これより三役

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

これより三役(これよりさんやく)とは、大相撲千秋楽における結びの3番の取組のことである。

概要[編集]

大相撲の取組は、土俵入りを除くと淡々と取組が進んでいくが、千秋楽の最後の三番のみは、慣例上特別の扱いを受ける。

進行[編集]

通常取組進行中には、土俵下には次の二番をとる力士が控えているが、千秋楽の最後から四番目の取組の仕切り中に、花道から最後の二番を取る力士が同時に入場し、控えに三人ずつ待機する。通常、取組に勝った力士は力水を付けるために土俵下に待機するが、これより三役は三番を取る6人のみで進行するため、最後から四番目の取組の力士は両者ともにそのまま退場する。

土俵が掃き清められた後、呼出が最初の取組の呼び上げを行う。の音を合図にまず東方力士3名が土俵に上がり、前に2人、後に1人の扇の形をかたどった三角形に並んで3人揃って四股を踏む。後の二番を取る二人は控えに戻り(最初の力士はそのまま仕切に入る)、次いで西方力士3名が土俵に上がり、前に1人、後に2人の逆扇の形をかたどった、東方と前後逆の三角形に並びで、3人揃って四股を踏む。やはり後の二番を取る二人は控えに戻り、最初の力士は仕切に入る。この一連の儀式を「三役揃い踏み」という。

以降の取組進行自体は通常時と変わらないが、三番に勝った力士には、懸賞金の熨斗袋に加えて弓矢に関するものが与えられる。行司は勝ち力士に対して「役相撲にかなう、○○(勝った力士の四股名)」(結びの一番を除く)と呼び上げる。

  • 最初の取組に勝った力士には、「小結にかなう」としてが与えられる。
  • 2番目の取組に勝った力士には、「関脇にかなう」としてが与えられる。
  • 結びの取組に勝った力士には、「大関にかなう」としてが与えられる。現在では弓を省いて、結びの取組に勝った力士に代わり、弓取りの作法を心得た弓取力士が弓を受け取り、弓取式という儀式を行う。よって、勝った力士が受け取るのは熨斗袋のみで、通常と変わらない。

巡業引退相撲などの花相撲でのこれより三役では、懸賞が懸らないため、勝ち力士は矢・弦を単独で受け取り、結びの一番の後の弓取式は通常通り行う。昭和天皇崩御直後の場所であった1989年1月場所と、大相撲八百長問題が発覚したために開催が中止された2011年3月場所の後に行われた2011年5月技量審査場所では懸賞は自粛されたため、矢・弦のみが与えられた。弓取式は行われた。

選出力士[編集]

番付上で一般に「三役」とは、大関関脇小結を指す[1]。元々は同じ由来だったのであろうが、現状「これより三役」は番付にかかわらず千秋楽最後の3番の取組を指すため、横綱がほぼ含まれ、実際に現在まで休場した場合を除いて全て横綱が入っている。通常、取組編成は番付上位の力士を終盤に順番に当てるように編成されるため、「これより三役」は番付の上位6人ということになるが、横綱・大関は合計で5名程度在位していることが多いため、関脇が二人とも含まれることは多くなく、小結が含まれることは少ない。

一方、下位の力士でも優勝争いに絡むなどの好成績の場合には、終盤には上位の力士との取組が組まれる。そのため、好調の平幕力士が、これより三役に入ることもある。

なお、当初の最後の3番に休場者が出て不戦勝が生じる場合でも、取組の順番を変更して必ず各3人を揃えて、三役揃い踏みと、これより三役を行う。

記録[編集]

[編集]

  1. ^ 元々、横綱が「番付としては」存在していなかった、といった歴史的事情などもある。

関連項目[編集]