割 (相撲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大相撲でいう(わり)は取組のこと。また取組を書いた紙も割(正式には割紙、または幕内十両だけのものは「小割」「顔ぶれ」とも呼ぶ)。相星同士の力士の間で、優勝決定戦は割は組まれるものの、正式な取組とはされない。あくまでも本場所の取組に限ることで、「割」とは本割の略称ともいえる。

概要[編集]

  • 取組を編成することを「割を組む」という。本場所における正規の取組を「本割」と言い、公式な勝敗はこの本割だけが対象になる。
  • 横綱大関同士は休場などで対戦が不可能な場合を除き、必ず毎場所対戦が組まれることが慣例である。しかし、通常上位力士とは当たらない平幕の下位力士が、終盤まで優勝争いに絡んできた場合には横綱・大関との取組を組み、本来取るはずの横綱対大関や大関同士の対戦を消滅させることがある[1][2][3]。これを「割を壊す(崩す)」という。このような事例が生じたのは昭和40年代以降で、それまでは幕内下位の力士がいくら勝ち進んでも、割を崩さずに済む場合も含めて横綱大関と対戦させること自体なかった。但し、横綱同士の割を崩すことは通常行なわない[4]
  • 一度編成した取組を、休場力士が出たりしたために組み替えることがある。これを「割り返し」という。かつて長谷川幕下上位だった時に叔父の四季の花と割が組まれたが、四季の花の師匠である宮城野親方(元横綱吉葉山)が「十両昇進がかかる大事な場所で親戚同士を対戦させてあらぬ疑いでもかかっては困る」と割返しを求め、これが認められて対戦を回避した例がある(現在の規則では本割で甥と叔父の対戦は組まれない)。
  • 幕内での割り返しは近年あまり見られないものの[5]、直近では2015年(平成27年)3月場所初日に、東横綱2枚目・鶴竜が左肩の怪我が悪化、初日の西前頭筆頭・逸ノ城駿戦は不戦敗・休場となった。その事情により、同場所2日目の鶴竜-西小結・妙義龍戦を含めて急遽割り返しが行われたが、これは2014年(平成26年)5月場所3日目以来5場所振りとなる取組の組み直しだった。また2017年(平成29年)3月場所で東横綱・白鵬が5日目の取り組み直後に古傷の右足親指のねんざと右太ももの筋肉損傷で休場したため、同場所6日目の白鵬-西前頭2枚目・貴ノ岩戦を含めて急遽割り返しが行われた。 但し2012年(平成24年)5月場所の千秋楽では、東大関3枚目・琴欧洲が不戦敗・休場となった際、協会側のコメントに「せめて前日の14日目夜迄に休場届を提出すれば割り返しにする可能性が有ったのに」とあり、重要な取組の場合は有り得るとの見解である。この時の対戦相手は11勝3敗で優勝争い先頭集団の一角だった東前頭4枚目・栃煌山で、本割の不戦勝が優勝決定の一番に成るという事態も起こりえた[6]

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 近年の例では2014年9月場所、新入幕で東前頭10枚目・逸ノ城が終盤まで優勝争いに加わった影響で、14日目に急遽東横綱・白鵬との対戦が組まれた理由により、白鵬-東大関・琴奨菊の取組が消滅した。
  2. ^ ほか2016年11月場所の千秋楽では、西大関・稀勢の里-東大関2枚目・琴奨菊の取組が消滅。これは琴奨菊が4勝10敗と負け越しで不振の為、稀勢の里は平幕で9勝5敗と勝ち越しの西前頭5枚目・宝富士との対戦の方が面白いとの理由で、審判部全員一致で決めたという(琴奨菊は東前5枚目・松鳳山と対戦)。
  3. ^ 稀勢の里と琴奨菊は今場所戦わず 近年珍しい割崩し(日刊スポーツ・2016年11月26日記事)
  4. ^ 例外のケースとして、平成時代では2000年(平成12年)3月場所、幕尻(東前頭14枚目)の貴闘力が初日から無敗の12連勝、千秋楽迄優勝を争った事(結果貴闘力が13勝2敗で平幕優勝達成)で、13日目に東横綱2枚目・武蔵丸戦、14日目に西正横綱・戦がそれぞれ組まれたため(貴闘力は両横綱に敗れ2敗)、横綱同士の曙-武蔵丸の対戦が1回だけ崩された。
  5. ^ 2日目までの取組は本場所開始前に決まるため、取組編成が行なわれてから初日を迎えるまでに休場者が出て割り返しになった例は平成に入ってからも存在する。
  6. ^ その後12勝3敗同士で栃煌山と西前頭7枚目・旭天鵬の優勝決定戦になった為にこの事態は回避され、結果旭天鵬が平幕優勝を成し遂げた。