧したという[2]。1430年にはシルム競技で相手を殺した人の罪を許るしたこと、 1436年には世宗が鷹狩りを観覧して、兵士のシルム競技を観覧し、優勝者は王に賞を貰ったという記録も見える。世宗はシルムを奨励し、武芸の種目に含めた[3]。 明宗の時にもシルム競技で相手を刺し殺した事件が発生、法で禁止された事件もある。 李朝後期の風俗画にもシルムをする人たちや見物人に取り巻かれる姿を描いた絵も残っている。 柳得恭の『京都雜志』や洪錫謨の『東国歳時記』と『松京誌』、そして金弘道の『シルム』と劉淑の『大快図』(ソウル大学校博物館所蔵)金俊根の『シルム』が残っている。 作品からシルムが当時の民衆に愛されたということがわかる。 現代のような形でシルム競技が行われたのは日本統治時期の1912年である。以後1990年代までもシルムはテレビで放映されるなど、よく流行った。しかし今は日本の相撲とのような 国民的な関心は以前ほど呼び起こしていない。

日本相撲との関係[編集]

  • 起源を同じくするという説と、別々に発生したものだという説がある。
  • 日韓併合時代に日本の相撲が奨励されたため、現在でも韓国のシルム関係者の中には日本相撲に対してやや悪い感情が残っている面もあるとされる。
  • 日本ではシルムそのものが余り知られていない状況であり、日本の大相撲の力士で元は韓国のチャンサ出身者が極少数に留まっている。

ルール[編集]

日韓併合時代まで[編集]

服装は普段着で行われ、競技場は無く、平らな広場(日韓併合時代には、安全のためにゴザを引いていた)で行われていた。審判もいなかった。(これらは日本江戸時代以前の遊戯としての相撲と同様である。)

現代競技[編集]

韓国では上半身裸に半ズボン及び専用パンツ、北朝鮮では上半身Tシャツに半ズボンを着用し、腰と右大腿部に「サッパ」(李氏朝鮮及び日韓併合時代は無く、新規に設けられた)と呼ばれるを腰に巻きつける。

試合は等級(重量別)に別けられ、それぞれ優勝者が決められる。

競技場は、円形の砂場(25~30cm深さの砂で、李氏朝鮮及び日韓併合時代には無かった)であり、その中で試合を行う。

競技時間は5分間、3本勝負。

お互いに相手のサッパを持ち、肩と背が真っ直ぐな状態で組み合い、双方に不利が無いとされる状況から始まる。競技場の外へ出しても勝ちにはならないので、押し出しや寄り切り、突っ張り等は無い。相手の膝から上を地につけることで勝利とし、審判は、判定にホイッスルを使用する。

予選を通過し、その中を勝ち残った選手によって行われる決勝戦は5本勝負で行われる。 優勝者は金の雄牛を授与され、担ぎ手に支えられた台座に乗った状態で競技場を一周する。 試合終了後はチームの選手達がそれぞれ土俵外縁に並び、観客に向かって礼をする。

プロチーム(韓国)[編集]

  • 1982年にプロのシルムが始まる。
  • 1チーム9人で構成される。
等級(韓国プロリーグ)[編集]

韓国プロリーグでは3つの等級があった。

  • 白頭(ペクドゥ、白頭山から)級(105.1kg以上~160.0kg以下)
  • 漢拏(ハンラ、漢拏山から)級(90.1kg以上~105.0kg以下)
  • 金剛(クムガン、金剛山から)級(90.0kg以下)
  • 太白(テベク、太白山から)級(80.0kg以下)
選手[編集]
  • 崔洪万 - 所属チーム解散により、2005年にK-1転向した。
  • 春日王(金成澤) - 仁荷大学校在学中に大統領旗統一壮士大会無差別級で優勝後、中退して大相撲入り。八百長問題で引退。
  • 姜鎬童 - 元天下壯士で現在はコメディアン兼MC。NEW XmanなどにMCとして出演している。
  • 李万基 - シルム界の技のデパート。現在は仁済大学校の教授。

投げ技[編集]

投げ技の例

  • 手技
    • アプムルプチギ
    • トィムルプチギ
    • ヨプムルプチギ
    • コックトィジプキ
    • オグンタンギ
    • トゥンチェギ
  • 足技
    • ホミコリ
    • ピッチャンコリ
  • 腰技
    • ペジギ
    • トゥルペチギ
    • ウェンティジプキ:左水車落とし
    • チェンミョンティジプキ
  • 連続技
    • パッタリフリギ、アンタリコルギ
    • ペジギ、ティジプキ

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]シルム風俗情報
  2. ^ [2]「世宗実録・巻四」
  3. ^ [3]「世宗実録・巻七十一」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 『格闘技 技の大事典』ベースボール・マガジン社 2006年 ISBN 4-583-03930-1
執筆の途中です この「シルム」は、相撲に関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますPJ相撲)。